New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

−記事

脳の機能における「音の削除」

こんにちは。ニューコードNLPスクール代表の中島志保です。

私はセミナー講師の仕事で先週末から東京に滞在しています。今回はヴィラフォンテーヌ東京汐留というホテルに宿泊しています。スタイリッシュな空間とスタッフの方々の温かいおもてなしで迎えてくれる快適なホテルです。

しかしひとつ問題がありました。私が案内された客室は窓の下に新幹線や在来線の列車が通る線路が何本もあり、それらが通過するたびにガタ〜ンゴト〜ンガタ〜ンゴト〜ンという音がして、室内にいるととても気になりました。チェックインをした際にフロントの方にお部屋の変更をお願いしたのですが、あいにく満室ということで仕方なく音がする部屋に滞在することになりました。

ホテルの客室から見た外のようす
__















ところが翌日になると、『あれっ!?電車の音がしない!?』と思いました。おかしいなと思って窓の外を見ると、昨日と同じく新幹線や列車が切れ目なく通過しています。

私は、私の耳が電車の音を削除していることに気づきました。

      ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

私たちのまわりには、無数の音が存在しています。そして私たちは、その無数の音の中から「聞きたい音だけを拾って聞く」という能力をもっています。これは聴覚器官自身が取捨選択しているのではなく、聴覚器官に送り込まれた音の情報を脳が経験をもとに判断し、その音を認識するかしないか無意識に聴き分けているということです。ですから、普段生活している空間で、エアコンや冷蔵庫の音、あるいは窓の外から聞こえる車や電車の音が、特別に不愉快な音だと思わなければ、脳がその音を削除して、いつの間にか気にならなくなるのです。

このように、ある刺激が繰り返し提示されるなかでその刺激に対する反応が徐々に見られなくなっていく現象を、馴化(じゅんか)、英語でハビチュエーションHabituation)と呼んでいます。

聴覚














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/26

言語スキル「メタモデル」とその後継モデルについて

ニューコードNLPのおもな言語スキル:
 ◎メタモデル(The Meta-model)
 ◎バーバル・パッケージ(The Verbal Package)
 ◎明確モデル(The Precision Model)
 ◎ファーリー挑発モデル(The Farrelley provocations)

歴史的に、最初のNLPのモデルは「メタモデル」です。メタモデルは、私たち(ジョン・グリンダーとカルメン・ボスティック・サンクレア)の知る限り、人類のために作られた最初の完全な言語限定モデルです。限定モデルという表現で、私たちは、情報の受け手が情報の提供者に対して、その話の内容で何を意図しているかを具体的な言葉で短時間のうちに効果的に限定する能力を言及します。またこの方法により、言語のやり取りに適用している共同体のメンバーの内的地図は自然に整合させるようになります。これらの内的地図は共同体のメンバーによって示される行動の源です。


バーバル・パッケージは、内容とは無関係に、すべての言語的コミュニケーションにおいて、欠如していて不適切に限定されている要素を特定し、異議申し立てを行う統語的方法です。その目的は、言語行動によって、削除されている要素を回復し、人々の言語表現に必然的に含まれている思考とマッピング・パターンの構造の異議申し立てを行うことにあります。さらに簡単に言うと、メタモデルのポイントは、言語的表出を、それらの表現が参照しているとされている経験に再結合させることにあります。このことは、言語パターンの中に生成される統語的な構造を明確にして、精密な質問形式を通じて、情報源から話し手の内的地図の欠如していて貧弱に限定されている要素を引き出し、それらを具体的なものにすることで達成されます。

メタモデルは1970年代の初めから半ばにかけてジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって生み出されました。これには、ジョン・グリンダーとマイクマックマスターの「明確モデル」(1980年)と、特にビジネスの状況に応用する目的で作られたカルメン・ボスティックとジョン・グリンダーの「バーパルパッケージ」の2つの後継モデルがあります。これらのメタモデルの後継モデルは、オリジナルのメタモデルを単純化したものであり、この中で最も基本的なものはバーバル・バッケージです。

 

Language skills: Meta model / precision / verbal package / Farrelley provocations

Historically,
the first model of NLP was the meta-model. The meta-model is, to the best of ourknowledge, the first complete verbal specification modelcreared for our species. By specification model, we are referring to the ability of a person receiving information toquickly and effectively get the provider of the information to groundor specifywhat they intend by what theysay−in concrete terms. This method leads naturally to analignment of the internal maps of the members of the company applying it totheir verbal exchanges. These internal maps are thesource of the behaviors displayed by the members of the company.

The Verbal Package uses a syntactic method for identifying and challenging the missing and inadequately specified elements in any verbal communication, independent of content. Its purpose is to recover deleted elements in verbal behavior and to challenge the structure of the thinking and mapping patterns implicit in what people say. More simply, the point of the meta-model is to reconnect the linguistic representations with the experiences that these utterances purport to refer to. This is accomplished by identifying the syntactic structures generated in the speech patterns and to insist through precise questioning that the source of the information extracts from his or her internal maps the missing and poorly specified elements and make them concrete.

The meta-model was created in the early and mid-1970s by John Grinder and Richard Bandler. It has two offspring: the Precision Model(1980)by John Grinder and Mike McMasters and the Verbal Package by Carmen Bostic and John Grinder with a special focus on application in business contexts. Each of successors to the meta-model represents a simplification of the original meta-model, the Verbal Package is the most radical of these simplifications.

John&Carmen













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/02 

Noam Chomsky and his Contributions in Linguistics


ノーム・チョムスキー










Noam Chomsky (1928 - ) is one of the most notable linguists in the 20th and 21st century. His study covers a wider area of research and thus he is called a philosopher and cognitive scientist as well. He is also known for his criticism against the government and the mass media, as well as for his anti-Vietnam war activism, which earned him more titles, social critic and political activist.

 

In this article, we will focus on his study in linguistics and introduce the theory he has stood for, together with some of the key words that characterize his achievement as a linguist.

 

Cognitive Revolution

In 1957, Chomsky published the monumental work, Syntactic Structure, which brought about the paradigm shift in the study of language. In fact, it changed the history of linguistics forever. Some calls this historic turn as the “Chomskyan revolution,” while Chomsky himself preferred the term “Cognitive revolution.” Researchers by that time had focused mainly on the study of behaviors, but their focus shifted to the study of internal mechanisms, such as reasoning or memories.

 

Linguistic Nativism vs. Linguistic Empiricism

There has been a continued argument regarding how human acquires language. Some advocates “innateness hypothesis” and claims that we acquire language based on our innate linguistic ability, while others try to explain the mystery of language acquisition with reference to the mechanism of learning in general. Chomsky supports the former, criticizing that the behavioristic approach could never provide satisfactory explanation.

 

Behaviorism is a systematic approach by which psychologists study behaviors of humans or animals that are objectively observable. The advocates pay particular attention to the mechanism of stimulus-response and disregard the workings of consciousness or memories that are subjective in nature. B. F. Skinner (1904 – 1990), an American psychologist, sought to explain how we acquire language, employing the behavioristic framework. He published Verbal Behavior in 1957to which Chomsky raised a criticism, pointing out that it is doubtful the approach taken by Skinner could fully explain the nature of language.

