New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

■日本人の特性について

A mutual resonance Western and Japanese sensibilities

From the spring of 2020, many events at home and abroad have been canceled due to the spread of COVID-19. Under such circumstances, in May of this year, a well-known pianist from Argentina and living in Switzerland, Martha Argerich, came to Japan for the first time in three years and toured various cities for about a month to perform the world's highest performances. 


Among her performances, there was a rare program in which Argerich played together with Bunzō Otsuki, a living national treasure, who is a leading Shite (protagonist) in the Kanze school of Noh. There, Otsuki danced to J.S. Bach's ‘Partita’ Argerich played. 


The other day, I found an interview article with Argerich in a newspaper. On the day, after playing with Noh performer, she said with excitement, as following. 


“Noh fascinates my mind deeply. The very slow movements and the ‘Ma (time)’ of transformation from one movement to another reminded me of ‘legato’ in music.”


The article included a review on Argerich’s performance itself, too. 


“Her flowing tempo was well as usual. In addition, her communication ability that, by taking a little longer ‘Ma (time)’ to connect phrases, synchronized her piano with the movement of Noh dance was very wonderful, accordingly Bach's music and Noh dance showed a mysterious fusion which transcended the actual time and space of performance.” 


Here is a mutual resonance of Western and Japanese sensibilities thorough art. I think the essence of communication and its appearance are here.


西洋人と日本人の感覚の歩み寄り

2020年春から、コロナウイルスの蔓延により、国内外で多くの催し物が中止になりました。そのような中、今年の5月、アルゼンチン出身でスイス在住の著名なピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんが3年ぶりに来日し、約1ヵ月にわたり各地を巡り、世界最高峰の演奏を披露しました。

公演の中には、観世流シテ方の第一人者で人間国宝の大槻文藏氏と共演するという珍しいプログラムもあり、能の舞に合わせてJ・S・バッハのパルティータを演奏しました。

先日、ある新聞にアルゲリッチさんのインタビュー記事が載っているのを見つけました。能楽師との共演後、彼女は興奮冷めやらぬ様子でこう言ったそうです。

「能には心を奪われます。すごくゆっくりした所作、一つの動きから別の動きに移り変わる、その『間』が、音楽におけるレガートを思わせる

 

記事には、アルゲリッチさんの演奏評もありました。

「流麗なテンポはいつも通りなのに、フレーズとフレーズをつなぐ『間』をほんの少し長めに取り、能の動きと同期させるコミュニケーション能力は見事で、バッハの曲と能の舞が、演奏した時間と空間を超えて、不思議な融合を見せていた。」


芸術を通して、西洋人と日本人の感覚同士が歩み寄っています。コミュニケーションの神髄がここにあるように思います。

能楽

 












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/26

Fusen (Sticky Notes which Japanese people prefer)

At a stationery store, I found a certain product. It is a set of sticky notes with catch copy, “Sticky notes to choose your favorite paper for use”.


付箋



 














The package which I got, contains 20 sticky notes of 4 types each.

The two small types are pale yellow and pink. For them, high-quality paper is used so that they could be suitable for memos or marks.

The second largest third type is square, and for it is used the translucent, white and smooth special paper called glassine so that it could be suitable for make visible the document under it.

The largest of the four types is made of kraft paper. The color is natural brown reminiscent of soil and wood, and this might be suitable for casual messages and so on.

 

The material, color and size of the paper of sticky notes implicitly suggest us what they could be used for, and at the same time, they make us imagine the other boundless uses, not limited to sticky notes or indexes, “For it, which should I use?”, “What could I use it for?” and so on. In the inner dialogue which is born between the sticky notes and myself, there is a joy of exploring new things.

 

Recently, I often find myself selecting ‘Made in Japan’ not only in stationary but also in anything. seeking a mysterious feeling of being integrated with the tools ....



日本人が好む付箋(ふせん)

文具屋さんで、ある商品に目が留まりました。「好きな紙から使える付箋」と書かれた付箋です。


中には4種類の付箋がそれぞれ20枚ずつ入っています。


・メモや目印などに使える付箋で、上質紙で作られています。色は淡い黄色と桃色の2種。4種の中では一番小さめです。

・透明度があり下地を生かしたものに使える付箋で、グラシン紙で作られています。白くて滑らかな特殊紙で、正方形です。

・カジュアルなメッセージなどに使える付箋で、クラフト紙で作られています。土や木を想像するようなナチュラルな茶色で、4種の中では一番大きめ。 

 

紙の素材、色、大きさが、何に使えるかを暗黙のうちに示唆していると同時に、これだけのバリエーションがあると、付箋やインデックスに限らず無限に用途が生み出せそうです。また、『どれを使おう?』『何に使おう?』と、付箋と自分との内なる対話も生まれ、何か新しいもの探求する楽しみもあります。ふと最近、文具に限らず、何でも<Made in Japan>を選んでいる自分に気づきます。道具と一体化する不思議な感覚を求めて…。

 


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/07

Pebble road (Tamajari no Michi)

Pebble road (Tamajari no Michi)

 

Walking in the precinct of Ise Jingu**, we notice that the approach to the shrines is covered with pebbles.

