大自然











ジョン・グリンダー:
首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か、よく考えることが大切です。これから、伝統的な首尾一貫した文化をモデルに使って、どのようにして私たちが自分自身の文化を作ることができるか提案したいと思います。その差異ははっきりと認識することができます。放棄したいと思う差異もあれば、私たち自身の個人的な文化を作るときに再現したいと思う差異もあります。たとえば、多くの場合、象徴的で、現代社会の一時的注意志向(=意識の志向性)とは逆の二次的注意志向(=無意識の志向性)であるバンプティ族のコミュニケーション体系には、豊かさがあります。予想可能性が存在します。

今日の午後ワークショップに参加するタティトス・ソンパは、ひとたびあなたとの間に確立する関係性を快適に感じたら、エントピー変化を引き起こします。パターン中断、通常の状態との分断、知覚フィルターの麻痺といった価値を発揮しますが、これらは敬意の枠内ですべて一対一で行われます。そして彼の文化の中にはバランス調整機能があり、ジュディがさっき話したケースのように内側に閉じ込められている場合であれ、あるいは実のところ、完全に適切な代替選択肢がいくつか存在している場合であれ、儀式と形式が規定されているので、特定の状況に対する選択肢が何であるか、皆あらかじめわかっています。このため、問題は、直面している状況に関してどの選択肢を選べば芸術的に最も見ばえがいいか、という審美的なものになります。

西洋、特にアメリカの視点から見ると、これらは行動上の制約であるように思えます。「私たちは、これだけのことしかできないのですか? 誰がそう言ったのですか?」と。しかし、いま話題になっている儀式の内側では、エントロピーの原則が機能していることを忘れてはいけません。これはどの論理レベルおよびどのエントロピー指数で安定に固執するか、という重要なデザイン要素です。

※エントロピーとは、大まかに「何をすることができて、何をすることができないかを、その大小で表すような量」を意味します。

女性:
私の質問は、あまりにも多くの代替選択肢が存在し、自分自身の選択が可能な現代社会の文化では安定は非常に獲得が困難なので、逆のことが起こっているのではないか、というものです。つまり、そもそも不安定な状態が安定の裏づけとなり、その状態を壊す人を評価しないのではないでしょうか?

ジョン・グリンダー:
今おっしゃったことは、私のこれまでの多くの経験を端的に言い当てているような気がします。自分が創造的な行為と見なすことを行って、まわりの人々すべてに、また別の代替選択肢を考えなくてはという思いをもたせることで完全に混乱に陥らせて、彼らにとって頭痛の種となった人間であることを言い当てているようです。私はまた、人々が現状に対して選択肢を提案する見地とは逆の立場を取っていました。彼らの選択肢は関係者に対する敬意を逸したものだと私には思えました。

ジュディス・ディロージャ:
あなたは不安定でしたか?

ジョン・グリンダー:
かなり不安定でした。そのことが引け目になって長い間悩んでいました。現代社会では、私たちのような人間は必ずしも世の中から肯定されるとは限りませんが、文化では肯定されます。
(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.58-60


John Grinder:
It's important for you to give some thought to what it is that distinguishes a coherent culture from a society. We're going to use traditional coherent cultures as a model to suggest how we can create our own. We can appreciate what differences there are, some we will wish to discard, some we will wish to recapitulate in creating our own personal culture. There is a richness, for example, to the BaMbuti communication system which is in many cases iconic and second-attention oriented as opposed to our society's first-attention orientation; there's a predictability. 

Once TaTitos Sompa, who you will meet and work with this afternoon, is comfortable with the relationship he has established with you, he is like an agent of entropy. There's value placed pattern interruption, on disruption of normal states, on disruption of perceptual filters, all within boundaries of respect, one person to the other. And there is a balancing within his cultureーthe ritual and the forms are specified to the degree that everyone knows what the choices are in responding to certain situations, whether they're trapped insideーthe case that Judy was talking aboutーor in fact, they have perfectly good alternatives and the question is an aesthetic one, that is, which one will they choose that seems most appropriate, in the sense of artistry, for the situation they're faced with? 


From a Western position, especially American, those seem to be constraints on behavior. "We can only do these things? Who says?" Remember, however, there is an entropic principle at work inside of the ritual that we're talking about. That's an important design elementーat which logical levels will you insist on stability and at which entropy?

Woman:
My question is, in our culture, where there are so many alternatives, where you can make your own, doesn't something of the reverse happen because security is so difficult to come by. So that person who breaks the convention which is insecure in the first place is often not valued because it brings that security up just like the flip side.

John Grinder:
Sounds like a verbal coding of a lot of experiences I've hadーof being the person who made what I would consider a creative act to the anguish of everyone around me who were totally disrupted by the prospect of having to consider yet another alternative. I've also been on the other side where people proposed an alternative to what was going on which I thought was outside of the boundary of respect for the human beings involved.

Judith DeLozier:
You were insecure?

John Grinder:
Quite. That's been one of my problems for a long timeーthat and modesty. So in a society such as ours you don't 
necessarily receive the affirmations from the outside worldーbut in a culture you do.
(TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to Personal Genius, PREFACE p.28-30)


Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder Delozier & Assoc
1995-09-01



ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー
ジュディス・ディロージャ
メディアート出版
2006-06-20



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/17