 

Plato’s Problem

In what way, then, behaviorism cannot explain the nature of language? Plato, an ancient Greek philosopher, took up a mystery regarding how babies acquire language, which came to be known as “Plato’s problem.” Infants are exposed to the showers of language uttered by their parents or anybody who speaks to them. This is how they acquire language. One problem, however, is that the linguistic inputs they are given often contain lots of grammatical errors or incomplete sentences. In other words, they are given only a limited quantity (and quality) of inputs, i.e., stimulus, from which they are supposed to develop their linguistic ability. Nevertheless, most of them will be able to speak without any problems and to create an endless number of sentences. How is it possible? The behavioristic approach, which focuses on the interplay of stimulus-response, cannot provide a satisfactory answer to the Plato’s problem.

 

Universal Grammar

Here is an answer proposed by Chomsky himself; infants are born with some knowledge of grammar equipped in their brain, and this makes it possible for them to develop their linguistic ability with no problem even if they are given only a limited quantity and quality of inputs. In other words, linguistic ability is not something that should be learned from scratch, but something that is innate and inherent in our brain. Chomsky claimed that we have this basic knowledge about grammar in our brain that is universal across all individual languages, whether it is Japanese, English, French, Sanskrit, or Afrikaans. This universal grammar is what makes it possible for us human to produce countless numbers of sentences.

 

Generative Grammar

The theory proposed by Chomsky came to be known as generative grammar. He insisted that we should distinguish between linguistic performance, the actual use of language, and linguistic competence, our ability to use language, and that linguists should studied the latter. In other words, he focused on the mechanism of how our brain “generates” sentences, based on our knowledge about grammar. He suggested that our linguistic knowledge is modular in nature, independent of other cognitive abilities, and that we have a mental organ that is responsible for producing language. Let us contrast this view with that of cognitive linguistics for clarification. Cognitive linguists argue that our linguistic ability shares the same mechanism with other modes of cognition, such as sight or hearing, and thus we should take into account the relationship between our linguistic ability and other cognitive functions if we are to study the nature of language. In contrast, those who advocate generative grammar insist that we should separate our linguistic ability from other modes of cognition for the proper study of language.

 

D-structure and S-structure

Generative grammar claims that in order to understand the essential structure, or the rules governing language, we should not just focus on the surface but should dig deeper. Here are two examples from Japanese:

 
(1) 喫茶店の主人が元町商店街で犯人らしき男を見たそうだ。
“The shopkeeper saw a man who could possibly be a suspect in the shopping arcade.”

(2) 
元町商店街で、犯人らしき男を、喫茶店の主人が見たそうだ。
“In the shopping arcade, a man who could possibly be a suspect, the shopkeeper saw.”

 

A native speaker of Japanese could tell instinctively that the first example represents the basic structure, from which the second was derived (the second example highlights the information regarding where the man was spotted, namely, “in the shopping arcade”). The first sentence is labeled as a D-structure, and the second, which has resulted from transformation of the first, is called S-structure (*1). In our brain exist the D-structure sentences that are created from our knowledge of grammar and lexicons, and after they undergo the process of transformation, various kinds of S-structure sentences are produced.

 

*1 Chomsky originally used the term deep structure and surface structure, but since they both have a metaphorical connotation, “profound” and “superficial,” he chose to do away with them and to use abstract and mechanical terms instead: D-structure and S-structure.

 

Chomsky’s Contribution

One of the most significant contributions made by Chomsky is that he established linguistics as legitimate science. Linguistics before him were mainly concerned with describing individual languages, classifying them into language families, and reconstructing proto-languages. Their ultimate goal was to bring back the original language, whatever that may be. This approach might be useful for classifying languages into certain groups based on their characteristics, but could not explain the mechanism of how our brain produces language and how we come to use it. In other words, the classical linguistics could not come any closer to the nature of humanity that is characterized by its unique ability to produce and use language. Chomsky, on the other hand, chose to focus not on the superficial diversity of language, but on our knowledge about grammar that is universal and inherent in all the languages. He then discovered that human language has a basic structural rule that governs the production of a countless number of various sentences by way of the transformational process.

 

The study of language, Chomsky claims, could lead us to a discovery of the principle that governs the structure and use of language, that is no historical coincidence but universal due to our biological necessity, and that ultimately arose from our unique mind as homo sapience.

 

Chomsky is now 93 years old (as of May 2022), and still vigorously publishing his opinions through essays or interviews, which are mainly about criticism of the government or suggestions for the society. As expressed in the title of his book in 2017, The Responsibility of Intellectuals, we can see that he is keenly aware of his responsibility as an intellectual. You can visit his website (https://chomsky.info) to learn more about him.

 

References (all in Japanese)

Chomsky, Noam (1975) Reflections on Language. Fontana. [translation by Inoue, Kazuko et al.]

Sakai, Kunihiro (2002) The Brain Science of Language: How Does Brain Produce Language? Chuko-Sinsho.

Nishihara, Tetsuo [ed.] (2012) Introduction to Linguistics. Asakura Shoten.

Nishimitsu, Yoshihiro [ed.] (1999) Introduction to English Studies. Kuroshio Shuppan.

Nishimura, Yoshiki [ed.] (2018) Cognitive Grammar I. Taishukan Shoten. 



ノーム・チョムスキーについて


ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky, 1928年〜)は、20世紀/21世紀を代表するアメリカの言語学者です。とは言っても、彼の研究テーマは幅広く、哲学者や認知科学者と称されることもあります。さらに、政府やマスメディアの大衆操作に対して批評をおこなっていることから社会批評家と呼ばれたり、ベトナム戦争の反対運動に参加していたことから政治活動家と呼ばれることもあります。


この記事では、チョムスキーの言語学者としての業績に注目し、いくつかのキーワードを取り上げながら、彼が提唱した言語理論について解説してゆきます。

 

認知革命

チョムスキーは、1957年に『統語構造(Syntactic Structures)』という書を発表し、言語学の世界にパラダイムシフトをもたらしました。この偉業は「チョムスキー革命」や「チョムスキー的転回」と呼ばれるほど、のちの言語研究が進む方向を決定づけることになりました。チョムスキー自身はこれを「認知革命」と呼んでおり、それまでの行動についての分析から思考や記憶などの内部メカニズムの探究へと、言語学の研究において重要な変化が起こったと述べています。

 

生得説と学習説

人間が自然と話すようになる言語の本質をめぐっては、認知科学を二分するほどの激しい論争がおこなわれています。一方の立場は「生得説」と呼ばれるもので、人間は生得的な言語の能力にもとづいて母語を獲得(acquisition)する、と考えます。もう一方は「学習説」と呼ばれる立場で、人が言語を操るようになる仕組みは後天的な学習(learning)のメカニズムにもとづいて説明できる、と考えます。チョムスキーは生得説の立場に立ち、学習説陣営による行動主義(behaviorism)的な説明には限界があると批判しました。

 

行動主義とは、客観的に観察することのできる行動のみを研究対象にするべきである、という心理学の一立場です。外から観察できる「刺激と反応」の関係に注目し、外から観察できない「意識」や「記憶」などは考察の対象外とされました。この行動主義的な考え方を拡張することで言語現象を説明しようとした心理学者にスキナー(B. F. Skinner, 1904年〜1990年)という人物がいます。チョムスキーは、このスキナーが著した『言語行動』という著作に対する評論の中で行動主義の限界を鋭く指摘し、その名を世に知らしめることとなりました。

 

