New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

三重記述

自分の知覚ポジションから関係性を再検討する

ジョン・グリンダー博士&ジュディス・ディロージャ女史、共同ワークショップ
「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」

Grinder












ワークショップ第4日目
演習:個人的関係性の再検討(Exercise: Review of Personal Relationships)より

ジョン・グリンダー:
私は、皆さんは少なくとも3つのポジションからそれを評価する必要がある、と言っているのです。自分自身、他の人、外部のポジションです。

ジョージーン:
それは、主体としての自分の中ですよね。では、あなたがたが話している統合性の関係性は、自分自身の編集者と自分の……。

ジョン・グリンダー:
私は、皆さんがXとの間にもっている関係性について語っています。自分自身の知覚ポジションの内部からその関係性を再検討していただきたいと思います。皆さんに、他人のXの知覚ポジションをもって二番目の記述をしていただきたいと思います。その後、三番目のポジションをもっていただきたいと思います。皆さんは劇の監督で、幕が下りるのを観察します。そのポジションからは、意図と他人の回路で遊んでいるという意味で支援をオファーしている実際の論理レベルとその意図の首尾一貫性にアクセスする必要があります。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.459-460



Turtles All the WayDown: Prerequisites to Personal Genius
by John Grinder and Judith DeLozier

STOPPING THE WORLD WITHLIFELINES


John:
I'm saying that you need to evaluate it from at least three positions. Yours, thers, and the outside position.

Georgine:
That's within you as a subject. So are you talking about the integrity betweenyour own editor and your...

John:
I'm talking about the relationship you have with X. I want you to review that relationship from inside your own perceptual positions; I want you to have the perceptual positoin of the other person, X, and get a second description; and then I want you to get a third position. You're the director in a play andyou're watching this go down. From that position you have to access the intentas well as the congruity of that intent with the actual logical level at which you're been offering support in terms of playing parts of their circuits. 

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.326-327)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/30

三重記述と知覚ポジションのシフト

知覚ポジションのシフト

この知覚ポジションのシフトは、コミュニケーションループの中で3つの異なる知覚ポジションが常に発生しているため、「三重記述」と呼ばれます。すなわち、私または私自身(第1ポジション)、他の個人(第2ポジション)、そして私たちを集合的に目撃している人(第3ポジション)です。

This shifting of perceptual positions is referred to as a “Triple Description” because there are three different perceptual positions occurring within a communication loop at anytime: those of me or myself
first position, the other individualsecond position, and the witnessing of us collectivelythird position.
 

第1ポジション

第1ポジションはあなたであり、あなた自身の肉体的空間に立っています。第1ポジションでは、あなた自身の行動や考えについて言及するとき、「私」「私自身」といった言葉を使います。第1ポジションでは、あなたは自分自身の視点から、相互作用の経験を体験します。すなわち、その経験の中であなたの周りとあなたの内側で起こっている全てを見て、聞いて、感じて、味わって、匂いを嗅ぎます。あなたは、自分自身を見ることはありませんが、自分自身でいて、自分自身の目、耳などを通して世界を眺めます。あなたは完全にアソシエートしています。

First Position is you, standing in your own physical space. In first position, people will use words like “me” “I” and “myself” when referring to their own actions and ideas. In first position you go through the experience of the interaction from your own perspective: seeing, hearing, feeling, tasting and smelling everything that is going on around you and inside of you within that experience. You will not see yourself, but will be yourself, looking out at the world through your own eyes, ears, etc. You will be fully associated.



第2ポジション

第2ポジションは、コミュニケーションループの中で他の人のポジションをとることができます。これは、あなたがまるでその人であったかのようにその他の人の知覚ポジションに移動し、一時的に情報を集めるポジションです。あなたは、彼または彼女の視点から、そのコミュニケーションループがどのようなものであるか見て、聞いて、味わって、匂いを嗅ぎます。例えば、彼または彼女の靴で1マイル歩く、机の反対側に座る、などです。第2ポジションでは、他の人の目、思考、感情、信念などを通して世界を経験します。このポジションでは、あなたはあなた自身からディソシエートし、他の人にアソシエートします。あなたは「二人称」を使い、「第1ポジション」の自分自身を「あなた」(「私」ではなく)として扱います。一時的に他の人のポジションを取ることは、あなたがコミュニケーションループにおけるあなたの側でどの程度効果的かを評価する素晴らしい方法です。また、あなたが、コミュニケーションに役立つ情報を持って、あなた自身に完全にきっちりと戻るようにすることも重要です。

Second Position is being able to assume another person's position(s) within the loop. This is a temporary, information gathering position in which you shift to another person's perceptual position as though you were that person. You see, hear, feel, taste, and smell what the communication loop is like from his or her perspective; i.e., walk a mile in his or her shoes, sit on the other side of the desk, etc. In second position, you will be experiencing the world through another person's eyes, thoughts, feelings, beliefs, etc. In this position, you will be disassociated from yourself and associated into another person. You will address your‘first position’self as “you”
as opposed to “I” or “me”, using “second person” language. Temporarily taking another person's position is a wonderful way of evaluating how effective you are on your side of the communication loop. It is also important to make sure you return to yourself fully, cleanly, and with the information which will aid you in your communication.



