New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

−記事

Some examples of onomatopoeia in Japanese

Some examples of onomatopoeia in Japanese

Onomatopoeia in Japanese can be roughly divided into two sub-categories: giongo (擬音語, “sound-imitating expressions”) and gitaigo (擬態語, “state-depicting expressions”).

 

(Haruhiko Kindaichi, a Japanese linguist, has proposed a more detailed classification: giseigo (擬声語), giongo (擬音語), gitaigo (擬態語), giyougo (擬容語)and gijougo (擬情語)In this article, however, we will adopt a more general classification and focus on giongo and gitaigo.)

 

(1) giongo (“sound-imitating expressions”) … linguistic expressions that imitate sounds we hear in the natural world.
 

-     wan-wan (the barking of a dog)

-     nyah-nyah (the meowing of a cat)

-     kah-kah (the cawing of a crow)

-     chun-chun (the chirping of a sparrow)

-     kokekokkoh (the crowing of a cock)

-     ogyah (the crying of a baby)

-     zah-zah (the sound of pouring rain)

-     doki-doki (the sound of a heart pounding)

-     goku-goku (the sound when you drink water)

-     goro-goro (the sound of thunder)

-     gara-gara (the sound when you gargle)

-     peh (the sound when you spit)

-     gachan (the sound of hitting or breaking hard objects)

-     pata-pata (the sound of a cloth or wings flapping)

 

(2) gitaigo (“state-depicting expressions”) … linguistic expressions that depict states, manners, or movements of a person, animal, food, etc.

 

-     kira-kira (glittering)

-     pika-pika (shining)

-     tsuru-tsuru (slippery or smooth)

-     sara-sara (smooth and dry)

-     kyoro-kyoro (when you look around restlessly)

-     mochi-mochi (the texture of certain foods that are like mochi, the Japanese rice cake)

 

(3) linguistic expressions that have the characteristics of both giongo and gitaigo

 

don-don (adv.)

“To tramp on the floor don-don.” (the sound of tramping)

“You have improved your Japanese don-don. (the manner in which you have improved your linguistic skills, namely, at a rapid pace)

 

goro-goro (adv.)

“A wagon moves goro-goro. (the rattling sound the wagon makes)

“On weekends I hang around at home goro-goro.” (the manner in which you spend your day, namely, lying down, relaxed)


As we have seen, Japanese has various kinds onomatopoeia that are used naturally in daily conversations. Some think that onomatopoeia is one form of baby talk since adults often speak to babies using onomatopoeic expressions, such as “boo-boo” for cars, or “piipoh-piipoh” for ambulances. However, onomatopoeia is in fact a category of everyday language that vividly describes things and sounds in the natural world.

 

New Code NLP seeks to study the nature of onomatopoeia, employing the notion of synesthesia.



オノマトペにはどのようなものがあるか


日本語のオノマトペには、大きく分けて擬音語(ぎおんご)と擬態語(ぎたいご)があります。(言語学者の
金田一春彦氏は「擬声語」「擬音語」「擬態語」「擬容語」「擬情語」というより細かい分類を提案していますが、ここでは大雑把な分類を採用することとします)

 

1.擬音語:自然界の音や物音、人間や動物の声など、〈音〉を言語化したもの。

 ・わんわん(イヌの鳴き声)
 ・にゃあにゃあ(ネコの鳴き声)
 ・かあかあ(カラスの鳴き声)
 ・ちゅんちゅん(スズメの鳴き声)
 ・こけこっこー(ニワトリの鳴き声)
 ・おぎゃー(赤ちゃんの泣き声)
 ・ざあざあ(雨が激しく降る音)
 ・どきどき(心臓が激しく打つ音)
 ・ごくごく(液体を勢いよく飲む音)
 ・ごろごろ(雷が鳴る音)
 ・がらがら(うがいをするときの音)
 ・ぺっ(つばを吐く音)
 ・がちゃん(かたい物が勢いよくぶつかる音、または壊れる音)
 ・ぱたぱた(布などが軽く打ちつける音)


