New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

個人的な天才になるための必要条件

首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か?

大自然











ジョン・グリンダー:
首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か、よく考えることが大切です。これから、伝統的な首尾一貫した文化をモデルに使って、どのようにして私たちが自分自身の文化を作ることができるか提案したいと思います。その差異ははっきりと認識することができます。放棄したいと思う差異もあれば、私たち自身の個人的な文化を作るときに再現したいと思う差異もあります。たとえば、多くの場合、象徴的で、現代社会の一時的注意志向(=意識の志向性)とは逆の二次的注意志向(=無意識の志向性)であるバンプティ族のコミュニケーション体系には、豊かさがあります。予想可能性が存在します。

今日の午後ワークショップに参加するタティトス・ソンパは、ひとたびあなたとの間に確立する関係性を快適に感じたら、エントピー変化を引き起こします。パターン中断、通常の状態との分断、知覚フィルターの麻痺といった価値を発揮しますが、これらは敬意の枠内ですべて一対一で行われます。そして彼の文化の中にはバランス調整機能があり、ジュディがさっき話したケースのように内側に閉じ込められている場合であれ、あるいは実のところ、完全に適切な代替選択肢がいくつか存在している場合であれ、儀式と形式が規定されているので、特定の状況に対する選択肢が何であるか、皆あらかじめわかっています。このため、問題は、直面している状況に関してどの選択肢を選べば芸術的に最も見ばえがいいか、という審美的なものになります。

西洋、特にアメリカの視点から見ると、これらは行動上の制約であるように思えます。「私たちは、これだけのことしかできないのですか? 誰がそう言ったのですか?」と。しかし、いま話題になっている儀式の内側では、エントロピーの原則が機能していることを忘れてはいけません。これはどの論理レベルおよびどのエントロピー指数で安定に固執するか、という重要なデザイン要素です。

※エントロピーとは、大まかに「何をすることができて、何をすることができないかを、その大小で表すような量」を意味します。

女性:
私の質問は、あまりにも多くの代替選択肢が存在し、自分自身の選択が可能な現代社会の文化では安定は非常に獲得が困難なので、逆のことが起こっているのではないか、というものです。つまり、そもそも不安定な状態が安定の裏づけとなり、その状態を壊す人を評価しないのではないでしょうか?

ジョン・グリンダー:
今おっしゃったことは、私のこれまでの多くの経験を端的に言い当てているような気がします。自分が創造的な行為と見なすことを行って、まわりの人々すべてに、また別の代替選択肢を考えなくてはという思いをもたせることで完全に混乱に陥らせて、彼らにとって頭痛の種となった人間であることを言い当てているようです。私はまた、人々が現状に対して選択肢を提案する見地とは逆の立場を取っていました。彼らの選択肢は関係者に対する敬意を逸したものだと私には思えました。

ジュディス・ディロージャ:
あなたは不安定でしたか?

ジョン・グリンダー:
かなり不安定でした。そのことが引け目になって長い間悩んでいました。現代社会では、私たちのような人間は必ずしも世の中から肯定されるとは限りませんが、文化では肯定されます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.58-60


John Grinder:
It's important for you to give some thought to what it is that distinguishes a coherent culture from a society. We're going to use traditional coherent cultures as a model to suggest how we can create our own. We can appreciate what differences there are, some we will wish to discard, some we will wish to recapitulate in creating our own personal culture. There is a richness, for example, to the BaMbuti communication system which is in many cases iconic and second-attention oriented as opposed to our society's first-attention orientation; there's a predictability. 

Once TaTitos Sompa, who you will meet and work with this afternoon, is comfortable with the relationship he has established with you, he is like an agent of entropy. There's value placed pattern interruption, on disruption of normal states, on disruption of perceptual filters, all within boundaries of respect, one person to the other. And there is a balancing within his cultureーthe ritual and the forms are specified to the degree that everyone knows what the choices are in responding to certain situations, whether they're trapped insideーthe case that Judy was talking aboutーor in fact, they have perfectly good alternatives and the question is an aesthetic one, that is, which one will they choose that seems most appropriate, in the sense of artistry, for the situation they're faced with? 


From a Western position, especially American, those seem to be constraints on behavior. "We can only do these things? Who says?" Remember, however, there is an entropic principle at work inside of the ritual that we're talking about. That's an important design elementーat which logical levels will you insist on stability and at which entropy?

Woman:
My question is, in our culture, where there are so many alternatives, where you can make your own, doesn't something of the reverse happen because security is so difficult to come by. So that person who breaks the convention which is insecure in the first place is often not valued because it brings that security up just like the flip side.

John Grinder:
Sounds like a verbal coding of a lot of experiences I've hadーof being the person who made what I would consider a creative act to the anguish of everyone around me who were totally disrupted by the prospect of having to consider yet another alternative. I've also been on the other side where people proposed an alternative to what was going on which I thought was outside of the boundary of respect for the human beings involved.

Judith DeLozier:
You were insecure?

John Grinder:
Quite. That's been one of my problems for a long timeーthat and modesty. So in a society such as ours you don't 
necessarily receive the affirmations from the outside worldーbut in a culture you do.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.28-30)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/17

ある特定の文化の生活様式について

ある特定の文化を考えるとき、その文化と生活様式は、どのような種類の特徴によって現代社会体系内で理解されている状況と区別されるのでしょうか? 今なお首尾一貫した文化を守り、技術社会、および現代社会的体系で起きている日々の出来事との接触によって乱されていない人々の日常生活に関与するかぎり、どのような差異が重要になるか、考えてほしいと思います。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.57


What kind of characteristics, when you think of a culture distinguish it and the everyday life of the participants from the situation as you understand it to be in our social system here? What sorts of things occur to you? Give some thought to what daily life of someone who is embedded in a culture which is still coherent, has not been disrupted by contact with technological society, and the experience on a daily basis that you have in our social system.

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.27)


インドネシア











Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/16

森に住む人々〜喧嘩をした夫婦のはなし〜

森林













コリン・ターンブル著『森にすむ人々』から引用したい話がもう一つあります。

若い男女がいて、少し前に結婚していましたが、何かについてちょっとした喧嘩になりました。ターンブルが言及したかどうか思い出せませんが、文化には決まった結婚手続きと離婚手続きが存在し、バンブティ族文化での方法は、女性が葉っぱを1本ずつ抜きながら小屋を取り壊し初め、最後の葉っぱを引き抜いて料理用品を荷造りした時点で、すべて終わり、というものです。これは取り消し不能な手順です。そういうわけで、この男女は喧嘩をして言い争いました。バンプティ族の人々にとって、最も重要なことは狩猟グループの維持であることを覚えておく必要があります。狩猟グループ全体を危険に晒すことになる不当な対立をたくさん引き起こすような人々をグループ内に置いておくことはできないのです。そこで、女性は、葉っぱを1本ずつ抜きながら小屋を取り壊して、涙を流していました。夫は火の脇に座って、「どうすれば、これを止めさせるのか?」と考えていました。彼は何も考えつかず、彼女は葉っぱを1本ずつ抜いていました。夫は悲痛のあまり自分の手をもみしぼり、神経質に歩きまわっていましたが、突然、小屋の上に登り、葉っぱを引き抜いて、「これはいいアイデアだ。川まで行って、これらの葉っぱを洗うことにしよう」と言いました。「何ですって?」と妻が言いました。夫が「これはいいアイデアだよ。これらの葉っぱは汚いので、葉っぱを取り除くのはいい考えだ。一緒に川で洗うことにしよう」と答えると、妻は「そうですね」と言いました。さて、これは実に興味深いことです。というのも、ターンブルによれば、翌月、この特定の共同体内で、複数の夫婦が葉っぱを引き抜いて川で洗うという行動が見られましたが、こうした行動はそれまでに起こったことがなく、その後もけっして見られなかった、ということです。
(中略)
この夫婦と共同体の他のメンバーとの間、およびその小屋で夫婦を形成している男女間の、両方のコミュニケーションの多くは、口頭コミュニケーション等を必要とせずに、小屋の葉っぱのアレンジのし方で伝えられるので、女性が葉っぱを一本ずつ抜きながら小屋を取り壊すことには首尾一貫性があります。
(中略)
依然として首尾一貫性のある文化では、結果を引き出すために意図的に使われる特定の伝統的な行動パターンが存在するのです。そこでは多くの場合、一時的注意(意識)が必要とされていません。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.54-58


There's one more story that I'd like to bring up from The Forest People. There's a young man and a young woman and they've just been married a short time and they got into a tiff over something, I don't remember if Turnbull even mentions what it is, but there is a culturally regulated way of getting married and then there's a culturally regulated way of breaking that up and the way that is done in the BaMbuti is if the woman begins to take down the hut, leaf by leaf, when she gets to the last leaf and packs up her cooking equipment, it's done. 
It's irreversible. So they've had a fight, they've had an argument, and you have to remember that for the BaMbuti the most important thing is the maintenance of the hunting group; they can't have people just causing a lot of unwarranted conflict in the group because it could put the entire hunting group on the line. So the woman is taking down the hut leaf by leaf and she's in tears and her husband is sitting by the fire going, "What can I doーhow can I stop this?" He can't think of anything to do and she's taking off the leaves, leaf by leaf, and he's wringing his hands and pacing and all of a sudden he walks over to the hut and takes a leaf off and he says, "Yeah, good idea, let's go down and wash these leaves in the creek." And she says, "What?" And he says, "Well it's a good idea, these leaves are dirty, it's a good idea to take these leaves off. Let's go wash them together." And she goes "Ah!" Now it's really interesting because Turnbull said that for the next month he noticed that in this particular encampment couples were taking leaves off and going down and washing them in the stream and that he'd never seen that behavior occuring in the group before and he never saw it after.
(omitted)
Take the leaves as an example. Judy was pointing out that the there is a coherency to the woman disassembling the hut leaf by leaf because a great deal of communicatonーboth between the couple and the rest of the encampment, and between the man and the woman who consitute the couple for that hutーis done through the hut through the arrangement of those leaves, for instance without any verbal communication.
(omitted)
There are certain traditional patterns of behavior which people know they can use to accomplish there outcomes in a culture which is still coherernt. It doesn't require first attention in many cases.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.25-28)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



The Forest People (English Edition)
Turnbull, Colin M
Vintage Digital
2015-10-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/15

自己同一化すべき聖餐式の適切なモデル

私は、イエズス会士によって訓練を受けました。私は、彼らの思考能力を大いに尊敬しています。彼らは、一次的注意に関しては非の打ちどころはありません。イエズス会の友人たちとの儀式についての議論の中で魅力的だったことは、彼らが司祭として聖職位を授けられる準備をしていたとき、年老いたイエズス会士がコーチとして彼らの訓練の責任者となったことを認識するようになった点です。そして、聖餐式、特にミサと呼ばれる儀式を行っているとき、彼らは特定の一連の身体的な姿勢と動きを練習して、さらに経験を積んだ年長のイエズス会士がその動きを査定して、満足がいくまで同じことを何度も何度も反復させました。このイエズス会士は、査定基準として何を使っていたのでしょうか?これらのセットの動き、声の使い方、姿勢、呼吸の仕方が、若い司祭の中に適切な尊敬の状態を生み出し、彼が自己同一化すべき聖餐式の適切なモデルになったかどうかがその基準でした。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.517 

※一次的注意=意識
※二次的注意=無意識

ミサ











It can be the basis of skill. It can be direct access to altered states which are otherwose very difficult to achive.

