New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

■グリンダー博士の言葉

子どもたちの世界観

子どもたち、特に言語を習得する時期の子どもたちは、私たち大人にとって、まるで詩を思わせるような言語表現をすることがよくあります。彼らは、私たち大人の経験において、少なくとも偶然にでも出合ったことがないような事柄を寄せ集め、統語的構造にまとめます。

子供たちが世界に帰そうとするのは、私たち大人の意識からすでに失われてしまったように思えるアニマシー(有生性)です。 そこにあるのは世界との豊かな共存、一体化の感覚であり、それらは、大人としての私たちが恐らくその背後に置き忘れてしまったであろう様々な可能性を思い起こさせてくれます。

また子どもたちは、言葉の連なりを、大人としての私たち自身が組み合わせられるとは思いもしなかったような統語的構造にまとめることで、無邪気な詩人になっていきます。
子どもたちが語ることは大抵、彼らの習得途上にある現在の言語能力というよりも、もっと深い所にある知覚上の違いから来ています。そして、こうした言葉の並列は時として偶発的に、大人の聞き手に対してノーマルな知覚状態では理解できない表現を発する引き金にもなります。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.29

子ども

 









Children, especially around the time of the acquisition of language, will often offer us verbal representations which seem poetic to us. They bring together in the syntactic structure of a sentence things which we've never run across at least in our adult experience. 

They’ll attribute to the world an animacy which seems to be missing from adult consciousness. There is a sense of full participation, of identification with the world, which reminds of us of possibilities which we have perhaps left behind us as adults.

And the child, in bringing together sequences of words in syntactic constructions that we would never have considered associated ourselves as adults, is being a funny kind of poet. Many times what they say comes from a difference in perception which is deeper than just the linguistic competency that they're still acquiring. And sometimes by accident the juxtaposition of words triggers representations in the adult listener which are not available in states of normal perception.

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to PersonalGenius' p.4

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/05

NLPとは何か?

NLPは、選択肢をつくるアートです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたNLPセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

認識論的に不健全な思考現象の発生

認識論的に不健全な思考現象が、個人レベルと社会レベルの両方で発生します。私たちは、個人的にも社会的にも自分の思考の特定の認識論エラーを矯正することを可能にするような形成妥当性条件を開発し、提案するつもりです。すなわち、それは世界の経験、つまり私たちが検証し理解したいと願う現象を分解する際、私たちの研究対象はそれ自体、任意の回路の弧だけではなく、機能している回路全体である必要がある、という条件です。一般科学、特に心理学は、研究目的で経験を分解する際、途方もないエラーを犯しています。典型的には、世界の魅力的な部分だけが特定され、研究法が考案されます。その研究法の考案者は、皆、複雑な現象(つまり回路)が論理的な変数(つまり弧)に分解でき、その変数を隔離して研究でき、パターンが識別された後、まるで弧のパターンを定義する一般化を繰り返していくと回路全体のパターンが定義できて、論理的変数が再構築できるかのように考えてしまいがちです。

たとえば、薬物依存症といった複雑な現象は、ベイトソンが指摘したように、都合よく中毒者の研究に分解することも、さらには、薬物依存症の人格だけに分解することもできません。それは、中毒者とは無関係の化学物質の研究にチャンクダウンすることもできません。
      
      -----------------------------▶
     中毒者           化学物質
      ◀----------------------------

薬物依存症の現象をこのように分解すれば、興味深い有益なパターンを発見することに失敗するに決まっています。このようなプログラムは、最善の場合でも、見当違いに終わります。最悪の場合は、関係性の一部だけを研究した結果、広範囲に多様な「パターン」を発見する研究者は、次の高次の論理レベルで物議をかもし出し、現実世界で実際に薬物依存症のループを扱っている人々を困惑させます。また、彼らは、どの一式の言葉がより適切か議論し始めますが、このことは、人材と財源の浪費を認識している人々の頭痛の種となります。このような活動の結果は、最善の場合でも、人間の分離する能力、すなわち、自然に機能する回路に配慮することなく経験を分解し、分解された弧が世界と関係があるように信じてしまう能力の病的な側面で終わってしまいます。

(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.39-40)


飲酒











This same phenomena of epistemologically unsound thinking occurs both at the individual levels and the societal level. We will develop and propose a well-formedness condition which allows us as individuals and societies to correct certain epistemological errors in our thinking, namely, that when decomposing experience of the worldーphenomena which we wish to examine and understandーthe component we wish to study must itself be an operating circuit, not simply an arc in some circuit. Science in general and psychology in particular have made monumental errors in the decomposition of experience for purposes of study. Typically, a fascinating part of the world is identified and a study is designed. The designers altogether too frequently act as if the complex phenomenon, the circuit, may be decomposed into logical variables, arcs, each of which may be studied in isolation, patterns discerned and then the logical variables reassembled as if the generalizations which define the patterning of the arcs additively define the patterning of the entire circuit. 

For example, the complex phenomenon of addiction cannot, as Bateson points out, be usefully decomposed into the study of the addict, or worse, the addictive personality alone; nor can it be chunked down into a study of the chemicals involved independent of the user.


      -----------------------------▶
     Addict           Chemical

        -----------------------------

 

Such a decomposition of the phenomenon of addiction will guarantee a failure to discover interesting and useful patterning. Such programs are doomed to irrelevance, at best. At worst the researchers who find widely varying "patterns"ーas a result of the study of only part of a relationshipーwill engage in polemics at the next higher logical level, arguing about whose sets of words are better to the dismay of people who have to deal with the loop of addiction in the real world and to the anguish of those who recognize the waste of human and financial resources. The results of such activity, at best, is the study of the pathological side of our species ability to disassociateーto decompose experience without any sensibility to naturally operating circuits, . . . , and then to believe the decomposed arcs have anything to do with the world.  

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.12-13)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/09/25

概念と知覚印象の結び付け

「概念と命題は、知覚経験との関係性を通じてのみ、『意味』すなわち『内容』を獲得する。知覚経験の概念と命題に対する関係性は、純粋に直感的なもので、それ自体は論理的なものではない。この関係性すなわち直感的な組み合わせが達成できる可能性の度合いだけが、空虚な夢想と科学的『真理』を区別する」
アルバート・アインシュタイン『自叙伝ノート』より


実際、アインシュタインは、この「直感的な組み合わせ」(概念と知覚印象の結び付け)が解明されないかぎり、私たちは深い意味で事実と夢想を区別することはできない、と警告しています。私たちの認識論は非常に不安定なものです。おそらく、この試みに対するグレゴリー・ベイトソンの最もすばらしい貢献は、驚くほど簡単な「変形」の概念についてです。周辺知覚器官で特定の信号を受ける人間の神経は、物理的世界からの情報を一連の変形形態に変形し、各段階で削除、歪曲した上で、最後にその情報は中枢神経系に到達して現実として受け入れます。認識論は、このため、適切に定義された課題になります。その課題とは、外の世界から意識に移る長い旅において情報が従う必要のある特定の変形の規則をマッピングすることです。そして、これがベイトソンの望みでした。

これが、彼が私たちに警告したことでした。将来いつか充分に解明されるであろうベイトソンの変形は、西洋の心身二元論を癒すリンクとなることでしょう。

NLP(神経言語プログラミング)と呼ばれる技術は、アインシュタインの言う「直感的な組み合わせ」
、すなわちベイトソンの言う変形についての解明を始めました。4タップル、表出体系、共感覚パターン、言語的メタモデル、といったプロセス・ツールは、知覚印象と概念の間のこのマッピングについての研究の要石です。このワークが開発されるまでは、差異を解消するために私たちが不可避的に行なう必要のある決定は暴力の方に偏ることでしょう。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.25-26)


脳の閃き











The concepts and propositions get "meaning," viz., "content", only through their connection with sense experiences. The connection of the latter with the former is purely intuitive, not itself of a logical nature. The degree of certainty which this connection, viz intuitive combination, can be undertaken, and nothing else differentiates empty fantasy from scientific "truth".