2.擬態語:人や物の〈状態〉〈動き〉〈ようす〉を言語化したもの。
 ・
きらきら(美しく輝くようす)
 ・ぴかぴか(つやがあって光っているさま)
 ・つるつる(表面が非常に滑らかなさま)
 ・さらさら(湿り気や粘り気がないさま)
 ・きょろきょろ(落ち着かないようすであたりを見まわすさま)
 ・もちもち(餅のように弾力性のあるさま)

 

3.擬音語と擬態語の両方の特徴をもつもの
 ・
どんどん
 「床に足音がどんどん鳴り響く」(足音という物の〈音〉を表す)
 「日本語がどんどん上手になる」(語学が上達する〈ようす〉を表す)

 ・
ごろごろ
 「台車の音がごろごろ鳴り響く」(台車という物の〈音〉を表す)
 「休日は家でごろごろしています」(身体を横にして過ごしている〈ようす〉を表す)

 

このように、日本語には多種多様なオノマトペがあり、日常会話でも自然に使われています。大人が幼児に話しかけるときにも用いられることが多く、たとえば車を「ぶーぶー」と呼んだり、救急車を「ピーポーピーポー」と呼んだりします。こうしたことからオノマトペを幼稚なことばと考えるむきもありますが、実際はそうではなく、自然界にあるものを感覚的にとらえたことばなのです。


ニューコードNLPでは、オノマトペという言語現象について、シナスタジア(共感覚)の観点からさらに考察していくことを課題としています。



きらきら













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

A Brief Note on: Onomatopoeia

A Brief Note on: Onomatopoeia

The word onomatopoeia comes from a French word onomatopee, which further originates from an ancient Greek word onomatopoiia.
 It is a compound of onoma- (“name”) and -poiein (“to make”). Put together, it basically means “word-making.”

 

In Japanese onomatopoeia refers to a category of expressions that describe various states or movements. In other words, it is a linguistic device by which we encode the sounds we hear in the natural world.

For example, zah-zah describes the sound of pouring rain, pota-pota the sound of dripping water, wan-wan the barking of a dog, kah-kah the cawing of a crow, etc. There are other examples, such as niko-niko (“smiling”) or waku-waku (“excited”), which do not imitate the sounds but the feelings or senses.Japanese makes use of lots of these onomatopoeias.


オノマトペという言葉について

「オノマトペ」という言葉は、フランス語の onomatopee(オノマトペ) からきています。さらにさかのぼると、古代ギリシャ語の onomatopoiia(オノマトポイーア)に由来します。これは、onoma(名前)と poiein(作る)という言葉が合わさったもので、「言葉を作る」という意味があります。

日本語においては、さまざまな状態や動きなどを表現した言葉をオノマトペと呼んでいます。おもに自然界にある音など、現実に聞こえる音を言語化したものです。

例えば、雨が降る音を「ざあざあ」、雫がたれる音を「ぽたぽた」、犬の鳴き声を「わんわん」、カラスの鳴き声を「かあかあ」などと表現します。このような現実に聞こえる音以外に、「にこにこ」や「わくわく」など感覚から生まれた表現としてのオノマトペもあります。

日本語は特にオノマトペが多く用いられる言語です。

傘と雨














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

On-yomi and Kun-yomi(2) Different parts of your brain are activated depending on whether you read kanji or kana

On-yomi and Kun-yomi(2) Different parts of your brain are activated depending on whether you read kanji or kana

 

Japanese has a very unique reading system as to how you read kanjiOn-yomi (音読み; “the Chinese-borrowed reading”) and kun-yomi (訓読み; “the original Japanese reading”). For example, 重 can be read in a variety of ways:


大(juu-dai, “significant”
複(juu-fuku, “overlapping”
複(chou-fuku, “overlapping”
ねる(kasa-ne-ru, “to pile up”
野さん(mi-e-no-san, “Mr. / Mrs. / Ms. Mieno”
松さん(shige-matsu-san, “Mr. / Mrs. / Ms. Shigematsu”

 

It is said that the Japanese writing system as it is now was established when kana was invented. Manyōgana, the use of kanji to represent the sound, such as 安 /a/, 加 /ka/, 散 /sa/, 多 /ta/, etc. gave birth to kana, the simpler characters that similarly represent the sound, such as あ /a/, か /ka/, サ /sa/, タ /ta/, etc. One of the characteristics of Japanese is the use of those two* different characters; kanji, which is a form of ideogram, and kana, a phonogram (*kana can be further divided into katakana and hiragana but that argument is omitted here).