It can be the basis of skill. It can bedirect access to altered states which are otherwise very difficult to achieve. I was trained by Jesuits. I have great respect for their ability to think. They are impeccable at first attention. In the discussion of ritual with some Jesuit friends of ours what was fascinating was that they came to recognize that when they were being prepared to be ordained as priests there was an older Jesuit who was in charge of their training
who was their coach. And as they went through the liturgy, specifically, a ritual called the Mass, they would practice specified physiological positions and movements in sequence and the older, more experienced Jesuit would evaluate the movements and have them do it again and again and again until he was satisfied. And what was it he was using as his criteria for evaluation?whether those sets of movements, those uses of voice, those postures, those breathings induced the proper state of reverence in the practitioner, the younger priest, which would then make him an appropriate model for the congregation to identify with.
('Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius' p.367-368)

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier and Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/08/01

三次元の二次元へのマッピング

ジョン・グリンダー:
13世紀のイタリアで起こったことを知っていますか。13世紀には多くのことが起こりました……(笑い)私が興味のある13世紀のイタリアで起こった出来事の一つは、それ以前のビジュアル・アートと違い……

マーン:
(中断しながら)私は、絵画の系譜のようなものはあまり詳しくありませんが、その頃、絵画において奥行き感が発見されたのだと思います。

Leonardo_da_Vinci_(1452-1519)_-_The_Last_Supper_(1495-1498)












ジョン・グリンダー:

そうです、「遠近法」です。よく注意して聞いてほしいのですが、この時代に、三次元の世界での測量によって真実とされた関係性を二次元の面に機械的に歪曲する方法が発見されました。この機械的な歪曲の目的は、最終的な二次元の結果が三次元的に見えるように、その歪曲を人間の視神経系にしっくりと収めさせることでした。三次元の二次元へのマッピングは、一次的注意が二次的注意のプロセスを受け入れようとしたとき、どのように一次的注意が弱められるか、を示す好例です。彼らは何をしたのでしょうか? 私が言ったことがわかりましたか? 二つの注意に対してこの質問をしていますが。

私は、かつてアテネの町のフィロパッポスの小さな丘に立って、遠くの大きな丘を眺めていました。視界には大きな丘が二つあり、二番目の丘はアクロポリスと呼ばれていました。フィロパッポス丘から見える構造物がアクロポリス丘を眺める私の目を引き付けました。それは、ギリシャ人は愚かにもトルコ人との戦争の際に内部に弾薬を置き、それをトルコ人が爆発させてしまったので、今では屋根の一部
と土台が残った円柱の集まりとなってしまったパルテノンでした。

2013463_s











フィロパッポス丘の頂上まで登って、約1
キロさきの彼らのパルテノンを眺めたとき……、私の体は歌いだしそうでした。私の視覚的な経験にあまりにもしっくりきたので、私の中の視覚/触覚回路が起動してしまいました。あたかも私の体が深い自然の歌を見つけたので、その時間と場所に適した歌を歌えるかのようでした。ここで驚くべきことは、もし足をのばしてフィロパッポスから歩いて離れてアクロポリスの頂上まで登り、巻尺で円柱同士の距離と円柱の実際の円周、すなわち、上方向きの円錐形状を(守衛がきて放り出されるまで)測ったなら、これらの測定によって13世紀のイタリアの場合のようにギリシャ人は、どこかで失われた知恵をもっていたことがわかるでしょう。ギリシャ人は、パルテノンの客観的現実を人間の神経系の視覚的歪曲にしっくり収まるように歪曲したのでした。

ジュディス・ディロージャ:
これらの円柱は同じ大きさではなく、円柱間の距離も同じではありません。しかしながら、それを眺めると、あなたの体はこの客観的な情報は間違っている、と告げます。ギリシャ人がパルテノンに施したことには非常に正しいことがあります。彼らは、認識論的な課題を遂行したのでした。ベイトソンは、サイバネティック的に思考すること、すなわち、回路の「弧(訳注:『
arc』の訳で、本書では「回路全体の副区分」を意味しています)」だけではなく、回路全体、関係性が尊重されるような形でチャンク操作を行うことの重要性を何度も強調しています。経験のチャンクのし方によっては、私たちの思考に空恐ろしい認識論エラーが生まれる可能性もあります。ベイトソンは、私たちがサイバネティック的に思考することを学ばない限り、地球全体が消失するだろう、と主張しています。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.37-39)

874731_s














John Grinder:
You know what happened in thirteenth-century Italy. A lot of things happened in thirteenth-century... (laughter) One of the things that happened in thirteenth-century Italy that I'm interested in is that if you look at thevisual art available before...

Marne:
(interrupting) I'm not real good with timelines and that sort of thing but I think tha's when they discovered depth perception in their paintings.

John Grinder:
Perspective. They found a way, and listento this very carefully, of mechanically distorting the relationships they knew to be true by measuring them in the world in three dimensions onto a two-dimensional surface. The purpose of this mechanical distortion is to fit the distortions in the human visual nervous system in such a way that the end two-dimensional result would appear to be three-dimensional. Mapping from three dimensions onto two dimensions is a good example of how first-attention reduction occurs when first attention tries to appreciate second-attention process. What is it that they did? Did you hear what I said? Both attentions.

I once stood on a small hill in the city of Athens, Philopappus, and looked across a distance at a larger hill, the two main hills in the area, and the second hill was called the Acropolis, and there's one structure from Philopappus that drew my eye as I looked across at the Acropolis. It was the Parthenon, nowlargely a series of columns with a partial roof and a foundation because the Greeks were foolish enough to putmunitions inside of it during one of the wars with the Turks who then blew it up. When I climbed to the top of the Philopappus and looked across that intervening kilometer or so at the Parthenon... it wasas if my body sang atthat point. There was something so
congruent about my visual experience that see feel circuits in me were triggered. It was as if mybody had found a deep natural song that it could sing that belonged there atthat time. Now the startling thing is that if you now make that journey, if youwalk down off Philopappus and walk over and up to the top of the Acropolis and take a tape measure and begin to measure the distance between the columns and the actual circumference of the columns−their tapering as they move upward (until the guards come alone and throw you out)−as you make those measurements you'll discover, as in the case of thirteenth-century Itaru, the Greeks had a wisdom that somewhere got lost. They distorted the objective reality of the Parthenon in such a way that it fits the visual distortions of the human nervous system.

Judith DeLozier:
Those columns are not the same size nor are the distances between them the same. And yet as you lookat it your body tells you that this objective information is false. There's something so very right about what the Greeks didwith the Parthenon. Those guys had done their epistemological homework.Bateson emphasizes again andagain the importance of thinking cybernetically,that is, chunking in a way that respects the entire circuit, the relationships,and not just arcs of circuits. The way in which we chunk experience can lead to epistemological errors in our thinking that are formidable. Gregory says thatunless we learn to think cybernetically the entire planet could be forfeit.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.11-12)

Grinder













Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/27

認識論とは何か

顔と時計










認識論(Epistemology)は、人間知識の可能性を体系的に研究する人文学です。認識論は、私たちは何を知り得るか、および、私たちが知っていると思う知識をどのように知るようになるのか、といった質問をまず最初にしたあと、次に、私たちはある事を知ることがそもそも可能なのか、という質問に移ります。西洋人にとって認識論が難解であるとみなされている事実は、私たち自身の信念、価値、知覚の基盤がいかに検証されないままでいるか、また、さらに重要なこととして、このため、私たちの信念、価値、知覚から生まれる私たちの行動の基盤がいかに検証されないままでいるかを如実に指し示しています。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.16-17)


Epistemology is the human discipline which systematically explores the possibility of human knowledgeーbeginning with questions of what we can know and how we come to know we think we know, epistemology moves to the questionーcan we know anything at all? The fact that epistemology is considered esoteric by Westerns is a telling indicator of how unexamined the foudation of our own beliefs, values and perceptions in and criticallym, therefore, how unexamined the foundation of those behaviors which flow from our beliefs, values and perceptions is.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.9)

Grinder














Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/04

認識論的に不健全な思考現象の発生

認識論的に不健全な思考現象が、個人レベルと社会レベルの両方で発生します。私たちは、個人的にも社会的にも自分の思考の特定の認識論エラーを矯正することを可能にするような形成妥当性条件を開発し、提案するつもりです。すなわち、それは世界の経験、つまり私たちが検証し理解したいと願う現象を分解する際、私たちの研究対象はそれ自体、任意の回路の弧だけではなく、機能している回路全体である必要がある、という条件です。一般科学、特に心理学は、研究目的で経験を分解する際、途方もないエラーを犯しています。典型的には、世界の魅力的な部分だけが特定され、研究法が考案されます。その研究法の考案者は、皆、複雑な現象(つまり回路)が論理的な変数(つまり弧)に分解でき、その変数を隔離して研究でき、パターンが識別された後、まるで弧のパターンを定義する一般化を繰り返していくと回路全体のパターンが定義できて、論理的変数が再構築できるかのように考えてしまいがちです。

たとえば、薬物依存症といった複雑な現象は、ベイトソンが指摘したように、都合よく中毒者の研究に分解することも、さらには、薬物依存症の人格だけに分解することもできません。それは、中毒者とは無関係の化学物質の研究にチャンクダウンすることもできません。
      
      -----------------------------▶
     中毒者           化学物質
      ◀----------------------------

薬物依存症の現象をこのように分解すれば、興味深い有益なパターンを発見することに失敗するに決まっています。このようなプログラムは、最善の場合でも、見当違いに終わります。最悪の場合は、関係性の一部だけを研究した結果、広範囲に多様な「パターン」を発見する研究者は、次の高次の論理レベルで物議をかもし出し、現実世界で実際に薬物依存症のループを扱っている人々を困惑させます。また、彼らは、どの一式の言葉がより適切か議論し始めますが、このことは、人材と財源の浪費を認識している人々の頭痛の種となります。このような活動の結果は、最善の場合でも、人間の分離する能力、すなわち、自然に機能する回路に配慮することなく経験を分解し、分解された弧が世界と関係があるように信じてしまう能力の病的な側面で終わってしまいます。

(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.39-40)


飲酒











This same phenomena of epistemologically unsound thinking occurs both at the individual levels and the societal level. We will develop and propose a well-formedness condition which allows us as individuals and societies to correct certain epistemological errors in our thinking, namely, that when decomposing experience of the worldーphenomena which we wish to examine and understandーthe component we wish to study must itself be an operating circuit, not simply an arc in some circuit. Science in general and psychology in particular have made monumental errors in the decomposition of experience for purposes of study. Typically, a fascinating part of the world is identified and a study is designed. The designers altogether too frequently act as if the complex phenomenon, the circuit, may be decomposed into logical variables, arcs, each of which may be studied in isolation, patterns discerned and then the logical variables reassembled as if the generalizations which define the patterning of the arcs additively define the patterning of the entire circuit. 

For example, the complex phenomenon of addiction cannot, as Bateson points out, be usefully decomposed into the study of the addict, or worse, the addictive personality alone; nor can it be chunked down into a study of the chemicals involved independent of the user.