プラトンの問題

では、チョムスキーが指摘した行動主義の限界とはどのようなものだったのでしょうか? ここに「プラトンの問題」として知られる、幼児の言語獲得にまつわる謎があります(古代ギリシャの哲学者プラトンが提起した問題であることから、このように呼ばれています)。幼児は、親や周囲の人々が発することばのシャワーを浴びながら言語を発達させていきます。しかし、幼児が耳にすることばは多くの言い間違いや不完全な文を含んでおり、限られた言語サンプルしか与えられていません。にも関わらず、なぜ人間はほとんど無限に近い数の文を話したり、理解したりできるようになるのでしょうか。周囲から受ける「刺激」は不十分であるにも関わらず、ほとんどの幼児は何の問題もなく言語を発達させてゆきます。「刺激と反応」の相互作用を重視する行動主義的なアプローチでは、このプラトンの問題に満足のゆく回答を与えることができないのです。

 

普遍文法(universal grammar)

このプラトンの問題に対して、チョムスキーは「幼児の脳にははじめから文法についての知識がある。だからこそ、彼らが耳にする言語の情報は不十分であるにもかかわらず、何の問題もなく言語が使えるようになるのだ」と考えました。すなわち、人間にとっての言語能力は全くゼロから学習されるのではなく、むしろ生得的なものであると主張したのです。人間が用いる言語には日本語、英語、フランス語、サンスクリット語、アフリカーンス語・・・など様々ありますが、これら個別言語すべてに共通する文法の知識として、チョムスキーは普遍文法(universal grammar)の存在を仮定しました。生得的に備わっている文法知識にもとづいて人間は文を生み出し、言語を運用していると考えたのです。

 

生成文法(generative grammar)

チョムスキーに始まる言語学の一派は、生成文法(generative grammar)という名で知られるようになりました。生成文法は、言語の本質を探究するにあたり、実際の言語の使用(linguistic performance)と言語能力(linguistic competence)をはっきりと区別し、後者を研究対象として取り扱いました。さまざまな文を生み出すことができる人間の言語能力、すなわち文法規則にしたがって文を “生成” する仕組みに注目したのです。そして、「言語の知識は、ほかの認知領域から独立したモジュール(module)ないし心的器官(mental organ)を構成する」という言語観を打ち立てました。すこし分かりにくいので、生成文法と対立する認知言語学(cognitive linguistics)の言語観と比較してみましょう。認知言語学は、「言語の知識は、ほかの認知領域(視覚や触覚など)とは切っても切り離せない関係にある。したがって、言語の本質は他の認知領域との関係を考慮にいれてはじめて、十分に解明することができる」と主張しています。それに対して生成文法は「言語はほかの認知領域から切り離して研究するべきだ」と考えたのです。誤解を恐れず単純化すれば、「言語を特別扱いすることによって、言語の本質に迫ろうとしている」というのが生成文法の基本的な立場だといえるでしょう。

 

D構造とS構造(D-structure and S-structure) 

生成文法では、言語の構造や法則というものを真に理解するためには、表面的な語のつながりだけを見ているのでは不十分で、そのもととなっている構造にも注目する必要があると考えられています。ここでの「表面的な語のつながり」と「そのもととなっている構造」について理解するために、二つの例文を取り上げてみましょう(『日英語対照による英語学概論』125頁より)

 
(1)喫茶店の主人が元町商店街で犯人らしき男を見たそうだ。
(2)元町商店街で、犯人らしき男を、喫茶店の主人が見たそうだ。

 

ここで、日本語母語話者であれば(1)が基本形であり、(2)はその基本形の語順を変えたものであるということが直感的に分かるでしょう。(2)は(1)と比べると「元町商店街で」という情報に強調が置かれているといえそうです。ここで、(1)から(2)への変形(transformation)が適用される前の(1)をD構造(D-structure)と呼び、変形が適用されたあとの(2)をS構造(S-structure)と呼びます(注1)。人間の脳内には、文法知識と語彙によって作られるD構造の文がまずあり、そこに変形の操作が加わることでさまざまなS構造の文ができあがるのです。

 

注1:チョムスキーはもともと、深層構造(deep structure)および表層構造(surface structure)という用語を用いていました。ですが、deepとsurfaceはそれぞれ「深遠な」と「浅薄な」という比喩的な意味をもっており、価値判断と結びつけられてしまうことがあったようです。そこでチョムスキーは誤解を招くこれらの表現を避け、それぞれの頭文字を取り、D-structureとS-structureという純粋に機械的な表現を採用するようになりました。

 

まとめ――チョムスキーの功績

チョムスキーの功績は、正式な科学(サイエンス)としての言語学の地位を確固たるものに築き上げたところにあると言えるでしょう。かつての言語学においては、英語、フランス語、ドイツ語、サンスクリット語・・・などの個別言語を記述し、それらを語族(language families)に分類し、かつて存在したであろうと推定される祖語(proto-language)を再構成する――そして最終的には、言語の起源へと至る――ことが目標とされていました。このようなアプローチでは、言語をそれぞれの特徴にしたがって分類することはできても、人間が言語を生み出し、使いこなせるようになる仕組みを解明することはできません。言い換えると、古典的な言語学では言語を生み出す人間の本質にまで迫ることができなかったのです。それに対してチョムスキーは、表面的な言語の多様性ではなく、あらゆる言語に内在する普遍的な文法知識に着目することで言語の本質に迫ろうとしました。そして、人間のことばには文の構造を決定する文法規則が存在することを発見し、その構造が多様に変形されることによって、無限とも思えるような文が産出されるということを明らかにしたのです。

 

「言語の構造と使用を支配している抽象的原理、すなわち、単なる歴史的偶然によるのではない、生物学的必然性に由来する普遍性を持ち、人間という種の精神的特質に発する原理を、言語研究によって見出すことができるかもしれないのである。」(『言語論――人間科学的省察』より)

 

90歳を超えたいまでも、チョムスキーは論考執筆やインタビューなどをつうじて発信を続けています。発信の内容はおもに政治批評や社会に対する提言などですが、これほど年齢を重ねても休まることがないのは、知識人としての使命に突き動かされてのことなのかも知れません(2017年にはThe Responsibility of Intellectuals『知識人の責任』という書籍も出版されています)。チョムスキーのこれまでの業績や最新の活動を知りたい方は、公式ウェブサイト(https://chomsky.info)を訪れてみてください。

 

参考文献

ノーム・チョムスキー[著]・井上和子他[訳](1979年)『言語論――人間科学的省察』 大修館書店

酒井邦嘉(2002年)『言語の脳科学 脳はどのようにことばを生みだすか』 中公新書

西原哲雄[編](2012年)『朝倉日英対照言語学シリーズ1 言語学入門』 朝倉書店

西光義弘[編](1999年)『日英語対照による英語学概論 増補版』 くろしお出版

西村義樹[編](2018年)『シリーズ認知言語学入門〈第4巻〉 認知文法論I』 大修館書店

 
〈ノート〉
「深層構造」および「表層構造」ということばは、誤解を招く表現(deepは「深遠な」、surfaceは「浅薄な」という比喩的意味で受け取られることがあった)であるとして、チョムスキー自身も使うのを控えるようになったようです。その代わりに「D構造」「S構造」というぼかした表現が採用されるようになったという経緯があります。(参考:『言語学入門』朝倉書店/『日英語対照による英語学概論 増補版』くろしお出版)



