New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

■特別セミナー

ニューコードNLP特別セミナー「NLPの源泉−考え方、生き方、そしてコミュニケーションの殻を破ろう」



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史による特別セミナー「NLPの源泉−考え方、生き方、コミュニケーションの殻を破ろう」が開催されます。このセミナーでは、実際に、高いコミュニケーションを身につけるためのさまざまなエクササイズも実施いたします。ご興味のある方のご参加を心よりお待ちしております。

『今回のセミナーの目的は、文脈の中で伏せられた暗示的表現と、すべてを伝える明示的表現との使い分けの習得を目指し、自己能力を開発することにあります。セミナーでは、場面に応じた使い方とその結果を学びます。日本特有の暗示的表現と、外国ならではの明示的表現を、ケーススタディを通して身につけていきます。参加者はさまざまなエクササイズを通して、この二つの表現を使い分けられるようになりましょう。このセミナーを通じて試みられるのは何でしょうか。それは、文脈を重んじる暗示的表現を駆使したコミュニケーション構造と、すべてを伝える明示的表現の構造を比較することです。鍵となるのが、暗示的表現と明示的表現、それぞれの背後にある意図の探究です。これらを明らかにしたのち、受講者が暗示的表現と明示的表現をスムーズに、かつ効率的に切り替える能力とツールを身につけられるようにします。急速に変化する世界とテクノロジーにおいて、ビジネスの現場や他者との関係を円滑にする、新たな言語様式となるでしょう』
by ジョン・グリンダー&カルメン・ボスティック・サンクレア女史


John&Carmen


















セミナーカリキュラム


論理レベル
(特定の程度の決定)
論理的思考法の構築

表出システムの選考とその応用
相手の得意な感覚(五感)を活用したコミュニケーション法

バーバルパッケージ
行動の意図を引き出すシンブルな質問方法

フレーミング
明示的焦点の枠組みを築けるよう言語的に文脈をつくる

パラフレーズ
相手が話した内容を理解しているか確認する

特定化質問(名詞・動詞)
話の内容を明確にするための質問術

除法助動詞
その人の選択肢を狭める、あるいは欠如させるもの

意図の質問
意図を明確にする質問術

メタファー(比喩)とアナロジー(類似)
聞き手に変化を促すストーリー

無意識とチームを組む
個々が持つ潜在的可能性を最大限に活用できる状態をつくる


セミナーのご案内


〔講師〕
NLP共同創始者 ジョン・グリンダー博士
ニューコードNLP共同開発者 カルメン・ボスティック・サンクレア女史

〔日程〕
 2016年05月13日(金)10:00〜18:00
 2016年05月14日(土)10:00〜18:00
 2016年05月15日(日)10:00〜18:00
 
〔会場〕アクロス福岡・7階大会議室
〔料金〕370,000円(テキスト代、認定証代、税込)
〔定員〕30名
〔主催〕ニューコードNLPスクール

木の葉













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2020/08/04

ニューコードNLP特別講演会「自分の扉を開く、言語とボディのメッセージ」〜言語学者・NLP共同創始者が語る、真のコミュニケーションとは〜

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別講演会のお知らせです。今回は、グリンダー博士が、「自分の扉を開く、言葉とボディのメッセージ」について語ります。参加者による質疑応答もありますので、興味のある方はぜひご参加ください。

『私は、人間が使う五感と言語/非言語のコミュニケーションを長年に渡り研究しています。この8年間、毎年日本を訪問していますが、日本人のみなさんは、自分が世界的に見ても、非常に高度なコミュニケーション能力を、日々使っていることにお気づきでしょうか?日本人が古来から得意としてきた「行間を読む」や「阿吽(あうん)の呼吸」という技術に代表される、欧米文化には無い能力です。言葉で示すメッセージと、表現や身体が示すサインの関係や、人の思考と行動のつながりを知ることによって、まわりの人たちとの心地よいコミュニケーションが実現できます。みなさまどうぞお気軽に足をお運び下さい。』
by ジョン・グリンダー

Grinder
















〔日時〕2016年05月12日(木)19:00〜21:00
〔会場〕アクロス福岡4階・国際会議場
〔料金〕 前売券2,000円/当日券2,500円
〔主催〕ニューコードNLPスクール

〔お問合せ・お申込み〕ニューコードNLPスクール

木の葉











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/04

ニューコードNLP特別セミナー「ミルトン・エリクソンの催眠療法」開催に向けて

親愛なる日本の皆さまへ

私たち、カルメン・ボスティックとジョン・グリンダーが、日本NLP学院が主催するニューコードNLP特別セミナー「ミルトン・エリクソンの催眠療法」という6日間コースにみなさんをお招きします。

私たちはこのコースで、催眠に関するプレゼンテーションとデモンストレーションを行います。参加者の皆さまは、あなた自身と他の人を有益な変性意識状態に誘導するためのパターンを体験、習得、練習し、試してみることにより、催眠をマスターしていく道のりを歩きはじめます。そして変性意識状態に入り、その状態を活用する人が自分の目的やゴールを達成できるようになるために、変性意識状態をどう活用したらいいのかを学びます。

現代の発展した技術社会に生きる一員なら誰しも、異なる状況、たとえば、家族や仕事、遊び、社交的なつきあい、儀式、パートナーシップ、結婚、友情といった状況に対して、完全かつ効果的に、そして芸術的にかかわるために、それぞれ異なる精神状態に自分自身を変える能力を持つ必要があります。このことは自らを振り返ってみればわかるでしょう。

これまでの歴史における催眠というものは、状況に応じて精神状態の変化を選択する能力について、少々古めかしい流儀で呼んだものなのです。 現代の技術社会における断片的な性質からみて、日本においても、またアメリカのような西洋諸国においても、効果的にパフォーマンスする能力には、この精神状態を変える能力を必要とします。ですから参加者は、与えられた状況のいずれにおいても、良いパフォーマンスを可能とする変性意識状態を選び、そこに入り、保持し、フル体験することについて選択肢を持つことの価値を、簡単に評価できるようになるでしょう。