      -----------------------------▶
     Addict           Chemical

        -----------------------------

 

Such a decomposition of the phenomenon of addiction will guarantee a failure to discover interesting and useful patterning. Such programs are doomed to irrelevance, at best. At worst the researchers who find widely varying "patterns"ーas a result of the study of only part of a relationshipーwill engage in polemics at the next higher logical level, arguing about whose sets of words are better to the dismay of people who have to deal with the loop of addiction in the real world and to the anguish of those who recognize the waste of human and financial resources. The results of such activity, at best, is the study of the pathological side of our species ability to disassociateーto decompose experience without any sensibility to naturally operating circuits, . . . , and then to believe the decomposed arcs have anything to do with the world.  

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.12-13)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/09/25

概念と知覚印象の結び付け

「概念と命題は、知覚経験との関係性を通じてのみ、『意味』すなわち『内容』を獲得する。知覚経験の概念と命題に対する関係性は、純粋に直感的なもので、それ自体は論理的なものではない。この関係性すなわち直感的な組み合わせが達成できる可能性の度合いだけが、空虚な夢想と科学的『真理』を区別する」
アルバート・アインシュタイン『自叙伝ノート』より


実際、アインシュタインは、この「直感的な組み合わせ」(概念と知覚印象の結び付け)が解明されないかぎり、私たちは深い意味で事実と夢想を区別することはできない、と警告しています。私たちの認識論は非常に不安定なものです。おそらく、この試みに対するグレゴリー・ベイトソンの最もすばらしい貢献は、驚くほど簡単な「変形」の概念についてです。周辺知覚器官で特定の信号を受ける人間の神経は、物理的世界からの情報を一連の変形形態に変形し、各段階で削除、歪曲した上で、最後にその情報は中枢神経系に到達して現実として受け入れます。認識論は、このため、適切に定義された課題になります。その課題とは、外の世界から意識に移る長い旅において情報が従う必要のある特定の変形の規則をマッピングすることです。そして、これがベイトソンの望みでした。

これが、彼が私たちに警告したことでした。将来いつか充分に解明されるであろうベイトソンの変形は、西洋の心身二元論を癒すリンクとなることでしょう。

NLP(神経言語プログラミング)と呼ばれる技術は、アインシュタインの言う「直感的な組み合わせ」
、すなわちベイトソンの言う変形についての解明を始めました。4タップル、表出体系、共感覚パターン、言語的メタモデル、といったプロセス・ツールは、知覚印象と概念の間のこのマッピングについての研究の要石です。このワークが開発されるまでは、差異を解消するために私たちが不可避的に行なう必要のある決定は暴力の方に偏ることでしょう。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.25-26)


脳の閃き











The concepts and propositions get "meaning," viz., "content", only through their connection with sense experiences. The connection of the latter with the former is purely intuitive, not itself of a logical nature. The degree of certainty which this connection, viz intuitive combination, can be undertaken, and nothing else differentiates empty fantasy from scientific "truth".

Albert Einstein, Autobiographical Notes, p.13

 

In effect, Einstein is warning that until this "intuitive combination"this connecting of concepts and sense impressionsis explicated we cannot discriminate fantasy from fact in a deep senseour epistemologics are very shaky. Perhaps Bateson's finest contribution to this endeavor comes with his surprisingly simple notion of the transform. The human neurology receiving certain signals at the peripheral sense organ transforms that information from the physical world in a series of transforms, deleting and distorting it at each step until it reaches the central nervous system and is accepted as reality. Epistemology thereby becomes a well-defined taskto map the specific rules of transformation that information is subjected to in its long journey from the world to consciousness. And this was his hopethis is what he warns us we ought to be about. Bateson's transformsfully explicated sometime in the futurewill be the link which heals the western mind/body split. The technology called Neuro Linguistic Programming has begun an explication of this "intuitive combination" of Einsteinthese transforms of Batesonthe process tools of the 4-tuple, representational systems, synesthesia patterns, Meta-models of language,・・・are cornerstones in the exploration of this mapping between sense impressions and concepts. And until this work is developed, the decisions which we inevitably must make to resolve differences will drift toward violence. This document makes a first step in this endeavor. 

('TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' PREFACE p.16-17)


John Grinder
Grinder
















ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

マインドと感覚について


「マインドの中に感覚から入力されなかったものはいっさいない」

There is nothing in the mind which did not come from the senses.

虹と鳩











ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20
(p.18より)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
Delozier, Judith
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/23

考察されていない認識論の差異

中米、アフガニスタン、中東等で日常的に起こっている、単に平和に暮らしたいと思っている老若男女の殺戮等の問題について、公正な解決策を見つけることができないでいる政治的指導者に関する(マスコミによって濾過され、希釈されてしまう)話はまったく不愉快です…。これらの一つひとつは、すぐに、容易に、考察されていない認識論の差異に原因を求めることができます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.17)

戦争











Finally, entirely unamusing are the stories which filter anemically through the reducing value we call our national press which chronicle the inability of our political leaders to find equitable resolutions to the differences which are daily in Central America, Afganistan, the Middle East... killing men, women, and children who simply want to live in peace. Each of these are quickly and easily trackable to epistemological differences which remain unexplored.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius: PREFACE p.9)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

認識論とは何か

顔と時計











認識論(Epistemology)は、人間知識の可能性を体系的に研究する人文学です。認識論は、私たちは何を知り得るか、および、私たちが知っていると思う知識をどのように知るようになるのか、といった質問をまず最初にしたあと、次に、私たちはある事を知ることがそもそも可能なのか、という質問に移ります。西洋人にとって認識論が難解であるとみなされている事実は、私たち自身の信念、価値、知覚の基盤がいかに検証されないままでいるか、また、さらに重要なこととして、このため、私たちの信念、価値、知覚から生まれる私たちの行動の基盤がいかに検証されないままでいるかを如実に指し示しています。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.16-17)


Epistemology is the human discipline which systematically explores the possibility of human knowledgeーbeginning with questions of what we can know and how we come to know we think we know, epistemology moves to the questionーcan we know anything at all? The fact that epistemology is considered esoteric by Westerns is a telling indicator of how unexamined the foudation of our own beliefs, values and perceptions in and criticallym, therefore, how unexamined the foundation of those behaviors which flow from our beliefs, values and perceptions is.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.9)

Grinder














Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/05

コミュニケーションと認識論

グレゴリー・ベイトソンは、あまりにも明白なので何世紀にもわたって人間行動の研究分野において、有能な研究者の研究対象から文字どおり外されてきた人間コミュニケーションについての重要な事実を、その著作に法則化しました。

Rudolph Arnheim(L)  Gregory Bateson(R) 
グレゴリー・ベイトソン












それは、二人の人間が対面し、一方が他方にコミュニケーションを提示するとき、状況の他の局面が通常であるかぎり(提示されたコミュニケーションがもう一方の知覚経路に入力される、等)、二番目の人はコミュニケートしないでいるわけにはいかない、という事実でした。

もちろん、二番目の人がどのようなコミュニケーション反応を示すかについては多くの選択肢があります。たとえば、言葉、しぐさ、音、動作等で反応できますが、これらはすべて一番目の人には、自分の最初のコミュニケーションに対する反応として正当に知覚されます。ここで、反応を拒否するという制約的なケースさえ、それ自体コミュニケーションであることに注目してください。

ある人が誰それとコミュニケートできない、という場合、その立場は認識論的に不健全です。そう主張する人が意味しているのは、自分の求める反応を該当の第三者からまだ引き出せてない、ということにすぎません。

コミュニケーションと認識論は、この点、類似しています。つまり、両方とも至る所に存在しています。人はコミュニケートしないでいるわけにはいかず、さらには、人は認識論をもたないでいるわけにもいきません。その認識論は、無意識である場合もあり、好ましくない場合も、本人はまったく知覚していない場合もありますが、その人の行動によって正確に露呈されます。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.16)


会話










ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

西洋人と認識論について

会話











現代の西洋人は、経験論に基づいた認識論、形而上学に基づいた認識論、また場合によっては、虚無主義の認識論を選ぶことができますが、最も重要なこととして、彼らは何らかの認識論をもたないでいるわけにはいきません。認識論など欲しいと思わないかも知れません。ある特定の認識論に対しては是が非でも抵抗するかもしれませんが、このような場合の抵抗それ自体が、認識論的行為なのです。

「認識論」は「Epistemology(エピステモロジー)」の訳語で、「私たちが知っていることをどう知っているかに関する科学」のことです。NLPは認識論の典型的な例です。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.15)

Grinder














The modern Westerner can choose an empherically based epistemology or a spiritually based epistemology, even a nihilist epistemology
−but most importantly, they cannot have an epistemologyThey may not want one−they may even resist with all their resources some particular epistemology, but resistance itself in such a case, would be an epistemological act.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.8)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/11/03

期待とは何でしょうか?

風景











期待とは何でしょうか?

求心性神経と遠心性神経の間の連絡がどういうものであるか説明できる知識のある人はいますか?

私の視野の外にある熱いものを私の手または足が触った場合、私は、その信号が私の中枢神経系に達する前にその手足を引っ込めます。そのループは、脊髄で起こります。そして、生物体への損傷を防止するという観点からは、このことは非常に意味があります。

しかし、自分の先入観を、筋肉緊張の使用と不使用、萎縮とパターンの同じメカニズムによって、末梢器官に向かって押し出すと、私たちは、学習することができない自己本位の不浸透性の体系になってしまいます。なぜならば、私たちは、このとき末梢で差異を破壊しているからです。

中心視野から周辺視野に移り、内的対話を沈黙に変えることが、私たちがこのワークショップで達成しようとしている審美的な設計に基づき、二次的注意にアクセスを確立する方法として極めて重要となります。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122-123)



John:

What are expectations?

Who here has the background to tell us what the connections between afferent and efferent nerves are?

If my hand or my foot touches something hot outside of my visual field I will withdraw that limb before the signal reaches my central nervous system.

That loop will occur at the spinal cord. And that makes a great deal of sense in terms of preventing injury to the organism. But when we take our preconceptions and push them, by the same mechanisms of use and disuse, atrophy and patterns of muscle tension, out to the peripheral organs we becomea self-validating, impermeable system which can't learn because we're destroying difference at the periphery. 

Changing foveal to peripheral vision and changing internal dialog to silence, become extremely important as ways of establishing access to second attention in a way that willallow us to do the kinds of design aesthetically, that we wish to do in this workshop.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(10)

Grinder















ジョン・グリンダー:
意識または一次的注意と呼ばれるあなた自身の部分をはるかに超えた知恵が存在します。その部分と二次的注意の関係性を維持するために意識的マインド、すなわち一次的注意が習得する必要のある一定の規律と習慣があります。エリクソンは、意識と無意識の関係を馬乗りと馬の関係になぞらえることがありました。馬乗りは、自分が行きたい場所を選ぶことができます。その場所を馬に提案する際、馬が同意しないかぎり、両者はどこにも行かないという理解が存在します(笑い)。
「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.132)


John:
There is a wisdom here that far exceeds the subset of you which is called consciousness or first attention. There are certain disciplines and practices the conscious mind, first attention, needs to master to keep up its part of the relationship with second attention. Erickson used to liken a conscious-unconscious relationship to a rider and horse. The rider could choose a place that he or she wished to go. In proposing it to the horse there was an understanding that unless the horse agreed, they weren't going to go there together. (laughter)



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(9)

Grinder















ジョージ:
この周辺の視野だけをもつということを実験的に体験したいのですが。

ジョン・グリンダー:
あなたの指をそこにおいて、私を見てください。今、何本の指が見えますか? 2本ですよね。2本の指の間のスペースは、あなたの神経系の人工産物としてしか存在しませんよね。あなたは、自分の指を見ることでそのことを確認することができます。何人の私が見えますか?