Albert Einstein, Autobiographical Notes, p.13

 

In effect, Einstein is warning that until this "intuitive combination"this connecting of concepts and sense impressionsis explicated we cannot discriminate fantasy from fact in a deep senseour epistemologics are very shaky. Perhaps Bateson's finest contribution to this endeavor comes with his surprisingly simple notion of the transform. The human neurology receiving certain signals at the peripheral sense organ transforms that information from the physical world in a series of transforms, deleting and distorting it at each step until it reaches the central nervous system and is accepted as reality. Epistemology thereby becomes a well-defined taskto map the specific rules of transformation that information is subjected to in its long journey from the world to consciousness. And this was his hopethis is what he warns us we ought to be about. Bateson's transformsfully explicated sometime in the futurewill be the link which heals the western mind/body split. The technology called Neuro Linguistic Programming has begun an explication of this "intuitive combination" of Einsteinthese transforms of Batesonthe process tools of the 4-tuple, representational systems, synesthesia patterns, Meta-models of language,・・・are cornerstones in the exploration of this mapping between sense impressions and concepts. And until this work is developed, the decisions which we inevitably must make to resolve differences will drift toward violence. This document makes a first step in this endeavor. 

('TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' PREFACE p.16-17)


John Grinder
Grinder
















ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

マインドと感覚について


「マインドの中に感覚から入力されなかったものはいっさいない」

There is nothing in the mind which did not come from the senses.

虹と鳩











ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20
(p.18より)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
Delozier, Judith
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/23

考察されていない認識論の差異

中米、アフガニスタン、中東等で日常的に起こっている、単に平和に暮らしたいと思っている老若男女の殺戮等の問題について、公正な解決策を見つけることができないでいる政治的指導者に関する(マスコミによって濾過され、希釈されてしまう)話はまったく不愉快です…。これらの一つひとつは、すぐに、容易に、考察されていない認識論の差異に原因を求めることができます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.17)

戦争











Finally, entirely unamusing are the stories which filter anemically through the reducing value we call our national press which chronicle the inability of our political leaders to find equitable resolutions to the differences which are daily in Central America, Afganistan, the Middle East... killing men, women, and children who simply want to live in peace. Each of these are quickly and easily trackable to epistemological differences which remain unexplored.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius: PREFACE p.9)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

認識論について

Grinder














認識論(Epistemology)は、人間知識の可能性を体系的に研究する人文学です。認識論は、私たちは何を知り得るか、および、私たちが知っていると思う知識をどのように知るようになるのか、といった質問をまず最初にしたあと、次に、私たちはある事を知ることがそもそも可能なのか、という質問に移ります。西洋人にとって認識論が難解であるとみなされている事実は、私たち自身の信念、価値、知覚の基盤がいかに検証されないままでいるか、また、さらに重要なこととして、このため、私たちの信念、価値、知覚から生まれる私たちの行動の基盤がいかに検証されないままでいるかを如実に指し示しています。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.16-17)


Epistemology is the human discipline which systematically explores the possibility of human knowledgeーbeginning with questions of what we can know and how we come to know we think we know, epistemology moves to the questionーcan we know anything at all? The fact that epistemology is considered esoteric by Westerns is a telling indicator of how unexamined the foudation of our own beliefs, values and perceptions in and criticallym, therefore, how unexamined the foundation of those behaviors which flow from our beliefs, values and perceptions is.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.9)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

西洋人と認識論について

会話











現代の西洋人は、経験論に基づいた認識論、形而上学に基づいた認識論、また場合によっては、虚無主義の認識論を選ぶことができますが、最も重要なこととして、彼らは何らかの認識論をもたないでいるわけにはいきません。認識論など欲しいと思わないかも知れません。
ある特定の認識論に対しては是が非でも抵抗するかもしれませんが、このような場合の抵抗それ自体が、認識論的行為なのです。

「認識論」は「Epistemology(エピステモロジー)」の訳語で、「私たちが知っていることをどう知っているかに関する科学」のことです。NLPは認識論の典型的な例です。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.15)

Grinder














The modern Westerner can choose an empherically based epistemology or a spiritually based epistemology, even a nihilist epistemology
−but most importantly, they cannot have an epistemologyThey may not want one−they may even resist with all their resources some particular epistemology, but resistance itself in such a case, would be an epistemological act.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.8)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

期待とは何でしょうか?

風景











期待とは何でしょうか?

求心性神経と遠心性神経の間の連絡がどういうものであるか説明できる知識のある人はいますか?

私の視野の外にある熱いものを私の手または足が触った場合、私は、その信号が私の中枢神経系に達する前にその手足を引っ込めます。そのループは、脊髄で起こります。そして、生物体への損傷を防止するという観点からは、このことは非常に意味があります。

しかし、自分の先入観を、筋肉緊張の使用と不使用、萎縮とパターンの同じメカニズムによって、末梢器官に向かって押し出すと、私たちは、学習することができない自己本位の不浸透性の体系になってしまいます。なぜならば、私たちは、このとき末梢で差異を破壊しているからです。

中心視野から周辺視野に移り、内的対話を沈黙に変えることが、私たちがこのワークショップで達成しようとしている審美的な設計に基づき、二次的注意にアクセスを確立する方法として極めて重要となります。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122-123)



John:

What are expectations?

Who here has the background to tell us what the connections between afferent and efferent nerves are?

If my hand or my foot touches something hot outside of my visual field I will withdraw that limb before the signal reaches my central nervous system.

That loop will occur at the spinal cord. And that makes a great deal of sense in terms of preventing injury to the organism. But when we take our preconceptions and push them, by the same mechanisms of use and disuse, atrophy and patterns of muscle tension, out to the peripheral organs we becomea self-validating, impermeable system which can't learn because we're destroying difference at the periphery. 

Changing foveal to peripheral vision and changing internal dialog to silence, become extremely important as ways of establishing access to second attention in a way that willallow us to do the kinds of design aesthetically, that we wish to do in this workshop.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22

自らを統合するために保たなければならない回路

特に健康増進のためには、該当の生物体が体内の回路を分離しないよう万全の注意を払わなければなりません。ここで問題になるのは統合性です。例えば、アルコール中毒患者は、自分自身の回路要素内で線引きをして、ある部分、いわゆるアルコール中毒の部分を分離してしまった人です。一時的注意(意識)では、彼らは、その該当の部分を自覚しません。そして、彼らが引いた線は、中毒に対する統合的でエコロジカルな解決策を見つけるために、自らを統合するために保たなければならない回路を妨害します。フィードバックのために必要な回路の統合性を考慮せずに自分自身を定義する線を引いた場合、私たちは、例えば、形式上アルコール中毒患者と同じ立場に自分自身の身を置いたことになります。そこで、あなた自身の回路と、あなたが様々な行動や経験を通じて触れ合う人々の回路の統合性を尊重するために、チャンキングのテーマを検証していきたいと思います。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.32)

飲酒










In particular we're proposing that health on the positive side is a state which indicates that the organism who's involved has been very very careful not to cut through circuits internal to him or herself. The issue here in integrity. Alcoholics, for example, are individuals who have drawn a line inside of their own circuitry where they have disassociated a part, the so-called alcoholic part. From first attention they do not recognize themselves in that part. And the line that they've drawn crosses circuits they have to have intact for their own integrity−in order for an intergrated, ecological solution to the addiction to occur. If we draw the lines that define ourselves without respect for the integrity of the circuits that we need for feedback, for example, we've placed ourselves formally in the same position as the alcoholic has. We wish to give some rigor to the theme of chunking so as to respect the integrity of your own circuits and the circuits of the people who youmerge with at various times for purposes of joint action and wxperience.