このトピックについてこのように考えると、現代社会のチャレンジにうまく対応するためのノーマルで適切なスキルとして、変性意識状態を選び、そこに入り、保持する能力を持つことを学ぶ重要性が明らかになります。これが、今回の6日間セミナーで私達が教えるパターン適用の目的とするところです。  


変性意識状態のワーク周辺には、主に二種類の選択があります。


1.自己適用
あなたが今いる状況、または今から入ろうとする状況と関連のある、特定の変性意識状態をどのように選び、そこに入り、保持するか。

2.他者への適用
ある人が今いる状況、または今から入ろうとしている状況と関連のある、特定の変性意識状態をどのように選び、そこに入り、保持するのをどのように助けるか。

これら二つの適用に共通しているものが、変性意識状態のワークと関連のある二つの大きなスキルです。


 a) 変性意識の誘導
一つの変性意識状態から別の変性意識状態へ、どのように移るか。


 b) 変性意識状態に達した後の活用
あなたが変性意識状態を選び、そこに入ることに成功したら、どのようにその状態を使ってあなたの目的を達成するか。あるいは、あなたが他の人を適切な変性意識状態に誘導することに成功したら、どのようにその人が目的を達成するのを助けるか。


以下は、これら二種類の適用、自己適用と他者への適用に関するパターンの概観です。

 

<誘導>

主なことは以下のような質問です: 
この状況に対応できる適切な変性意識状態を選び、誘導するために、使える選択肢にはどんなものがあるだろうか。 誘導には主に二つのやり方があります。言葉を使ったものと使わないものです。典型的には、実際の適用において、言葉を使った誘導と使わない誘導が複雑にミックスされています。言いかえると、有用な変性意識状態へ誘導するために使える、言葉を使った役に立つパターンはたくさんありますが、オペレーター(誘導する人)の言葉を使ったパターンに伴った言葉を使わない行動の方がより、言葉を使ったパターンそのものより、変性意識状態に達するのに影響力があるでしょう。対面によるすべてのコミュニケーションと同様、主な影響力は、言葉を介さないコミュニケーションの中にあるのです。加えて、言葉を介したコミュニケーションを一切使わずに、大変有用な変性意識状態を誘導することは可能なのです。セミナーの中で、言葉を介した誘導、介さない誘導のそれぞれの例、そしてより典型的な、両方のミックスされた誘導が見せられ、生徒はこれらの誘導をスーパーヴィジョンのもとで練習し、テストする機会が与えられます。また、自分独自の誘導を作り、その効果をテストする機会も与えられます。

 

<観察>

私たち人間の対面によるコミュニケーションのすべてと同様に、望んだ変性意識状態を誘導する際、オペレーターが対象者に行うパターンのどれをどの順番で使えば効果的か、確証を持って予想することはできません。しかしながら、こうした誘導を始める方法について、いくつかの素晴らしい選択肢があります。誘導を始めたら、大切なことは、オペレーターの観察能力と、次の適切なパターンの選択に移ります。観察は、もちろん、対面のコミュニケーションで用いるすべてのスキルの母となるものです。そして、ニューコードNLPを学んだ方々であれば、皆さんがすでに習得しているように、プロのコミュニケーターにとって、観察スキルを絶えず向上させることは、終わることのないコミットメントです。さらに言えば、このセミナーで提示する真髄となるものは、相手の無意識から自然に起こってくるコミュニケーション(ノンバーバルなもの)と、意識的なバーバルコミュニケーションとより緊密な関係を持つノンバーバルコミュニケーションとの区別をつける能力を皆さまに紹介することです。これら2種類のノンバーバルコミュニケーションの区別をつける能力は、変性意識のコミュニケーションをマスターしたいと望む人にとって必要不可欠なスキルです。

 

<活用>

これらの観察スキルと共に、このセミナーにはもうひとつ、鍵となる要素とフォーカスするものがあります。それは活用のパターンです。自己適用においても、一人または複数の他者への適用においても、その人の無意識プロセスで指示される広くて深いパターンの範囲です。自分または他者の無意識とコミュニケーションをとるためにデザインされたパターンもまた、変性意識状態のコミュニケーションを効果的に行うための必要不可欠な要素です。多くの時間がこれらのパターンの提示と練習の両方に捧げられることになります。これらのパターンの多くは、前述の参考図書(ミルトン・エリクソンの催眠テクニック第鬼、第挟)の中で解説されています。このセミナーの参加者には、これら2冊を次元に手に入れるよう強く勧めます。「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック第鬼、第挟」というタイトルで、日本語に翻訳されています。

 

<幅広い状況への適用>

このセミナーの最終的な要素となるのは、上記で簡単に説明した通り、誘導と活用のテクニックをさまざまな状況で使えるようになることと、異なる状況でも使えるように具体的にどうそれらを変更するかです。参加者はこれらの変性意識パターンを、いつ、どこで、そしてどのような目的のために適用できるのかについて注意深く考えることが大切です。


私たち、カルメン・ボスティックとジョン・グリンダーは、参加者がこうした実際の適用をいくつか明らかにすることを強く求めます。それは、参加者の目的が、セミナーが行われている間に達成されることを確かにするためです。


ジョン・グリンダー、カルメン・ボスティック・サンクレア

ボニードゥーン、カリフォルニア

John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/13

ニューコードNLP特別セミナー「ミルトン・エリクソンの催眠療法」

2015年4月に、東京にて、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史による特別セミナー「ミルトン・エリクソンの催眠療法」が開催されます。

このセミナーでは、グリンダー博士とカルメン女史による高品質なプレゼンテーションとデモンストレーションを通じて、自分や他者を有益な変性意識状態へと導くためのパターンを体験することができます。そしてそれらのパターンを習得することにより、変性意識状態を利用して自分の望む目的に到達することや、催眠をマスターするための道を歩きはじめることが可能になります。