言語













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/28

ノーム・チョムスキーについて

ノーム・チョムスキー










ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky, 1928年〜)は、20世紀/21世紀を代表するアメリカの言語学者です。とは言っても、彼の研究テーマは幅広く、哲学者や認知科学者と称されることもあります。さらに、政府やマスメディアの大衆操作に対して批評をおこなっていることから社会批評家と呼ばれたり、ベトナム戦争の反対運動に参加していたことから政治活動家と呼ばれることもあります。


この記事では、チョムスキーの言語学者としての業績に注目し、いくつかのキーワードを取り上げながら、彼が提唱した言語理論について解説してゆきます。

 

認知革命

チョムスキーは、1957年に『統語構造(Syntactic Structures)』という書を発表し、言語学の世界にパラダイムシフトをもたらしました。この偉業は「チョムスキー革命」や「チョムスキー的転回」と呼ばれるほど、のちの言語研究が進む方向を決定づけることになりました。チョムスキー自身はこれを「認知革命」と呼んでおり、それまでの行動についての分析から思考や記憶などの内部メカニズムの探究へと、言語学の研究において重要な変化が起こったと述べています。

 

生得説と学習説

人間が自然と話すようになる言語の本質をめぐっては、認知科学を二分するほどの激しい論争がおこなわれています。一方の立場は「生得説」と呼ばれるもので、人間は生得的な言語の能力にもとづいて母語を獲得(acquisition)する、と考えます。もう一方は「学習説」と呼ばれる立場で、人が言語を操るようになる仕組みは後天的な学習(learning)のメカニズムにもとづいて説明できる、と考えます。チョムスキーは生得説の立場に立ち、学習説陣営による行動主義(behaviorism)的な説明には限界があると批判しました。

 

行動主義とは、客観的に観察することのできる行動のみを研究対象にするべきである、という心理学の一立場です。外から観察できる「刺激と反応」の関係に注目し、外から観察できない「意識」や「記憶」などは考察の対象外とされました。この行動主義的な考え方を拡張することで言語現象を説明しようとした心理学者にスキナー(B. F. Skinner, 1904年〜1990年)という人物がいます。チョムスキーは、このスキナーが著した『言語行動』という著作に対する評論の中で行動主義の限界を鋭く指摘し、その名を世に知らしめることとなりました。

 

プラトンの問題

では、チョムスキーが指摘した行動主義の限界とはどのようなものだったのでしょうか? ここに「プラトンの問題」として知られる、幼児の言語獲得にまつわる謎があります(古代ギリシャの哲学者プラトンが提起した問題であることから、このように呼ばれています)。幼児は、親や周囲の人々が発することばのシャワーを浴びながら言語を発達させていきます。しかし、幼児が耳にすることばは多くの言い間違いや不完全な文を含んでおり、限られた言語サンプルしか与えられていません。にも関わらず、なぜ人間はほとんど無限に近い数の文を話したり、理解したりできるようになるのでしょうか。周囲から受ける「刺激」は不十分であるにも関わらず、ほとんどの幼児は何の問題もなく言語を発達させてゆきます。「刺激と反応」の相互作用を重視する行動主義的なアプローチでは、このプラトンの問題に満足のゆく回答を与えることができないのです。

 

普遍文法(universal grammar

このプラトンの問題に対して、チョムスキーは「幼児の脳にははじめから文法についての知識がある。だからこそ、彼らが耳にする言語の情報は不十分であるにもかかわらず、何の問題もなく言語が使えるようになるのだ」と考えました。すなわち、人間にとっての言語能力は全くゼロから学習されるのではなく、むしろ生得的なものであると主張したのです。人間が用いる言語には日本語、英語、フランス語、サンスクリット語、アフリカーンス語・・・など様々ありますが、これら個別言語すべてに共通する文法の知識として、チョムスキーは普遍文法(universal grammar)の存在を仮定しました。生得的に備わっている文法知識にもとづいて人間は文を生み出し、言語を運用していると考えたのです。

 

生成文法(generative grammar

チョムスキーに始まる言語学の一派は、生成文法(generative grammar)という名で知られるようになりました。生成文法は、言語の本質を探究するにあたり、実際の言語の使用(linguistic performance)と言語能力(linguistic competence)をはっきりと区別し、後者を研究対象として取り扱いました。さまざまな文を生み出すことができる人間の言語能力、すなわち文法規則にしたがって文を生成する仕組みに注目したのです。そして、「言語の知識は、ほかの認知領域から独立したモジュール(module)ないし心的器官(mental organ)を構成する」という言語観を打ち立てました。すこし分かりにくいので、生成文法と対立する認知言語学(cognitive linguistics)の言語観と比較してみましょう。認知言語学は、「言語の知識は、ほかの認知領域(視覚や触覚など)とは切っても切り離せない関係にある。したがって、言語の本質は他の認知領域との関係を考慮にいれてはじめて、十分に解明することができる」と主張しています。それに対して生成文法は「言語はほかの認知領域から切り離して研究するべきだ」と考えたのです。誤解を恐れず単純化すれば、「言語を特別扱いすることによって、言語の本質に迫ろうとしている」というのが生成文法の基本的な立場だといえるでしょう。

 

D構造とS構造(D-structure and S-structure 

生成文法では、言語の構造や法則というものを真に理解するためには、表面的な語のつながりだけを見ているのでは不十分で、そのもととなっている構造にも注目する必要があると考えられています。ここでの「表面的な語のつながり」と「そのもととなっている構造」について理解するために、二つの例文を取り上げてみましょう(『日英語対照による英語学概論』125頁より)

 
(1)喫茶店の主人が元町商店街で犯人らしき男を見たそうだ。
(2)元町商店街で、犯人らしき男を、喫茶店の主人が見たそうだ。

 

ここで、日本語母語話者であれば(1)が基本形であり、(2)はその基本形の語順を変えたものであるということが直感的に分かるでしょう。(2)は(1)と比べると「元町商店街で」という情報に強調が置かれているといえそうです。ここで、(1)から(2)への変形(transformation)が適用される前の(1)をD構造(D-structure)と呼び、変形が適用されたあとの(2)をS構造(S-structure)と呼びます(注1)。人間の脳内には、文法知識と語彙によって作られるD構造の文がまずあり、そこに変形の操作が加わることでさまざまなS構造の文ができあがるのです。

 

注1:チョムスキーはもともと、深層構造(deep structure)および表層構造(surface structure)という用語を用いていました。ですが、deepsurfaceはそれぞれ「深遠な」と「浅薄な」という比喩的な意味をもっており、価値判断と結びつけられてしまうことがあったようです。そこでチョムスキーは誤解を招くこれらの表現を避け、それぞれの頭文字を取り、D-structureS-structureという純粋に機械的な表現を採用するようになりました。

 