 伊勢神宮












Walking the pebble road, the subtle vibrations of the pebbles rubbing each other are transmitted from the soles of feet to the entire body, which makes us feel very comfortable. At the same time, the solemn crunch of footsteps sounds like a whisper of the nature. Looking around the pebbles covered all over the road, while we notice there are no same pebbles in size or shape, we find we ourselves are in a strange feeling as if we were floating above the clouds.

 

Usually, walking on the asphalted road, we often experience that thoughts like anxiety, hesitation and so on, occur and circulate in our mind. On the other hand, walking on the pebble road, such thoughts disappear, our consciousness spreads to the outer world, and even our five senses are transcended, accordingly we feel as if we were invited to an infinite world.

The pebble roads of Ise Jingu are said to be covered with round pebbles without edges, which were originally at the bottom of river in nature. Interesting is that the pebbles must be stones in river, not sea. Why it must be so? Probably, there is a deep reason behind it.

 

The pebble road invites us, human beings, to the sacred world, I certainly think so, walking on the pebble road of Ise Jingu.


Note:

*Tamajari means Pebbles in Japanese.

**Ise Jingu consists of two areas, Naiku(Kotaijingu) and Geku(Toyo’uke-daijingu), each of which has a pebble approach within its vast precinct.




玉砂利の道


伊勢神宮の境内を歩くと、参道に玉砂利が敷き詰められているのに気づきます。

 

玉砂利の道を歩いていると、小石どうしが擦れ合うときの細かな振動が足の裏から全身に伝わり、なんとも心地よい感覚になります。また、ザク、ザク、ザクという地味な音が、まるで自然界からの囁きのように聴こえます。そして、ひとつとして同じ大きさや同じ形のない小石があたりいっぱいに敷き詰められているのを見渡すと、まるで自分が雲の上に浮かんでいるような、不思議な感覚に陥ります。

 

普段、アスファルトの上を歩いていると、不安や迷いといった思考が浮かんではぐるぐる巡ることがあります。一方、玉砂利の上を歩いていると、思考が消えてなくなり、自分の意識が外界に広がり、五感すらも超えて、まさに無限の世界に誘われるようです。

 

伊勢神宮の玉砂利には、自然の川底にある、角がとれて丸くなったものを敷き詰めているそうです。海の石ではなく川の石でないといけないそうで、そこにも何か深い理由が隠されているように思います。

 

玉砂利の道は、私たち人間を神性へと誘ってくれる道のように思えてなりません。



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

The paper string ornaments “Mizuhiki”

Mizuhiki is paper string ornaments that are used to tie wrapping papers of gift or attach to envelopes.

水引










According to records, the origin of Mizuhiki is said to start from a historical description that, during the Asuka period (592-710), when Ono no Imoko (unknown date of birth and death), who has been in China as Kenzuishi (a mission to Sui dynasty), came back to Japan, linen strings dyed in red and white were tied to the gifts to the emperor offered from the accompanying Sui’s messenger. On the other hand, the word Mizuhiki itself is said to have come from the making procedure, at first, making Japanese paper into Koyori (twisted paper strings), and then pasting liquid starch (‘(mizu)nori-hiki’ in Japanese) to harden it so that the twist doesn’t loosen.

Introducing the typical knots of Mizuhiki which are usually used in Japan.
水引









Musubi-kiri (upper right figure)

This way of tying is to tie Mizuhiki so that the both tips of the knot point upwards. Using this method of tying, Mizuhiki is tied tightly at its center, and, once it has been tied, it cannot be easily untied. Therefore, it involves a message,“I hope that the same thing will not occur in the future,”to be used on wedding, get-well visits, funerals and so on.

 

Chō-musubi (bottom right figure)

This way of tying is easy to untie the knot and tie it again, and therefor involves a message,“I hope it will occur again and again.” Therefore, this is used on celebrations such as entrance into a school, promotion, birth and so on.


Awaji-musubi (left figure)

In case of this tying, when both ends of Mizuhiki are pulled, the knot is tied even more tightly. Since this Awaji-musubi is as difficult to untie as Musubi-kiri, and further, uses a more complicated knotting than Musubi-kiri, this involves a message, “I hope it will continue for a long and long time.” For this reason, this is used for celebrating on wedding, rewarding for lessons and so on.


水引について


水引は、
贈り物の包み紙を結んだり、封筒に付けられたりする紙製の飾り紐のことを言います。


水引の起こりは、飛鳥時代、遣隋使として当時の中国に渡った小野妹子が日本に帰る際、隋からの献上品に紅白に染めた麻の紐が結ばれていたという記録にあるようです。また、水引という言葉は、和紙をこより状にして、よりが緩まないように水のりを引いて固めたことからきたのではないかといわれています。

日本でよく使われている水引についてご紹介します。
 


結び切り(右上)

結び目の先が上になるように結ぶもので、一度結ぶと簡単に解けないように水引を中心で固く結ぶことから、「繰り返すことがありませんように」という意味が込められ、結婚のお祝いや病気のお見舞い、お葬式などに使われます。


蝶結び(右下)

簡単に解いたり結んだりできるもので、「何度でもそれが起きますように」という意味が込められ、進学や昇進、出産などのお祝いに使われます。

 

あわじ結び(左)

両端を引っ張るとさらに固く結ばれるもので、結び切りと同じく解けにくいのと、より複雑な結び方であることから、「末永く続きますように」という意味が込められ、結婚のお祝いや、習い事の謝礼などに使われます。



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/27

Japanese tea and Shigaraki ware

In Otsu City, Shiga Prefecture, there is a Japanese tea shop called Nakagawa Seisei-do Chaho, which is dealing in not only Japanese tea but also a lot of tea utensils. When I visited it the other day, the shop owner showed me the tea utensils one by one, and told me a lot of interesting stories about them. According to him, tea utensils in his shop are Shigaraki ware. To make them, Shigaraki-potters themselves enter the mountains to find the best clay, and then, they try to soak and dissolve the gotten clay in water, and by stirring it and taking out its clear layer and the unnecessary things repeatedly, get finer clay called Suihi-tsuchi (elutriated soil).