ジョージ:
2人です。

ジョン・グリンダー:
次に、自分の注意を固定したい物体に関して、その向こうを見ると、物体はかすんで見えます。それはちょうど、私が自分の指の向こうを見るとあなたがはっきり見える一方で、私の指がかすみ、はっきり見えないのと似ています。特に目の運動感覚に注意を払うと、ある人を見て、しかも周辺視野を止めるという学習過程を始めることになります。

ジョージ:
私には、デボラが「完全視野」と呼んだものに関しては体験したことがあり、文字どおり隅々まで見ることができます。でも、目を閉じない限り、真ん中にあるものは消えません。

ジョン・グリンダー:
では、中心視野の占めるある点を見つめて、周辺視野の動きに注意を払ってみてください。そうすれば、同じことが達成されます。中心視野に何もおもしろいものがない場合、変化は起こりません。疲労感を覚えるだけです。この特別な視覚的経験を達成するには、いくつかの方法があります。

ジュディス・ディロージャ:
1秒間に20回の小さな眼球動作をしていることを考えてみてください。止まらない場合、疲れるはずです。

ジョージ:
でも、止まることはありません。

ジュディス・ディロージャ:
そうです。動き続けています。

ジョン・グリンダー:
実のところ、極微の映写機をコンタクト・レンズに装着した人がいます。

ジュディス・ディロージャ:
ちっちゃな映写機でした…(笑い)。

ジョン・グリンダー:
でも、イメージは大きく見えました。しかし、コンタクト・レンズは、眼球の1秒に20回の動きには敏感だったので、イメージは数秒しか続きませんでした。眼球は単一の知覚ポジションから見ることはできず、常に動いています。私たちは、盲点に気づいていないように、この動きには気づいていません。しかし、この場合、コンタクト・レンズは、眼球の動きに敏感だったので、眼球に装着した映写機は、眼球が動いている間も網膜と感覚器官に対して同じ関係性を保っていました。眼球に入る光のパターンは、このため、継続して同じ感覚器官上に落ちました。数秒後、本人のイメージの知覚は、完全に消えました。神経が回復するとイメージは再び現れ、そして消失、再現を繰り返しました。
「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.130-132)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(10)」に続く


George:
I'd like a reference experience for having this peripheral only vision.

 

John:
Take your finger and put it out here and look at me. Now, how many fingers doyou see? Two, right? The space in between those two fingers doesn't existexcept as an artifact of your neurology, right? You can demonstrate that by looking at your finger. How many of me do you see?

 

George:
Two.

 

John:
Now, if you were to take an object which you wish to fix your attention on andlook past it so that it becomes blurred―just as I'm looking past my finger andseeing you resolved but my finger is now indefinite, it's not as resolved―you would begin a process of learning how to look at someone and give up foveal vision, especially if you paid attention to the kinesthetics of your eyes.

 

George:
I have a reference experience for something like what Deborah calls"full-view" vision where I can literally see out to the end. But nothing in the middle disappears unless I close my eyes.

 

John:
So, I'm saying, stare at a blank spot to occupy your foveal vision and attendto the activity in your peripheral vision; that will accomplish the same thing.If you give your foveal vision nothing of interest, it doesn't change; it fatigues itself. Those are some of the ways of achieving that particular partof the visual experience.

 

Judy:
Think about the little eyeball moving twenty times a second. 'Cause if it did stop,it would fatigue.

 

George:
Yeah, but it doesn't.

 

Judy:
Yeah, so it keeps moving.

 

John:
Infact they took a small miniaturized projector and mounted it on a contactlens.

 

Judy:
Itwas a little teeny… (laughter)


John:
The pictures looked big though. But they only lasted a few seconds because the contact lens was sensitive to that twenty times a second movementof the eye―your eye cannot see from a single perceptual position, it's constantly moving. We're unaware of it just as we're unaware of the blind spot. But in this case since the contact was sensitive to those eye movements theprojector mounted on it remained in the same relationship to the retinalreceptors even though the eye continued its movement. The pattern of lightentering the eye was therefore falling continuously on the same receptors… after several seconds the person's perception of the image disappeared completely... nerves recovered, disappeared, reoccurred, disappeared...


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(8)

ジョン・グリンダー:

今後、世界で動く際、ヴィオラ・レジェール風の文脈マーカーと命綱を用意する目的で、自分の基本型として次の演習を使用してみてください。その後、「世界を止めて」ください。「世界を止める」ときに起こることは、あなたが「世界を止める」ために使った方法論にある程度左右されるということに注目してください。非常に深いトランスを使い、二次的注意に対してこれらのリクエストを求め、了承を得た後、トランスから出て「世界を止めた」変性意識に入る場合、ある特別な種類の経験をもちます。これは、今までにあなたが「世界を止めた」非常に集中した状態へのアクセス点を見つけることで「世界を止めた」後、自分の個人的経験からその状態の生理的機能や経験にアクセスする場合とは、典型的に非常に異なったものです。この場合は、その状態が入り込む前に、あなたが「世界を止めた」最初の環境、文脈からの何らかの中身、内容が存在する傾向にあります。これらのアプローチを使うと違いが生じます。


子ども











ジュディス・ディロージャ:
「世界を止める」カスタネダの記述の中で、彼らは子どもたちについて語っています…。彼は「見る」という概念を使っています。内的対話を停止し、中心視野を止めて、周辺視野だけで見ると、世界は驚くべきほどに異なって見えます。彼は、人間の可能性の範囲とこれらの可能性の一部と共鳴している文化について、すなわち外側と内側の発散の調和について語っています。そして、それはあまりにも流動的なので、それを安定化させるために、子どもたちは言語を教えられます。子どもたちは、たえずその点を安定化し、固定化する方法として言語によって強化されます。彼は、「見者」としての子どもたちについて語った後、世界についての記述をして、子どもたちが誰であるかを彼らに告げ始める両親について語ります。子どもたちは、言語を学んだ後、世界が安定するわけです。これはもう一つの記述です。
「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.129-130)

次のページ「命綱を備えて世界いを止める(9)に続く」


John:
We're proposing that from now on, when you act in the world you use this next exercise as your prototype
to arrange for Viola Legere type contextual markers and a lifeline. Then you" stop the world." Now notice that what happend when you "stop the world" is in part a function of the methodology you use for "stopping the world." If you're using a deep, deep trance, and go in and make those requests of your second attention and get a confirmation and then come out of the trance into the altered state of having"stopped the world" you'll have one class of experiences. It will be profoundly different, typically, than what happens when you "stop the world" by finding an access point to a highly focused state where historically you did "stop the world" and you now retrieve the physiology and the experience of that state from your personal history. There will tend to be some substance, some content from the original environment, the context where you" stopped the world" before that will intrude. There will be differences using those approaches.

Judy:
In Castaneda's descriptions of "stopping the worlď" he talks about children..., he uses the concept of "seeing,” when you stop internal dialogand you stop foveal vision and you’re seeing with just peripheral vision, the world looks amazingly different. He talks about the range of human possibilities being out there and culture resonating with a few of those possibilities―the emanations on the outside and the inside matching. And it's so liquid that in order to stabilize it children are taught language. They'reconstantly reinforced with language as a way of stabilizing and fixing that point. He talks about children being "seers," and then the parents start making descriptions of the world and telling them who they are
they learnlanguage and then the world stabilizes. It's another description.


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(7)

Grinder
















デボラ:
あなたが言ったことを注意深く翻訳してみたのですが、私が “full-view”(完全視野)と聞き取ったその言葉が合っているかどうか確信がありません。

ジュディス・ディロージャ:

(黒板に書きながら)“foveal-view”(中心視野)です。でも、私はその “full-view”(完全視野)も好きです。しかし、一時的注意の翻訳と同様に、それは、まったく誤解を生みますね(笑い)。ですから、目の中心と周辺部では異なる種類の視覚的経験が起こります。左右の人差し指をだいたい腕いっぱいのところに伸ばしてください。左の目を閉じてください。右目で左の指に焦点を合わせて、ゆっくりと、右目が左の指から目を離さずに見つめたまま、右の指を離してください。約10センチ離れた場所で、その指は消えるはずです。消えないようでしたら、その地点を越えて、また戻ってきてください。いえ、いえ、それは速く動かし過ぎです。この辺で、指が消えるはずです。

女性:
まず自分の左の指を見るのですね。

ジョン・グリンダー:
自分の左の指を見ています……。

ジュデス・ディロージャ:
……自分の右目で……

ジョン・グリンダー:
……右目、一方の目だけで見てください。動かしていると、右の指の先が消える場所があります。その後、指はまた現れます。おもしろいと思いませんか?

ジュディス・ディロージャ:
指はどこに行ったのでしょうか?

ジョン・グリンダー:
体の部分が再び現れたことに、私は非常に感謝します(笑い)。

ジョン・グリンダー:
今、簡単な実演デモで皆さんが発見しているのは、人間としての遺産の一部です。これは、盲点と言われているものです。明白に、網膜の神経路が網膜を離れる点が盲点です。私たちは、自動的機能でこの点を埋めているので、両眼ではなく単眼で自分の経験を注意深く検討することでしかこの事実が明らかにされることはありません。

ジュディス・ディロージャ:
ですから、そこに、指の先に新しい情報があるわけです。

ジョン・グリンダー:
これが盲点です。どちらの方に動くかに依存しています。中心視野は、眼球で集中化されている通常「円錐体」と呼ばれている感覚器官を使用します。眼球の周辺部の主要な解剖学的構造である桿状体は、周辺視野を通して世界を見る方法の主要な要素となっています。

ジュディス・ディロージャ:
ジョンがさっき言及したように、後ろの黒板に焦点を合わせるとき、部屋のどの部分の動きに気づきますか? 自分の周辺視野のはずです。

ジョン・グリンダー:
そこにその動きが実際にあると思う場合、部屋を見渡すと、突然その位置が変わることに気づきます。世界、感覚器官と呼ばれる私たち自身、そして最終的に意識の中のリプレゼンテーショナルシステムの変形体によって構築される、内的世界として評価されるもののインターフェイスで起こる種類の変形体については、日常経験を考察すると判明する例が数多くあります。

ジュディス・ディロージャ:
それは、文字どおり、濾過します。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.127-129より)


次のページ「命綱を備えて世界を止める(8)に続く


Deborah:
You said…, one of the things you said I have translated carefully but I'm not sure itquite fits and that's this description of what I call "full-view,F-U-L-L-dash-V-I-E-W," (laughter) vision and ah...

Judy: 
Foveal. (writing on board) But I like that"full-view" However, like most first-attention translations, it's totally misleading. (laughter) So the fovea and the periphery of the eye give rise to different classes of visual experience. Extend your two fingers up at about arm's length. Now close your left eye. Now focus on your left finger with your right eye and slowly, without shifting your gaze, so that your right eye is looking at your left finger, move your right finger away. After about four inches of separation the top of it should disappear. If you don't notice that, go past that spot and then come back. No-no, much too far. About this far is where you're going to find that.

Woman:
I'm watching my left finger.

John:
You're watching your left finger...

Judy:
...with your right eye...