 

Takeshi Yoro, a Japanese medical doctor, states that the brain of Japanese people functions in a unique way due to their peculiar linguistic system, namely, on-yomi and kun-yomi. When you read Japanese, the different part of your brain is activated depending on whether you are reading kanji or kana. This observation is confirmed by the medical case where a mild stroke causes some people to lose the ability to read kanji, while others to forget how to read kana.


音読みと訓読み(2)漢字と仮名は脳の部位が異なる

漢字の「音読み訓読み」は日本独特のものです。例えば、漢字の「重」という字があります。これは、さまざまな読み方ができます。


   大(じゅうだい)
   重複(じゅうふく)
   重複(ちょうふく)
   重ねる(かさねる)
   三野さん(みのさん)
   重松さん(しげまつさん)

いまの日本語表記体系が確立されたのは、仮名ができた頃だと言われています。万葉仮名が仮名になったわけです。表音文字である仮名と表意文字である漢字の両方を使い分けているのが日本語の特徴といわれています。

日本の医学者である養老孟子氏は、「音読み訓読み」という特殊な日本語によって、日本人は脳の特殊な使い方をするようになったといいます。ひとつの大きな特徴は、日本語の場合、脳内で漢字を読む場所と仮名を読むのに使う場所が違う点にあります。軽い脳卒中になったとき、漢字が読めなくなる患者さんと仮名が読めなくなる患者さんがいることでも、脳の部位が違うことがわかるそうです。


百人一首














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

On-yomi and Kun-yomi(1) Japanese and a language from the ancient mesopotamia

On-yomi and Kun-yomi(1) Japanese and a language from the ancient mesopotamia 


Japanese has a very unique reading system as to how you read kanjiOn-yomi (音読み; “the Chinese-borrowed reading”) and kun-yomi (訓読み; “the original Japanese reading”). This kind of phenomenon is very rare, but not necessarily an exclusive feature of Japanese. Dr. Haruhiko Kindaichi, a Japanese renowned linguist, has pointed out that the similar system is found in Akkadian, a language once spoken in the ancient Mesopotamia. To quote his observation:

 

“In Japanese 春風 can be read as either harukaze or shumpu, while in Korean it is read as Chunfon, a reading borrowed from Chinese. In Japanese春 can be read as shun or haru. […] The thing is that these two readings have nothing in common. This kind of reading system is very rare and nowhere else to be seen in today’s languages. If you go back in time, however, you find one in Asia Minor. In that region once lived a people called Sumerian before common era, who had an exceptional culture. They invented the so-called “cuneiform characters,” which were then exported to the Akkadian Empire, where the people started using them to record their national language.” (Kindaichi 1988, p.28ff.)

 

Akkadian is a language used in the ancient Mesopotamia, whose speakers have left us with materials written from c. 3500 BCE to the first century BCE. This language also had two different readings of a character; a reading borrowed from a foreign language, and a reading based on their native language. The former corresponds to on-yomi in Japanese, while the latter to kun-yomi. We can infer from this that “one character, two readings” may not be exclusively unique to Japanese, but could be a universal phenomenon. It is interesting that Kindaichi refers to Akkadian as a language that has a similar feature to Japanese.

 

Reference

Kindaichi, Haruhiko (1988) Japanese: New Edition, Volume 2. Iwanami-Shoten.



音読みと訓読み(1)日本語と古代メソポタミアの言語

日本語の「音読み・訓読み」は、世界的に見て非常にめずらしいものです。しかし、これは唯一無二のものではなく、古代メソポタミアで話されていたアッカド語にその例があることを日本の言語学者である金田一春彦氏は指摘しています。金田一氏の言葉を以下にそのまま記載します:


日本では「春風」と書いて「ハルカゼ」とも「シュンプウ」とも読むが、韓国では「チュンフォン」と読み、これは中国から韓国へ入った読み方だ。「春」という字は、日本では「シュン」とも読むが、「ハル」とも読む。……(中略)……そしてこの、ハル haru、シュン shun のあいだには全く共通点がない。このような言語体系は現在、日本以外にはどこにも見当たらない、大変めずらしいことである。もっとも今の世界にはほかにないが、歴史をさかのぼってみると、紀元前にはあったという。小アジアで紀元前の昔、シュメール人というすぐれた文化を誇った民族があって、楔形文字という文字を使っていた。その文字をアッカド帝国というところで借りて自分の国語の表記に使ったのがその例である。(金田一春彦(1988)『日本語 新版(下)』岩波書店より)

アッカド語は古代メソポタミアの言語で、紀元前3000年半ばから紀元前1世紀までの資料が現存しています。このアッカド語にも、自国での読みと外国語での読みという「音読み・訓読み」があったということです。同じ言葉を違う読み方をするという日本語の表記法に見られる特徴が、日本語だけの特殊なものではなく、何か普遍的な文脈を持つ可能性があります。金田一氏が、日本語と同じような傾向性のあるアッカド語について言及しているのは興味深いことです。 


シュメール人













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

オノマトペにはどのようなものがあるか

オノマトペにはどのようなものがあるか

日本語のオノマトペには、大きく分けて擬音語(ぎおんご)と擬態語(ぎたいご)があります。(言語学者の
金田一春彦氏は「擬声語」「擬音語」「擬態語」「擬容語」「擬情語」というより細かい分類を提案していますが、ここでは大雑把な分類を採用することとします)

 

1.擬音語:自然界の音や物音、人間や動物の声など、〈音〉を言語化したもの。

 ・わんわん(イヌの鳴き声)
 ・にゃあにゃあ(ネコの鳴き声)
 ・かあかあ(カラスの鳴き声)
 ・ちゅんちゅん(スズメの鳴き声)
 ・こけこっこー(ニワトリの鳴き声)
 ・おぎゃー(赤ちゃんの泣き声)
 ・ざあざあ(雨が激しく降る音)
 ・どきどき(心臓が激しく打つ音)
 ・ごくごく(液体を勢いよく飲む音)
 ・ごろごろ(雷が鳴る音)
 ・がらがら(うがいをするときの音)
 ・ぺっ(つばを吐く音)
 ・がちゃん(かたい物が勢いよくぶつかる音、または壊れる音)
 ・ぱたぱた(布などが軽く打ちつける音)


2.擬態語:人や物の〈状態〉〈動き〉〈ようす〉を言語化したもの。
 ・
きらきら(美しく輝くようす)
 ・ぴかぴか(つやがあって光っているさま)
 ・つるつる(表面が非常に滑らかなさま)
 ・さらさら(湿り気や粘り気がないさま)
 ・きょろきょろ(落ち着かないようすであたりを見まわすさま)
 ・もちもち(餅のように弾力性のあるさま)

 

3.擬音語と擬態語の両方の特徴をもつもの
 ・
どんどん
 「床に足音がどんどん鳴り響く」(足音という物の〈音〉を表す)
 「日本語がどんどん上手になる」(語学が上達する〈ようす〉を表す)

 ・
ごろごろ
 「台車の音がごろごろ鳴り響く」(台車という物の〈音〉を表す)
 「休日は家でごろごろしています」(身体を横にして過ごしている〈ようす〉を表す)

 

このように、日本語には多種多様なオノマトペがあり、日常会話でも自然に使われています。大人が幼児に話しかけるときにも用いられることが多く、たとえば車を「ぶーぶー」と呼んだり、救急車を「ピーポーピーポー」と呼んだりします。こうしたことからオノマトペを幼稚なことばと考えるむきもありますが、実際はそうではなく、自然界にあるものを感覚的にとらえたことばなのです。


ニューコードNLPでは、オノマトペという言語現象について、シナスタジア(共感覚)の観点からさらに考察していくことを課題としています。


 

Some examples of onomatopoeia in Japanese

Onomatopoeia in Japanese can be roughly divided into two sub-categories: giongo (擬音語, “sound-imitating expressions”) and gitaigo (擬態語, “state-depicting expressions”).

 

(Haruhiko Kindaichi, a Japanese linguist, has proposed a more detailed classification: giseigo (擬声語), giongo (擬音語), gitaigo (擬態語), giyougo (擬容語), and gijougo (擬情語). In this article, however, we will adopt a more general classification and focus on giongo and gitaigo.)