第3ポジション

第3ポジションまたは「ディレクターポジション」は、情報を集めるために、あたかもあなたがコミュニケーションループの目撃者であって参加者ではないかのように、あなたを一時的にコミュニケーションループの外に置きます。このポジションでは、あなたは、興味を持っているが中立的な観察者のポジションから、このコミュニケーションループがどのようなものか、見て、聞いて、感じて、味わって、匂いを嗅ぎます。あなたのように本を読んだり音を立てたり行動したりしている人を含む、あなたが観察している人たちについて言及するとき、あなたは「彼女」「彼」「彼ら」といった言葉を使います。あなたはディソシエートするか、「メタポジション」に入ります。このポジションは、このループにおける振る舞いのバランスについての貴重な情報をあなたに与えます。あなたはこの情報を第1ポジションに持って帰り、第2ポジションで集めた情報と一緒に、コミュニケーションループの中でのあなたのステート、相互作用、そして関係性の質を高めるために利用することができます。多くの人たちにとって、これは取るのが最も難しいポジションです。彼らは、ディソシエートして中立的な観察者になるのではなく、自分自身や他の人についてジャッジします。第3ポジションから、ダンサーたちをジャッジするのではなく、「ダンス」を見るのだということを覚えておくことが重要です。

Third Position or ‘director position’ puts you temporarily outside of the communication loop in order to gather information, as though you were a witness to and not a participant in the communication loop. In this position, you will see, hear, feel, taste, and smell what the communication loop is like from the position of an interested but neutral observer. You will use language such as “she” “he” and “they” when referring to the persons you are observing, including the one that books, sounds and acts like you. You will be disassociated or in a ‘meta position’. This position gives you valuable information about the balance of behaviors in the loop. You can take this information back to first position and use it, along with the information gathered in second position, to assist in enhancing the quality of your state, interaction and relationship within the communication loop. For many people this is the most difficult position to take. Rather than disassociating and being a neutral observer, they make judgments about themselves or the other person. It is important to remember that, from third position, you are looking at the ‘dance’ not judging the dancers.


John Grinder
Grinder

 















NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/04/30

三重記述とは何か

クラシックコードとニューコードの違いの1つは、適切に構成されフレーム化された場合に、無意識の処理の能力と知恵を積極的に利用することです。私たちは、三重記述の適用とその結果に関して、無意識の機能の特性を正確に利用します。ニューコードのフォーマットの中で、三重記述は、その適用において、無意識の処理に頼ることへのシフトと、知覚フィルターをシフトするための明示的なフォーマットを形成する方法の1つです。三重記述は、基本的に認識論的フォーマットです。

 

三重記述は、もともとベイトソンの二重記述(例えば235ページの「精神生態学へのステップ」や「精神と自然」を参照)−ある特定の現象を複数の知覚ポジションから知覚することの必然性と付随する知恵に関する声明−の概念に触発されました。ベイトソンは、二重記述を達成するためのこの動きは、神経組織の最も基本的なレベル−例えば、私たち全員がその影響下にある無意識のサッカード眼球運動は、実際に、私たちは常に変化している2つの視点から見ているものを知覚していることを保証しています−から、さらに高いレベルの組織(現代の西欧と北米の政治システム内のチェックとバランスのシステム)にまで発生していると指摘しました。

 

三重記述にはまた、世界についての多重記述を(これらの記述のうちのどれが現実を表しているかという問題を解決するいかなる動きもなく)集める人物としてのカスタネダの戦士の定義も寄与しています。このようなポジションは、第1章で述べた認識論と完全に一致しています。問題は

 

 何が現実なのか?

 

ではなく、むしろ

 

 私たちを取り巻くものをどれだけ多くの方法で認識することが出来るか?