When making this Suihi-tsuchi, the best water for it is said to be the one which flows beside rice fields, including a lot of microorganisms. On the other hand, when baking tea-ware using Suihi-tsuchi, potters actually eat tea leaves and make tea-ware that suits the taste of tea, for the taste of tea varies depending on the place and altitude where the tea grows.

The shop owner ended his talk as following, “To make delicious tea, please use tea-ware and water which match the tea.”

お茶













日本茶と信楽焼

滋賀県大津市に、中川誠盛堂茶舗という日本茶のお店があります。ここはお茶だけではなく、茶道具も豊富に取り揃えています。先日訪ねると、店主が茶道具を一つひとつ見せながら、興味深い話をしてくださいました。 お店に置いてある茶道具はすべて信楽焼で、陶芸家が山へ自ら足を運び、探してきた土で作るそうです。土を水につけ、何回も攪拌したり、透明な上澄みや、不要なものを取り出しながら、きめ細かな土「
水簸(すいひ)土」を作ります。

この時に使う水は、田んぼの横を流れていて微生物がたくさんいるような水が良いとのことです。水簸土を使って茶器を焼くにあたり、陶芸家は実際にお茶を口にし、それに合った茶器を作るといいます。お茶は、育つ場所や標高によって味が異なるためです。

「おいしいお茶をいれるには、お茶に合った茶器と水を使うと良い」。店主はそうしめくくりました。 



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

Hana-aka of Arita porcelain

Hana-aka* of Arita porcelain


There is an area called Akaemachi in Arita-cho, Saga Prefecture, which is famous for Arita porcelain. As its name** suggests, there are many workshops which specialize in producing red pigments in this area, and one of the most representative red pigments which they make is Hana-aka indispensable for Arita porcelain.
 


According to them, in order to make this pigment, Hana-aka, they put iron rust*** in a large jar filled with water, continue to replace the supernatant liquid generated in the jar every day, and change the iron rust into nano-sized fine particles over about 10 years. How amazing it needs ten years to make one color! Further, according to them, what is the most important is the fineness and purity of particles, and, in order to keep this, they have maintained not the mechanical work but manual, and the use of well water for generations. 

The red of Arita porcelain. What have the ancestors in Arita been intending to reflect in this color…?


Note:

*‘Hana’ in Hana-aka means ‘flowers’ and ‘aka’ means ‘red color’ in Japanese.

**’Akae’ in area name, Akae-machi, means ‘red pictures’ in Japanese.

***For example, rust of iron oxide.

花赤

















有田焼の花赤


有田焼で有名な佐賀県有田町に赤絵町という場所があります。ここにはその地名のとおり、赤い絵の具を専門に作り出す工房が集まっていて、有田焼には欠かせない花赤(はなあか)と呼ばれる赤い絵の具が作られています。

花赤というという絵の具を作るためには、水を入れた大きな壺に鉄さびを入れて、毎日、一日も欠かすことなく上澄みを入れ替え、10年ほどかけてナノサイズの細かい粒子に仕上げていく必要があるそうです。一つの色を作るのに10年もかけるとは、本当に凄いことだと思います。もっとも大切なのは粒子の細かさと純度だそうで、機械ではなく手作業ですることと、井戸水を使うことも代々守られているとのことです。

有田焼
の赤。先人たちはこの色に何を映し出そうとしていたのか


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

Jodo-in of Hieizan Enryaku-ji Temple

Jōdo-in, located in the precincts of Hieizan Enryakuji Temple, is the mausoleum of Saichō, the founder of the Tendai sect. To reach there, we must go down an incredibly long stone staircase.

比叡山延暦寺

















On the way, an idea flitted across my mind, if this stone staircase were up
….


If the place where the founder sleeps is in a high place, we would raise our expectation that, aiming at the founder’s virtue, we can get to a higher place.


However, as I got down the long stone staircase, I began to feel something mysterious and found my self-consciousness rapidly diminishing.

  

When I reached Jōdo-in, only a quiet space had awaited me. All I did there was only to feel the wind, listen to the birds, and look at the swaying leaves.

比叡山延暦寺
















Then, I was deeply convinced that Saichō's thought was just alive in this space-time of self-effacement
.