まとめ――チョムスキーの功績

チョムスキーの功績は、正式な科学(サイエンス)としての言語学の地位を確固たるものに築き上げたところにあると言えるでしょう。かつての言語学においては、英語、フランス語、ドイツ語、サンスクリット語・・・などの個別言語を記述し、それらを語族(language families)に分類し、かつて存在したであろうと推定される祖語(proto-language)を再構成する――そして最終的には、言語の起源へと至る――ことが目標とされていました。このようなアプローチでは、言語をそれぞれの特徴にしたがって分類することはできても、人間が言語を生み出し、使いこなせるようになる仕組みを解明することはできません。言い換えると、古典的な言語学では言語を生み出す人間の本質にまで迫ることができなかったのです。それに対してチョムスキーは、表面的な言語の多様性ではなく、あらゆる言語に内在する普遍的な文法知識に着目することで言語の本質に迫ろうとしました。そして、人間のことばには文の構造を決定する文法規則が存在することを発見し、その構造が多様に変形されることによって、無限とも思えるような文が産出されるということを明らかにしたのです。

 

「言語の構造と使用を支配している抽象的原理、すなわち、単なる歴史的偶然によるのではない、生物学的必然性に由来する普遍性を持ち、人間という種の精神的特質に発する原理を、言語研究によって見出すことができるかもしれないのである。」(『言語論――人間科学的省察』より)

 

90歳を超えたいまでも、チョムスキーは論考執筆やインタビューなどをつうじて発信を続けています。発信の内容はおもに政治批評や社会に対する提言などですが、これほど年齢を重ねても休まることがないのは、知識人としての使命に突き動かされてのことなのかも知れません(2017年にはThe Responsibility of Intellectuals『知識人の責任』という書籍も出版されています)。チョムスキーのこれまでの業績や最新の活動を知りたい方は、公式ウェブサイト(https://chomsky.info)を訪れてみてください。

 

参考文献

ノーム・チョムスキー[著]・井上和子他[訳](1979年)『言語論――人間科学的省察』 大修館書店

酒井邦嘉(2002年)『言語の脳科学 脳はどのようにことばを生みだすか』 中公新書

西原哲雄[編](2012年)『朝倉日英対照言語学シリーズ1 言語学入門』 朝倉書店

西光義弘[編](1999年)『日英語対照による英語学概論 増補版』 くろしお出版

西村義樹[編](2018年)『シリーズ認知言語学入門〈第4巻〉 認知文法論I』 大修館書店

 
〈ノート〉
「深層構造」および「表層構造」ということばは、誤解を招く表現(deepは「深遠な」、surfaceは「浅薄な」という比喩的意味で受け取られることがあった)であるとして、チョムスキー自身も使うのを控えるようになったようです。その代わりに「D構造」「S構造」というぼかした表現が採用されるようになったという経緯があります。(参考:『言語学入門』朝倉書店/『日英語対照による英語学概論 増補版』くろしお出版)



Noam Chomsky and his Contributions in Linguistics


Noam Chomsky (1928 - ) is one of the most notable linguists in the 20th and 21st century. His study covers a wider area of research and thus he is called a philosopher and cognitive scientist as well. He is also known for his criticism against the government and the mass media, as well as for his anti-Vietnam war activism, which earned him more titles, social critic and political activist.

 

In this article, we will focus on his study in linguistics and introduce the theory he has stood for, together with some of the key words that characterize his achievement as a linguist.

 

Cognitive Revolution

In 1957, Chomsky published the monumental work, Syntactic Structure, which brought about the paradigm shift in the study of language. In fact, it changed the history of linguistics forever. Some calls this historic turn as the “Chomskyan revolution,” while Chomsky himself preferred the term “Cognitive revolution.” Researchers by that time had focused mainly on the study of behaviors, but their focus shifted to the study of internal mechanisms, such as reasoning or memories.

 

Linguistic Nativism vs. Linguistic Empiricism

There has been a continued argument regarding how human acquires language. Some advocates “innateness hypothesis” and claims that we acquire language based on our innate linguistic ability, while others try to explain the mystery of language acquisition with reference to the mechanism of learning in general. Chomsky supports the former, criticizing that the behavioristic approach could never provide satisfactory explanation.

 

Behaviorism is a systematic approach by which psychologists study behaviors of humans or animals that are objectively observable. The advocates pay particular attention to the mechanism of stimulus-response and disregard the workings of consciousness or memories that are subjective in nature. B. F. Skinner (1904 – 1990), an American psychologist, sought to explain how we acquire language, employing the behavioristic framework. He published Verbal Behavior in 1957, to which Chomsky raised a criticism, pointing out that it is doubtful the approach taken by Skinner could fully explain the nature of language.

 

Plato’s Problem

In what way, then, behaviorism cannot explain the nature of language? Plato, an ancient Greek philosopher, took up a mystery regarding how babies acquire language, which came to be known as “Plato’s problem.” Infants are exposed to the showers of language uttered by their parents or anybody who speaks to them. This is how they acquire language. One problem, however, is that the linguistic inputs they are given often contain lots of grammatical errors or incomplete sentences. In other words, they are given only a limited quantity (and quality) of inputs, i.e., stimulus, from which they are supposed to develop their linguistic ability. Nevertheless, most of them will be able to speak without any problems and to create an endless number of sentences. How is it possible? The behavioristic approach, which focuses on the interplay of stimulus-response, cannot provide a satisfactory answer to the Plato’s problem.

 

Universal Grammar

Here is an answer proposed by Chomsky himself; infants are born with some knowledge of grammar equipped in their brain, and this makes it possible for them to develop their linguistic ability with no problem even if they are given only a limited quantity and quality of inputs. In other words, linguistic ability is not something that should be learned from scratch, but something that is innate and inherent in our brain. Chomsky claimed that we have this basic knowledge about grammar in our brain that is universal across all individual languages, whether it is Japanese, English, French, Sanskrit, or Afrikaans. This universal grammar is what makes it possible for us human to produce countless numbers of sentences.

 

Generative Grammar

The theory proposed by Chomsky came to be known as generative grammar. He insisted that we should distinguish between linguistic performance, the actual use of language, and linguistic competence, our ability to use language, and that linguists should studied the latter. In other words, he focused on the mechanism of how our brain “generates” sentences, based on our knowledge about grammar. He suggested that our linguistic knowledge is modular in nature, independent of other cognitive abilities, and that we have a mental organ that is responsible for producing language. Let us contrast this view with that of cognitive linguistics for clarification. Cognitive linguists argue that our linguistic ability shares the same mechanism with other modes of cognition, such as sight or hearing, and thus we should take into account the relationship between our linguistic ability and other cognitive functions if we are to study the nature of language. In contrast, those who advocate generative grammar insist that we should separate our linguistic ability from other modes of cognition for the proper study of language.

 

D-structure and S-structure

Generative grammar claims that in order to understand the essential structure, or the rules governing language, we should not just focus on the surface but should dig deeper. Here are two examples from Japanese:

 
(1) 喫茶店の主人が元町商店街で犯人らしき男を見たそうだ。
“The shopkeeper saw a man who could possibly be a suspect in the shopping arcade.”

(2)
元町商店街で、犯人らしき男を、喫茶店の主人が見たそうだ。
“In the shopping arcade, a man who could possibly be a suspect, the shopkeeper saw.”

 

A native speaker of Japanese could tell instinctively that the first example represents the basic structure, from which the second was derived (the second example highlights the information regarding where the man was spotted, namely, “in the shopping arcade”). The first sentence is labeled as a D-structure, and the second, which has resulted from transformation of the first, is called S-structure (*1). In our brain exist the D-structure sentences that are created from our knowledge of grammar and lexicons, and after they undergo the process of transformation, various kinds of S-structure sentences are produced.