 

(1) giongo (“sound-imitating expressions”) … linguistic expressions that imitate sounds we hear in the natural world.
 

-     wan-wan (the barking of a dog)

-     nyah-nyah (the meowing of a cat)

-     kah-kah (the cawing of a crow)

-     chun-chun (the chirping of a sparrow)

-     kokekokkoh (the crowing of a cock)

-     ogyah (the crying of a baby)

-     zah-zah (the sound of pouring rain)

-     doki-doki (the sound of a heart pounding)

-     goku-goku (the sound when you drink water)

-     goro-goro (the sound of thunder)

-     gara-gara (the sound when you gargle)

-     peh (the sound when you spit)

-     gachan (the sound of hitting or breaking hard objects)

-     pata-pata (the sound of a cloth or wings flapping)

 

(2) gitaigo (“state-depicting expressions”) … linguistic expressions that depict states, manners, or movements of a person, animal, food, etc.

 

-     kira-kira (glittering)

-     pika-pika (shining)

-     tsuru-tsuru (slippery or smooth)

-     sara-sara (smooth and dry)

-     kyoro-kyoro (when you look around restlessly)

-     mochi-mochi (the texture of certain foods that are like mochi, the Japanese rice cake)

 

(3) linguistic expressions that have the characteristics of both giongo and gitaigo

 

don-don (adv.)

“To tramp on the floor don-don.” (the sound of tramping)

“You have improved your Japanese don-don. (the manner in which you have improved your linguistic skills, namely, at a rapid pace)

 

goro-goro (adv.)

“A wagon moves goro-goro. (the rattling sound the wagon makes)

“On weekends I hang around at home goro-goro.” (the manner in which you spend your day, namely, lying down, relaxed)


As we have seen, Japanese has various kinds onomatopoeia that are used naturally in daily conversations. Some think that onomatopoeia is one form of baby talk since adults often speak to babies using onomatopoeic expressions, such as “boo-boo” for cars, or “piipoh-piipoh” for ambulances. However, onomatopoeia is in fact a category of everyday language that vividly describes things and sounds in the natural world.

 

New Code NLP seeks to study the nature of onomatopoeia, employing the notion of synesthesia.


きらきら














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

オノマトペという言葉について

「オノマトペ」という言葉は、フランス語の onomatopee(オノマトペ) からきています。さらにさかのぼると、古代ギリシャ語の onomatopoiia(オノマトポイーア)に由来します。これは、onoma(名前)と poiein(作る)という言葉が合わさったもので、「言葉を作る」という意味があります。

日本語においては、さまざまな状態や動きなどを表現した言葉をオノマトペと呼んでいます。おもに自然界にある音など、現実に聞こえる音を言語化したものです。

例えば、雨が降る音を「ざあざあ」、雫がたれる音を「ぽたぽた」、犬の鳴き声を「わんわん」、カラスの鳴き声を「かあかあ」などと表現します。このような現実に聞こえる音以外に、「にこにこ」や「わくわく」など感覚から生まれた表現としてのオノマトペもあります。

日本語は特にオノマトペが多く用いられる言語です。


A Brief Note on: Onomatopoeia 


The word onomatopoeia comes from a French word onomatopee, which further originates from an ancient Greek word onomatopoiia.
It is a compound of onoma- (“name”) and -poiein (“to make”). Put together, it basically means “word-making.”

 

In Japanese onomatopoeia refers to a category of expressions that describe various states or movements. In other words, it is a linguistic device by which we encode the sounds we hear in the natural world.

For example, zah-zah describes the sound of pouring rain, pota-pota the sound of dripping water, wan-wan the barking of a dog, kah-kah the cawing of a crow, etc. There are other examples, such as niko-niko (“smiling”) or waku-waku (“excited”), which do not imitate the sounds but the feelings or senses.Japanese makes use of lots of these onomatopoeias.