ミルトン・エリクソンの催眠誘導法をNLPの創始者から直接学べるチャンスです。ご興味のある方のご参加をお待ちしています。

グリンダー博士からのメッセージ
「特別セミナー『ミルトン・エリクソンの催眠療法』に向けて」


John&Carmen

















〔講師〕
NLP共同創始者 ジョン・グリンダー博士
ニューコードNLP共同開発者 カルメン・ボスティック・サンクレア女史

〔日程〕
 2015年04月24日(金)10:00〜18:00
 2015年04月25日(土)10:00〜18:00
 2015年04月26日(日)10:00〜18:00
 2015年04月27日(月)10:00〜18:00
 2015年04月29日(水)10:00〜18:00
 2015年04月30日(木)10:00〜18:00

〔会場〕MMJ東京研修センター
〔料金〕590,000円(テキスト代、認定証代、税込)
〔主催〕日本NLP学院
〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

時間












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2022/07/13

ニューコードNLP特別講演会「催眠の秘密」

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別講演会のお知らせです。今回は、グリンダー博士が、「クライアントの無意識に働きかけるエリクソン催眠の秘密」について語ります。参加者による質疑応答もありますので、興味のある方はぜひご参加ください。

『これまでの歴史で催眠と言われてきたことは、状況に応じて精神状態の変化を選択する能力について、少々古めかしい流儀で呼んだものなのです。 現代の技術社会における断片的な性質からみて、日本においても、またアメリカのような西洋諸国においても、効果的にパフォーマンスする能力には、この精神状態を変える能力を必要とします。』
by ジョン・グリンダー

Grinder
















〔日時〕2015年04月23日(木)18:00〜20:00
〔会場〕LMJ東京研修センター
〔会費〕一般10,000円、コース受講生5,000円
〔主催〕日本NLP学院

〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

時間












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/13

ニューコードNLP特別講演会「クライアントの問題を速やかに解決する力をアップさせる秘訣」

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別講演会のお知らせです。今回は、グリンダー博士が、「クライアントの問題を速やかに解決する力をアップさせる秘訣」について語ります。参加者による質疑応答もありますので、興味のある方はぜひご参加ください。

問題があるということは、外側ではなく、自分の内側をシフトさせるチャンスです』
by ジョン・グリンダー

Grinder
















〔日時〕2014年04月24日(木)18:00〜20:00
〔会場〕LMJ東京研修センター
〔費用〕12,000円
〔主催〕日本NLP学院
〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

花











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/04

エクササイズ「メタファーの開発と伝達のバリエーション」

【エクササイズ1】
1日目に提示された3つのタイプのメタファー作成能力を開発するエクササイズ。(無意識の特別な性質、言語形式と、クライアントの無意識に対するそれらの異なるインパクト)

 メタファーの構成、創作のための3つのモデル
 ー引用
 ー自然形のメタファー
 ー同一構造のメタファー


【エクササイズ2】
メタファー伝達のバリエーションを学びましょう。つまり具体的にどのようにしたら、すばらしいメタファーを作った参加者が、そのメタファーによって影響を与えたい相手に対して、確実に効果的な伝達ができるか、ということを学びます。

考慮される伝達のバリエーションには、以下のようなものがあります:
 ークライアントの呼吸に合わせて、メタファーの伝達をマーキングする
 ーメタファーをより受け入れやすくするために、リプレゼンテーショナルシステムを用いる
 ー伝達のスピードを3分の1ほど遅くしてみる
 ーリズムを変える
 ー妨害を加える(騒音、姿勢を変えるなど)
 ー否認するもの( 疑いを除いたり混乱を招くためにストーリーに含めるもの)
 ー前提

このバリエーションはひとつずつ提示され、デモンストレーションされ、時間の許す限り、参加者がこうしたスキルを使えるようになるためのエクササイズが与えられる予定です。

昨年の、カルメン・ボスティック・サンクレアとジョン・グリンダーの大講演会に参加された方は理解されたであろうと思いますが、カルメンとジョンはセミナーでプレゼンテーションする内容を、セミナーの参加者の反応によって常に変更、調整し続けます。そうすることで、彼らは参加者の特定のニーズや希望にこたえることができるのです。参加者がメタファーを作り、提示するために、また彼らの個人的な深いメタファーを発見し、洗練するために、必要なテーマやパターンがカルメンとジョンによって明らかになったら、それからのテーマやパターンが追加されることでしょう。
ワークショップ「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ」)テキストより)


青い鳥














the special characteristics of the unconscious and the forms of language and their different impact on the unconscious of the client.

 Three models for the composition/creation of metaphors

  Ouotes 
  Naturalistic metaphors 
  Isomorphic metaphors


The beginning of the consideration of the delivery variables- that is, how specifically can the participant who has composed an elegant metaphor ensure that this metaphor is presented effectively to the person who they wish to influence by metaphor. Among the delivery variables to be considered, we have the following:

 −marking the presentation of the metaphor in coordination with the client's breathing

 −use of representational systems to facilitate acceptance of the metaphor

 −speed of presentation reduced by 1/3

 −shifting rhythms

 −incorporation of any disturbances (noises, shift of posture etc)

 −disclaimers - things that you include in the story to remove suspicion or confuse the client

 −presuppositions

Each of these variables will be presented, demonstrated and as time permits, exercises will be given to promote the transfer of these skills to the participants.