 

*1 Chomsky originally used the term deep structure and surface structure, but since they both have a metaphorical connotation, “profound” and “superficial,” he chose to do away with them and to use abstract and mechanical terms instead: D-structure and S-structure.

 

Chomsky’s Contribution

One of the most significant contributions made by Chomsky is that he established linguistics as legitimate science. Linguistics before him were mainly concerned with describing individual languages, classifying them into language families, and reconstructing proto-languages. Their ultimate goal was to bring back the original language, whatever that may be. This approach might be useful for classifying languages into certain groups based on their characteristics, but could not explain the mechanism of how our brain produces language and how we come to use it. In other words, the classical linguistics could not come any closer to the nature of humanity that is characterized by its unique ability to produce and use language. Chomsky, on the other hand, chose to focus not on the superficial diversity of language, but on our knowledge about grammar that is universal and inherent in all the languages. He then discovered that human language has a basic structural rule that governs the production of a countless number of various sentences by way of the transformational process.

 

The study of language, Chomsky claims, could lead us to a discovery of the principle that governs the structure and use of language, that is no historical coincidence but universal due to our biological necessity, and that ultimately arose from our unique mind as homo sapience.

 

Chomsky is now 93 years old (as of May 2022), and still vigorously publishing his opinions through essays or interviews, which are mainly about criticism of the government or suggestions for the society. As expressed in the title of his book in 2017, The Responsibility of Intellectuals, we can see that he is keenly aware of his responsibility as an intellectual. You can visit his website (https://chomsky.info) to learn more about him.

 

References (all in Japanese)

Chomsky, Noam (1975) Reflections on Language. Fontana. [translation by Inoue, Kazuko et al.]

Sakai, Kunihiro (2002) The Brain Science of Language: How Does Brain Produce Language? Chuko-Sinsho.

Nishihara, Tetsuo [ed.] (2012) Introduction to Linguistics. Asakura Shoten.

Nishimitsu, Yoshihiro [ed.] (1999) Introduction to English Studies. Kuroshio Shuppan.

Nishimura, Yoshiki [ed.] (2018) Cognitive Grammar I. Taishukan Shoten. 



言語













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/28

メタモデルの「削除」について

人間が普遍的に行なう三大モデリングのひとつは、削除である。これは、神経学的レベル、社会的レベル、個々の体験レベルで発生する(より詳細な論考は『魔術の構造』第吃第犠六仮函法わたしたちの感覚器官は、ごく狭い範囲に限定されたエネルギー・パターンの変化を検出して報告する。たとえば、人間の耳には振幅に対する驚異的な感受性があり、水素原子の直径ほどの鼓膜の変位さえ感じる(Noback, 1967, p.156)。その耳が反応するのは、毎秒20サイクルから20000サイクルまでの波長に限られている。つまり、毎秒20000サイクル以上のエネルギー・パターンー潜在的な音ーは、体験の体系化に利用できない。換言すれば、わたしたちの神経系は毎秒20000サイクル以上のパターンはすべて削除しているということになる。

言語のパターン形成レベルでは、変形言語学者らが、完全な言語表現ー深層構造ーとコミュニケーションで実際に使われるセンテンスー表層構造ーとの間に発生する特殊な削除パターンを数多く特定している。
(「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック機p.182-183)


イコライザー












Deletion ー Grammatical and Ungrammatical


One of the three universal processes of human modeling is deletion. This process occurs at the neurological level, the social level and the levels of individual experience (see Magic, Chapter 1, for more detailed discussion). Our sensory apparatus detects and reports on changes in the patterns of energy only within narrow ranges. For example, the human ear shows phenomenal amplitude sensitivity even to displacement of the eardrum the diameter of a hydrogen aotm (Noback, 1967, p.156). It responds to wavelengths only between 20 and 20,000 cycles per second. Thus, patterns of energy ー potential sounds ー above 20,000 cycles per second are not avaiable to us to assist us in organizing our experience. In other words, our nervous systems delete all of the patterns above 20,000 cycles per second.

At the level of patterning of language, transformational linguists have identified a number of specific patterens of deletion witch occur between the full linguistic representation ー Deep Structure ー and the actual sentences used by us in our communication ー Sueface Structure. 

(Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume p.182-183)


ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】
ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
春秋社
2012-04-25








NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/30

地図は土地そのものではない「表層構造、深層構造」

地図は土地そのものではない「表層構造、深層構造」

現在までのところ、人間の表象システム(モデル)に関して、もっとも徹底した研究が行なわれ、もっとも理解が進んでいるのは、自然言語である。生成文法は人間の言語システムに関するもっとも完成された明示的形式モデルである。生成文法を研究する学者たちは、あらゆる言語に共通するこの表象システムのさまざまなパターンをいくつか導き出している。したがって、生成文法はメタ・モデル、すなわち、モデルのモデル、もしくは、言語のモデルである〔(訳註「表象システム」は、「表象体系」「表出体系」「代表システム」等とも訳されている〕。

生成文法学者たちは、人間がコミュニケーションを取り自然言語を理解するときに示す直観的知覚を、明示的に表現するモデルを構築した。たとえば、あらゆる自然言語のいかなるセンテンスにも、はっきり区別できるものがふたつ表現されている。ひとつは、それが「実際にどのように聞こえるか」(書かれたものなら、どのように見えるか)を表わすもので、表層構造と呼ばれ、今ひとつは、その意味を表わすもので、深層構造と呼ばれている。たとえば、誰かが次のセンテンスを言ったとしよう。

The window was broken.
窓ガラスが割れていた。

表層構造は、話し手が発した実際の音が表現するものであり、書かれたものなら、上記のように表記された文字となる。さらにこのセンテンスは、それのもつ意味というもうひとつの表現−深層構造−とも結びついている。この場合の深層構造は以下のように表わすことができる。

PASTBREAK [someone, window, with something] )
過去割る [誰かが、窓ガラスを、何かで] )


この深層構造の表示は、英語を母語とする者がもつ直観的知覚を表わすためのもので、私たちが上記の表層構造を耳にすると以下のように理解することを示している。

(a) Some event occurred in the past;
  なんらかの出来事が過去に起きた。
(b) The event was complex event;
  その出来事は複合的なものだった。
(c) It consisted of the following parts:
  その出来事は以下の部分から成っていた。

An action, break, which occurred between:
 「割る」という行為が以下の三者の間で発生した。

a. 主体(The agent)
−some person or thing doing the breaking, here represented by somone, and
  割るという行為をした人、もしくは、物。ここでは「誰かが」と表現されている。

b. 対象(The object)
−some person or thing being broken, here represented by the window, and
  割れた状態になっている人、もしくは、物。ここでは「窓ガラスを」と表現されている。

c. 手段(The instrument)
−the thing used to do the breaking, here represented by with something.
  割るという行為をするために用いられた物。ここでは「何かで」と表現されている。

注目していただきたいのは、たとえ深層構造のすべてのパーツが表層構造に表現されていない場合でも−この場合は主体と手段が表現されていない−英語を母語とする人は、このセンテンスの理解に使える情報をこれだけもっているという点である。The window was broken 「窓ガラスが割れていた」というセンテンスは、英語を母語とする人に対して、窓ガラスが割れていたということだけでなく、「誰か」もしくは「何か」が、「何かで」窓ガラスを割ったに違いないということも暗示している。