比叡山延暦寺の浄土院

比叡山延暦寺の境内にある浄土院は、天台宗の開祖である最澄の御廟です。ここへたどり着くまでには、とてつもなく長い石段を下りなければなりません。


ふと、思います。もしこの石段が、上り坂だったら…。

 

開祖が眠る場所が高いところにあれば、その足元を目指して、自分も高いところに行けるのでは…といった期待がふくらむかもしれません。


しかし、長い石段を下っていくと、何とも不思議な感じがしてきて、自我の意識がどんどん薄まっていくことに気づきます。


浄土院にたどりつくと、そこには静かな空間だけが待っています。そこでは、ただただ風を感じ、鳥の声を聴き、木の葉の揺れるようすに目を向けるだけです。


この忘我の時空間に、最澄の想いが生きているように思えて仕方ありません。




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

Yokawa-chudo-hall of Hieizan Enryaku-ji Temple

Yokawa-chūdō-hall, located in the Yokawa area of Hieizan Enryaku-ji Temple*, is famous for its building in Kake-zukuri like ‘Kiyomizu no Butai’ (the stage of Kiyomizu) of Kiyomizu-dera Temple in Kyoto. Kake-zukuri is a building style which secures the underfloor using long pillars and crosspieces on the place with a large height difference like a cliff, and constructs a building on it.


By the way, why was this chūdō-hall built in such an unstable place? Such a question arose in me.

Then, I investigated the reason, and found that the model of this building was ‘Kentōshi-sen’ (the ship for envoy to Tang China during Nara and Heian periods). Looking at with such knowledge, to me, the ground with height difference looked like the surface of the sea with high waves going up and down, and at the same time, the building seemed to create a ship-like atmosphere floating in the waves of the sea.
Yokawa-chūdō-hall is just an elaborate metaphor, which makes us feel how courageous it was to go abroad to learn at the risk of life. Given immeasurable encouragement, I left the building.

Note:

*Hieizan Enryaku-ji Temple is the head temple of the Tendai sect of Japan located on Mt. Hiei between Kyoto City and Otsu City of Shiga Prefecture, which was opened by Saichō (767-822), a monk in the early Heian period.

比叡山延暦寺


















比叡山延暦寺の横川中堂


比叡山延暦寺の横川エリアにある横川中堂は、京都の清水寺にある「清水の舞台」と同じ懸造(かけづくり)の建物として有名です。懸造とは、崖などの高低差が大きい土地に長い柱や貫で床下を固定し、その上に建物を築く建築様式です。

それにしてもなぜ、こんな不安定な場所に建てたのか。そういった疑問が私の中に湧きました。そこで理由を調べてみたら、この建物のモデルが「遣唐使船」だからと分かりました。そういった目で眺めると、高低差のある土地を、高い波が上下する海面に見立て、波に浮かぶ船の雰囲気を醸し出しているように見えてきます。 


命がけで学びに行くってすごいな、という気持ちにさせる、手の込んだメタファーです。なんだかものすごく大きな勇気をもらって、建物をあとにしました。
 

 

注:

*比叡山延暦寺は、京都市と滋賀県大津市の境にある比叡山に位置する天台宗の総本山の寺院。平安時代初期に僧・最澄(767-822)により開かれた。



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

花鏡「離見の見」について

室町時代中期の能楽論書のひとつである花鏡(かきょう)は、能楽師の世阿弥(ぜあみ)が父親である観阿弥(かんあみ)の教えに基づいて書いた最初の能楽論「風姿花伝」(ふうしかでん)を発展させ、40歳の頃からおよそ二十年の間に、自らが体得し、開拓し得た芸術論を集成したものです。この能楽論書は、応永三十一年(1424年)までに段階的に書き連ねたのち、長男の観世元雅(かんぜもとまさ)に秘伝として授けました。とくに「奥段」と呼ばれる最後の段は、芸の奥義として「初心忘るべからず」と記され、世阿弥の芸能論の神髄と評されています

花鏡の一部をご紹介します。

花鏡(原文)
また舞に、目前心後といふことあり。目を前に見て、心を後ろに置けとなり。見所より見る所の風姿は、我が離見なり。しかればわが眼の見るところは、我見なり。離見の見にはあらず。離見の見にて見るところは、すなはち見所同心の見なり。その時は、我が姿を見特するなり。後ろ姿を覚えねば、姿の俗なるところをわきまえず。さるほどに離見の見にて見所同見となりて、不及目(ふぎょうもく)の身所まで見智して、五体相応の幽姿をなすべし。これすなわち、「心を後ろに置く」にてあらずや。

花鏡(口語訳)
舞には「目前心後」という言葉がある。目を前に心を後ろに置けということである。見所(能を見る客席)から見る姿こそ、私の「離見」である。よって、自分の目で見ているものは「我見」である。それは「離見の見」ではない。「離見の見」という見方はすなわち、見所と同じ心で見ることである。その時は、自分の姿をしっかりとらえている。舞う後ろ姿を確認しなければ、芸の低さを認識できない。だからこそ「離見の見」すなわち見所の見という客観的な目で、目の届かないところまで見てこそ、体全体が幽玄の世界をあらわす。これはすなわち「心を後ろに置く」ということである。


Zeami’s “View of Riken” in Kakyo

 

“Kakyo”, one of the most representative Noh theories written by Zeami, a Noh performer, in the middle of the Muromachi period, is a development of his first Noh theory, “Fushikaden”, which he wrote based on the teachings of his father, Kan’ami, and it is a collection of Noh theories that he had learned and established for about 20 years since he was 40 years old. This Noh theory had been written step by step until Oei 31 (1424), and finally was handed down Kanze Motomasa, his eldest son, as a secret. Kakyo’s final chapter particularly called ‘Oku-no-dan’ (final chapter) where is stated “Don't forget your original intention” as the heart of Noh performing, is valued as the essence of Zeami's Noh theory.

