整数次倍音を含む音の特徴

◎整数次倍音は、私たち人間の声、弦楽器や管楽器の音の中に、自然に含まれています。そして、高次の整数次倍音の音量が多くなると、より硬い音、またはギラギラしたまぶしさを感じるような音に聞こえます。

◎西欧のクラシック音楽は、主として、基音と低次の整数次倍音で作られています。それ以外の世界中の音楽には、さまざまなものがありますが、傾向として、基音と整数次倍音と、少しの非整数次倍音から作られています。

◎高次の整数次倍音を多く含む音:
 ・楽器:チャルメラ、バグパイプ、日本の雅楽の篳篥(ひちりき)
 ・声:ブリガリアン・ボイス

◎整数次倍音が強い人:
 ・歌手:美空ひばり、郷ひろみ、浜崎あゆみ、松任谷由美
 ・話し声:黒柳徹子、タモリ

◎整数次倍音が強い日本の伝統音楽:
 ・発声法:日本の民謡、謡曲、声明
 ・歌いもの:長唄、地歌

◎整数次倍音が強い日本の文化:
 ・物売りの声:竹竿売り「たーけやー、さおだけー」、金魚屋、豆腐屋、焼き芋屋
 ・アナウンス:駅員「間もなくドアが閉まります、ご注意ください」

◎言語において、母音は整数次倍音が主体となっています。

整数次倍音の発声は、力を抜いて顎を引き、喉を狭めて行います。この発声法はエネルギーのロスが少なく、大きな音量で高次の倍音を出すことができます。日本人はもともと整数次倍音の強い声をしていましたが、西欧文化の影響によって、基音が強く倍音が少ない声で発音する人が多くなっています。
(中村明一著「倍音 音・ことば・身体の文化誌」p.22-24より)焼き芋屋

















《倍音に関する資料1》
倍音(Wikipedia)
Overtone(Wikipedia)
Oberton(Wikipedia)

《倍音に関する資料2》
「人はどんな「音」や「声」に魅了されるのか」倍音が生む豊穣の世界
倍音分析によるいい声作りの支援アプリ開発に向けて


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク







記事投稿日:2023/01/13