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius p.6-7)

Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/14

SHERATON Miyako Hotel Tokyo

シェラトン都ホテル東京の森

シャラトン都ホテル東京




日本人のラジオ体操について

一緒に歌うかダンスをするとき、皆さんは、どういうことが起こっているかに気づきます。特定の職場環境で最初の儀式として一緒に深呼吸や柔軟体操を行うという日本の慣習は、多くの人々の二次的注意を調整するパワフルな共有の効果をもっています。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.517)

※一次的注意(first-attention)=意識

※二次的注意(second-attention)=無意識



体操










When we all sing together or dance together, you notice what it does; the Japanese custom in certain work environments of breathing and doing calisthenics together as a beginning ritual has a powerful communal effect of coordinating the second attentions of a large number of people.
('Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius' p.517)


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件

ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
Delozier, Judith
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01





NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/13

技術的文化と伝統的文化が接触したとき

木の葉










技術的文化と伝統的文化の二つの文化が接触したときに起こることを考えてみてください。典型的に、技術的社会は行動が非常に意図的で、一次的注意志向が強い人々によって代表されます。短期的には、文化的レベルで一次的注意と二次的注意が衝突する場合、一次的注意が支配的になり、成功する傾向にあります。そして、伝統的な人々が持っている差が破壊されるときの喪失感と苦悩は、一次的注意の浅はかさに対する二次的注意の側の認識の表れです。心理療法や教育に従事している人々、あるいはビジネス関係のコンサルタント業務をしている人々は、一次的注意と二次的注意のバランスがどれだけ自分自身と他の人々の個人的な健康と幸福に不可欠かを見極めることができます。集団レベルと個人レベルの両方において、どのように一次的注意と二次的注意の間のインターフェイスを築くかによって大きな影響が生まれます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.30

※一次的注意(
first-attention)=意識

※二次的注意(second-attention)=無意識



Consider what occurs when contact is made between two cultures, one technical and one traditional. Typically, the technosociety has as its representatives people who are very very purposive in their behavior, very first-attention oriented. And in the short run in a clash between first and second attentions at a cultural level the first attention will tend to dominate, will tend to succeed. And the sense of loss, the anguish at the destruction of the difference available in the traditional peoples is a demonstration of the recognition at second attention of lack of wisdom in first attention. Those of you who work in psychotherapy or education or who do consulting in the business context can appreciate how a balance between first and second attentions is essential for personal health and well-being in yourself and others. Both at the group and the individual level there are grave repercussions of how the first-attention/second-attention interface is designed.

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.5

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/13

意識と無意識について(John Grinder)

皆さん、おはようございます、ようこそいらっしゃいました。まず皆さんにすべての注意を傾けていただきたいと思います。というのも、そのことがこの5日間で焦点にしたい知恵、引いてはセミナーの主旨の考察につながるからです。

私が「すべての注意」と言うとき、少なくとも二種類の注意を意味しています。まず、世界のどの部分を意識的にサンプリングするかを特定する私たちが通常「意識」と呼んでいる、あのダイナミックなプロセスがあります。カルロス・カスタネダの著作では、これは「一次的注意」と呼ばれています。次に、私たちのワークの一部として開発したいと私が望んでいるような知恵を少なくとも潜在的に含んでいる、さらにアクセスしづらい、「二次的注意」と呼ばれている内的部分があります。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.28)

※一時的注意=意識
※二次的注意=無意識


Good morning, greetings and welcome. It would be consistent with the kind of wisdom, the kind of consideration of context that we want to make the focus of the next five days, from the very beginning to request full attention on your part. And I have at least two attentions in mind when I say full attention. There's what we usually call consciousness, that dynamic process of picking what parts of the would you're going to sample in awareness. In Castaneda's work that's called first attention. Then there's a second, less accessible part of us that contains, at least potentially, the kind of wisdom that I wish to develop as part of what we do here together called second attention.
'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.28



John Grinder
Grinder
















ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01






NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/12

ガムラン音楽を使ったラポールの体験(グリンダー博士の言葉)

ガムラン









ガムラン音楽は特殊なリズムを使います。演奏者はひとりひとり皆バラバラで、それぞれ違った方法でトランスに入っていきますが、音楽が進行していく中で、集合体としてひとつのものにまとまっていきます。この演奏を体験したならば、NLPの非常に強い「ラポール」を築く有効な方法となります。なぜならば、ひとりひとり、別々の楽器、別々の音を使って、個人個人で音を奏でていくのだけれども、それぞれが無意識的に影響し合って、次第に強力なラポールを築くというプロセスを経験できるからです。ガムラン音楽を使ったものは、本当に素晴らしい「ラポール」のワークとなるでしょう。

by ジョン・グリンダー
201352日に東京で開催されたセミナーにて)
Grinder













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/10

私は誰にでもなれる

私が、自分の人生で、仕事の面でも個人的な面でも、これはチャレンジだな、大変な状況だなということが起こった時、自分で自分に質問します。 

『私がこれまで直接一緒に過ごすことができた素晴らしい人たち、あるいは、直接会ったことはないけれど歴史的に知っている素晴らしい人たちの中で、この困難な状況に一番いい対処の仕方を知っているのは誰だろうか』 

そしてこの困難な状況に対処することができる「その人」になります。まず最初に自分の身体の状態が変わります。そして自分の声の質も変わります。そして完全に「その人」になります。

この変化は一見、多重人格者のように見えるかも知れませんが、その時々で意図的に選択することができていれば問題ありません。

このように、自分自身がたくさんの選択肢を持っていて、自分に起こったその時々の状況に対して、『この状況に対処するには、この人になろう』というように、意図的に選択することができるようになれば、あなたは万能になります。 

私は告白することがあります。ミルトン・エリクソンは亡くなりました。グレゴリー・ベイトソンも亡くなりました。私の人生に影響を与えた多くの人がこの世を去ってしまいました。でも彼らは死んでないんです、実は、ここにまだ生きています。私はエリクソンになれます。私はベイトソンにもなれます。

みなさんもNLPを規律正しく実践し、頑張って練習をしていれば、あなたは、好きな歴史上の人物でも誰にでもなれるのです。

ジョン・グリンダー
2013年4月25日、グリンダー博士特別講演会「天才のモデリング」より

夕陽










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/15

私のまわりにいる天才

Grinder














今朝、カルメンと一緒に滞在しているホテルでこんなことがありました。朝食のビュッフェ会場でスタッフのある女性がお客さんにサービスをしていたのですが、その姿を見てびっくりしました。彼女はまるでダンサーのようでした。サービスをしている動作が上品で優雅だったのです。すべてが効率良く、優雅で、無駄な動きをいっさいしない人でした。彼女は自分がやっている仕事、すなわち朝食会場においてお客さんの面倒を見るということをよくわかっていました。彼女の動きの効率の良さや有能さというものを他のスタッフと比べてみました。すると、そこには大きな違いがありました。この女性は有名な人ではありません。しかし、自分のやっていることにおいて「天才」だといえるのです。動きには効率の良さがあり、姿には優雅さがあります。そして、自分のやっている仕事について完全に理解をしています。
.