このように、表層構造はそれと結びついた深層構造の意味とは異なるものになる可能性があるわけだが、そうなるプロセスは、変形言語学者が研究する領域である。言語学者たちは、変形(transformations)と呼ばれる形式に関わる一連のマッピング操作を仮定し、それが深層構造と表層構造の違いを正確に規定するとしている。ひとつの深層構造をその表層構造につなぐ全プロセスは派生(derivation)と呼ばれている。

※図

表層構造と深層構造との各関係を表わす明示的形式モデルは、上述したモデルに基づいて作ることができる(催眠の中で発生する無意識の言語処理を理解するためには、この重要な区別を欠いてはいけない)。ゆえに、変形言語学者たちは人間行動の恐ろしく複雑な一領域を取り上げ、その形式モデルを構築して、その言語を母語とする人びとが直観的に示す−しかし意識的には理解していない−行動ルールを明示的に表示しているのである。

著者(バンドラー/グリンダー)は直観的知覚を明確な形にする手法を活用し、心理療法における言葉のやり取りを表わす明示的な形式モデルを構築してきた。私たちが行なったのは、心理療法各派の有能なセラピストがそれぞれのワークで使う直観的知覚−当人は必ずしもそれを意識していない−を一定の形で表わすことだった(セラピーのこのメタ・モデルは、『魔術の構造』第吃瑤任燭辰廚蠕睫世気譴討い襦法

私たちはモデルを形成する自分たちのテクニックを使い、人間が使う他の表象システムも探究し理解して、人間の体験を体系化し、そのモデルを創造した。その後、こうした触運動覚や視覚、聴覚、嗅覚、味覚に焦点を絞った体験マップを基盤として活用し、セラピー・モデルを拡大していった。その結果はきわめて興味深く、かつ、有用だった。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]p.6-9より)

1515960












To this date, the most thoroughly studied and best understood of the human representational systems (models) is natural language. Transformational grammaris explicit, formal, and the most complete model of human language systems.Transformational grammarians have extracted some of the patterns of thisrepresentational system which are common to all languages. Therefore, transformational grammar is a Meta-model; that is, a model of model, or a model of language.

Transformational grammarians have built an explicit representation of theintuitions which people demonstrate when communicating and understanding naturallanguage. For example, each sentence of every natural language has two distinctrepresentations: the representation of the way it actually sounds (or, if written,by the way it actually appears) called the Surface Structure, and the representation of its meaning without our conscious awareness. which is called the Deep Structure. When a person utters the sentence:


The window was broken.

 

The Surface Structure is the representation of the actual sounds made by the person speaking or, in the case of a written representation, the words written outabove. In addition to this representation, this sentence is associated withanother representation which is the meaning it has Deep Structure. In this case, the DeepStructure can be represented as:

 

PAST (BREAK [someone, window, withsomething])

 

This Deep Structure representation is designed to capture the intuitions which eachof us have as native speakers of English when we hear the Surface Structure presented above. We understand that:

 

(a) Some event occurred in the past;

(b) The event was a complex event;

(c) It consisted of the following parts:

 

Anaction, break, which occurred between:


a.The agent
−some person or thingdoing the breaking, here represented by someone, and


b.The object
some person or thingbeing broken, here represented by the window, and


c.The instrument
the thing used to do the breaking, here represented by with something.

 

Noticethat, even though not all of the parts of the Deep Structure represented appearin the Surface Structure (in this case the agent and the instrument are not represented in the Surface Structure), the native speaker of English has that information available in his understanding of the sentence. The statement The window wasbroken implies to native speakers that not only was the window broken but someone or something had to break the window with something. The waysin which Surface Structures can differ from their associated Deep Structure meanings is the research domain of transformational linguists. They have postulateda series of formal mapping operations called transformations which preciselyspecify how Deep and Surface Structures may differ. The entire process which links a Deep Structure to its Surface Structure(s) is called derivation (see page 10).

 

Explicit, formal models of each Surface StructureDeep Structure relationship can be made on the above model. (Youmust make this important distinction in order to understand the unconscious processing of language that occurs in hypnosis.) Transformational linguists,therefore, have taken an incredibly complex area of human behavior and built aformal model of it which explicitly represents the rules of behavior which are intuitively demonstrated, although not consciously understood, by native speakers of that language.

 

The authors (Bandler/Grinder) have used the approach of formalizing intuitions tobuild an explicit, formal model of the language exchange in psychotherapy. Whatwe did was to create a formal representation of the intuitions which effective therapists from every school of psychotherapy use in their work, although theyare not necessarily conscious of it. (This Meta-model of therapy is fully explained in 'The Structure of Magic I'.)

 

We used our formalization techniques to explore and understand the other representational systems used by human beings to organize and create models oftheir experience. These kinesthetic, visual, auditory, olfactory, gustatorymaps of experience were then used as a basis to expand our model of therapy.The results were both fascinating and useful.

(Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume, p.6-9)










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/06/28

地図は土地そのものではない「削除、歪曲、一般化」

地図は土地そのものではない「削除、歪曲、一般化」

著者(ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー)の体験からいえば、医療や歯科治療、心理療法のために催眠を使う人びとは、どうやら他のいかなる業種の人びとよりも、わたしたち人間がこの世界「そのもの」基づいてというより、こうあるべきだと「信じる」世界の地図もしくはモデル(創作した表象)を使って動いていることをよく理解しているようだ。一般の人びとや特定の患者が自らの住む世界の表象をそれぞれどう創造しているかについて徹底的に理解すれば、催眠を行なう者には多くの利益がもたらされる。たとえば、トランス誘導のスピードが上がり、これまでより多くの患者を、これまでより深いトランスに、これまでよりうまく誘導できるようになる。どのように世界モデルが創られるかについて深く研究したい読者には、「魔術の構造」をお勧めする。ここでは本書の目的に従って、世界モデルを創るプロセスの基本モデルのみを提供しようと思う。

わたしたち人間が創るモデルは、主に三つの点で現実の世界と異なっている。

第一に、体験は部分的に削除され、モデルには表現されない。これは、モデリングに不可欠な一面であると同時に、ときにその内容を乏しくする一面でもある。感覚として入力されたものを何から何まで表現しようとすれば、データに飲まれてしまうだろう。しかし、重要な面、あるいは致命的な面を表現し損なえば、さんざんな結果となる。いずれにせよ、世界モデルを創る際には、体験は必ず部分的に削除される。こうした削除のみならずモデリングに伴うあらゆるプロセスは四六時中発生しているが、わたしたちがそれに気づくことはほとんどない。

第二に、世界モデルは歪曲によって現実の世界と異なったものになる。歪曲というモデリング・プロセスを使うと、感覚データから成る体験を変更することができる。たとえば、緑色の牛というものについて、たとえ実感を伴う体験はなくとも思い描くことはできる。体験を歪め、それが現時点のことだと想像することによって未来を設計できるのである。このモデリングのブロセスは、それがどう使われるかによって、有用なものにもなれば、不都合なものにもなる。

第三は一般化である。世界モデルを構成する一要素はそれが属するカテゴリーの一例でしかない。にもかかわらず、その要素がカテゴリー全体を代表するようになるのが一般化である。このプロセスのおかげで、目を左から右に移動させることによって本を読めば、その内容を把握できることがわかるようになる。ほかのドアと同じようなドアが目の前にあれば、そのドアを見るのは初めてであっても、以前と同じやりかたをすれば開くだろうと見当がつく。世界モデルの中で一般化を行なうことによって、状況から状況へとより効率よく動くことができるようになるのである。さらには、より高次のパターニング(パターン形成)レベルで体験を再コード化しつづけることもできるようになり、その結果、人間が機能しているあらゆる分野の知識や技術が進歩する。
(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック[言語パターン編]p.5-6

1515960











The Map Is Not the Territory


In the authors' experience, people who use hypnosis for medical, dental, or psychotherapeutic purposes seem more than any other single group to understand that we, as human beings, do not operate behaviorally 'directly' upon the world, but rather we operate through a map or model (a created representation) of what we 'believe' theworld to be. A thorough understanding of how people in general, and each clientin particular, create a representation of the world in which they live willyield the practitioner of hypnosis many advantages. Among these will be greater speed in trance induction, more success with a greater number of subjects, anddeeper trances. For additional study of the processes by which people create models of the world, were commend 'The Structure of MagicI and II'.

