From the spring of 2020, many events at home and abroad have been canceled due to the spread of COVID-19. Under such circumstances, in May of this year, a well-known pianist from Argentina and living in Switzerland, Martha Argerich, came to Japan for the first time in three years and toured various cities for about a month to perform the world's highest performances. 


Among her performances, there was a rare program in which Argerich played together with Bunzō Otsuki, a living national treasure, who is a leading Shite (protagonist) in the Kanze school of Noh. There, Otsuki danced to J.S. Bach's ‘Partita’ Argerich played. 


The other day, I found an interview article with Argerich in a newspaper. On the day, after playing with Noh performer, she said with excitement, as following. 


“Noh fascinates my mind deeply. The very slow movements and the ‘Ma (time)’ of transformation from one movement to another reminded me of ‘legato’ in music.”


The article included a review on Argerich’s performance itself, too. 


“Her flowing tempo was well as usual. In addition, her communication ability that, by taking a little longer ‘Ma (time)’ to connect phrases, synchronized her piano with the movement of Noh dance was very wonderful, accordingly Bach's music and Noh dance showed a mysterious fusion which transcended the actual time and space of performance.” 


Here is a mutual resonance of Western and Japanese sensibilities thorough art. I think the essence of communication and its appearance are here.


西洋人と日本人の感覚の歩み寄り

2020年春から、コロナウイルスの蔓延により、国内外で多くの催し物が中止になりました。そのような中、今年の5月、アルゼンチン出身でスイス在住の著名なピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんが3年ぶりに来日し、約1ヵ月にわたり各地を巡り、世界最高峰の演奏を披露しました。

公演の中には、観世流シテ方の第一人者で人間国宝の大槻文藏氏と共演するという珍しいプログラムもあり、能の舞に合わせてJ・S・バッハのパルティータを演奏しました。

先日、ある新聞にアルゲリッチさんのインタビュー記事が載っているのを見つけました。能楽師との共演後、彼女は興奮冷めやらぬ様子でこう言ったそうです。

「能には心を奪われます。すごくゆっくりした所作、一つの動きから別の動きに移り変わる、その『間』が、音楽におけるレガートを思わせる

 

記事には、アルゲリッチさんの演奏評もありました。

「流麗なテンポはいつも通りなのに、フレーズとフレーズをつなぐ『間』をほんの少し長めに取り、能の動きと同期させるコミュニケーション能力は見事で、バッハの曲と能の舞が、演奏した時間と空間を超えて、不思議な融合を見せていた。」


芸術を通して、西洋人と日本人の感覚同士が歩み寄っています。コミュニケーションの神髄がここにあるように思います。

能楽

 












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/26