洗脳とは、私たちの神経レベルでの情報処理(信号処理)の段階に、何らかの介入的な操作を加えることによって、その人の思考、行動、感情を思うままにコントロールしようとすることです。

この言葉は、当時ジャーナリストであったエドワード・ハンター(Edward Hunter)氏が、
1951年に出版した著書 Brain-Washing in Red Chaina: The calculated destruction of men's minds『洗脳ー中共の心理戦争を解剖する』(法政大学出版局, 1953年)の中で、朝鮮戦争のときに使われたとされる個人の思想支配の軍事的テクニックを “brain washing”(ブレイン・ウォッシング)という造語で説明したことに由来します。

書籍















戦争












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/09/05