As those of you who attended last years Big Lecture by Carmen Bostic St. Clair and John Grinder likely have worked out, Carmen and John continuously modify and adjust their presentation to the responses of the participants in the seminar. By doing this, they can respond to the specific needs and desires of the participants. There will be additional themes and patterns offered as John and Carmen become aware of what the participants require to learn to compose and present metaphors and to detect and refine their own personal deep metaphors

John Grinder Carmen Bostic St. Clair

John&Carmen













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/22

エクササイズ「深いメタファー」

深いメタファーとは、私たちがそれによって、物の見方や人生の経験の解釈の仕方を作り上げる、アナロジー(類比)のことです。人生そのものも、しばしば隠喩的に表されます。

次に挙げる、詩人エミリー・ディキンソンの作品からの二つの引用について考えてみてください。


  私は死のために止まれなかったので、死が親切に私のために止まってくれた。
  馬車には、私たちと不滅だけが乗っていた。

  死ぬことは、荒れ狂う夜であり、新しい道である。


これらの引用は、明らかにショーレム・アレイヘムの引用とは対照的です。(ショーレム・アレイヘム:ウクライナ生まれの劇作家、小説家、ジャーナリスト。「屋根の上のバイオリン弾き」は、ショーレム・アレイヘム短篇『牛乳屋テヴィエ』を原作としている。

  人生は、賢い者にとっては夢であり、愚かな者にとってはゲームであり、
  金持ちにとっては喜劇であり、貧しい者にとっては悲劇である。


また、ウィリアム・シェイクスピアにより複数のメタファーで表されています。

  明日、また明日、また明日と、
  時は小きざみな足どりで一日一日を歩み、
  ついには歴史の最後の一瞬にたどりつく、
  昨日という日はすべて愚かな人間が塵と化す死への道を照らしてきた。
  消えろ、消えろ、つかの間の燈火!
  人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ、
  舞台の上でおおげさにみえをきっても出場が終われば消えてしまう。
  愚か者のしゃべる物語だ、わめき立てる響きと怒りはすさまじいが、
  意味はなに一つありはしない



また、日本の固山一鞏(こざんいっきょう)によると、

  何も持たずに、この世に入り、
  裸足でこの世を出ていく
  私が入ってきたことと出ていくこと
  二つの単純なできごとが
  からまった


また、鴨長明の随筆も、メタファーで構成されています。

 (原語)
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

 (
現代語訳)
流れ過ぎていく河の流れは途絶えることがなく、それでいて(そこを流れる水は)もとのもとの水ではない。淀みに浮かんでいる水の泡は、一方では消えてなくなり、一方ではできたりして、いつも同じ形でいることはない。この世に生きている人と、その人たちが住む場所とは、またこの河の流れと泡のようである。


自分の人生をそれに従って生きている深いメタファーを特定し、その適切さと、それがもたらす結果について考えてみられるような体験とエクササイズを行います。これらのエクササイズと体験の意図するところは、自分の人生におけるこのような影響の存在に気づき、それらの深いメタファーが自分の役に立っているか否かを決められるためにするものです。
ワークショップ「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ」)テキストより)


河川





















Deep metaphors are the analogies by which we organize our perceptions and interpretations of those experiences within our lives. Life itself is often characterized by metaphorically - consider these two quotations from the poet Emily Dickinson


  Because I could not stop for death, He kindly stopped for me;
  The carriage held but just ourselves and immortality.

  
  Dying is a wild night and a new road.


These quotations clearly contrast with that of Sholom Aleichem

  Life is a dream for the wise, a game for the fool,
  a comedy for the rich, a tragedy for the poor.



or characterized in multiple metaphors by William Shakespeare

  To-morrow, and to-morrow, and to-morrow,
  Creeps in this petty pace from day to day,
  To the last syllable of recorded time;
  And all our yesterdays have lighted fools
  The way to dusty death. Out, out, brief candle!
  Life's but a walking shadow, a poor player,
  That struts and frets his hour upon the stage,
  And then is heard no more. It is a tale 

  Told by an idiot, full of sound and fury,
  Signifying nothing.


or closer to home, Kozan Ichikyo

  Empty-handed I entered the world
  Barefoot I leave it
  My coming, my going
  Two simple happenings
  That got entangled

or Chomei Kamono's essey.

  The flowing river never stops
  and yet the water never stays the same.
  Foam floats upon the pools,
  scattering, re-forming,
  never lingering long.
  So it is with man
  and all his dwelling places
  here on earth.


During this 1st afternoon, we will present some exercises and experiences to assist the participants to identify and consider the appropriateness and specific consequences of some of the deep metaphors that they live their life by. The intention of these exercises and experiences is to bring to awareness in the participants the existence of these influences in their lives so that they may decide whether these deep metaphors are serving them well or not. 


John&Carmen














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/22

メタファーの形式である「同一構造」について

同一構造のメタファー: 集合論とマッピング関数から借りた同一構造とは、二つの集合の中の対象が、一対一のマッピングをしており、一つの集合の要素1と要素2の関係性が、もう一つの集合の要素1と要素2の関係性にも鏡のように対応しているものです。

実際的な言葉でいうと、対象の二つの集合というのは、クライアントの実際の現状と、そのクライアントの現状がマッピングされた比喩的な場ということになります。同一構造の定義にのっとり、比喩的な場にはクライアントの現状にある要素と鏡のように対応する要素があり、それらは、クライアントの現状にある要素が持つ関係性と同じ関係性を持つことになります。

大まかで、単純化された例をあげると、あなたのクライアントが10代の娘を持つ母親だとしましょう。その娘は、適切なことですが、母親から自立しようともがいています。母親は、娘を守るためによかれと思って、あまりにも多くの制限を娘に課しているので、娘は自立するために必要な体験ができないでいます。ここで私たちは、一つの適切な比喩の場として、園芸の実践という場を選択できることに気づいて下さい。

さらに、私たちは、1対1のマッピング方式で、母親を園芸家、娘をバラの低木の株に対応させて表すことができます。もし園芸家が、そのバラの株が美しくはつらつとした、かぐわしいバラの花を咲かせる株に成長して欲しいと思い、株のことを心配するあまり、新しく成長した部分(つぼみを含めて)をすべて摘み取ってしまったら、その過剰な管理(過剰な摘み取り)が、実は、その株が成熟し、強くはつらつとした花を咲かせる源になることを妨げてしまいます。園芸家(そして園芸家が表す母親)の意図とは逆のことが起こるのです。この単純な例の中には、1対1のマッピングがあることのい気づいてください。

   母親=園芸家   娘=バラの株

さらに、園芸家とバラの株の関係性は、母親と娘の関係性と同じです。この形式(同一構造)においては、1対1のマッピングが、適切にクライアントの意識的なマインドの気をそらせ、混乱させますが、一方で、関係性を同じ構造に保っているため、クライアントの無意識は簡単にメタファーの中の物(バラの株、園芸家)が現状に表れている問題(母と娘の葛藤)の中の登場人物を表していると理解できるのです。
ワークショップ「メタファーとバタフライ)〜物語の魔法を学ぶ」テキストより)


Isomorphic metaphor: an isomorphism, a borrowing from set theory and mapping functions, is a one-to-one mapping between two sets of objects such that the relationships between the elements, e1 and e2, are preserved in the mapping by the counterparts in the second set of the elements. Thus e1 and e2 have the same relationship, R; a relationship that is mirrored by the counterparts of the seoriginal elements in the second set.