John:
...with your right eye only, one eye. And as you move across there's a place where the top of your right finger disappears. And it appears again. Isn't that amazing?

Judy:
Where did it go?

John:
The part about it appearing again is what I'm really thankful for.(laughter)

Judy:
Yipes!

John:
Now what you'rediscovering by a simple little demonstration is something that is part of yourheritage as a human being. It's called your blind spot. Obviously where the tracks from the retina leave the retina is a blind spot. Notice that we fill this with an automaticity that can only be teased out by a careful examination of our experience using monocular, as opposed to binocular vision.

Judy:
So there, new information is right at the end of your finger.

John:
And so is the blind spot. Depending on which way you're moving. So foveal vision employs theclass of receptors that are centralized in the eye, usually called cones. Rods,which constitute the major anatomical structure in the periphery of the eye,are the major element in your way of witnessing the world through peripheralvision.

Judy:
As John mentioned earlier, if you focus on the blackboard here, where in theroom do you notice movement? It will be in your peripheral vision. 

John:
And if you think that's where it actually is, look across the room and you'll notice suddenly it shifts. There are many examples available in the inspection of everyday experience about the class of transforms that occur between the interface of the world and us called our sense organs and what we ultimately come to appreciate as our world as constructed by those transformsin representational systems in consciousness.

Judy: As it filters down literally. 


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(6)

女性:
命綱の確立について話されましたが、あなたたちはそれを私たち自身で行わせようとしているのですか?

ジョン・グリンダー:

……そうです。もちろん私たちからの指示と、提案、要望、提案、要望のサイバネティック的な一時的注意と二次的注意の間のフィードバック・ループによって、「世界を止める」ための一歩を踏み出す前に、最悪の場合でも優しく引っ張って、あなたをうまく帰らせることができるような安全な命綱は保証します。そのために実験の間、オブザーバーとぺアになり、またおそらく助け出して欲しいとい相手に知らせる同意されたシグナルを決めます。

モーリーン:
自分はそれをすでにもっていると思いますが、非常に短時間でパニックして、戻ってしまいます。

ジョン・グリンダー:
なるほど。つまりパニック反応は、「ああ。あなたはここで途方に暮れています」と告げるあなたの内側の機能です。レース・カーを運転したことはありますよね? レース・カーを運転するとき、あなたは、完全なデーモン・コミットメントをしました。あなたは運転がうまくできる必要がありました。その文脈では、意識を解放し、自己の定義をタイヤまで拡張することができました。審美的な行為の基本は技能です。そして、私たちの責任は適切なツールをあなたに与え、これらの演習を行う際、パニック機能が「私は、ここに座って、あなたを引っ張り出すためのボタンを押す準備ができていますが、私には、いつ、すなわち、どの特定の条件下で私があなたを引っ張り出すべきかについて、私たちが同意した基準があります」と言えるようにすることです。これにより、あなたはその状態に入り、直ちに引き戻されることなしに、その状態を探索する自由を獲得します。それは、あなたの内側での肯定的機能で、私は、それにけっして介入しません。私は、ボタンを押すための特定の文脈上の条件を教えるだけです。

モーリーン:
私の最も重要な経験、レーシング・ドライバーとしての技能を伸ばすために私が経験しなくてはならなかったことは、車の制御感を失うことでした。そして、訓練課程中、私が車の制御感を失ったとき初めて教官は私から離れ、「これで大丈夫です」と言いました。私は彼を見て「気が狂っています!」と言いました。

ジョン・グリンダー:
……でも、彼は正しかった。

モーリーン:
その経験の後は、それは、私にとってあまりにも明白でした。

レーシングカー






ジュディス・ディロージャ:
カスタネダの著作に「制御された狂気」という概念があります。あなたは、最悪のケースが何であるかを知っていて、それを受け入れる用意がない限り、完全なコミットメントをすることはできません。車の制御感を失い、それを切り抜けることができる能力が、該当の活動に対して完全で、情熱的な100パーセントのコミットメントができると自覚するために必要であった最後の条件でした。あなたはすべてをやりとげました。すなわち、あなたはそれによって卓越性を達成しました。これはある種の個人的な天才で、自己の拡張の実にいい例でもあります。

ジョン・グリンダー:
私の中のある部分が、自己の拡張には、この時点で食事が含まれるべきである、と言っています。1時間半後の時間を守って、午後3時から始まる活動に参加できるように動きやすい、ゆったりとした服を着て戻ってきてください。

(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.125-127より)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(7)」に続く


Woman:
When you talked about establishing a lifeline, do you want us to be able to do that ourselves?

John:
… Yes, with instructions from us and a cybernetic first/second-attention feedback loop of proposal, request, proposal, request to come to an assurance, before you make the step into "stopping the world," that you have asecure lifeline, that, in the worst case, can be tugged gently and bring youback nicely. That's the purpose of your pairing with some witness during these experiments and perhaps setting up an agreed upon signal that will let them know to bring you out.


Maureen:
I think I have that already, however it's very quick to panic and pull me back.


John:
Right. So the panic response is afunction within you that says, "Aha! You could get lost here
." You used to drive race cars? When you were driving racecars you made that complete demon commitment. You had to to be good. In that context your consciousness let go and allowed you to extend your definition of self to the tires. The basis of any aesthetic act is skill. And it's our responsibility to ensure that the proper tools are available to you so that as you do these exercises the panic function can go, "I'm sitting here ready to press the button to pull you out but I have criteria that we've agreed upon that says whenunder what specific conditionsI should pop you." That'll give you the freedom of going into the state and exploring it without being yanked back immediately. That is an important positive function within you and I would never interfere with it. I would like to educate it as to what the specific contextual conditions are for it to hit the button.


Maureen:
The most important experience that I went through−that I now feel was necessary for me to go through in order to extend my skills as a racing driver
was to lose control of the car. And when I was going through my instruction process it wasn't until I lost control of the car that the instructor walked away from me and said, “You’re fine." And I looked at him and said, "You're crazy!"


John:
… but he wasright.

Maureen:
After that experience it was so obvious to me.


Judy:
There's a concept called "controlled folly" in Castaneda's work. You cannot make a full commitment unless you know what the worst case consequence is and are willing to accept that. Your ability to go out of control with the car and survive it was the last piece that you needed to know so that you could make a full, passionate, 100% commitment to that activity. You had done everything, that is, you achieved excellence in that form. That's a kind of personal genius and it's a really good example of extension of self too.

John:
There arecertain parts of me that say extension of self should include food at this point. An hour and a half, please be prompt, and bring back loose clothing to give you freedom of movement so that you can participate in the activities that will begin at three-thirty this afternoon.

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(5)

Grinder












女性:
中心視野と言う場合、それは恐怖症のようなものですか?

ジョン・グリンダー:
おそらくそうでしょう。壁の上のあの円を見てください。あなたは、私の手が動くのを容易に見ることができます。あなたの目の周辺部は、動きを検知するように構成されています。中心視野は、色を検知するように構成されています。あなたは、周辺視野では主に灰色を見ることができます。つまり、実際には2つの体系があります。実のところ、中心視野と周辺視野のどちらかを別々に失う目の病気が存在するので、別々の神経路があることが示唆されています。これを行うもう一つの方法は、特定の種類の心地よい変性意識のもとで、トンネル視をもつ方法です。すなわち、あるのは中心視野だけで、これで周辺視野は消えます。

ジュディス・ディロージャ:
ドン・ファンは、「世界を止めた」後は、次のステップは「見る」ことである、と言います。彼はこれを「私たちが現実と呼ぶことを学んだ記述の外側の世界からの知覚的な勧誘に反応すること」と定義しています。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.124-125)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(6)」に続く

 

Woman:
When you say foveal vision, is that like phobia?

John:
Possibly… Lookover at that circle on the wall. So you can see my hand moving easily. The periphery of your eye is built to detect movement. The foveal vision is builtto detect color. You see grays in your peripheral vision largely. So they are really two systems; in fact, there are pathologies of the eye where you lose either foveal or peripheral vision differentially showing that there are different tracks. Another way to do it is under certain kinds of nicely altered states you get tunnel vision, that is, all you have is foveal vision disappears.

Judy:
Don Juan says that after "stopping the world" the next step is "seeing" which hedefines as "responding to the perceptual solicitations of a world outside the description we have learned to call reality. 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典著
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(4)

Grinder













ジョン・グリンダー:
カスタネダ風に言うと、「世界を止める」という集中した状態、すなわち、内的対話と中心視野を排除した状態を達成するには多くの方法があります。エリクソン式モデルと呼ばれる二次的注意の技術の能力があり、その訓練を受けている場合は、トランスを使ったワークでこれを達成することができます。リフレーミングのようなツールを使うこともできます……。

ジュディス・ディロージャ:
……これは……

ジョン・グリンダー: 

……一次的注意と二次的注意の関係性(意識と無意識の関係性)を確立して、あなたがこの種類の経験をもっていることを一次的注意から提案し、不随意の二次的注意シグナルによって、その提案を受け入れられたことを確認する、というものです。

ジュディス・ディロージャ:
あるいは、自分が実際にあまりにも集中して、内的対話をもっていなかったことに気づくことがあるでしょう……。

ジョン・グリンダー:
……それから再アクセスします。

ジュディス・ディロージャ:
……その状態に。そしてその状態を「アンカー」します。

ジョン・グリンダー:
……完全に。課題の達成方法についてあなたに思いついてもらいたい10くらいの他の可能性とともに、これらの可能性について昼食中に考えてください。適切な命綱の文脈マーカーの手はずを整えて、完全な安全のもとにこれを行えるようになるまでは、くれぐれもこの演習を行わないように。「安全」とは、あなたが帰ってくるという意味です。私は、二次的注意に移ったときに何に出会うかについては、保証はしません。あなたが自分で進むことが重要です。それはまた、ちょうどヴィオラ・レジュールがカーテン、台本、監督に対して固執したようなあの命綱を引っ張るために、あなたが頼みの人として一緒にオブザーバーを連れていくことの重要性です。
ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.123-124)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(5)」に続く



John:
There are many ways to achieve the kind of focused state you "stop the world" in Castaneda's termsno internal dialogue, no foveal vision. You could do it through a piece of trance work if you are capable and have been trained in the technology of the second attention called the Ericksonian Model. You may use a device such as reframing…

Judy:
…to set up a…

John:
…relationship between first and second attention and propose from first attention that you have this class of experiences and confirm the acceptance of that proposal with an involuntary second-attention signal.

Judy:
Or you can remember some time when you actually were so focused that you did not have internal dialogue…

John:
…and then reaccess…

Judy:
…that stateand anchor it…

John:
…fully. Letthose possibilities, along with a dozen other possibilities that I hope also occur to you about how you might accomplish the task, let them sit over lunch. Understand that we will ask you not to do this exercise until you have made the appropriate lifeline contextual-marker arrangements so that you may do it with complete safety. Safety in the sense that you'll come back. I have no guarantees as to what you'll meet when you go to second attention. That's the importance of you going yourself. It's also the importance of you having a witness who will accompany you as a fallback−to pull that lifeline back just as Viola Legere insists on curtains, scripts, and directors.