私はカリフォルニアのサンタクルーズに住んでいます。そして私の自宅の近所にあるおばあさんが住んでいます。そのおばあさんは、どんな子どもでもすぐにラポールが取れるのです。このおばあさんも天才というもののひとつの形だと思います。
.
天才であるためには有名でなければならないのかというと、そのようなことはありません。どんなに小さなことであっても、それが良くできていれば、そして、それをひとつひとつ積み重ねていくことができれば、良く生きた人生、あるいは、良く生きられた人生ということになります。
.
ホテルの朝食会場で働くスタッフの女性の例や、子どもとすぐにラポールが取れるおばあさんの例を話しました。このように、あなたの目を見開いて、自分のまわりで起きていることを注意深く見たり聞いたりしてみましょう。自分の家族や親戚、友人や知人の中に、このような人がいないかどうかを探してみましょう。皆さんがこういうことに目覚めて、普段から気づくようにしていると、小さいバージョンかも知れませんが、「天才」というもののモデルを見せてくれる人がまわりにいることがわかると思います。私たちのまわりには、その人の素晴らしさによって自分がインスピレーションを受けたり学んだりすることができる人がたくさんいると思います。私たちのまわりには、すべてそういう光があります。

それでは、みなさんに4つの質問をします。

1.みなさんがこれまで生きてきた中で、何かを非常によくできる人はいましたか?その人は、とても有名な人かも知れませんし、あなただけが知っている人かも知れません。

2.その人のことを考えながら、自分自身に問いかけて下さい。『その人は、なぜ天才なのか?』『その人が天才だと気づけたのは、その人が何をしているからか?』

3.その人がしていることと、その人以外の人が似たようなことをしているけれど天才という域には到達できずにいることと、何が違うのか?その違いについて、まずは言葉で表現してみて下さい。

4.その人は、どうやってそこに到達したのでしょうか?



次に、みなさんに3つの質問をします。

1.あなたに歩き方を教えてくれた人は誰ですか?

2.あなたに日本語を教えてくれた人は誰ですか?

3.あなたに他人に対する親切な接し方を教えてくれた人は誰ですか?



他の人がやっていることを複製する(真似る)ということは、私たち全員が本当に深いところで持っている能力なのです。

NLPには、卓越したパターンを適用して使うという部分がありますが、その素晴らしいパターンは次の2つから生まれています。

1.ミラーニューロン

2.試行錯誤(柔軟性を持って方法を変えながら何度もやってみること)


演繹的学習とは間違えないように学ぶことで、帰納法的学習とは間違えながら学ぶことです。後者の場合は「間違い=報酬」となります。


それでは、みなさんに2つの質問をします。


1.世界でもっともよく学ぶのは誰ですか?

2.子どもはなぜ大人よりもより早く、そしてより深く学ぶことができるのでしょうか?

大人は、いま自分の目の前で起きていることについて『理解している』と思っています。ですから子どもよりも早く、そして深く学ぶことができないのです。子どもは、世界がどういうふうにできているのかということを『知らない』ということを知っています。しかし、これまで何十年も生きてきた大人の頭の中には、ひとりひとり一生懸命に頑張って作ってきた内的地図があります。そしてその内的地図というものは、世界はこういうふうにできていて、こういうふうになっているという解釈につながっていくのです。ですから、大人は、世界がどういうふうになっているのかを知っていると思っているのです。そして比較したり判断したりすることでフィルターを作っていき、新しいことを学ぶことを困難にします。ですから大人は、いま自分の目の前に展開している新しいことが起きていることに気づけないのです。新しい展開ではなく、自分が知っている世界に属しているものだと思って見てしまうのです。それは知識(F2)というものです。知識(F2)が新しい学びを邪魔するのです。

例えば、本を読んでいるAさんと、それを見ているBさんがいるとします。AさんはBさんを見て『本を読んでいる』と意味づけします。しかし、子どもだったら、ただ観察するでしょう。解釈というのは、自分が見たり聞いたりしたことを、自分の内的地図の中にある構造やカテゴリーに入れて、『これはこれに属するものだ』と当てはめていくことです。また、比較というのは、自分が見たり聞いたりしたことを、自分の内的地図の中にある構造やカテゴリーと比較して、『これとこれは同じ』とか『これとこれは違う』といったように判断していくことです。子どもは内的地図がほとんどありませんので、大人のように解釈したり比較したりしません。子どもにはフィルターがないのです。ですから、子どもは新しいことを学ぶことができるのです。

私たちは、理解しようと思うことをやめればいいのです。見たり聞いたりしたことを、子どものように自分の中に吸収すればいいのです。


それでは、大人のように知識のベースがある人が、どうやったら子どものように吸収することができるようになるのでしょうか。それは意識状態と関係しています。何かを吸収しようとするときには、頭の中にあるもの(知識)をいったん脇に置く必要があります。そして「変性意識状態」になることが必要です。変性意識状態とは、見たり聞いたりしたことを、いっさい理解したり解釈したり比較したりしない状態のことです。それは小さな子どものように機能する状態です。
あなたが見たり聞いたりしたことを、自分の内側にある極微筋肉運動を使って、同じ感覚を、自分の内面に起動させるのです。相手の声や仕草など、ありとあらゆるアナログ的な部分を、自分の中で複製(真似)してみます。このような変性意識状態をニューコードNLPでは「ノーナッシングステート」と呼んでいます。

ジョン・グリンダー
2013
年4月25日・グリンダー博士特別講演会「天才のモデリング」にて砂遊び










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

天才とは何か?

Grinder














こんばんは。今夜は皆さんとここに一緒にいられてとても嬉しく思います。今日のトピックは「天才のモデリング」です。このトピックではたくさんのことをお話することができます。それでは「天才とは何か」ということから話を始めます。

NLPの中で genius という言葉を使うときは、有名な人について学ぶことが多いと思います。しかし私はこの世界で生きていて、いろいろなことを経験すればするほど、私たちは全員、自分の中に天才的な部分を持っているということをより確信するようになりました。ケースによっては、その天才的な部分がはっきりと見える場合があります。しかし、そうでない場合、天才的な部分が表に出てないか、ちょっと探さないとそれが見えない場合があります。よくわからないことですが、生まれつき天才という人もいるようです。私は個人的な天才というものに興味を持っています。私がこれまで運よく出会った天才たちは皆、天才の境地に到達するために、ものすごくたくさん研鑽を積んで頑張った人たちです。

英語には次のような変な表現があります。discipline という言葉は直訳すると「訓練」「鍛錬」「修養」です。私にとって discipline という言葉は、何かを毎日毎日規則正しくトレーニングしたり、実践や練習をしたりすることだと解釈しています。そういうことができる人というのは、何かを学ぼうという意図を持っています。NLPのモデリングでは、何かを学ぼうとする人は、まず、その何かにおいて「最も良くできる人」を見つけます。いつも規則正しく、自分を律して、練習することが大切です。そして間違いを犯すことを決して恐れないで下さい。もし間違いを犯したときには、肯定的な修正をするようにして下さい。そして自分が何のためにそれを学びたいと思っているのかその意図を持ち続けて下さい。意図というのは情熱とともに持ち続けることが大切です。あなたの間違いとそれにともなう肯定的な修正は、すべてあなたが望んでいるゴールへと近づいていくための一歩です。