Now, in practical terms, the two sets of objects are the actual present stateof the client and the metaphoric space onto which the elements of the presentstate are mapped. As required by the definition of isomorphism, the metaphoric space will contain the counterparts of the elements of the present state andthose counterpart elements will have the same relationships in the metaphoric space as the original elements had in the present state of the client

As a crude and oversimplified example - suppose that your client is a mother of a teenage daughter who is struggling to (appropriately) achieve independence ofher mother. Further, the mother, with the best of intentions (to protect herdaughter) is imposing so many restrictions on her daughter that she (the daughter) is unable to have precisely the set of experiences that will allowher to achieve her independence Notice that we could select as one appropriate metaphoric space the practice of horticulture (growing things).

Further, we might represent (in the one-to-one mapping) the mother as the gardener and the daughter as a rose bush. If the gardener, with the best of intention (to have the rose bush grow into a beautiful, resilient and aromic source of roses) were so concerned about the rose bush that she would trim allnew growth (including buds) off the rose bush, the over management of the rosebush (the excessive pruning) would in fact, prevent the rose bush from achieving maturity and b...ecoming the strong resilient source of beautiful roses-the opposite of the intention of the gardener (and the mother that thegardener represents). Notice is this simple example that there is a one-to-one mapping

   mother = gardener   daughter= rose bush

Further, the relationship between the gardener and the rose bush is the same as the relationship between the mother and the daughter. In this form (isomorphism)the one-to-one mapping will adequately distract or confuse the conscious mindof the client while preserving the relationship will allow the unconscious ofthe client to easily appreciate which metaphor object (the rose bush, the gardener) stands for or represents the characters in the actual presenting problem (the conflict between the mother and the daughter


バラ園











NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/22

メタファーの形式である「自然形」について

自然形のメタファー: 一連の小さく短いメタファー(典型的にはビジネスに適用する)を作成する正確な方法。変化のプロセスにおいて、とてもパワフルです。この形は、無意識にはたくさんの述語(動詞、副詞、形容詞)が入っているという事実を有効利用します。クライアントが変化させたいと願っている今現在の状況は、クライアントが望む状態(望むもの、起こって欲しいと思っている状況など)と比べられます。メッセージは、ある期間にわたって提示される複数のコンパクトなメタファーに込められています。それらは(意識的な観点からすると)互いにまったく無関係であるかのように提示されます。しかし、これらの異なるメタファーの提示は、無意識のマーキングによってつなげられているため、無意識はそれらがつながっていること、それらが同じメッセージを持っていることに気づくのです。
ワークショップ「メタファーとバタフライ)〜物語の魔法を学ぶ」)テキストより)



Naturalistic metaphor: a precise way of composing a series of small, short metaphors (typical ofbusiness application) and very powerful in the change process. This form takesadvantage of the fact that the unconscious is full of predicates (verbs,adverbs and adjectives). The relationship between the present state of thesituation that the client wishes to change is compared with the desired state -what the client wants, the situation to occur. The message is contained in aseries of compact metaphors that are presented over some period as if unrelated(from a conscious point of view). However, these distinct presentations areconnected by unconscious marking so that the unconscious recognized that theyare connected and indeed are carrying the same message.


田んぼ












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/22

メタファーの形式である「引用」について

引用: これはおそらく、メタファーの全ての形式の中でもっともシンプルなものでしょう。「引用」というタイトルは、クライアントに提示するメッセージが、物語の中の登場人物に帰するものであり、その結果、物語の中の会話の一部として提示されるという事実を示しています。提示されたメッセージは、聞き手や読み手に、物語の中で登場人物の一人が言ったこととして、意識的には理解されます。しかしその一方で、この伝達の仕方は、クライアントの無意識に、この物語を聞いているクライアントこそが、メッセージの意図された受け取り手なのだと明確に伝えるのです。
ワークショップ「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ」)テキストより)


Quotes:
 this is perhaps the simplest of all forms of metaphor. The title "quotes" refers to the fact that the message to be presented to the client is attributed to some character within the story and thereby is presented as part of a dialogue within the story. The message presented is consciously understood by the listener/reader as something that is said by one of the characters inside ofthe story while, in fact, the method of delivery will make it clear to the unconscious of the client that the intended recipient is, in fact, the client who you are presenting the story to.

189301














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/22

メタファーの構成、創作のための3つのモデル

ロマンチックな夜空













無意識の特別な性質、言語形式、クライアントの無意識に対するそれらの異なるインパクト。

 メタファーの構成、創作のための3つのモデル
 ー引用
 ー自然形のメタファー
 ー同一構造のメタファー


the special characteristics of the unconscious and the forms of language and their different impact on the unconscious of the client.