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(3)

木の葉










ジョン・グリンダー:

期待とは何でしょうか?ー求心性神経と遠心性神経の間の連絡がどういうものであるか説明できる知識のある人はいますか?ー
私の視野の外にある熱いものを私の手または足が触った場合、私は、その信号が私の中枢神経系に達する前にその手足を引っ込めます。そのループは、脊髄で起こります。そして、生物体への損傷を防止するという観点からは、このことは非常に意味があります。しかし、自分の先入観を、筋肉緊張の使用と不使用、萎縮とパターンの同じメカニズムによって、末梢器官に向かって押し出すと、私たちは、学習することができない自己本位の不浸透性の体系になってしまいます。なぜならば、私たちは、このとき末梢で差異を破壊しているからです。中心視野から周辺視野に移り、内的対話を沈黙に変えることが、私たちがこのワークショップで達成しようとしている審美的な設計に基づき、二次的注意にアクセスを確立する方法として極めて重要となります。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122-123)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(4)」に続く



John:

What are expectations? Who here has the background to tell us what the connections between afferent and efferent nerves are? If my hand or my foot touches something hot outside of my visual field I will withdraw that limb before the signal reaches my central nervous system. That loop will occur at the spinal cord. And that makes a great deal of sense in terms of preventing injury to the organism. But when we take our preconceptions and push them, by the same mechanisms of use and disuse, atrophy and patterns of muscle tension, out to the peripheral organs we becomea self-validating, impermeable system which can't learn because we're destroying difference at the periphery. Changing foveal to peripheral vision and changing internal dialog to silence, become extremely important as ways of establishing access to second attention in a way that willallow us to do the kinds of design aesthetically, that we wish to do in this workshop.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(2)

森林









ジョン・グリンダー:

グレゴリー・ベイトソンは、目を閉じて見る木の方が、目を開けて見る木よりもさらに自分の真実に近い、と言いました。「木を見る」という後頭葉の出来事に影響を与える外的パターンは存在しないので、外的に調整すべきものをもたない場合、木を変えることは私にはより容易です。人間の神経系の喜びと危険性は、知覚フィルターを末梢に向かって押し出しすぎて、何を削除しているか自分でわからなくなる点です。それは、アランとブリットが提示した、現代文化では「常識」と呼ばれている認知ストラテジーを使い、中枢神経系で何らかの状態を達成する前に、差異が破壊されてしまうような形でそれを末梢に向かって押し出してしまうことです。私たちの神経系は、信じられない程度まで、すでにそのことを行っています。網膜には1億6千万の錐体細胞と受容体があり、視細胞の経路はそれよりはるかに少ない事実は、私たちが見ているのはそこにあるものではないということを示唆しています。それは、網膜上で、該当の物体からの反射された光のパターンを特殊な形に変形したものです。

(ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(3)」に続く



John:
Bateson says that the tree that I see with my eyes closed is more truly mine than the tree that Isee with my eyes open. Since there's no external pattern impinging on that occipital lobe event called "seeing the tree" it's easier for me to change the tree if I have nothing out there to coordinate. 
The delight and the danger in human neurology is to push your perceptual filters so far out in the periphery that you don't know what you're deleting. It's taking the cognitive strategy that Allen and Britt offered, which is "commonsense" in our culture, and pushing it out to the periphery so that difference is destroyed before it ever achieves any status in our central nervous system. Our neurology already does that to a degree that's unbelievable. The fact that there are 160,000,000 cones and receptors in the retina and magnitudes fewer tracks in the optic nerve tells you that what we're seeing is not what’s there. It's some interesting transform of the light pattern reflected from that object on the retina.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

命綱を備えて世界を止める(1)

ジョン・グリンダー:

今日の午後3時半に皆さんをタティトス・ソンパの最も芸術的で、能力ある手中に任せる前に、私が達成しておきたい2つの課題は、「世界を止める」課題命綱を準備して使用する課題です、これらは、まとめられて、単一の統合演習になっています。

タティトス・ソンパ TaTitos Sompa
タティトス・ソンパ













ジュディス・ディロージャ:
皆さんは、「世界を止める」の表現の元は誰か知ってますよね……。

ジョン・グリンダー:
……カルロス・カスタネダです。

内的対話を止めることです……。


「世界を止める」状態を達成するには、2つの最小限の必要条件があります。理解と、経験をすでに自分が知っていることに関連づけることで理解する方法についての議論を思い出してください。これは、あなたが自分の世界を維持させる1つの方法です。どの新しい入力も、特に中枢神経系と意識に達する前に、自分がすでに知っていることに再コード化される場合は、一方ではホメオスタシスのレベルに混乱が起こりませんし、他方では何も新しいことは学ばないことになります。ですから、世界についての継続的な口頭による記述は、自分がすでに知っている世界を維持し、分類化し、再コード化する1つの方法です。2つ目は、「中心視野」です。ご存知のように、網膜には1億6千万の錐体細胞と桿状細胞があり、それより数がはるかに少ない視神経の経路が存在します。ここで視神経を視交叉まで戻り、さらに各レベル、各シナプスまで戻っていくと、そこには還元主義的なメカニズムが使用されています。変形に継ぐ変形に継ぐ変形に継ぐ変形……が起こります。

※(訳注)還元主義:自然における階層性を認めたとき、上位階層において成立する基本法則とそこに用いられる基本概念は、必ずそれよりも一つ下位の階層において成立する基本法則および基本概念によって翻訳もしくは書換えが可能である、とする立場のこと。

ジョン・グリンダー:
あなたは、私を見ているのではありません。自分の後頭葉で起こっている出来事を見ているのです。

ジュディス・ディロージャ:
私は、その表現は好きではないです(笑い)。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.121-122)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(2)」に続く



STOPPINGTHE WORLD WITH LIFELINES


John:
The two tasks that I wish to accomplish before I put you in the most artistic, capable hands of TaTitos Sompa this afternoon at three-thirty are the task of "stopping the world" and the task of arranging and using lifelines. They go together into a single unified exercise.

Judy:
You all know"stopping the world" from…

John:
…Castaneda
Turning off internal dialogue…
There are two minimum requirements to achieving the "stopping the world" state. Remember the discussion about understanding and how you understand by relating experience to what you already know? That's one way you sustain your world. If every new input is recodedespecially before reaching the central nervous system and consciousnessinto something you already know, there's no disturbance of the homeostatic levels on the one hand and on the other hand, you don't learn anything new. So ongoing verbal description of the world is one way that you sustain the world that you already know, categorize it, and recode it. The second thing isfoveal vision. You know, there are 160,000,000 cones and rods in the retina.There are magnitudes less tracks in the optic nerve. And as you move back inthe optic nerve to the optic chiasma and then further back, at each level, at each synapse, there's a reductionistic mechanism being employed. Transform, transform, transform, transform…

John:
You do not see me; you see events on your occipital lobe.

Judy:
I hate that. (laughter)

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

自らを統合するために保たなければならない回路

特に健康増進のためには、該当の生物体が体内の回路を分離しないよう万全の注意を払わなければなりません。ここで問題になるのは統合性です。例えば、アルコール中毒患者は、自分自身の回路要素内で線引きをして、ある部分、いわゆるアルコール中毒の部分を分離してしまった人です。一時的注意(意識)では、彼らは、その該当の部分を自覚しません。そして、彼らが引いた線は、中毒に対する統合的でエコロジカルな解決策を見つけるために、自らを統合するために保たなければならない回路を妨害します。フィードバックのために必要な回路の統合性を考慮せずに自分自身を定義する線を引いた場合、私たちは、例えば、形式上アルコール中毒患者と同じ立場に自分自身の身を置いたことになります。そこで、あなた自身の回路と、あなたが様々な行動や経験を通じて触れ合う人々の回路の統合性を尊重するために、チャンキングのテーマを検証していきたいと思います。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.32)

飲酒










In particular we're proposing that health on the positive side is a state which indicates that the organism who's involved has been very very careful not to cut through circuits internal to him or herself. The issue here in integrity. Alcoholics, for example, are individuals who have drawn a line inside of their own circuitry where they have disassociated a part, the so-called alcoholic part. From first attention they do not recognize themselves in that part. And the line that they've drawn crosses circuits they have to have intact for their own integrity−in order for an intergrated, ecological solution to the addiction to occur. If we draw the lines that define ourselves without respect for the integrity of the circuits that we need for feedback, for example, we've placed ourselves formally in the same position as the alcoholic has. We wish to give some rigor to the theme of chunking so as to respect the integrity of your own circuits and the circuits of the people who youmerge with at various times for purposes of joint action and wxperience.

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.6-7)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/14

The Japanese custom in certain work environments of breathing and doing calisthenics together

When we all sing together or dance together, you notice what it does; the Japanese custom in certain work environments of breathing and doing calisthenics together as a beginning ritual has a powerful communal effect of coordinating the second attentions of a large number of people.
('Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius' p.517)


一緒に歌うかダンスをするとき、皆さんは、どういうことが起こっているかに気づきます。特定の職場環境で最初の儀式として一緒に深呼吸や柔軟体操を行うという日本の慣習は、多くの人々の二次的注意を調整するパワフルな共有の効果をもっています。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.517)

※一次的注意(first-attention)=意識

※二次的注意(second-attention)=無意識



体操










Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
Delozier, Judith
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01




ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/13

日本人のラジオ体操について

一緒に歌うかダンスをするとき、皆さんは、どういうことが起こっているかに気づきます。特定の職場環境で最初の儀式として一緒に深呼吸や柔軟体操を行うという日本の慣習は、多くの人々の二次的注意を調整するパワフルな共有の効果をもっています。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.517)

※一次的注意(first-attention)=意識

※二次的注意(second-attention)=無意識



体操










When we all sing together or dance together, you notice what it does; the Japanese custom in certain work environments of breathing and doing calisthenics together as a beginning ritual has a powerful communal effect of coordinating the second attentions of a large number of people.
('Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius' p.517)


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
Delozier, Judith
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/13

情感の理と理知の理との統合

私は、優美(grace)の基本は統合であるという考えを、これから展開していきます。何の統合かといえば、それはマインドの部分間の統合 ー とりわけ、一方の極を「意識」、もう一方の極を「無意識」とする精神の多重レベル間の統合 ー である。優美(grace)を得るには、情感の理(reasons of the heart)と理知の理(reason of the reason)とが統合されなくてはならない。
by グレゴリー・ベイトソン
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.32より

滝









I shall argue that the problem of grace is fundamentally a problem of integration and that what is to be integrated is the diverse parts of the mind
especially those multiple levels of which one extreme is called "consciousness" and the other the "unconscious." For the attainment of grace, the reasons of the heart must be integrated with the reasons of the reason.
by Gregory Bateson

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.5


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/13

技術的文化と伝統的文化が接触したとき

木の葉










技術的文化と伝統的文化の二つの文化が接触したときに起こることを考えてみてください。典型的に、技術的社会は行動が非常に意図的で、一次的注意志向が強い人々によって代表されます。短期的には、文化的レベルで一次的注意と二次的注意が衝突する場合、一次的注意が支配的になり、成功する傾向にあります。そして、伝統的な人々が持っている差が破壊されるときの喪失感と苦悩は、一次的注意の浅はかさに対する二次的注意の側の認識の表れです。心理療法や教育に従事している人々、あるいはビジネス関係のコンサルタント業務をしている人々は、一次的注意と二次的注意のバランスがどれだけ自分自身と他の人々の個人的な健康と幸福に不可欠かを見極めることができます。集団レベルと個人レベルの両方において、どのように一次的注意と二次的注意の間のインターフェイスを築くかによって大きな影響が生まれます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.30

※一次的注意(
first-attention)=意識

※二次的注意(second-attention)=無意識



Consider what occurs when contact is made between two cultures, one technical and one traditional. Typically, the technosociety has as its representatives people who are very very purposive in their behavior, very first-attention oriented. And in the short run in a clash between first and second attentions at a cultural level the first attention will tend to dominate, will tend to succeed. And the sense of loss, the anguish at the destruction of the difference available in the traditional peoples is a demonstration of the recognition at second attention of lack of wisdom in first attention. Those of you who work in psychotherapy or education or who do consulting in the business context can appreciate how a balance between first and second attentions is essential for personal health and well-being in yourself and others. Both at the group and the individual level there are grave repercussions of how the first-attention/second-attention interface is designed.

