Logical Tyoes and Logical Levels


As mentioned in the text immediately above, there has been little or no attention until present given to making ordering relationships explicit within NLP practice. Without such an explicit discussion, work in NLP is significantly flawed − thus, the care with which the issue, for example, of hierarchies was presented. In that discussion as well as in Part, Epistemology, we developed the notion of several possible ordering relationships operating in hierarchies: more specifically, part/whole hierarchical orderings and what we referred to as logical level hierarchical orderings.

直前の文章で述べたように、現在まで、NLPの実践において順序関係を明確にするためにほとんどあるいは全く注意が払われてきていません。このような明確な議論がなければ、NLPの作業には大きな欠陥があります ー 例えば、階層の問題が提示されているケアです。(Part気稜Ъ穎世汎瑛佑法◆砲海竜掴世涼罎如∋
たちは、階層で動作するいくつかの順序関係の概念を開発しました。より具体的には、部分/全体階層順序と、論理レベル階層順序と私たちが呼ぶものです。
(「風の中のささやき」p.291-292)

------------------------------------------------------

Logical Levels


For any two (or more) arbitrary elements in a tree structure (hierarchy) generated by logical inclusion, a and b, say, element a will be said to be at a a higher logical level than b just in case a contains b in one of its partitions below a in the hierarchy.


               …a…

            …b…   …c…



Logical inclusion itself is a well-defined ordering relationship specified by the two properties of constriction and inheritability (see Part, Epistemology and Part and Chunking/Logical Levels for a fuller persentation):

1. constriction - reduced coverage under each successive partition induced by relative clause formation

2. inheritability - the preservation of the set membership criteria under partition by relative clause formation

This usage seems to accord well with the conventional use of the word level with its accompanying suggestion of a visual display−namely, a vertically oriented ordering−a hierarchy.

論理的包含によって生成された樹形構造の任意の2つ(またはそれ以上)の要素、例えば a と b に対して、階層内の a より下の分割(
partition)の1つに b が含まれている場合にのみ、要素 a は b よりも高い論理レベルにあると言います。

               …a…

            …b…   …c…


論理的包含(Logical inclusion)自体は、収縮(constriction)と継承性(inheritability)の二つの特性によって明確に規定された順序関係です。(より充実したプレゼンテーションは、Part鞠Ъ穎澄Part靴よびチャンキング/論理レベルを参照)

1.収縮ー相対的な句の形成によって誘導されるそれぞれの連続的な分割の下での範囲の減少
2.継承性ー相対的な句の形成による分割の下での集合の要素であることの基準の保持

この使用法は、それに付随する視覚的表示ーすなわち、垂直方法の順序付けー階層の提案とともに、従来のレベルという言葉の使用とよく一致するように思われます。
(「風の中のささやき」p.294-295)


------------------------------------------------------

Hierarcies formed on the part/whole relationship are very different creatures than hierarchies generated by logical inclusion. The reduced scope principle − constriction − seems to be inverted − that is, in general, the further down a hierarchy specified by the part/whole relationship you go, the larger the scope, the greater the coverage of events by the sets enumerated. Sets lower in the hierarchy have more members than those above them. There is no clear generalizatoin with respect to the inheritability requirement that we have been able to formulate. It seems that presently transparent to us.

部分/全体関係で形作られる階層は論理的包含で生み出される階層と全く異なった存在です。範囲が狭まる原則ー収縮ーは逆になっているように見えます。すなわち、一般的に言って、部分/全体関係によって規定される階層の下に行くにつれて、範囲は広がり、列挙された集合の事象の対象は大きくなります。階層のより下の集合は上の集合より要素が多いです。公式化できる継続性の必要条件に関しては、明らかに一般化できるものはありません。それ(継続性)が表れているときには、何かのパターンなしに起こっているようです。確かにどのようなパターンも今のところ私たちにとって透過的(訳注:存在を意識しなくてもよい)である。
(「風の中のささやき」p.333)


John&Carmen

















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/03