 

The below is a part of “Kakyo”.

 

Kakyo(excerpt) ―English translation―
……
And, for Noh-dance, there is an word, Mokuzen-shingo. What it means is “Keep your eyes forward and place your mind behind”.……The performer’s figure seen from Kensho (the audience seat watching Noh) is my Riken (the objective view of the performer from the audience). Accordingly, what the performer see by his own eyes is Gaken (the subjective view of the performer on his own eyes), not Riken. The way to see on view of Riken is the view of Kensho-doshin (the way to see with the same mind as the audience in kensyo). Then, the performer grasps his own figure firmly.……But, Riken is not enough yet. Unless being conscious of his own back view, the performer cannot recognize his performance’s vulgarity. Therefore, by being based on the objective view of Riken, the performer should get to Kensho-doken (to see with the same eyes as the audience), and furthermore, by grasping even Fugyumoku (what cannot be seen with the naked eye) with his mind's eyes, his entire figure should reveal a subtle and profound world. This is exactly what is meant by “Place your mind behind”.……


能楽

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/27

西洋人と日本人の歩み寄り

2020年春から、コロナウイルスの蔓延により、国内外で多くの催し物が中止になりました。そのような中、今年の5月、アルゼンチン出身でスイス在住の著名なピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんが3年ぶりに来日し、約1ヵ月にわたり各地を巡り、世界最高峰の演奏を披露しました。

公演の中には、観世流シテ方の第一人者で人間国宝の大槻文藏氏と共演するという珍しいプログラムもあり、能の舞に合わせてJ・S・バッハのパルティータを演奏しました。

先日、ある新聞にアルゲリッチさんのインタビュー記事が載っているのを見つけました。能楽師との共演後、彼女は興奮冷めやらぬ様子でこう言ったそうです。

「能には心を奪われます。すごくゆっくりした所作、一つの動きから別の動きに移り変わる、その『間』が、音楽におけるレガートを思わせる

 

記事には、アルゲリッチさんの演奏評もありました。

「流麗なテンポはいつも通りなのに、フレーズとフレーズをつなぐ『間』をほんの少し長めに取り、能の動きと同期させるコミュニケーション能力は見事で、バッハの曲と能の舞が、演奏した時間と空間を超えて、不思議な融合を見せていた。」


芸術を通して、西洋人と日本人の感覚同士が歩み寄っています。コミュニケーションの神髄がここにあるように思います。


A mutual resonance Western and Japanese sensibilities

From the spring of 2020, many events at home and abroad have been canceled due to the spread of COVID-19. Under such circumstances, in May of this year, a well-known pianist from Argentina and living in Switzerland, Martha Argerich, came to Japan for the first time in three years and toured various cities for about a month to perform the world's highest performances.
 


Among her performances, there was a rare program in which Argerich played together with Bunzō Otsuki, a living national treasure, who is a leading Shite (protagonist) in the Kanze school of Noh. There, Otsuki danced to J.S. Bach's ‘Partita’ Argerich played. 


The other day, I found an interview article with Argerich in a newspaper. On the day, after playing with Noh performer, she said with excitement, as following. 


“Noh fascinates my mind deeply. The very slow movements and the ‘Ma (time)’ of transformation from one movement to another reminded me of ‘legato’ in music.”


The article included a review on Argerich’s performance itself, too. 


“Her flowing tempo was well as usual. In addition, her communication ability that, by taking a little longer ‘Ma (time)’ to connect phrases, synchronized her piano with the movement of Noh dance was very wonderful, accordingly Bach's music and Noh dance showed a mysterious fusion which transcended the actual time and space of performance.” 


Here is a mutual resonance of Western and Japanese sensibilities thorough art. I think the essence of communication and its appearance are here.

能楽

 












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/26

日本人が好む付箋(ふせん)

文具屋さんで、ある商品に目が留まりました。「好きな紙から使える付箋」と書かれた付箋です。

付箋

















中には4種類の付箋がそれぞれ20枚ずつ入っています。


・メモや目印などに使える付箋で、上質紙で作られています。色は淡い黄色と桃色の2種。4種の中では一番小さめです。

・透明度があり下地を生かしたものに使える付箋で、グラシン紙で作られています。白くて滑らかな特殊紙で、正方形です。

・カジュアルなメッセージなどに使える付箋で、クラフト紙で作られています。土や木を想像するようなナチュラルな茶色で、4種の中では一番大きめ。 

 

紙の素材、色、大きさが、何に使えるかを暗黙のうちに示唆していると同時に、これだけのバリエーションがあると、付箋やインデックスに限らず無限に用途が生み出せそうです。また、『どれを使おう?』『何に使おう?』と、付箋と自分との内なる対話も生まれ、何か新しいもの探求する楽しみもあります。

ふと最近、文具に限らず、何でも<Made in Japan>を選んでいる自分に気づきます。道具と一体化する不思議な感覚を求めて…。

 

 

Fusen (Sticky Notes which Japanese people prefer)

 

At a stationery store, I found a certain product. It is a set of sticky notes with catch copy, “Sticky notes to choose your favorite paper for use”.