あなたが学びを吸収する段階において、無意識レベル、あるいは変性意識状態でいることによって「川のような流れ」が生じます。たとえあなたがひとつも理解できなかったとしても、ただただそこで「吸収、吸収、吸収」を続けることによってそこに喜びの感覚が生まれてきます。ただひとつそこに間違いがあるとすれば、それは「やめる」ということです。それは音楽の演奏と同じです。どんなに間違って演奏してもいいのです。演奏をやめることさえしなければ、そしてもしあなたが規則正しく継続することができれば、また、自分の情熱とともに自分と向き合ってやっていくという意図があれば、あなたは必ず成功するでしょう。その時に大切なことは、あなたの学びのやり方の喜びがあるようにすることです。例えば呼吸をすることも学びの体験です。みなさんは呼吸をすることに喜びを持ってやっているでしょうか。自分のやっていることに喜びを感じることができない場合には、それを喜びを持ってできるように、やり方自体を変えてみて下さい。

ジョン・グリンダー
2013年4月25日、グリンダー博士特別講演会「天才のモデリング」より

草原










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






事更新日:2022/07/15

NLPの核心的な構成要素はモデリングです

NLPの核心的な構成要素はモデリングです。NLPモデリングとそうでないモデリングを理解し区別することは、NLPを学び活用する者にとって最も重要なことです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

NLPの神髄は無意識モデリングです

NLPの神髄は無意識モデリングです。従って、NLPが発見した公式、すなわちモデルやパターンを自分の仕事や日常生活に適用するワークは、すべて二次的なものであり、真のNLPではありません。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーより)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク










記事更新日:2022/07/15

NLPを未来に存続させるためには

いまから20年前、私とリチャード・バンドラーは、録画したものを何回も見て膨大かつ生きたデータから卓越したセラピストの行動や思考パターンを見いだすといったモデリングのためのさまざまな帰納法的ワークを行い、その結果としてNLPという新しいシステムを作り出しました。そして幸いなことにNLPは現在、ビジネス、プレゼンテーション、スポーツ、芸術、教育、セラピー、司法など数多くの分野に浸透し、また、今後もさまざまな分野に広く浸透していくことでしょう。これはNLPの共同創始者のひとりとして本当に嬉しいことです。

しかし私の見るところ、20年前に私とバンドラーがNLPを創始したあと、さまざまな分野におけるNLPの適用だけがしているようです。私は、20年前の私とバンドラーが行なったような、努力をして新しいものを創造するNLPの実践者が新しく出てこない限り、NLPはこれから徐々に衰退していき、20年後、30年後には消滅すると思っています。

ジョン・グリンダー 
London, 1995
Grinder














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

分析的モデリングはNLPではありません

現在、NLP業界で行われているモデリングは、ほぼ例外なく分析的モデリング(Analytic modeling)です。これは、他のNLP実践者が考えたテクニックやアイデアを表面的に集めて、まるで接ぎ木(つぎき)のようにつなぎ合わせたもので、こうしたNLP実践者が国内外を問わず数多く存在していることに憂いを感じます。

NLPのモデリングは、モデリング対象者の言葉や行動パターンを無意識的にモデリングして、それを自分の中でコピーし、新しい行動を生成していくものです。

ジョン・グリンダー 
London, 1995
Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

無意識モデリングと分析的モデリング

NLPという分野を創始した初期モデル作成時のNLPモデリングは、現在の時点において、また今後のNLPにおいて、NLPのモデリングに適用される以下の2つの基準を正しく認識し尊重することを含蓄しています。

1.パターン化の自己同一化の段階および以下の基準が満たされるまで、天才または卓越性のモデルのパターン化を意識的に理解しようとする分類的および分析的試み(著書「風の中のささやき」において
F1−FA−F2〉という図式における〈F2〉と定義されているもの)をすべて一時停止する能力を有している必要があります。

2.モデラーは類似した文脈でモデルのパターン化を複製できる能力、および、その文脈で、モデラーが引き出したパターン化の、難しいが同時に価値あるコード化を達成する前に、モデリング対象の天才または卓越したモデルとほぼ同じパフォーマンスを、ほぼ同じクオリティと時間的制約において、クライアントから引き出すことのできる能力を証明する必要があります。

私たちはさらに、上記の基準を満たさないモデリングワークの産物はすべて、他の論理タイプのモデルとして分類される必要があることに注目します。NLP適用の技術で使用可能なパターン化と用語を用いながらも、NLPモデリングの定義を満たしていない、このようなワークの産物を定義する一般的用語として、私たちは分析的モデリング(Analytic modeling)という用語を提案します。

ジョン・グリンダー 
Bonny Doon, California, October, 2005
Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

NLPモデリングを行う際の注意点

NLPモデリングを行う際の注意点は次の2つです:

1.モデラーが自らモデリングを行うさまざまなアクティビティが純粋にプロセスであること。

2.アクティビティのマスターよりも必要に応じてノーナッシングステートに入って保持する能力。

「モデルが見せるさまざまなアクティビティは、モデルがノーナッシングステートの状態でどのようなパターンに対応できる能力があるのか、その目安を示しているに過ぎません。そして、モデラーがそうしたパターンをどのくらい吸収できる能力があるのかがポイントとなります。モデリングの演習を行うときは、初歩的な場合、モデラーがそうしたパターンをどのくらい吸収できたかについてフィードバックしやすいように、ダンサーやパフォーマーなど、身体的要素が強いアクティビティを選択するのが良いでしょう。覚えておいて欲しいのは、いつものように、アクティビティの内容はたいして重要ではないということです。重要なのは、常に、それに関わるプロセスにあります」

by ジョン・グリンダー
2013年4月30日(火)東京で開催されたセミナーにて

Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/15

ワーキングメモリと意識の限界(風の中のささやき)

木











意識の限界、すなわちワーキングメモリで利用可能な注目は7±2のチャンクであることは、意識が望ましいステート、適切なリソース、または特定の新しい行動を、どのような程度の能力でも上手く選択することができないということを理解可能にしています。しかし、この限界は、意識的処理にのみ適用され、無意識的処理には適用されません。したがって、あなたが予想するように、この違いを考えると、長期的な結果を評価し、次にその評価に基づいてそのような選択(望ましいステート、リソースまたは代替となる行動)をする無意識の能力は、意識的マインドの能力を大幅に上回ります。


The limitations of consciousness, the 7±2 chunks of attention available in working memory, makes understandable the inability of the consciousness to successfully select desired states, appropriate resources or specific new behaviors with any degree of competency. This limitation applies, however, only to conscious processing and not to unconscious processing. Thus, as you would expect, giventhis difference, the ability of the unconscious to assess the longer-term consequences and then, based on this assessment to make such selections(desired state, resource or replacement behavior) greatly exceeds that of the conscious mind.
('Whispering in the Wind' p.236)

John&Carmen













Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/05/31

呼吸を合わせること

言葉をつかわなくても呼吸と姿勢だけでラポールを形成することが。

ラポールを形成するために最も大切なのは呼吸を合わせることです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/15

共感のベースとなるもの

ミラーニューロンは共感のベースとなるものです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/15

NLPのミラーリングとミラーニューロン

NLPのミラーリングと、1996年にニューロサイエンス(脳科学)の分野で発見されたミラーニューロンは、深く関連しています。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder




