 Three models for the composition/creation of metaphors
 −Ouotes 
 −Naturalistic metaphors 
 −Isomorphic metaphors

ワークショップ「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ」)テキストより)

蝶々










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/22

メタファーについて

メタファー(隠喩、暗喩)と、その仲間ともいえる形、例えばシミリー(直喩、明喩)、アナロジー(類比)、たとえ話、寓話などといったものは、言語による記録が行われる以前、有史前から人類によって使われてきました。私たち人類は、一つの種として、あらゆる技巧的な形式のストーリー(物語)によく反応するように作られています。ある文化に属する人々の、長い物語を記憶し、物語る能力によって、尊厳を保ち続けている文化も多々あります。それらの物語は、創造の物語や儀式、人々のものの見方、日常生活における慣習に意義を与えるものだったりします。
日本の神話














メタファーはまた、コミュニケーションにおいて、非常にパワフルかつ正確に、必要なことを行ってくれます。メタファーを使うと、物語の語り手は、一つの話を同時にたくさんの人に伝えることができます。そのたった一つの物語は、それぞれ違った目的を持ち、何か大切なことを理解する必要がある人たちに、主に無意識的にメタファーを注意深く聞く(あるいは読む)機会を与えます。その後人々は、たくさんのどれも正当な解釈の中から、その人が課題を達成する助けとなる、あるいは直面しているチャレンジに立ち向かう助けとなる解釈のみを選択します。これは驚くべきことです。たった一つの物語が、異なった人々に向けて、異なった意味(解釈)を持ち得るのです。

うさぎとかめ










変化を起こすワークを行うという特別な環境において、(そこでは変化を起こさせる人であるプロのカウンセラー、セラピスト、精神科医、コーチなどが、クライアントの人生における変化を促進する責任を担うのですが)、メタファーは見事で素晴らしく効果的な役割を果たします。プロの変化の仲介者が直面する特別な挑戦の一つは、クライアントを効果的に引き込むこと、そしてクライアントが自分の人生において前進するための選択肢を見つけられるコンテキストを作り出すことだと心に留めておいてください。そして、変化の仲介者は、自分のものの見方や価値観、信念などをクライアントに押し付けることなく、そうしたことすべてを成し遂げるべきです。クライアントの尊厳と自立が完全に尊重されるべきだとしたら、変化の仲介者はどのように効果的にコミュニケーションを行い、かつ内容の押しつけを避けることができるのでしょうか。この複雑なタスクを達成するのに利用できる素晴らしい方法がメタファーです。(ワークショップ「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ」テキストより)


蝶々











Metaphors and Butterflies

The use of metaphors and associated forms such as similes, analogies, parables etc have served our species since before written records and reach bach intopre-historic times. We, as a species, are composed to respond well to stories in all their various technical forms. There are entire cultures whose continued integrity rests on the ability of their members to remember and recount extended stories of creation, stories that give significance to the rituals, the perceptions, and the practices of everyday life.

Metaphors can also serve very powerful and precise requirements in communications. A metaphor allows the presenting party (the person telling the story) to offer but a single story to multiple people simultaneously - a story which gives to these people, each with a different purpose, each with a different need to understand something of importance, the opportunity to participate (primarily unconsciously) in carefully listening to (or reading) the metaphor and then to select from a large number of equally legitimate interpretations only the interpretation that will facilitate accomplishing the task or meeting successfully the challenge that they find themselves faced with. This is remarkable - a single story can have such distinct meanings (interpretations) to different people.

In the special context of change work - where agentsof change such as professional counselors, therapists, psychiatrists, coaches etc accept the responsibility to facilitate transitions in the lifes of theirclients - metaphors play an elegant and very effective role. Please note thatone of the special challenges confronted by a professional agent of change isto engage the client effectively and create a context in which that client canfind the choices to move forward in their lives. And they are to do all thiswithout imposing their own perceptions, values, beliefs etc on the client. If the integrity and independence of the client is to be fully respected, how canthe agent of change communicate effectively and still avoid impositions of content. One brilliant form that is available to accomplish this complex task is metaphor.


John&Carmen













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/06/22

ガムラン音楽を使ったラポールの体験(ワークショップの記録)

ニューコードNLPワークショップ「ガムラン音楽を使ったラポールの体験」
◎日時:2013年05月19日(日)19:00〜21:00
◎会場:アクロス福岡(会議室703)
◎講師:中島志保(ニューコードNLPトレーナー、音楽家)

本日のニューコードNLPワークショップでは、参加者の皆さまにトーンチャイムという楽器を使って外的な聴覚(Auditory-external)を養っていただき、自分自身の内的状態や対人コミュニケーションがどのように変化するかを体験していただきました。

1つ目のエクササイズでは、ペアになっていただき、聞き手と話し手に分かれて3分間、自由な会話をしていただきました。その後、15分間、トーンチャイムを使って、12本のトーンチャイムの中から「相手が鳴らした音と同じ音を探す」というワークをしていただき、その後にまた(同じペアで)会話をするという手順で行いました。エクササイズ後のフィードバックでは、「12本のトーンチャイムを使って、相手が鳴らした音と同じ音を探す」という体験をした後は、ペアで会話をする際、相手とのラポールが感覚的にわかるようになり、ラポールを意識しながらスムーズに会話をすることになったというものや、外的聴覚を養うことによって、会話の相手の話のコンテンツ(内容)ではなく、相手が話している声の質や響き、抑揚や速度など、プロセスの部分を意識するようになったというものがありました。また、そのプロセスの部分には、話のコンテンツ(内容)とは比較できないような普遍的な情報が含まれていることに気づきましたというコメントもありました。

2つ目のエクササイズでは、25本のトーンチャイムを使って、参加者全員でひとつの大きな輪になり、インドネシアの民族音楽ガムランの音階(C,D♭,E♭,D♭,G,A♭,または、C,D♭,E♭,G♭,A♭)を使って、ひとつの音楽を即興的に創作するというエクササイズを行いました。このエクササイズでは、「音楽の始まり、クライマックス、音楽の終息」のひとつの流れが、完全に参加者全員の無意識に委ねられていて、音と音の間の阿吽の呼吸といった空気感や、音と音が重なり合うときのシンクロニシティの感覚、そして、クライマックスから終息に向けて、全員が無意識レベルでひとつにつながり、ひとつの美しい音楽にまとまっていく体験をしていただき、ニューコードNLPにおいては非常に強力で純粋なラポールを構築する体験となりました。

インドネシアのガムラン音楽を奏でる楽器群(イメージ画像)
ガムラン楽器











上記のエクササイズを、来日中のNLP共同創始者ジョン・グリンダー博士にプレゼンテーションしましたところ、次のようなフィードバックをいただきましたのでご紹介いたします。