 

The package which I got, contains 20 sticky notes of 4 types each.

The two small types are pale yellow and pink. For them, high-quality paper is used so that they could be suitable for memos or marks.

The second largest third type is square, and for it is used the translucent, white and smooth special paper called glassine so that it could be suitable for make visible the document under it.

The largest of the four types is made of kraft paper. The color is natural brown reminiscent of soil and wood, and this might be suitable for casual messages and so on.

 

The material, color and size of the paper of sticky notes implicitly suggest us what they could be used for, and at the same time, they make us imagine the other boundless uses, not limited to sticky notes or indexes, “For it, which should I use?”, “What could I use it for?” and so on. In the inner dialogue which is born between the sticky notes and myself, there is a joy of exploring new things.

 

Recently, I often find myself selecting ‘Made in Japan’ not only in stationary but also in anything. seeking a mysterious feeling of being integrated with the tools ....



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/07

玉砂利の道

伊勢神宮の境内を歩くと、参道に玉砂利が敷き詰められているのに気づきます。

伊勢神宮 











玉砂利の道を歩いていると、小石どうしが擦れ合うときの細かな振動が足の裏から全身に伝わり、なんとも心地よい感覚になります。また、ザク、ザク、ザクという地味な音が、まるで自然界からの囁きのように聴こえます。そして、ひとつとして同じ大きさや同じ形のない小石があたりいっぱいに敷き詰められているのを見渡すと、まるで自分が雲の上に浮かんでいるような、不思議な感覚に陥ります。

 

普段、アスファルトの上を歩いていると、不安や迷いといった思考が浮かんではぐるぐる巡ることがあります。一方、玉砂利の上を歩いていると、思考が消えてなくなり、自分の意識が外界に広がり、五感すらも超えて、まさに無限の世界に誘われるようです。

 

伊勢神宮の玉砂利には、自然の川底にある、角がとれて丸くなったものを敷き詰めているそうです。海の石ではなく川の石でないといけないそうで、そこにも何か深い理由が隠されているように思います。

 

玉砂利の道は、私たち人間を神性へと誘ってくれる道のように思えてなりません。

 

 

Pebble road (Tamajari no Michi)

 

Walking in the precinct of Ise Jingu**, we notice that the approach to the shrines is covered with pebbles.

 

Walking the pebble road, the subtle vibrations of the pebbles rubbing each other are transmitted from the soles of feet to the entire body, which makes us feel very comfortable. At the same time, the solemn crunch of footsteps sounds like a whisper of the nature. Looking around the pebbles covered all over the road, while we notice there are no same pebbles in size or shape, we find we ourselves are in a strange feeling as if we were floating above the clouds.

 

Usually, walking on the asphalted road, we often experience that thoughts like anxiety, hesitation and so on, occur and circulate in our mind. On the other hand, walking on the pebble road, such thoughts disappear, our consciousness spreads to the outer world, and even our five senses are transcended, accordingly we feel as if we were invited to an infinite world.

The pebble roads of Ise Jingu are said to be covered with round pebbles without edges, which were originally at the bottom of river in nature. Interesting is that the pebbles must be stones in river, not sea. Why it must be so? Probably, there is a deep reason behind it.

 

The pebble road invites us, human beings, to the sacred world, I certainly think so, walking on the pebble road of Ise Jingu.


Note:

*Tamajari means Pebbles in Japanese.

**Ise Jingu consists of two areas, NaikuKotaijingu and GekuToyo’uke-daijingu, each of which has a pebble approach within its vast precinct.



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

水引について

水引は、贈り物の包み紙を結んだり、封筒に付けられたりする紙製の飾り紐のことを言います。
水引









水引の起こりは、飛鳥時代、遣隋使として当時の中国に渡った小野妹子が日本に帰る際、隋からの献上品に紅白に染めた麻の紐が結ばれていたという記録にあるようです。また、水引という言葉は、和紙をこより状にして、よりが緩まないように水のりを引いて固めたことからきたのではないかといわれています。

日本でよく使われている水引についてご紹介します。

水引






 


結び切り(右上)

結び目の先が上になるように結ぶもので、一度結ぶと簡単に解けないように水引を中心で固く結ぶことから、「繰り返すことがありませんように」という意味が込められ、結婚のお祝いや病気のお見舞い、お葬式などに使われます。


蝶結び(右下)

簡単に解いたり結んだりできるもので、「何度でもそれが起きますように」という意味が込められ、進学や昇進、出産などのお祝いに使われます。

 

あわじ結び(左)

両端を引っ張るとさらに固く結ばれるもので、結び切りと同じく解けにくいのと、より複雑な結び方であることから、「末永く続きますように」という意味が込められ、結婚のお祝いや、習い事の謝礼などに使われます。




Mizuhiki

Mizuhiki is paper string ornaments that are used to tie wrapping papers of gift or attach to envelopes.


According to records, the origin of Mizuhiki is said to start from a historical description that, during the Asuka period (592-710), when Ono no Imoko (unknown date of birth and death), who has been in China as Kenzuishi (a mission to Sui dynasty), came back to Japan, linen strings dyed in red and white were tied to the gifts to the emperor offered from the accompanying Sui’s messenger. On the other hand, the word Mizuhiki itself is said to have come from the making procedure, at first, making Japanese paper into Koyori (twisted paper strings), and then pasting liquid starch (‘(mizu)nori-hiki’ in Japanese) to harden it so that the twist doesn’t loosen.