傘と雨














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

音読みと訓読み(2)漢字と仮名は脳の部位が異なる

漢字の「音読み訓読み」は日本独特のものです。例えば、漢字の「重」という字があります。これは、さまざまな読み方ができます。

   大(じゅうだい)
   重複(じゅうふく)
   重複(ちょうふく)
   重ねる(かさねる)
   三野さん(みのさん)
   重松さん(しげまつさん)

いまの日本語表記体系が確立されたのは、仮名ができた頃だと言われています。万葉仮名が仮名になったわけです。表音文字である仮名と表意文字である漢字の両方を使い分けているのが日本語の特徴といわれています。

日本の医学者である養老孟子氏は、「音読み訓読み」という特殊な日本語によって、日本人は脳の特殊な使い方をするようになったといいます。ひとつの大きな特徴は、日本語の場合、脳内で漢字を読む場所と仮名を読むのに使う場所が違う点にあります。軽い脳卒中になったとき、漢字が読めなくなる患者さんと仮名が読めなくなる患者さんがいることでも、脳の部位が違うことがわかるそうです。


On-yomi and Kun-yomi(2) Different parts of your brain are activated depending on whether you read kanji or kana

 

Japanese has a very unique reading system as to how you read kanji: On-yomi (音読み; “the Chinese-borrowed reading”) and kun-yomi (訓読み; “the original Japanese reading”). For example, can be read in a variety of ways:


大(juu-dai, “significant”
複(juu-fuku, “overlapping”
複(chou-fuku, “overlapping”
ねる(kasa-ne-ru, “to pile up”
野さん(mi-e-no-san, “Mr. / Mrs. / Ms. Mieno”
松さん(shige-matsu-san, “Mr. / Mrs. / Ms. Shigematsu”

 

It is said that the Japanese writing system as it is now was established when kana was invented. Manyōgana, the use of kanji to represent the sound, such as /a/, /ka/, /sa/, /ta/, etc. gave birth to kana, the simpler characters that similarly represent the sound, such as /a/, /ka/, /sa/, /ta/, etc. One of the characteristics of Japanese is the use of those two* different characters; kanji, which is a form of ideogram, and kana, a phonogram (*kana can be further divided into katakana and hiragana but that argument is omitted here).

 

Takeshi Yoro, a Japanese medical doctor, states that the brain of Japanese people functions in a unique way due to their peculiar linguistic system, namely, on-yomi and kun-yomi. When you read Japanese, the different part of your brain is activated depending on whether you are reading kanji or kana. This observation is confirmed by the medical case where a mild stroke causes some people to lose the ability to read kanji, while others to forget how to read kana.


百人一首














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

音読みと訓読み(1)日本語と古代メソポタミアの言語

日本語の「音読み・訓読み」は、世界的に見て非常にめずらしいものです。しかし、これは唯一無二のものではなく、古代メソポタミアで話されていたアッカド語にその例があることを日本の言語学者である金田一春彦氏は指摘しています。金田一氏の言葉を以下にそのまま記載します:


日本では「春風」と書いて「ハルカゼ」とも「シュンプウ」とも読むが、韓国では「チュンフォン」と読み、これは中国から韓国へ入った読み方だ。「春」という字は、日本では「シュン」とも読むが、「ハル」とも読む。……(中略)……そしてこの、ハル haru、シュン shun のあいだには全く共通点がない。このような言語体系は現在、日本以外にはどこにも見当たらない、大変めずらしいことである。もっとも今の世界にはほかにないが、歴史をさかのぼってみると、紀元前にはあったという。小アジアで紀元前の昔、シュメール人というすぐれた文化を誇った民族があって、楔形文字という文字を使っていた。その文字をアッカド帝国というところで借りて自分の国語の表記に使ったのがその例である。(金田一春彦(1988)『日本語 新版(下)』岩波書店より)

アッカド語は古代メソポタミアの言語で、紀元前3000年半ばから紀元前1世紀までの資料が現存しています。このアッカド語にも、自国での読みと外国語での読みという「音読み・訓読み」があったということです。同じ言葉を違う読み方をするという日本語の表記法に見られる特徴が、日本語だけの特殊なものではなく、何か普遍的な文脈を持つ可能性があります。金田一氏が、日本語と同じような傾向性のあるアッカド語について言及しているのは興味深いことです。