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.5

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/13

意識と無意識について(John Grinder)

皆さん、おはようございます、ようこそいらっしゃいました。まず皆さんにすべての注意を傾けていただきたいと思います。というのも、そのことがこの5日間で焦点にしたい知恵、引いてはセミナーの主旨の考察につながるからです。

私が「すべての注意」と言うとき、少なくとも二種類の注意を意味しています。まず、世界のどの部分を意識的にサンプリングするかを特定する私たちが通常「意識」と呼んでいる、あのダイナミックなプロセスがあります。カルロス・カスタネダの著作では、これは「一次的注意」と呼ばれています。次に、私たちのワークの一部として開発したいと私が望んでいるような知恵を少なくとも潜在的に含んでいる、さらにアクセスしづらい、「二次的注意」と呼ばれている内的部分があります。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.28)

※一時的注意=意識
※二次的注意=無意識


Good morning, greetings and welcome. It would be consistent with the kind of wisdom, the kind of consideration of context that we want to make the focus of the next five days, from the very beginning to request full attention on your part. And I have at least two attentions in mind when I say full attention. There's what we usually call consciousness, that dynamic process of picking what parts of the would you're going to sample in awareness. In Castaneda's work that's called first attention. Then there's a second, less accessible part of us that contains, at least potentially, the kind of wisdom that I wish to develop as part of what we do here together called second attention.
'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.28



John Grinder
Grinder
















ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/12

どんどん下に重なっていく無数の亀

ウィリアム・ジェームズは、一般的に、アメリカ心理学の父とみなされています。彼は、あるときハーバードに招待され、自分が選んだ話題について一連の講演を行いました。これらの講演は誰でも参加できる特別講演でした。いくらか考えた後、彼は、大胆な選択をし、最初の講演には「神の存在は証明できるか?」というタイトルを付けました。この話題は、20世紀初頭のニューイングランド地域では、人々の眉をひそめさせることは確実でした。

ウィリアム・ジェームス(William James, 1842-1910)
ウィリアム・ジェームズ
















そういうわけで、彼は、講演会の会場に聴衆が入ってくるのをいくらか心の動揺を覚えながら見守っていましたが、最後に、小柄な老女が中央の通路を駆けてきて、中央最前列に座りました。ジェームズ教授は、いつも通りの機知と魅力を見せながら「神の存在は証明できるか?」という話題について語りました。教授は、講演を進めている間、老女が非常に魅力的で、楽しんでいるように見えることに気づきました。他の誰も笑っていないときに彼女が笑っている事実にも気づきました。とはいっても、すべてうまくいっているように思えました。

非常に好意的に受け入れられた講演の終わりに、教授に挨拶しようとする人の列ができあがったのは言うまでもありませんでした。そして、もちろん、列の最後にはあの小柄な老女がいました。順番がくると、彼女はジェームズ教授を明るい表情で見上げ、

「ジェームズ博士、私は先生の講演を非常に楽しみました。しかし、ひとつ質問があるのですが」と言いました。

「ええ、そうぞ、質問してください」とウィリアム・ジェームズは丁重に答えました。

老女は、目を輝かせて、
「ええっとですね、ジェームズ博士、もし神がいないとしたら、何が地球が下に落ちるのを防いでいるのですか?」と尋ねました。

ジェームズは、即座に回答のオプションを検討し、求心力、重力体系、といった説明的概念を考慮しましたが、賢明にも、この女性から自分が何かを学べるように回答することにしました。

注目を女性に戻し、
「ご質問に答えたいとは思うのですが、あなた自身は、何が地球が下に落ちるのを防いでいると信じているか教えていただけますか?」と言いました。

「ジェームズ博士、答えは簡単です。地球は、大亀の背中に乗っているのです」

ジェームズは、彼女の説明の答えについてしばらく考えた後、勝ち誇ったように聞こえる声で、明白な質問をしました。
「それでは、どうか教えてください。何が大亀が下に落ちていくのを防いでいるのですか?」

老女は、
「ジェームズ博士、そうではありません、そうではないのです。きりがないのです。下に向かってどんどん無数の亀が重なっているのです!」

文章:ジョン・グリンダー
翻訳:北岡泰典

Wikipedia: Turtles all the way down



亀













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/24

インナーゲームとアウターゲーム(John Grinder)

スポーツコーチのティモシー・ガルウェイ(Timothy Gallway)は、1974年に出版した著作 “The Inner Game of Tennis” の中で、「心の中のインナーゲームに勝つことが、アウターゲーム(実際の勝負)に勝つための近道である」と述べています。

インナーゲームについて、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が述べているものを、下記に紹介します。

---------------------------------------

ティモシー・ガルウェイは、特定の知覚動作技能を最適化するために設計された知覚フィルターを開発する驚くべきほど効果的で簡単な手順をまとめました。彼はスキー、ゴルフ、テニスにおいてこの手順を成功裏に使いました。これは、私がガルウェイ・フォーマットと呼ぶものの一部です。卓越性の生理学的状態、課題における個人的経歴リソースの使用、といったNLPパターンを英語や非常に特定の適用領域において翻訳することが難しい場合は、ガルウェイを読んで下さい。効果的で簡単な卓越したワークです。容易ではないですが、簡単です。ガルウェイの内容を評価してください。彼は、ある人のテニス・ゲームを最適化しました。(『インナー・ゲーム』を参照のこと)。

彼は、学習者を状況において、プレーさせました。注意深く観察しながら、ゲーム品質の劣化が検出されるまで、プレーを続けさせました。プレーの品質の劣化が検出されたその時点で、彼は、プレーヤーに物理的に中断させて、「今何をしようとしていますか?」と聞き、「私はXをしようとしています」という答えを求めました。この場合、「X」には、「ボールを打つときラケットが完全に垂直になっているようにする」、「足の親指の付け根に全体重を乗せる」といった表現が入ります。ガルウェイの返答は、「わかりました。Xをしようとするのを止めて、単にテニスをプレーしてください」というものでした。ガルウェイは、「しようとする」というのは、筋肉の緊張が高まり、内的対話が増加した状態を特定するラベルであることを正しく認識していました。筋肉緊張と内的対話は、パフォーマンス低下を保証する二要因です。努力を止めるようにという簡単な指示によって、プレーヤーは「しようとする」失敗モードから解放され、また、(内的対話がなくなることで)一次的注意が一掃されます。内的対話と筋肉緊張という一対の独裁者から解放されて、多くのプレーヤーは、そのゲームが飛躍的に改善することを発見します。しかし、「しようとするのを止めるように」という指示があまりにも効果のないプレーヤーもいます。このため、ガルウェイ・フォーマットに含蓄的に規定されている階層の二番目の介入が必要になっています。ガルウェイがある人のグラウンド・ストローク(ベースラインからのフォアハンドとバックハンド)に取り組んでいるとすると、彼の二番目の介入は、プレーヤーとコーチとしての彼自身の両者が知覚でき、グラウンド、ストロークを成功させるために重要になるような外界の二つの参照点をピックアップすることです。これは、「バウンス/ヒット」知覚フィルターの原点です。彼は、テニス・ボールが近づいてきてバウンスするのを見たときにプレーヤーに「バウンス」と言わせ、ラケット面とテニス・ボールが接触する瞬間に「ヒット」と言わせます。ガルウェイが報告しているように、プレーヤーの二つの参照点についての報告と彼の個人的な知覚が一致しないことが度々起こります。すなわち、プレーヤーは、しばしば、(ガルウェイが観察したように)実際の現実世界の出来事と同期が取れていません。プレーヤーのゲームの質は必ず改善します。NLP技術のトレーニングを受けたことのある人々は、間違いなく、ガルウェイのこの介入がどれだけ巧妙かに気づかれたことでしょう。たった一つの手順で、彼は、内的対話を中断させ(聴覚的経路は、「バウンス」と「ヒット」と声に出して言うことに専念しています)、プレーヤーを分離した注意状態(内的対話と外側の出来事の間に分散した焦点)から(ボールの動きだけに集中した)調和した単一焦点に誘導し、一時的往意と二次的注意の間の本来あるべき適切な機能分割を確保することに成功しています。「トナール」が参照点を捉え、リアルタイムで参照点の目録取りをした後、リラックスして、適切なグラウンド・ストロークに必要なパワー、タイミング、優雅さが準備されていて待機している「ナワール」に解放されます。しかし、私たちの目的上、ここでの重要点は、「バウンス/ヒット」フォーマットです。これは、知覚フィル夕ー構築のための原型です。
ジョン・グリンダー博士&ジュディス・ディロージャ女史、共同ワークショップ「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.513-514より)


Timothy Gallway has put together a marvelously effective and simple procedure for developing perceptual filtersーspecifically designed to optimize certain perceptual motor skills. He has successfully used this procedure in the sports of skiing, golf and tennis. It's part of what I call the Gallway format. Any of you who have had difficulty in translating NLP patterns such as physiological states of excellence, use of personal history resources in tasks,… into English and very specific application areas, read Gallway. Excellent workーeffective and simpleーnot easy, mind you, but simple. Appreciate Gallway's contentーhe is out to optimize someone's tennis game. (The Inner Game of Tennis.) He places the learner in context and has them perform. Observing closely he allows the player to continue until he detects a decrease in the quality of their gameーprecisely at this point he interrupts them, physically and with the question, “What are you trying to do?” Answerー"I'm trying to X." Where X could be making sure the racket is completely vertical when impacting the ball or moving the weight entirely onto the ball of the foot. Response by Mr. Gallwayー“Ok, quit trying to X and simple play tennis.“ Gallway has correctly noted that "trying" is a label which identifies a state of heightened muscular tension and increased internal dialogueーtwo factors which guarantee adecrease in performance. The simple instruction to quit trying releases the player from the failure mode of "trying," clears first attention (removing informal dialogue…) freed of the twin despots of internal dialogue and muscular tension, many players find their game vastly improved. However, for some players, the instruction to "quit trying" is not entirely effectivethus the need for the second intervention in the hierarchy implicitly specified by the Gallway format. Suppose Gallway is working on someone's ground strokes (forehands and backhands from the baseline). His second intervention would be to pick a couple of reference points in the external world perceptually available both to the player and to him as coach, and which are important in the successful execution of the ground strokes. This is the origin of the "bounce-hit" perceptual filter. He has the player say "bounce" when he or she sees the tennis ball bounce as it, approaches and "hit" at the instant when the racket's strings and the tennis ball make contact. As Gallway reports, it is often thecase that the player's report of these two reference points and his personal perception do not match. That is, the player will frequently be out of synch with the actual real world event (as witnessed by Gallway). Bringing the player's perceptions and report of the real world event into synch with his perception of those same reference points invariably im proves the quality ofthe player's game. Those of you trained in the NLP technology have, no doubt, noted how clever this intervention by Gallway iswith asingle move he successfully interrupts the internal dialogue (the auditory channel is committed externally saying "bounce" and"hit."); re-directs the player from a split attention state (mixedfocus between internal dialogue and external events) to a single coordinated focus (on the movement of the ball); and arranges a respectful and appropriate division of labor between 1st and 2nd attentionthe tonal seizes the reference point, inventorying it in real time and then relaxes, releasing to the naqual where the strength, timing and grace necessary for a proper ground stroke are ready and waiting. The important issue here, however, for our purposes is the bounce-hitformat−it’s a prototype for the construction of perceptual filters.
(Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genuis 
p.364-366)


テニス












ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



John Grinder
Judith DeLozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2022/11/25

エクササイズ「自己の境界線はどこにあるのか?」

こちらのブログにあります2011年12月23日の投稿:「自己の境界線はどこにあるのか?」という記事を読み、「自己の境界線」について探求できるものを挙げてみましょう。

●車
●飛行機
●オートバイ
●弦楽器の弦
●料理をする人が持つ包丁
●生け花をする人が持つ1本の花
●お箸

箸











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/30

自己の境界線はどこにあるのか?