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/15

差異を作り出す差異

ジョン・グリンダー
ある人が職業として人類学を選択する場合、その正当化は何でしょうか?家系から非常に強い文化的影響を受けていた子どもの頃から、私にはその正当化が何であるかは明らかなように思えました。学校の新しい友人と登下校するとき、予想や期待とは違ったことを知覚的に発見して私の神経系は、陽気に浮かれ騒ぎました。

ジュディス・ディロージャ
ですから、それは、グレゴリー・ベイトソンによれば、「差異を作り出す差異」です。ゼロからは何も生まれない、と私が言うとき……他の文化出身の人々と出会ったり、他の文化について本を読んだりするとき、起こるすばらしいことは何ですか?それは、差異です。ベイトソンは、ゼロからは何も生まれない、と言いました。神経学を考えてみましょう、つまり、二重記述についてです。「この新しい情報はどこからくるのか?」ということがわかるでしょう。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.35-36
友だち


 







John:
What justifications does a man or woman typically have for selecting anthropology as a profession? From the time I was a small child with the very strong culture that my family of origin created for me, it seemed to me obvious what the justification is. Each time that I went to school or went home with a new friend from school my nervous system would have a celebration in discovering differences perceptually from what it had anticipatedーwhat it had expected.

Judy: So difference is the difference that makes the difference according to Gregory Bateson. When I say nothing comes of nothing... What is that wonderful thing that happens when you meet people from different cultures or you read books about different cultures?ーit's difference. Gregory talks about nothing coming of nothing. Just consider our neurologyーwe're really talking about double descriptions; we're asking, "Where does the new information come from?"


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/05

多重知覚ポジションについて

次に、ニューコードで明示的な形式(form)を示す2番目のパターンに注目します。このパターンは多重知覚ポジションと呼ばれます。ニューコードの創造の中で、多重知覚ポジションを占める能力を与えるパターン化(フォーマット)が示されています。この能力が、認識論的に何を表すのか、そしてそれがどのように選択におけるレバレッジポイントを提供するのかについて理解することが重要です。
Whisoering(風の中のささやき)の冒頭や、この本のいたるところで展開されている認識論において、私たちは、私たちが通常世界と呼んでいるものは、根本的に変形された表出のセット(FA)であると指摘してきました。それへのアクセスを得る前に、受容体からの情報の流れは、人間の神経系を定義する神経学的変形によって変更されています。私たちは、コージフスキーは保守的過ぎるという挑発的な発言をすることでこの点を捉えました。地図は領土でないだけでなく、彼の言う領土でさえ領土ではありません。私たちは、ファーストアクセスの後で、本質的に言語的(又は言語マッピングの派生)である2番目の変形セットを通常適用するということを主張し続けました。


私たちは今、一人ひとりに個人として固有で特有である自分の経験における更なるフィルタリングまたは変形を認識することを求めています。ここでは、私たちは、個人の歴史(personal history)と呼ばれるものの累積的影響について指摘しています。


それでは、この文脈で、個人の歴史という用語をどのように理解すればよいでしょうか。明らかなことは、全ての自然言語が FA に適用できる変形の豊富なセットを提供しているということです。しかし、私たちが母国語の基礎を習得する時点では、これらの事実を理解していません。実際に起こっていることは、この時点で私たちの生活の中で主要な影響力のある人物−通常は親と原家族のメンバー−の言語能力(またはその欠如)を直感的にモデリングしているということです。これは、母国語によって提供される変形の完全なセットのうち、無意識のうちに小さなサブセット−より具体的には、それらのモデルのサブセット−を採用していることと同じです。このことは、私たちが(多大な個人的な訓練とサポートツールなしには)母国語が提供する選択肢の完全な配列を習得することはめったにないことを意味しています。この状況は、私たち一人ひとりが無意識的に主要なリプレゼンテーショナルシステムを発達させる結果となる無意識モデリングに類似しています。


この言語能力の初期の無意識モデリングは、メタモデルが選択肢を作成するためにどのように機能するかについても説明しています。なぜなら、これは、個人、クライアント、またはユーザーの言語能力のセットに挑戦して拡張するための明示的な方法であるためです。私たちの言語的変形の個人的で限定されたサブセットを、長年にわたって無意識に体系的に自分の経験(FA)に適用することの累積的影響は、私たちがメンタルマップ、または世界についてのモデルと呼んでいるものです。次に、フィードフォーワードのプロセスを経て、これらのメンタルマップは、自分の経験に対する追加のフィルターのセットになります。したがって、私たちの個人的な歴史は、たまたま発展させた言語能力のセットを使用して生涯にわたって行ってきた一般化であるメンタルマップによって、最もよく表現されています。

 

NLPの多くの生徒は、特にパターン化を効果的に使用するための最初の熱意において、認識論的に奇妙な(そして不可能な)目標に飛びつきます。彼らが達成しようと取り掛かるタスクは、自分自身から全ての知覚フィルターをなくすことであり、彼らはしばしば、それによって歪曲のない世界を認識できるようになるだろうと言います。そのような甘い考えのプロジェクトは、確実に矛盾しています。私たちの種(人間)のメンバーであることの意味の重要な部分はf変形として識別したフィルターのセットによって正確に定義されています。実際に自分自身からそのようなフィルター取り去ることが何を意味するのかを知ることは困難です。


私たちの周りの世界の全てのフィルタリングから解放されることは不可能ですが、特定のf2  変形の結果である歪曲を操作することは可能です。すなわち、私たちが子供として(マッピング機能として使用可能な言語パターンの配列から)通常は原家族の限定的なサブセットを選択したという点にもう一度注意を向けます。その無意識の選択の生涯にわたる累積的影響は、私たちのメンタルマップを発達させます。f2  変形に注意を向けると、理路整然とした可能性が現れます。すなわち、意図的にシフトする優れたフィルターとなるよう自分自身を訓練することができるのです。実際、純粋に別の知覚ポジションに入ることは、知覚フィルターをシフトすることと同義です。

個人が知覚フィルターをシフトする技術を習得するために意図的に訓練するとき、その人は選択肢の世界を拡大します。以前は使用できなかった一連の選択肢を体系的に提供するプロセスが備わると、古い文脈で新しい行動を生み出す能力が自ずと現れます。世界についての複数の記述を作成すること、したがってより多くの選択肢を持つことの自然な結果は、与えられたいかなる文脈においても具体的にどのように行動するかについての柔軟性が高まることです。

より多くの選択肢を作成する最も単純な方法−柔軟性のレバレッジポイント−として、次のことを特定できます。

1. 注意をシフトさせること。より具体的には、注意を払う経験の世界の新しい部分を意図的に選択し、どのように具体的にそれらに注意を払うか。

2. いくつかの特定可能なグループの特性と知覚を採用すること。読者にこれを味わってもらう例として、よく熟成したチーズの塊が、次の観点からどう表出されるかを想像してみてください。

 a. ネズミ
 b. 牛
 c. 飢えた学生
 d. 乳糖不耐症患者
 e. マーケティング会社重役
 f. 弁護士
 g. 会計士

3. 三重記述によって特定された3つの特権的知覚ポジションの一つから別のポジションに、体系的に知覚ポジションをシフトすること。上記の2.は、一般化された第2ポジションに分類されることに注意してください。

4. 使用可能な言語能力を明示的に操作することにより、多重記述の技術を訓練して開発し展開すること。特に、読者が、記述、解釈、評価のプロセスによってもたらされた差異を使用することをお勧めします。私たちが(ポジションを)占めることを学ぶことが出来る潜在的に無限にある知覚ポジションのセットの中に、上記の3.としてリストされている三重記述と呼ばれる特権的なセットがあることに注意してください。

ネコとネズミ















Multiple Perceptual Positions


We turn our attention, then, to a second pattern that finds explicit form in the new code – the pattern called multiple perceptual positions. In the creation of the new code, the patterning (formats) that confers the ability to occupy multiple perceptual positions is made explicit. It is important to appreciate what this ability represents epistemologically and how it provides leverage points for choice.  

