日本には、間(ま)という言葉があります。ひとつは英語でいえばインターバル、何かと何かの間(あいだ)、つまりは間隔です。その定義は、大きく二つのタイプに分けられます。

ひとつは、時間の間隔および空間の間隔です。タイミング、あるいはスペースといってもよいでしょう。その間(あいだ)に何も存在しない、意味を持たないもの。たんなるブレイク、ブランクという意味です。

もうひとつは、何もないように見えて、実はそこにこそ広く深い宇宙がある、ということを表すための間(ま)です。それは、時間、空間に、それ自身を含め、他の要素が浸食し、時間、空間が歪んでいる感覚です。
(中村明一著「倍音 音・ことば・身体の文化誌」p.133より)


About the word “Ma” 

 

In Japan, there is a word “Ma”. One of its meanings is “between something and something”, in other words, “interval” in English. Furthermore, this “Ma” is generally divided into two types.

 

What one type means is intervals in time or in space, in which, like pause in time or gap in space, nothing exists or which has no meanings. Break and blank also represent this meaning plainly.

 

On the other hand, another type’s “Ma” shows that, although there is actually nothing in space or time, a vast and deep universe is just there. What it expresses is a sense that some elements, including itself, invade empty time and space, making them meaningful.

 

References

Akikazu Nakamura, Harmonic ToneA cultural Note of Sound, Language and Body, Shunjusha, November 1, 2010, p133 



盆栽













倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村 明一
春秋社
2010-11-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2022/11/28