On-yomi and Kun-yomi(1) Japanese and a language from the ancient mesopotamia 


Japanese has a very unique reading system as to how you read kanji: On-yomi (音読み; “the Chinese-borrowed reading”) and kun-yomi (訓読み; “the original Japanese reading”). This kind of phenomenon is very rare, but not necessarily an exclusive feature of Japanese. Dr. Haruhiko Kindaichi, a Japanese renowned linguist, has pointed out that the similar system is found in Akkadian, a language once spoken in the ancient Mesopotamia. To quote his observation:

 

“In Japanese 春風 can be read as either harukaze or shumpu, while in Korean it is read as Chunfon, a reading borrowed from Chinese. In Japanese can be read as shun or haru. […] The thing is that these two readings have nothing in common. This kind of reading system is very rare and nowhere else to be seen in today’s languages. If you go back in time, however, you find one in Asia Minor. In that region once lived a people called Sumerian before common era, who had an exceptional culture. They invented the so-called “cuneiform characters,” which were then exported to the Akkadian Empire, where the people started using them to record their national language.” (Kindaichi 1988, p.28ff.)

 

Akkadian is a language used in the ancient Mesopotamia, whose speakers have left us with materials written from c. 3500 BCE to the first century BCE. This language also had two different readings of a character; a reading borrowed from a foreign language, and a reading based on their native language. The former corresponds to on-yomi in Japanese, while the latter to kun-yomi. We can infer from this that “one character, two readings” may not be exclusively unique to Japanese, but could be a universal phenomenon. It is interesting that Kindaichi refers to Akkadian as a language that has a similar feature to Japanese.

 

Reference

Kindaichi, Haruhiko (1988) Japanese: New Edition, Volume 2. Iwanami-Shoten.

 


シュメール人













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/16

日本語の特質について(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「日本語の特質」について書いた記事の一覧です。

日本語の特質について(目次)
2019/05/01 日本語について(目次)

日本語の音読みと訓読みについて
2019/06/01 音読みと訓読み(1)日本語と古代メソポタミアの言語
2019/06/02 音読みと訓読み(2)漢字と仮名は脳の部位が異なる

日本語のオノマトペについて
2019/06/03 オノマトペという言葉について
2019/06/04 オノマトペにはどのようなものがあるか 

日本語とメタファー
2017/10/09 清らかな水にたとえた習い事

English Page
2019/07/01 On-yomi and Kun-yomi(1) Japanese and a language from the ancient mosopotamia
2019/07/02 On-yomi and Kun-yomi(2) Different parts of your brain are activated depending on whether you read kanji or kana
2019/07/03 A Brief Note on: Onomatopeia
2019/07/04 Some examples of onomatopoeia in Japanese
2019/11/10 Osarai: the Japanese art of learning


初詣
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/08/16

Zeami's “View of Riken” in Kakyo

“Kakyo”, one of the most representative Noh theories written by Zeami, a Noh performer, in the middle of the Muromachi period, is a development of his first Noh theory, “Fushikaden”, which he wrote based on the teachings of his father, Kan’ami, and it is a collection of Noh theories that he had learned and established for about 20 years since he was 40 years old. This Noh theory had been written step by step until Oei 31 (1424), and finally was handed down Kanze Motomasa, his eldest son, as a secret. Kakyo’s final chapter particularly called ‘Oku-no-dan’ (final chapter) where is stated “Don't forget your original intention” as the heart of Noh performing, is valued as the essence of Zeami's Noh theory.

 

The below is a part of “Kakyo”.

 

Kakyo(excerpt) ―English translation―
……
And, for Noh-dance, there is an word, Mokuzen-shingo. What it means is “Keep your eyes forward and place your mind behind”.……The performer’s figure seen from Kensho (the audience seat watching Noh) is my Riken (the objective view of the performer from the audience). Accordingly, what the performer see by his own eyes is Gaken (the subjective view of the performer on his own eyes), not Riken. The way to see on view of Riken is the view of Kensho-doshin (the way to see with the same mind as the audience in kensyo). Then, the performer grasps his own figure firmly.……But, Riken is not enough yet. Unless being conscious of his own back view, the performer cannot recognize his performance’s vulgarity. Therefore, by being based on the objective view of Riken, the performer should get to Kensho-doken (to see with the same eyes as the audience), and furthermore, by grasping even Fugyumoku (what cannot be seen with the naked eye) with his mind's eyes, his entire figure should reveal a subtle and profound world. This is exactly what is meant by “Place your mind behind”.……