In the epistemology developed at the beginning of Whispering and in other places throughout the book, we have made the point that what we normally refer to as the world is a fundamentally transformed set of representations (FA). Prior to our gaining access to it, the data streaming in from our receptors has been modified by the neurological transforms that define the human nervous system. We captured this point by making the provocative statement that Korzybski was too conservative: not only is the map not territory, but his territory isn't even the territory. We went on to argue that after First Access, we typically apply a second set of transforms that are linguistic in nature (or derivative of linguistic mappings).

We are now asking you to recognize a further filtering or transformation of our experience, unique and specific to each of us as individuals – here we are pointing to the cumulative effects of what we call our personal history.

How, then, are we to understand the term personal history in this context? What is clear is that every natural language offers a rich set of transforms that can be applied to FA. However, at the point when we master the fundamentals of our native tongue, we have no appreciation of any of these facts. What in fact happens is that we intuitively model the linguistic competencies (or lackthereof) of the major influential figures in our life at this point−usually our parents and members of our family of origin. This is equivalent to saying that out of the full set of transforms offered by our native language, we unconsciously adopt a smaller subset – more specifically, those of our models. This implies that we rarely (without great personal discipline and supporting tools) come to a mastery of the full array of choices offered by our native tongue. The situation here is analogous to the unconscious modeling that results in each of us developing an unconsciously preferred representational system.

This early unconscious modeling of linguistic competencies also explains how the meta model functions to create choice - as it is an explicit method for challenging and expanding the set of linguistic competencies of the individual, client or user. The cumulative effect of unconsciously and systematically applying our personal limited subset of linguistic transforms to our experience (FA) over years is what we call our mental maps or models of the world. In turn through the process of feed-forward, these mental maps become an additional set of filters on our experience. Thus, our personal history is best represented by the mental maps that are the generalizations that we have made over our lifetime, using whatever set of linguistic competencies we happen to have developed.

Many students of NLP, especially in their initial enthusiasm for the effective use of the patterning, seize upon an epistemologically peculiar (and impossible) goal. The task they set about to accomplish is to free temselves from all perceptual filters, often stating that thereby they will appreciate the world without distortion. Such a naive project is surely incoherent. A significant part of what it means to be a member of our speciesis precisely defined by the set of filters that we identified as the ftransforms. It is difficult to know what it might mean to actually free one's self of such filters.

Although, it is not possible to free one's self from all filtering of the world around us, it is possible to manipulate the distortions resulting from specific ftransforms. We direct your attention once again towards our previous point, namely, that we as children selected (from the array of linquistic patterns available to us as mapping functions) a limited subset normally those of ourfamily of origin. The cumulative effects over a lifetime of that unconscious selection lead to the development of our mental maps. Focusing our attention on the f2 transforms, a coherent possibility presents itself; namely, that one can train oneself to be excellent at deliberately shifting filters – indeed, to genuinely enter into another perceptual position is synonymous with shifting perceptual filters.


When an individual deliberately trains himself to master the art of shifting perceptual filters, he expands his world of choice. Equipped with a process to systematically offer to himself an array of choices that were previously unavailable, the ability to generate new behaviors in old contexts manifests itself. A natural consequence of creating multiple descriptions of the world−hence more choice - is more flexibility about how specifically one may act in any given context.

Among the simplest methods to create more choice - a leverage point for flexibility - we can identify the following:

 

1. shifting attention – more specifically, deliberately selecting new portions of the world of experience to attend to as well as how specifically we attend to them.

2. adopting the characteristics and perceptions of some identifiable group. As an example to give the reader a taste of this, imagine what a well-aged hunk of cheese represents from the point of view of:

 a. a mouse

 b. a cow

 c. a starving student

 d. a lactose intolerant patient

 e. a marketing executive

 f. a lawyer

 g. an accountant

 ・・・

3. systematically shifting perceptual position from one to another of the three privileged perceptual positions specified by Triple Description. We would like to note here that number 2 above could be classified as a generalized 2nd.


4. developing and deploying with discipline the art of multiple description through the explicit manipulation of the linguistic competencies available. In particular, we are suggesting that the reader use the differences proposed by the processes of description, interpretation and evaluation.

Note that within the potentially limitless set of perceptual positions we can learn to occupy, there is a privileged set that we call Triple Description, listed as number 3 above.
('Whispering in the Wind' p.246-248)

John&Carmen

















Amazon:

Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
John & Carmen Enterprise
2001-12-31





NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/05/05

知覚ポジションのエクササイズを安全に行うには

受講生による質問:
知覚ポジション(三重記述)のエクササイズで、『自分/相手/第三者』というように視点やポジションを分けることによって、多重人格になる危険性はありませんか?

グリンダー博士の回答:
知覚ポジションのエクササイズで多重人格になることはありません。その安全策として次の2つのことを守って下さい。

1つめは、知覚ポジションによる
三重描写(第1ポジション/第2ポジション/第3ポジション)をシステマティックに適用して下さい。第1ポジションはクリーンで内部的であり暗黙のうちに自分自身のフィルターを学んでいる時間です。そして理想としては、ときどき第3ポジションに移動して、第1ポジションと第3ポジションのシンプルな違いを純粋な好奇心によって眺めてみてください。エピステモロジー(Epistemology: 認識論)という言葉があります。私たちは真理を求めて、そこであまりにも多くの時間を浪費してしまいます。しかしNLPには、(モデリングを含む)ひとつひとつの専門があります。それらが真理であるかないか、あるいはそれらがうまくいくかいかないか、NLPは沈黙を守る立場にあります。このような問いに対して唯一の正しい答えはありません。それはとても興味深いものであり、また複雑なものでもあります。

2つめは、意識と無意識の関係を密接に保つワークを行ってください。

この2つのことを規律正しく守ることによって、複数の知覚ポジションを移動しても多重人格になることはなく、常に安全なフレームの中で自分自身を自由に探求することができます。


John Grinder(2005年03月19日・東京にて)
Grinder


















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2021/10/23

知覚ポジションによる問題解決

知覚ポジションを使うことによってさまざまな問題解決ができます。

◎1つの視点(1つの選択肢)…身動きが取れない
◎2つの視点(2つの選択肢)…ジレンマが起こる
◎3つの視点(3つの選択肢)…(1)と(2)から抜け出せる

※ジレンマとは相反する2つの事象の板挟みになって進退両難に陥る状態を意味します。

Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/30

知覚ポジションとは何か

知覚ポジションというのは、「何が現実なのか?」を探るものではなく、「私たちを取り巻くものをどれだけ多くの方法で認識することができるか?」を探るものです。


John Grinder
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/30

実際の経験を正確に把握するには

結合体験(アソシエート)という主観的な経験よりも、分離体験(ディソシエート)という客観的な経験の方が、実際の経験をより正確に把握することができます。

John Grinder(2010年5月・東京にて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/29

結合体験と分離体験について

結合体験(アソシエート)は自分の世界に入ることを意味し、分離体験(ディソシエート)は自分の世界から出ることを意味します。また、結合体験(アソシエート)では軽いトランスの状態に入ります。

