子どもたち、特に言語を習得する時期の子どもたちは、私たち大人にとって、まるで詩を思わせるような言語表現をすることがよくあります。彼らは、私たち大人の経験において、少なくとも偶然にでも出合ったことがないような事柄を寄せ集め、統語的構造にまとめます。

子供たちが世界に帰そうとするのは、私たち大人の意識からすでに失われてしまったように思えるアニマシー(有生性)です。 そこにあるのは世界との豊かな共存、一体化の感覚であり、それらは、大人としての私たちが恐らくその背後に置き忘れてしまったであろう様々な可能性を思い起こさせてくれます。

また子どもたちは、言葉の連なりを、大人としての私たち自身が組み合わせられるとは思いもしなかったような統語的構造にまとめることで、無邪気な詩人になっていきます。
子どもたちが語ることは大抵、彼らの習得途上にある現在の言語能力というよりも、もっと深い所にある知覚上の違いから来ています。そして、こうした言葉の並列は時として偶発的に、大人の聞き手に対してノーマルな知覚状態では理解できない表現を発する引き金にもなります。

(ニューコードNLPの原点「個人的な天才になるための必要条件」p.29

子ども

 









Children, especially around the time of the acquisition of language, will often offer us verbal representations which seem poetic to us. They bring together in the syntactic structure of a sentence things which we've never run across at least in our adult experience. 

They’ll attribute to the world an animacy which seems to be missing from adult consciousness. There is a sense of full participation, of identification with the world, which reminds of us of possibilities which we have perhaps left behind us as adults.

And the child, in bringing together sequences of words in syntactic constructions that we would never have considered associated ourselves as adults, is being a funny kind of poet. Many times what they say comes from a difference in perception which is deeper than just the linguistic competency that they're still acquiring. And sometimes by accident the juxtaposition of words triggers representations in the adult listener which are not available in states of normal perception.

'TURTLES ALL THE WAY DOWN: Prerequisites to PersonalGenius' p.4

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/05