Introducing the typical knots of Mizuhiki which are usually used in Japan.

Musubi-kiri (upper right figure)

This way of tying is to tie Mizuhiki so that the both tips of the knot point upwards. Using this method of tying, Mizuhiki is tied tightly at its center, and, once it has been tied, it cannot be easily untied. Therefore, it involves a message,I hope that the same thing will not occur in the future,to be used on wedding, get-well visits, funerals and so on.

 

Chō-musubi (bottom right figure)

This way of tying is easy to untie the knot and tie it again, and therefor involves a message,I hope it will occur again and again.” Therefore, this is used on celebrations such as entrance into a school, promotion, birth and so on.


Awaji-musubi (left figure)

In case of this tying, when both ends of Mizuhiki are pulled, the knot is tied even more tightly. Since this Awaji-musubi is as difficult to untie as Musubi-kiri, and further, uses a more complicated knotting than Musubi-kiri, this involves a message, “I hope it will continue for a long and long time.” For this reason, this is used for celebrating on wedding, rewarding for lessons and so on.



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

日本茶と信楽焼

滋賀県大津市に、中川誠盛堂茶舗という日本茶のお店があります。ここはお茶だけではなく、茶道具も豊富に取り揃えています。先日訪ねると、店主が茶道具を一つひとつ見せながら、興味深い話をしてくださいました。 お店に置いてある茶道具はすべて信楽焼で、陶芸家が山へ自ら足を運び、探してきた土で作るそうです。土を水につけ、何回も攪拌したり、透明な上澄みや、不要なものを取り出しながら、きめ細かな土「水簸(すいひ)土」を作ります。

この時に使う水は、田んぼの横を流れていて微生物がたくさんいるような水が良いとのことです。水簸土を使って茶器を焼くにあたり、陶芸家は実際にお茶を口にし、それに合った茶器を作るといいます。お茶は、育つ場所や標高によって味が異なるためです。

「おいしいお茶をいれるには、お茶に合った茶器と水を使うと良い」。店主はそうしめくくりました。

お茶













Japanese tea and Shigaraki ware

 

In Otsu City, Shiga Prefecture, there is a Japanese tea shop called Nakagawa Seisei-do Chaho, which is dealing in not only Japanese tea but also a lot of tea utensils. When I visited it the other day, the shop owner showed me the tea utensils one by one, and told me a lot of interesting stories about them. According to him, tea utensils in his shop are Shigaraki ware. To make them, Shigaraki-potters themselves enter the mountains to find the best clay, and then, they try to soak and dissolve the gotten clay in water, and by stirring it and taking out its clear layer and the unnecessary things repeatedly, get finer clay called Suihi-tsuchi (elutriated soil).

When making this Suihi-tsuchi, the best water for it is said to be the one which flows beside rice fields, including a lot of microorganisms. On the other hand, when baking tea-ware using Suihi-tsuchi, potters actually eat tea leaves and make tea-ware that suits the taste of tea, for the taste of tea varies depending on the place and altitude where the tea grows.

The shop owner ended his talk as following, “To make delicious tea, please use tea-ware and water which match the tea.”



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

有田焼の花赤

有田焼で有名な佐賀県有田町に赤絵町という場所があります。ここにはその地名**のとおり、赤い絵の具を専門に作り出す工房が集まっていて、有田焼には欠かせない花赤(はなあか)と呼ばれる赤い絵の具が作られています。

花赤という
という絵の具を作るためには、水を入れた大きな壺に鉄さび***を入れて、毎日、一日も欠かすことなく上澄みを入れ替え、10年ほどかけてナノサイズの細かい粒子に仕上げていく必要があるそうです。一つの色を作るのに10年もかけるとは、本当に凄いことだと思います。もっとも大切なのは粒子の細かさと純度だそうで、機械ではなく手作業ですることと、井戸水を使うことも代々守られているとのことです。

有田焼の赤。先人たちはこの色に何を映し出そうとしていたのか



花赤















Hana-aka* of Arita porcelain


There is an area called Akaemachi in Arita-cho, Saga Prefecture, which is famous for Arita porcelain. As its name** suggests, there are many workshops which specialize in producing red pigments in this area, and one of the most representative red pigments which they make is Hana-aka indispensable for Arita porcelain.
 


According to them, in order to make this pigment, Hana-aka, they put iron rust*** in a large jar filled with water, continue to replace the supernatant liquid generated in the jar every day, and change the iron rust into nano-sized fine particles over about 10 years. How amazing it needs ten years to make one color! Further, according to them, what is the most important is the fineness and purity of particles, and, in order to keep this, they have maintained not the mechanical work but manual, and the use of well water for generations. 

The red of Arita porcelain. What have the ancestors in Arita been intending to reflect in this color…?


 

Note:

*‘Hana’ in Hana-aka means ‘flowers’ and ‘aka’ means ‘red color’ in Japanese.