 

です。

 

三重記述自体は、3つの異なる価値の高い知覚ポジションに入ることのできる能力です。すなわち、


1)第1ポジション:その人自身の知覚ポジション。つまり、その人は自分自身の目を通して見て、自分自身の耳を通して聞き、自分自身の体と接触しています。その人は完全にそこに存在しています。

2)第2ポジション:対象のコンテキストに関与している他の人(人々)の知覚ポジション。他の人の目(及び他の人の知覚ポジション)を通してコンテキスト(そのコンテキストにおける役者としての貴方自身を含む)を見て、他の人の耳を通してコンテキストを聞き、対象のコンテキストで他の人が体感覚的に経験していることを感じます。


3)第3ポジション:この特権的な外側の知覚ポジションから、役者の一人としての貴方自身の表現を含む対象のコンテキストで起こっていることをはっきりと明確に見て聞くことができる知覚ポジション。この特権的なポジションは、メタポジション、ディレクタ−またはオブザーバーポジションなどと呼ばれることもあります。

 

TripleDescription

One of the differences between the classic code and the new code is the aggressive exploitation of the power and wisdom of unconscious processing−when properly organized and framed. We exploit precisely this property of unconscious functioning with respect to the application of Triple Description
and its consequences. Among the formats of the new code, Triple Description, in its application, is one of the ways in which a shift to reliance on unconscious processing and an explicit format for shifting perceptual filters takes form. Triple Description is fundamentally an epistemological format.

Triple Description was originally inspired by Bateson's notion of double description (see Steps to an Ecology of Mind as well as Mind and Nature, e.g. page 235) − a statement about the inevitability and the attendant wisdom of perceiving any particular phenomenon frommore than one perceptual position. Bateson pointed out that this movement toward achieving a double description occurred from the most fundamental levels of neurological organization – for example, the unconscious saccadic eye movements that we are all subject to that guarantee that we are, in fact, perceiving what we see from two constantly shifting perspectives−to even higher levels of organization (the system of checks and balances within modern western European and North American political systems). 

Triple Description also owes much toCastaneda's definition of a warrior as a person who collects multiple descriptions of the world (without any movement to resolve the question of which of these descriptions represents reality). Such a position is fully congruent with the epistemology developed in Chapter 1. The question is NOT

What is real?

But, rather

How many ways can we appreciate what surrounds us?

Triple Description itself is the ability to enter into three distinct and highly valued perceptual positions: namely,

1) 1st position: the perceptual position of the person himself – that is, he is seeing through his own eyes, hearing through his own ears and in contact with his body. The person is fully present.

2) 2nd position: the perceptual position of the other person(s)

involved in the context under consideration, seeing the context (including youyourself as an actor in that context) through the eyes (and perceptual positionof the other person(s); hearing the context through the ears of the otherperson(s); and feeling what the other person(s) is experiencing kinestheticallyin the context under consideration. 
    

3) 3rd position: a perceptual position fromwhich you are able to see and hear clearly and cleanly that which is occurring in the context under consideration including a representation of yourself as one of the actors, from this privileged outside perceptual positions, director or observer position. 

('Whispering in the Wind' p.248-250)

John&Carmen

















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31






NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/04/30

知覚ポジションの誕生

19863月、カリフォルニアのサンフランシスコで、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が共同で、Turtles All The Way Down: Prerequisties to Personal Genius(どんどん下に重なっていく無数の亀:個人的な天才になるための必要条件)という5日間のセミナーを開催しました。そして数年後、このセミナーの口述筆記録が次のような一冊の本となって出版されました。2006年には日本語でも出版されています。

 Amazon:

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith DeLozier
Grinder, DeLozier and Associates
1995-09






Amazon:
ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
著者:ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
翻訳:北岡泰典
メディアート出版
2006-06-20





この本のタイトルになっている「個人的な天才」とは、社会的な認知の観点から定義された天才性ではなく、私たちの誰もが皆、自分自身の潜在性を開花させ、高いパフォーマンス能力を発揮することができるという天才性を意味します。

このセミナーの中で、Triple Description(三重記述)という言葉が使われています。「三重記述」というのは、文化人類学と精神医学の研究者であるグレゴリー・ベイトソンの「特定の現象を2つ以上の知覚ポジションで経験することは賢明なことである」という言葉に基づいています。                          

 
◎三重(多重)記述 Triple(Multiple) Description

…特定の現象を二つ以上の知覚ポジションで経験すること。
 
知覚ポジション
Perceptual Positions

…例:第1ポジション、第2ポジション、第3ポジション                                                                          
    

Amazon





Amazon
精神の生態学
著者:グレゴリー ベイトソン
訳者:佐藤良明
新思索社
2000-02





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/29
New Code NLP School
  • クラブハウス配信《NLPの世界とめざめ》ルームのご案内
記事検索
NLP西洋モデル資料
月別アーカイブ
NLPの世界へようこそ
  • 首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か?
Twitter プロフィール
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