花鏡「離見の見」について


室町時代中期の能楽論書のひとつである花鏡(かきょう)は、能楽師の世阿弥(ぜあみ)が父親である観阿弥(かんあみ)の教えに基づいて書いた最初の能楽論「風姿花伝」(ふうしかでん)を発展させ、40歳の頃からおよそ二十年の間に、自らが体得し、開拓し得た芸術論を集成したものです。この能楽論書は、応永三十一年(1424年)までに段階的に書き連ねたのち、長男の観世元雅(かんぜもとまさ)に秘伝として授けました。とくに「奥段」と呼ばれる最後の段は、芸の奥義として「初心忘るべからず」と記され、世阿弥の芸能論の神髄と評されています

花鏡の一部をご紹介します。

花鏡(原文)
また舞に、目前心後といふことあり。目を前に見て、心を後ろに置けとなり。見所より見る所の風姿は、我が離見なり。しかればわが眼の見るところは、我見なり。離見の見にはあらず。離見の見にて見るところは、すなはち見所同心の見なり。その時は、我が姿を見特するなり。後ろ姿を覚えねば、姿の俗なるところをわきまえず。さるほどに離見の見にて見所同見となりて、不及目(ふぎょうもく)の身所まで見智して、五体相応の幽姿をなすべし。これすなわち、「心を後ろに置く」にてあらずや。

花鏡(口語訳)
舞には「目前心後」という言葉がある。目を前に心を後ろに置けということである。見所(能を見る客席)から見る姿こそ、私の「離見」である。よって、自分の目で見ているものは「我見」である。それは「離見の見」ではない。「離見の見」という見方はすなわち、見所と同じ心で見ることである。その時は、自分の姿をしっかりとらえている。舞う後ろ姿を確認しなければ、芸の低さを認識できない。だからこそ「離見の見」すなわち見所の見という客観的な目で、目の届かないところまで見てこそ、体全体が幽玄の世界をあらわす。これはすなわち「心を後ろに置く」ということである。

能楽

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/27

Osarai: the Japanese art of learning

御神楽









When you learn traditional Japanese arts such as flower arrangement or tea ceremony, or even in a classroom at school, you will hear the teachers and students use a phrase osarai (おさらい).

 

O- is a prefix you add to certain nouns when you want to sound polite, and -sarai is a noun that derives from a verb, sarau, which basically means to make water clean by removing mud or dust inside so that it flows smoothly.

 

This beautiful imagery of letting water flow smoothly has given birth to a metaphorical meaning: osarai is to practice earnestly so that you can let what your teacher or master taught you “flow” out of you smoothly. 

川












日本では、お稽古ごとをするときに、おさらい(御浚い)という言葉を使います。

「お(御)」は丁寧語、「さらい(浚い)」は動詞を名詞化したもので、もともとは、池や川の底にある泥やごみをとりのぞき、水を綺麗にしたり流れをよくしたりすることを意味します。

これが転じて、お稽古ごとで師匠から教わったことを自分の中からさらさらと流れ出るようになるまで修練する意味になりました。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/29

清らかな水にたとえた習い事

御神楽









日本では、お稽古ごとをするときに、おさらい(御浚い)という言葉を使います。

「お(御)」は丁寧語、「さらい(浚い)」は動詞を名詞化したもので、もともとは、池や川の底にある泥やごみをとりのぞき、水を綺麗にしたり流れをよくしたりすることを意味します。

これが転じて、お稽古ごとで師匠から教わったことを自分の中からさらさらと流れ出るようになるまで修練する意味になりました。

川












Osarai: the Japanese art of learning

When you learn traditional Japanese arts such as flower arrangement or tea ceremony, or even in a classroom at school, you will hear the teachers and students use a phrase osarai (おさらい).

 

O- is a prefix you add to certain nouns when you want to sound polite, and -sarai is a noun that derives from a verb, sarau, which basically means to make water clean by removing mud or dust inside so that it flows smoothly.

 

This beautiful imagery of letting water flow smoothly has given birth to a metaphorical meaning: osarai is to practice earnestly so that you can let what your teacher or master taught you “flow” out of you smoothly. 



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/29
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