「ガムラン音楽は特殊なリズムを使います。演奏者はひとりひとり皆バラバラで、それぞれ違った方法でトランスに入っていきますが、音楽が進行していく中で、集合体としてひとつのものにまとまっていきます。この演奏を体験したならは、NLPの非常に強い「ラポール」を築く有効な方法となります。なぜならば、ひとりひとり、別々の楽器、別々の音を使って、個人個人で音を奏でていくのだけれども、それぞれが無意識的に影響し合って、次第に強力なラポールを築くというプロセスを経験できるからです。ガムラン音楽を使ったものは、本当に素晴らしいワークとなるでしょう」
(ジョン・グリンダー博士の言葉, 2013年5月2日東京にて)


共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/06/15

ガムラン音楽を使ったラポールの体験(グリンダー博士の言葉)

ガムラン









ガムラン音楽は特殊なリズムを使います。演奏者はひとりひとり皆バラバラで、それぞれ違った方法でトランスに入っていきますが、音楽が進行していく中で、集合体としてひとつのものにまとまっていきます。この演奏を体験したならば、NLPの非常に強い「ラポール」を築く有効な方法となります。なぜならば、ひとりひとり、別々の楽器、別々の音を使って、個人個人で音を奏でていくのだけれども、それぞれが無意識的に影響し合って、次第に強力なラポールを築くというプロセスを経験できるからです。ガムラン音楽を使ったものは、本当に素晴らしい「ラポール」のワークとなるでしょう。

by ジョン・グリンダー
201352日に東京で開催されたセミナーにて)
Grinder













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/06/10

ニューコードNLP特別セミナー「天才のモデリング」


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別セミナー「天才のモデリング」は、武道やダンスなど、身体的に卓越したスキルを持ったパフォーマーたちを招いて開催されます。参加者は、卓越したパフォーマンスをモデリングすることで、ノーナッシングステートに入ったり、その状態を維持することができるようになります。「NLPモデリング」をNLPの創始者から学ぶチャンスです。興味のある方のご参加をお待ちしています。

ダンス














〔講師〕NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士

〔日程〕
 2013年04月30日(火)10:00〜18:00
 2013年05月01日(水)10:00〜18:00
 2013年05月02日(木)10:00〜18:00

〔会場〕MMJ東京研修センター
〔料金〕270,000円(テキスト代、認定証代、税込)
〔主催〕日本NLP学院
〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

Grinder















NLPモデリングには5つの段階があります。
1. 天才(パフォーマンスが常に高度な人)を特定する。
2. ノーナッシングステートにおいて、天才のパターンを無意識に吸収する。
3. 練習の期間中、モデラーは、ノーナッシングステートを保ち続ける。
4. パターンをコード化する。(言葉や図、表などへのマッピング)
5. コード化のテストを行う。


このワークショップの参加者は、事前に下記のパターンを復習し、能力を高めておくことを勧めます。
1. 無意識のプロセスとコミュニケーションを図るための自発的な不随意シグナルの確立。
2. ノーナッシングステートに入り、それを維持する能力。
3. クリーンかつ強力な第3ポジションの確立。
4. 内なる対話を鎮めること。内なる対話を起こさせないという選択を持つこと。
5. 自分の身体のステートをマネジメントすることで、どのような特定のステートも再活性化できる能力。
6. 極微筋肉運動およびモデルが出す音を、どのようなものであれ、内側でこだまのように繰り返すこと。


また、下記の2点を理解することも重要です。
1. 参加者がみずからモデリングする様々なアクティビティが、純粋にコンテント(内容)であること。
2. アクティビティのマスターよりも、必要に応じて、ノーナッシングステートに入って保持する能力。


モデルが見せる様々なアクティビティは、モデルが、ノーナッシングステートの状態でどのようなパターンに対応できる能力があるかその目安を示しているに過ぎません。そして参加者がそうしたパターンをどのくらい吸収できる能力があるのかがポイントです。私たちは、参加者がそうしたパターンをどのくらい吸収できたかについてフィードバックしやすいように、身体的要素が強いアクティビティを選んでいます。覚えておいてほしいのは、いつものように、アクティビティの内容はたいして重要ではないということです。このワークショップでフォーカスすることは、それに関わるプロセスにあります。
(ジョン・グリンダー博士&カルメン・ボスティック・サンクレア女史より)


植物











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/03

ニューコードNLP特別講演会「天才のモデリング」

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別講演会のお知らせです。

グリンダー博士が、「天才のモデリング」をテーマに、NLPを創始した頃の状況、そしてこれからのNLPについてなど、これまであまり語られなかったことをお話しします。参加者による質疑応答もありますので興味のある方はぜひご参加ください。

『NLPの革新的な構成要素はモデリングです。NLPモデリングとそうでないモデリングを理解し区別することは、NLPを学び活用する者にとって重要なことです。』
by ジョン・グリンダー

Grinder















〔日時〕2013年04月25日(木)18:00〜20:00
〔会場〕LMJ東京研修センター
〔費用〕19,000円

〔主催〕日本NLP学院
〔お問合せ・お申込み〕日本NLP学院

植物











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/08/03

九州心理相談員会NLP講習会のご案内

2010年12月11日(土)に、九州心理相談員会の研修会にて、NLPの講座を開催します。

【九州心理相談員会プログラム】

《午前の部》事例検討会
発表:有村達之氏(スーパーバイザー/九州大学心療内科臨床心理士)

《午後の部》月例研修会
講師:中島志保(ニューコードNLPトレーナー)
内容:「神経言語プログラミング(NLP)のテクニックで体験する気づきのプロセス」


〔日時〕2010年12月11日(土)13:30〜16:40
〔会費〕4,000円(税込)
〔主催〕
九州心理相談員会
〔後援〕福岡産業保健推進センター
〔会場〕中央労働災害防止協会九州安全衛生サービスセンター3階会議室