グレゴリー・ベイトソンは、盲人にとって自己はどこにあるのかについて実に啓蒙的な記述をしました。盲人は外で動くとき、たいてい杖を使います。ベイトソンが問題にしているのは「盲人が定義する自己の境界線はどこにあるか?」ということです。これらの線はどこにあるのでしょうか?それは、手と杖の境界面で終わるのでしょうか? 

それは杖の中ほどでしょうか? 杖の先でしょうか?

オートバイや車でレースをした人、または飛行機に乗ったことのある人なら、レース車の中で重心が下がり、自分が乗っている媒体を通じて、タイヤと道路との接点まで達することがよくわかるでしょう。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.32-33)

ロードレース











Bateson has a really enlightening description of where the self is for a blind man. The blind man moving through the world typically uses a cane. And Gregory's question is: Where does the blind man define the boundaries of self? Where do you draw those lines? Does it stop at the point of interface between the hand and the cane?

Is it halfway down the cane? Is it all the way to the end of the cane?

Those of you who've raced motorcycles or cars or flown airplanes know perfectly well that in a rece car your self goes down to and includes the contact with the medium that you're driving over or moving through all the way to where the tires make contact with the road.

('TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.7)


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/01

マサイ族の人が車に乗ったら…

テピリット・オレ・サイトティの『マサイ族の戦士』という本の中に、初めて車に乗る経験をもった部族民の記述があります。その戦士は、吐き気をもよおし、トラックから降りて歩かなくてはなりませんでした。

何が起こったのでしょうか? 彼が子どもの頃から狩の訓練を受けていて、その観察力はたえず洗練されていた状況を考えてみてください。草の葉の曲がりぐあい、茂みの中の音のあるなし、新鮮な獲物の臭いなどを検知することを学んでいました。そして、これらの技能は、磨き上げられ、自分の世界を感知し、調査するパターンの一部として身についていました。突然、この訓練の行き届いた知覚的に注意を怠らなかった生物体を、過去に経験したことのある速度の二倍以上の速度で同じ環境内を移動させると、その結果は予想できるものです。該当の生物体は、自分の知覚経路にどっと入ってくる情報に圧倒されてしまいます。これは、その速度でのフィルタリングを学んでいないからです。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.50-51)


In a book called The Worlds of a Masai Warrior by Tepilit Ole Saitoti there is a description by a tribesman of his first experience of riding in a motor vehicle. The warrior became nauseated and had to get out of the truck and walk.

What's going on here? Consider the context−from an early age he was trained to hunt, his observational powers were constantly refined. He learned to detect a bent blade of grass, the absense of the sound in a thicket, the odor of a fresh kill. And these skills were honed and automated as part of his patterns of sensing and inventorying his world.

Suddenly you move this highly trained, sensorially alert organism through the environment at a speed at least twice that which he had previously experienced. And the result is predictable−the organismis over whelmed by the information racing in through his sensory channels−he hasn't learned how to filter at that speed.
('Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius' p.22)


大自然に生きるマサイ族
マサイ族













マサイ族の家
マサイ族の家














ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder DeLozier and Associates
1995-09-01



Saitoti, Tepilit Ole
Harper Collins Distribution Services
1986-09-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/09/28

電磁波のスペクトラムと感覚器官

あなたが電磁波スペクトラムを見る場合、それをあなたの目の前に置いてください(腕で身振りをしながら)

・・・あなたの目はスペクトラムの一部に、あなたの耳はスペクトラムの別の部分に、あなたの皮膚はスペクトラムのまた別の部分にチューニングされていますーあなたの解剖学的構造の他の部分が何に反応しているかは誰にもわかりません・・・しかし、少なくともそれら3つは確かです。そして、ここで発生した出来事を報告できる感覚器官がないという巨大なギャップが見られるかどうかに目を向ける場合・・・
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.48-49)

※このあと、例として『マサイ戦士の世界』という本の引用が示されます。
 →「マサイ族の人が車に乗ったら…」

イコライザー










If you look at the electromagnetic spectrum, lay it out there right in front of you, (gesturing with arm)

…your eyes are tuned to one portion of the spectrum, your ears to another portion of it, your skin to another portionーwho knows what other parts of your anatomy are responding to… But at least those three. And if you look at if you will see huge gaps where there are no sensory apparatus which can report the events that occur there.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.21)

Grinder












Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/10/04

無関係の経験同士を組み合わせていくこと

自然の回路、言い換えれば、自然のパターンを不自然な矛盾した構成要素に分解し、自ら混乱を招き、まるで自然の基盤があると信じているかのように無関係の経験同士を組み合わせていく種は人間以外にあるでしょうか? ちなみに、科学時代の寵児である皆さんが思索の対象が欲しいようであれば、世界についての複数記述の知恵と、科学と称される単一表出への科学者の固執について考察してみてください。科学的な試みは、目指すべき単一記述があることを前提にしている点において、基本的に欠陥的な人間活動であることを意味するのかも知れません。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.42-43)

森林












Who else could both break up natural circuitsーnatural patterningーinto awkward and incoherent enough components that we confuse ourselves thoroughly and assemble uble unrelated parts of experience acting as if there were some natural basis for such an assemblage? By the way, if you, as children of the era of science, want something to think about, consider the wisdom of multiple descriptions of the world on the one hand, and the insistence of scientific researchesrs on a single representation refrred to as Science. Does this mean that scientific endeavor is a fundamentally flawed human activity in that it presupposes that there is a single description that it is working towards?

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.15)

Grinder













Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/09/30

書籍の紹介: ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件−

ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件−

557P(日本語)単行本−2006/06/20
ジョン・グリンダー(著)
ジュディス・ディロージャ(著)
北岡泰典(翻訳)

Amazon:
ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー(著)
ジュディス・ディロージャ(著)
北岡泰典(翻訳)
メディアート出版
2006-06-20



Rich with humor and metaphors from other cultures and disciplines, Turtles develops the characteristics common to the geniuses whose patterning formed the initial body of NLP techniques. You will learn how these skills are readily available for cultivating your own personal genius in a way that is respectful of the power of the unconscious.

This book is the documentary, with added notes and stories, of Grinder/Delozier's five day seminar called "Prerequisites To Personal Genius". John Grinder and Judith Delozier get their participants to think about the structure of thinking; how our thought patterns become our beliefs about reality. The limitations of those thought patterns can be overcome, however, when a person is able to expand his/her perceptual filters and model "geniuses" -- this is the process which has been shown in the lives of people such as Einstein, Milton Erickson, and Gregory Bateson.

 

Throughout the book, the authors challenge you to reexamine the structures of your "mind" and the ways that all parts can be integrated in an internal dance.


Turtles(邦題「ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件」)は、豊かなユーモアと他の文化や分野からのメタファーにあふれており、NLPテクニックの中核となったパターンを持つ天才たちに共通の特徴をさらに発展させています。あなたは、無意識の力を尊重する方法であなた自身の個人的な天才性を育成するために、これらのスキルをどのように利用できるかを学ぶでしょう。

この本は、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が1986年3月にカリフォルニア州サンフランシスコで開講した「個人的な天才になるための必要条件」という5日間のセミナーのドキュメンタリーに、メモとしてストーリーを追加したものです。ジョン・グリンダーとジュディス・ディロージャは、参加者に、思考の構造について、つまり私たちの思考パターンがどのように現実についての私たちの信念になるかについて考えさせます。しかし、人が自分の知覚フィルターを拡張して「天才」をモデリングできるとき、これらの思考パターンの制限は克服できます。これがアインシュタイン、ミルトン・エリクソン、そしてグレゴリー・ベイトソンといった人々の人生に見られるプロセスです。

この本を通して、著者は、あなたの「マインド」の構造と、すべてのパーツが内なるダンスの中に統合される方法について、再検討するようにあなたに求めています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/01

書籍の紹介: TURTLES ALL THE WAY DOWN

TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius

387P(英語)ハードカバー1987/5/1
424P(英語)ペーパーバック1995/9/1
John Grinder
Judith DeLozier

ハードカバー
書籍













ペーパーバック
書籍













Amazon:
Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, DeLozier and Associates.
1995-09-01






Rich with humor and metaphors from other cultures and disciplines, Turtles develops the characteristics common to the geniuses whose patterning formed the initial body of NLP techniques. You will learn how these skills are readily available for cultivating your own personal genius in a way that is respectful of the power of the unconscious.

This book is the documentary, with added notes and stories, of Grinder/Delozier's five day seminar called "Prerequisites To Personal Genius". John Grinder and Judith Delozier get their participants to think about the structure of thinking; how our thought patterns become our beliefs about reality. The limitations of those thought patterns can be overcome, however, when a person is able to expand his/her perceptual filters and model "geniuses" -- this is the process which has been shown in the lives of people such as Einstein, Milton Erickson, and Gregory Bateson.

 

Throughout the book, the authors challenge you to reexamine the structures of your "mind" and the ways that all parts can be integrated in an internal dance.



Turtles は、豊かなユーモアと他の文化や分野からのメタファーにあふれており、NLPテクニックの中核となったパターンを持つ天才たちに共通の特徴をさらに発展させています。あなたは、無意識の力を尊重する方法であなた自身の個人的な天才性を育成するために、これらのスキルをどのように利用できるかを学ぶでしょう。

この本は、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が1986年3月にカリフォルニア州サンフランシスコで開講した「個人的な天才になるための必要条件」という5日間のセミナーのドキュメンタリーに、メモとしてストーリーを追加したものです。ジョン・グリンダーとジュディス・ディロージャは、参加者に、思考の構造について、つまり私たちの思考パターンがどのように現実についての私たちの信念になるかについて考えさせます。しかし、人が自分の知覚フィルターを拡張して「天才」をモデリングできるとき、これらの思考パターンの制限は克服できます。これがアインシュタイン、ミルトン・エリクソン、そしてグレゴリー・ベイトソンといった人々の人生に見られるプロセスです。

この本を通して、著者は、あなたの「マインド」の構造と、すべてのパーツが内なるダンスの中に統合される方法について、再検討するようにあなたに求めています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/01
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • 首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か?
Twitter プロフィール
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