**’Akae’ in area name, Akae-machi, means ‘red pictures’ in Japanese.

***For example, rust of iron oxide.



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

比叡山延暦寺の浄土院

比叡山延暦寺の境内にある浄土院は、天台宗の開祖である最澄の御廟です。ここへたどり着くまでには、とてつもなく長い石段を下りなければなりません。

比叡山延暦寺
















ふと、思います。もしこの石段が、上り坂だったら…。

 

開祖が眠る場所が高いところにあれば、その足元を目指して、自分も高いところに行けるのでは…といった期待がふくらむかもしれません。


しかし、長い石段を下っていくと、何とも不思議な感じがしてきて、自我の意識がどんどん薄まっていくことに気づきます。


浄土院にたどりつくと、そこには静かな空間だけが待っています。そこでは、ただただ風を感じ、鳥の声を聴き、木の葉の揺れるようすに目を向けるだけです。

比叡山延暦寺



 













この忘我の時空間に、最澄の想いが生きているように思えて仕方ありません。




Jōdo-in of Hieizan Enryaku-ji Temple

Jōdo-in, located in the precincts of Hieizan Enryakuji Temple, is the mausoleum of Saichō, the founder of the Tendai sect. To reach there, we must go down an incredibly long stone staircase.

On the way, an idea flitted across my mind, if this stone staircase were up
….


If the place where the founder sleeps is in a high place, we would raise our expectation that, aiming at the founder’s virtue, we can get to a higher place.


However, as I got down the long stone staircase, I began to feel something mysterious and found my self-consciousness rapidly diminishing.

  

When I reached Jōdo-in, only a quiet space had awaited me. All I did there was only to feel the wind, listen to the birds, and look at the swaying leaves.

Then, I was deeply convinced that Saichō's thought was just alive in this space-time of self-effacement
.


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

比叡山延暦寺の横川中堂

比叡山延暦寺の横川エリアにある横川中堂は、京都の清水寺にある「清水の舞台」と同じ懸造(かけづくり)の建物として有名です。懸造とは、崖などの高低差が大きい土地に長い柱や貫で床下を固定し、その上に建物を築く建築様式です。

それにしてもなぜ、こんな不安定な場所に建てたのか。そういった疑問が私の中に湧きました。そこで理由を調べてみたら、この建物のモデルが「遣唐使船」だからと分かりました。そういった目で眺めると、高低差のある土地を、高い波が上下する海面に見立て、波に浮かぶ船の雰囲気を醸し出しているように見えてきます。 


命がけで学びに行くってすごいな、という気持ちにさせる、手の込んだメタファーです。なんだかものすごく大きな勇気をもらって、建物をあとにしました。
  


比叡山延暦寺




















Yokawa-chūdō-hall of Hieizan Enryaku-ji Temple


Yokawa-chūdō-hall, located in the Yokawa area of Hieizan Enryaku-ji Temple
*, is famous for its building in Kake-zukuri like ‘Kiyomizu no Butai’ (the stage of Kiyomizu) of Kiyomizu-dera Temple in Kyoto. Kake-zukuri is a building style which secures the underfloor using long pillars and crosspieces on the place with a large height difference like a cliff, and constructs a building on it.

By the way, why was this chūdō-hall built in such an unstable place? Such a question arose in me.

Then, I investigated the reason, and found that the model of this building was ‘Kentōshi-sen’ (the ship for envoy to Tang China during Nara and Heian periods). Looking at with such knowledge, to me, the ground with height difference looked like the surface of the sea with high waves going up and down, and at the same time, the building seemed to create a ship-like atmosphere floating in the waves of the sea.
Yokawa-chūdō-hall is just an elaborate metaphor, which makes us feel how courageous it was to go abroad to learn at the risk of life. Given immeasurable encouragement, I left the building.

Note:

*Hieizan Enryaku-ji Temple is the head temple of the Tendai sect of Japan located on Mt. Hiei between Kyoto City and Otsu City of Shiga Prefecture, which was opened by Saichō (767-822), a monk in the early Heian period.



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/27

日本人の特殊な感性について(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「日本人の特殊な感性」について書いた記事の一覧です。

日本人の特殊な感性について(目次)
2017/10/31 日本人の特性な感性について(目次)

エピステモロジー
2017/10/08 日本人と西洋人の歩み寄り

メタファー
2017/10/01 比叡山延暦寺の横川中堂
2017/10/05 水引きについて
2017/10/09 清らかな水にたとえた習い事

空間アンカー(covert version)
2017/10/02 比叡山延暦寺の浄土院

非整数次倍音
2017/10/03 有田焼の花赤
2017/10/04 日本茶と信楽焼
2017/10/07 日本人が好む付箋(ふせん)

シナスタジア
2017/10/06 玉砂利の道 

知覚ポジション
2017/10/10 花鏡「離見の見」について

英語ページ
2017/11/01 Yokawa-cyudo-hall of Hieizan Enryaku-ji Temple
2017/11/02 Jodo-in Hieizan Enryaku-ji Temple
2017/11/03 Hana-aka of Arita porcelain
2017/11/04 Japanese tea and Shigaraki ware
2017/11/05 Mizuhiki
2017/11/06 Pebble road (Tamajari no Michi)
2017/11/07 Fusen (Sticky Notes which Japanese people prefer)
2017/11/08 A mutual resonance Western and Japanese sensibilities
2017/11/09 清らかな水にたとえた習い事(英語)
2017/11/10 Zeami's “View of Riken” in Kakyo








金魚














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/08/27
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