※どなたでも参加できます。詳細は
九州心理相談員会のサイト
をご覧ください


クローバー











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2020/07/09

ニューコードNLP特別セミナー「メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ〜」終了のお知らせ

蝶々













5月7日から5月9日の3日間、東京都港区港南にあります品川インターシティホールにて、ジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック・サンクレア女史が講師をつとめますニューコードNLP特別セミナー『メタファーとバタフライ〜物語の魔法を学ぶ〜』が開催され、大盛況のうちに無事終了しました。

3日間の会場となった品川インターシティホールは広くて新しく、とても快適でした。

品川インターシティホール01













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/22

ニューコードNLP特別セミナー「メタファー&バタフライ〜物語の魔法を学ぶ〜」

「ストーリーテリング(物語)」「メタファー(比喩)」とは何でしょう。伝説、神話、寓話、童話、詩など、あらゆる物語は、聞き手に強力な効果を示すことができます。また直接的、間接的を問わず、比喩(たとえ)は、意識に与える影響と無意識に与える影響が異なるため、より深いメッセージを相手に与えることができます。そしてこの手法はクオンタムリープ(一気にジャンプする飛躍的な成長の瞬間)を引き起こします。ネルソン・マンデラ、スティーブ・ジョブズなどのパワフルなリーダー達は、その人柄や行動ではもちろんですが、自らの語りにこの「物語」と「比喩」を活用し、人々からの共感や信頼を集めたと言われています。

ロンドンで好評を博したワークショップ「メタファー&バタフライ〜物語の魔法を学ぶ〜」を日本で初めて開催します。メタファー(比喩)を使ったアプローチは、無意識レベルでの問題解決に大変有効で、クライアントに深い気づきを促し、大きな変化をもたらします。メタファーを使用したメッセージは意識的な部分(おもに左脳)を迂回して無意識的な部分(おもに右脳)に直接訴えかけるため、相手に対して意識的な抵抗や疑いにあうことなくダイレクトにメッセージが伝わります。このテクニックを、カウンセリングはもとより、通常のコミュニケーションにも活かすことができれば、私たちの生活は劇的に変化することでしょう。


3日間にわたるセミナーの構成は、3つの主要な体験のカテゴリーから成っています。

1.メタファーの作り方
  −どのように効果的なメタファーを構成、創作するか。

2.典型的にはその影響に意識的に気づいていない、私たちの人生に強い影響を与えている、深い無意識のメタファーの発見と置き換え、洗練、改良。

3.効果的なメタファーの伝達
  −クライアントが最大限に効果を受け入れるやり方で、どのように実際に物語を話すか。



The organization of the seminar Metaphor and Butterflies:(3 days) includes three major categories of experience:

1. The composition of metaphors - how to compose/create an effective metaphor 

2. The discovery and replacement/refinement of deep unconscious metaphors that exert strong influence in our lives, typically without and conscious appreciation of their influence

3. The effective delivery of a metaphor - how to actually tell the story in a way that allows the client to reap full benefit

 

蝶々














〔講師〕
NLP共同創始者 ジョン・グリンダー博士
ニューコードNLP共同開発者 カルメン・ボスティック・サンクレア女史

〔日時〕
2010年5月7日(金)13:00〜19:00
2010年5月8日(土)10:00〜18:00
2010年5月9日(日)10:00〜18:00

〔会場〕品川インターシティホール(JR品川駅から徒歩5分)
〔定員〕300名
〔料金〕特別価格120,000円(税込)/一般価格120,000円(税込)
〔主催〕日本カウンセラー学院、日本マンパワー
〔後援〕日本NLP学院


3日間通して受講された方には、ジョン・グリンダー博士とカルメンボスティック・サンクレア女史のサイン入りの受講証が発行されます。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/22

グリンダー博士の特別ワークショップ「人間関係の問題を解決するスキル」

今日から3日間、東京都千代田区秋葉原にあります秋葉原UDXにて、日本カウンセラー学院が主催するニューコードNLPのセミナーが開催されます。このセミナーでは、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が講師を担当されます。

秋葉原UDXは、JR秋葉原駅を出たところにある大規模複合ビルです。建物の内部はとても広く、開放感のある空間です。どのようなセミナーになるか今から楽しみです。


秋葉原UDX
秋葉原UDX












共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/04/01

グリンダー博士の特別ワークショップ「人間関係の問題を解決するスキル」

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士による特別ワークショップ
「人間関係の問題を解決するスキル」

カウンセラー、セラピストはもとより、第一線で活躍するコミュニケーター、トップリーダーたちが「成功のための必須技法」として盛んに学んでいるNLP(神経言語プログラミング)。

セラピーの分野から生まれたNLPはコーチングの土台を成す技能としても知られ、現在ではカウンセラー、セラピストはもとより、企業経営者、ビジネスパーソン、教育関係者、アスリートなどによっても広く活用されています。また最近では、コミュニケーション力を向上させたいと願うさまざまな方がNLPを学んでおり、欧米ではその数がすでに数百万人規模にのぼっているといわれています。

この度、日本カウンセラー学院が、NLPの共同創始者のおひとりであるジョン・グリンダー博士と共同でNLPの発展に貢献されているカルメン・ボスティック・サンクレア女史をお招きし、「人間関係の問題を解消するスキル」「『したいのにできない』『やめたいのにやめられない』葛藤に対する手法」「クライエントが悩みを話さなくても問題を解決する方法」などをテーマに、3日間の特別ワークショップを開催します。ご興味のある方のご参加をお待ちしています。
(日本カウンセラー学院の案内文を転載しました)

ワークショップの日時
1日目: 2009年05月08日(金)13:00〜18:00
2日目: 2009年05月09日(土)10:00〜18:00
3日目: 2009年05月10日(日)10:00〜18:00

講師
NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士
ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史   

会場:秋葉原UDX 4F UDXギャラリー
費用:120,000円(税込)
定員:300名
主催:日本カウンセラー学院


秋葉原UDX 
秋葉原UDX











ジョン・グリンダー博士とカルメン・ボスティック・サンクレア女史
John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク
 






記事投稿日:2022/04/01
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