For our purposes here, we wish now to provide you with only a basic model of the processes by which people create models of the world.

First, the models that we as humans create will differ from the world of reality in three major ways. Some parts of our experience will be deleted, not represented in our model. This is both a necessary and sometimes impoverishing aspect of our modeling processes. If we tried to represent every piece of sensory input, we would be overwhelmed with data. However, when we fail to represent an important or vitala spect, the results can be devastating. In anyevent, we do delete parts of our experience when creating models of the world.These deletions, and all of the processes of modeling, go on all the time and, for the most part, without our conscious awareness.

The second way in which our model of the world will be different from the world itself is through distortions. Distortion is a modeling process which allows us to make shifts in ourexperience of sensory data. For example, we can fantasize a green cow, eventhough we have never experienced one with our senses, We can distort our experience and plan the future by imagining that it is now. This modeling process can be an asset or a liability, depending upon how it is used.

The third process of modeling is generalization. This is the process by which one element of our model of the world comes to represent an entire category of which it is only an example. This allows us to know that when weread a book, by moving our eves from left to right, we will be able to extractthe content. When we are confronted with a door just like any other door, even though we have not seen this particular door before, we make the assumption itwill open by the same process we have used before. Generalizations in our modelof the world allow us to operate more efficiently from context to context. Generalizational so allows us to keep recoding our experiences at higher levels of patterning.This makes possible the advances in knowledge and technology in all areas of human functioning. 
Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume, p.7-8)

ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】

ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
春秋社
2012-04-25




Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D



NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/28

メタモデルの歴史的な用語

メタモデルの歴史的な用語
Meta Model Historical Terms

NLP共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーは、1975年に出版した共著「魔術の構造」第鬼の中で、メタモデルと人間のモデリングプロセスの特徴について記述するために、次のような用語を使いました。

表層構造(Surface structure)

深層構造から派生している言語表現や文

深層構造(Deep structure)

完全な言語表現

消去(Deletion)

メンタルマップ(深層構造)の一部が省略されており、言葉での表現(表層構造)に表れないこと

一般化(Generalization)

特定の経験、またはいくつかの経験において、それがメンバーである完全なカテゴリーを表すためにマッピングされる方法

歪曲(Distortion)
モデルの一部を元々表現された方法とは異なる方法で表現するプロセス

普遍的モデリングプロセス(Universal Modeling Process)
消去、歪曲、一般化を通してメンタルマップを創造する方法


ジョン・グリンダーとカルメン・ボスティック・サンクレアは、2001年に出版した共著「風の中のささやき」(Whispering in the Wind)の中で、「一般化と歪曲は、実際には消去による産物である」と述べています。

表層構造と深層構造の概念は、変形生成文法のモデルと同様に、言語学の分野でも挑戦されてきました。深層構造と表層構造は、私たちの言語表現への有用なメタファーとして働きます。


「魔術の構造」第鬼
The Structure of Magic: A Book About Language and Therapy
John Grinder
Richard Bandler
Science & Behavior Books
1975-06-01





「魔術の構造」(日本語版)
魔術の構造
ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
亀田ブックサービス
2000-08T



「風の中のささやき」
Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/28

メタモデルとは何か(「風の中のささやき」より)

The meta model can, for example, be usefully understood to be an application of the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar. 
('Whispering in the Wind' p.51)

メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。
(「風の中のささやき」p.51)

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。


John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/28

メタモデルの理論的な背景

NLPが最初に生み出した「メタモデル」の理論的な背景には、アメリカ・マサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の名誉教授ノーム・チョムスキーの存在があります。チョムスキーは、彼自身が提唱した「生成文法」という言語学の理論において私たちが自分自身の経験を言語化する際に、深層構造と表層構造という2つの文法構造が存在する」と仮定しました。

ノーム・チョムスキー(Wikipedia)
生成文法(Wikipedia)

ノーム・チョムスキー












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士は、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で言語学の助教授を務めていた時期に、チョムスキーが提唱した理論「変形生成文法」の研究を行っていました。その後、その理論の中で説明されている「深層構造」と「表層構造」という2つの文法構造の概念を取り入れ、リチャード・バンドラー氏とともに「メタモデル」という言語モデルを体系化させました。

ジョン・グリンダー博士
Grinder














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/28

メタモデルが誕生した経緯

NLPの共同創始者ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーは、当時、アメリカで活躍していた2人の卓越したセラピスト、フリッツ・パールズとヴァージニア・サティアがカウンセリングの際に行っていた「クライアントから情報を聞き出すための効果的な質問方法」を分析し、言語学の知識を使って体系化し、最終的にモデル化しました。これをNLPでは「メタモデル」Meta model)と呼んでいます。メタモデルは、1975年にアメリカで出版されたグリンダーとバンドラーの共著「魔術の構造」第巻において完全記述されています。

「魔術の構造」第鬼
The Structure of Magic: A Book About Language and Therapy
John Grinder
Richard Bandler
Science & Behavior Books
1975-06-01



「魔術の構造」第挟
The Structure of Magic II: A Book About Communication and Change (Structure of Magic)
John Grinder
Richard Bandler
Science & Behavior Books
1975-08-01


上記2冊の本の日本語版が亀田ブックサービスより出版されました。
(第鬼と第挟が1冊にまとめられています)

魔術の構造
ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
亀田ブックサービス
2000-08/01




NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事投稿日:2022/06/27

メタモデルについて(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「メタモデル」について書いた記事の一覧です。

メタモデルの概要(目次)
2013/11/01 メタモデルの概要(目次)

メタモデルの概要(記事)
2013/11/02 メタモデルが誕生した経緯
2013/11/03 メタモデルの理論的な背景
2013/11/05 メタモデルの歴史的な用語

書籍「風の中のささやき」より

2013/11/04 メタモデルとは何か(「風の中のささやき」より)

書籍「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック機弩生譽僖拭璽麒咾茲

2013/11/10 地図は土地そのものではない「削除、歪曲、一般化」
2013/11/11 地図は土地そのものではない「表層構造、深層構造」

補足資料

2013/11/15 ノーム・チョムスキーについて
2013/11/16 Noam Chomsky and his Contributions in Linguistics
2013/10/01 meta の語源とその意味
2013/11/12 メタモデルの「削除」について
2014/03/02 言語スキル「メタモデル」とその後継モデルについて
2015/07/14 脳の機能における「音の削除」


017715













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/26
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