John Grinder(2010年5月・東京にて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/29

自然なラポールをもつ日本人の特性

日本では、ミラーニューロン(mirror neuron)やシナスタジア(synesthesia)に由来する自然なラポールが文化的なトレーニングの中に入っています。ですから日本人は他人の気持ちを敏感に察することができる民族です。この感覚を意識化することによって、さまざまな場面で意識的に使うことができるようになります。

by John Grinder
(2011年5月・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

深いトラウマをもった方にセッションを提供するとき

カリブレーションには、自分の目で見るカリブレーションと、自分の身体をセンサーのようにして使うカリブレーションがあります。また、後者は、ミラーニューロン(mirror neuron)やシナスタジア(synesthesia)と関係しているため、自分自身のフィルタリングを必要とします。

日本では、2011年3月11日に東日本大震災が起こり、非常に大きな地震と津波の被害がありました。このような場面に遭遇した方々のように、深いトラウマをもったクライアントさんにセッションを提供する場合、クライアントさんのステートの変化を自分の身体の中で感知することになるでしょう。もしセッションを行っている途中でクライアントさんのステートの変化を自分の身体の中で感知したら、それをよく観察して、そのままセッションを続けるか中断するかを選択することが大切です。

by ジョン・グリンダー
(2011年5月・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

カリブレーションには2つのタイプがあります

カリブレーションには、次の2つのタイプがあります。

(1)自分の目で見るカリブレーション
(2)自分の身体をセンサーのようにして使うカリブレーション

(2)の「自分の身体をセンサーのようにして使うカリブレーション」はミラーニューロン(mirror neuron)やシナスタジア(synesthesia)と関係しているため、自分自身のフィルタリングを必要とするカリブレーションです。


 by ジョン・グリンダー
(2011年5月・東日本大震災直後に開催された東京のセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2021/10/08

カリブレーションで検知できるもの

カリブレーションは、NLPのすべてのスキルセットの母といってもいいほど大切なものです。コミュニケーションの相手に対してカリブレーションで検知できるもの、すなわち観察できるものは、表面にもたらせているものであり、内的反応の結果です。

by ジョン・グリンダー
(2010年5月・東日本大震災直後に開催された東京のセミナーにて)
Grinder

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

特別なことができる状態になるには

辺視野が広がっているときは、遠くから飛んでくるボールを目で見なくても、無意識に手でキャッチできます。このような特別なことができる状態であるときは、右脳が優位になっていて、身体の内部がいつもと違う感じになっているはずです。ですから、自分自身にどのような変化が起きているのかを意識してみると、周辺視野が広がっているときのステートを理解することができます。


by ジョン・グリンダー
20105月・東京で開催されたNLPセミナーにて)
Grinder












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/15

意識と無意識のコミュニケーション

Grinder
















ニューコードNLPのトレーナーやファシリテーターは、自分自身の「意識と無意識のコミュニケーション」がとれていることにより、それがミラーニューロンのレベルでセミナーの参加者やカウンセリングの相談者に伝わり、彼ら自身も「意識と無意識のコミュニケーション」が自然に取れていくことになるでしょう。

by ジョン・グリンダー
(2011年5月・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)


カウンセリング














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

日本人が持つ能力について

Grinder
















日本は、ミラーニューロンやシナスタジア(共感覚)が自然に養われる文化をもっています。ですから、日本人は他者の気持ちを感じる能力が非常に高いのです。

by ジョン・グリンダー
(2011年04月30日・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)



食事会








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

自分自身のクリーンアップを心がけましょう

セミナーを開催したり個人セッションを行なったりするとき、参加者や相談者から何らかの影響を受けてしまう方は自分自身のクリーンアップを心がけましょう。

自分自身のクリーンアップを行い、『不死』と『完璧』の境地に到達すれば、多くの人を助けることができるようになります。

by ジョン・グリンダー
(2011年5月・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)

Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22

不死と完璧の境地

Grinder
















皆さん、私は死なないと思っていたら死にません。そして、私は完璧と思っていたら自分自身の行為はすべてがベストなものになります。このように、不死と完璧の境地に到達することによって、多くの人を助けることができるようになります。これは自分で自分を操作するおかしな生き方ですが…。

by ジョン・グリンダー
(2011年04月29日・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)


鳥













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2022/07/22

危機とは何でしょうか?

Grinder
















皆さん、危機(crisis)とは何でしょうか?それは、外側ではなく自分の内側をシフトさせるためのチャンスのことです。

by ジョン・グリンダー
(2011年04月29日・東日本大震災直後に東京で開催されたセミナーにて)


青空と虹













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22

無関係の経験同士を組み合わせていくこと

自然の回路、言い換えれば、自然のパターンを不自然な矛盾した構成要素に分解し、自ら混乱を招き、まるで自然の基盤があると信じているかのように無関係の経験同士を組み合わせていく種は人間以外にあるでしょうか? ちなみに、科学時代の寵児である皆さんが思索の対象が欲しいようであれば、世界についての複数記述の知恵と、科学と称される単一表出への科学者の固執について考察してみてください。科学的な試みは、目指すべき単一記述があることを前提にしている点において、基本的に欠陥的な人間活動であることを意味するのかも知れません。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.42-43)

森林












Who else could both break up natural circuitsーnatural patterningーinto awkward and incoherent enough components that we confuse ourselves thoroughly and assemble uble unrelated parts of experience acting as if there were some natural basis for such an assemblage? By the way, if you, as children of the era of science, want something to think about, consider the wisdom of multiple descriptions of the world on the one hand, and the insistence of scientific researchesrs on a single representation refrred to as Science. Does this mean that scientific endeavor is a fundamentally flawed human activity in that it presupposes that there is a single description that it is working towards?

(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.15)

Grinder













Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/09/27

さらに真実どおりに見るには

今からあることができますか? 一方の目を閉じて、自分の前に平面の世界を見ることができますか? さあ、やってみてください。いかがでしょうか? 片目ずつ順番に閉じてみてください。うまくいけば、左右の目によって異なる視野効果が得られます。もちろん、私が座っている場所から、一つの目を閉じると、皆さんは全員私から同じ距離にいるように見えます。何人ができますか? この知覚的変化を経験できる人は何人いますか? その知覚的経験を回復できる人々は他の人々よりも「さらに真実どおりに」見ているということです。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.36

3Dの図形

 









Can you do this? Can you close one eye and see a flat world in front of you? Do it! I'm curious. Do each eye in turn because you'll get a different effect typically with one eye as opposed to the other. So from where I'm sitting, of course, when I close one eye, I can make you all equidistant form me. How many people can do that? How many have that perceptual shift available to them? Do you understand the sense in which those people who can recover that perceptual experience are seeing “more truly” than the rest of us?

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius' p.10


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Associates
1995-09-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/13

カオスの状態をつくりましょう

みなさんのところにやってくるクライアントさんの99パーセントは、繰り返すパターンの中で行き詰まっています。

クライアントさんのコントロール下にあるカオス(混沌、または混乱)の状態を作ると、これまで自分をコントロールしていたパターンが使えなくなり、新しいことを始めることができるようになります。

by ジョン・グリンダー 
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/22

問題があるということ

問題があるということは、外側ではなく、自分の内側をシフトさせるチャンスです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/15

NLPを活用するためには

NLPを活用していくために大切なことは、すでにある規則性を当てはめるということではなく、どうしたらそれができるようになるかということを自分で発見することです。

by ジョン・グリンダー 
(東京で開催されたセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/15
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