暗黙知という概念の核心にあるのは、技能ーたとえば職人の技ーには言葉で表現しうる以上の知識が含まれている、という考え方だ。植物を育てる才能は説明書では伝えられるものではない。土にまみれて初めて獲得できる(それでも獲得できない人もいるが)。日常生活には、このような例が数えきれないほどある。
(トール・ノーレットランダーシュ著「ユーザーイリュージョンー意識という幻想」p.367)

ガーデニング













The vital aspect of the idea of tacit knowledge is that a skillーfor example, that of a craftmanーcontains more knowledge than can be described. “Green thumb”(having a way with plants)cannot be conveyed by a description: You can acquire green thumbs only by getting them dirty(and some of us never acquire them). Everyday life contains countless examples like this, 
(Tor Norretranders “The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size”p.300-301)


ユーザーイリュージョン―意識という幻想
トール・ノーレットランダーシュ
紀伊國屋書店
2002-09-01



The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size
Tor Norretranders
Penguin Books
1999-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/29