6ステップ・リフレーミングの分析(4)

飲酒問題をもっているアルコール中毒患者、または減量したいと思っている人を、例に取ってみましょう。それは、いかなる中毒にも有効に適用できます。


飲酒











典型的なケースでは、クライアントの過去を調査してみると、一定期間は禁酒することができても、また飲酒を始めていることが明らかになります。該当の行動の「見返り」、すなわち「二次的恩恵」や「二次的利益」が何であるかを明確にすると、以下のようなことが発見できます:

 彼は、リラックスするために酒を飲む

 

 彼は、日々の生活のプレッシャーから逃げるために酒を飲む

 

 彼は、社交的な状態を達成するために酒を飲む

 …

リラックスした状態にアクセスすることを達成するという肯定的な意図にフォーカスするとします。この肯定的な意図は、クライアントにリラックスした状態へのアクセスを提供するすべての行動の集合の名称です。この集合は、定義上、常に元の行動を含んでいます。

※図は省略


言い換えると、リラックスした状態を達成する方法の集合には、b1(スポーツ), b2(読書), b3(瞑想), bi(ドラッグ), bi+1(ヨガ),bi+j(アルコール中毒), bn(呼吸エクササイズ),(コミュニティ・サービス)などといった多数の行動があります。この集合の要素(メンバー)が何であるかを、いったん(少なくとも部分的に)特定した後は、変化の作業は一般的に単純なものになります。つまり、この集合から問題の行動−この事例ではアルコール中毒−に代替する3つ以上の行動を選ぶだけです。


アルコール中毒のような古典的な中毒のケースでは、通常、複数の見返りまたは二次的利益があります。したがって、NLPプラクティショナーは、変化ワークを、肯定的な意図とそれに関連した見返りごとに、一連のセッションに分ける必要があります。このステップを適用することで、一連の集合が自然に生成され、各集合は、変化すべき行動の背後にあるそれぞれの肯定的な意図によって定義されます。


これらの2つのステップ(3と4)は、意識的に内容の開示をする必要がないことに注目して下さい。より具体的に言えば、不随意のシグナル体系の強力な支援があれば、有能なNLPプラクティショナーは、完全にコンテント・フリーのアプローチを取り続けることができます。さらに注目すべきことは、無意識が、肯定的な意図と新しい行動のどちらに関しても、その内容を開示することなしに、これらすべてを管理することができるという点です。従って、クライアントが意識的に内容の開示を行わないことを選択する場合、または無意識が情報の開示を拒否する場合に、ステップ3で、内的対話を通してクライアントが自分の無意識に行う質問は以下の通りです:


 「変化すべき行動の背後に肯定的な意図がありますか?」

 

あるいは、同様に、以下のように質問することができます:


 「無意識さん、変化すべき行動の背後に肯定的な意図があることを確認することはできますか?」

 

ステップ4で、内的対話を通してクライアントが無意識に要求するのは、以下の通りです:

 「貴方が既に確認した変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を、すべて満足させる様々な行動を生成し、その中から実行に移す3つ以上の行動を選択してください。そして、この作業が完了したら、私に肯定的なシグナルを送ってください。」


このパターンは、クライアントが、元の行動が提供していた見返りへのアクセスを失うことがないことを保障します。私たちの累積35年以上の経験では、大多数のセラピーの実践者が直面する主要な障害である「抵抗」は、発生しません。 


抵抗は、私たちに言わせれば、特に重要な非言語的フィードバックの形式であり、適用されている変化プロセスが、変化すべき行動の背後にある肯定的な意図を適切に特定していないか、これらの意図を満足させるための代替となる行動が不十分である、ということを告げてくれるものです。これは、クライアントが変化したいと意識的に言う行動には、現在進行中の変化プロセスによって尊重されていない重要な二次的な見返りが含まれているという言こともできます。言い換えれば、本人(クライアント)は、自分自身がいる文脈(コンテキスト)の知覚において、自分のメンタルマップの制限の中で選択することができる最善の選択肢である行動を取っているということです。より具体的には、ステップ3と4では、この原理が十分に尊重されていて、抵抗が取り除かれます。


次のページに続く
6ステップリフレーミング(7)「6ステップリフレーミングの分析」5



Let's take as an example a man who has a drinking disorder - an alcoholic - or to people who desire to lose weight. It can beusefully applied to any addiction. In the typical case, an investigation of the client's past would reveal that he has succeeded in stopping drinking for limited periods of time but then returns to the bottle. If we were to make explicit what the payoffs − secondary benefits or secondary gains − of this behavior are, we positive intention. would discover one or more of the following:

 

he drinks torelax


 he drinks toescape the pressures of everyday life


 he drinks toachieve a state of sociability


 ...

 

Suppose that we focus on the positive intention of achieving access to a state of relaxation. This positive intention is the name of a set - namely, the set of all behaviors that offer the client access to astate of relaxation. This set will, by definition, always include the original behavior.

 

In other words, within the set of ways to achievestates of relaxation, we find a large number of behaviors, b(sports),b2 (reading), b(meditation b(drugs), bi+1(yoga), bi+j (alcoholism), bn (breathing exercises),(community service)... Once we have specified (partially at least) what the members of the set are, the change task is greatly simplified: simply select threeor more behaviors from the set to replace the behavior in question – in thiscase, alcoholism.

 

In a classic addiction case, such as alcoholism, thereis typically more than a single payoff or secondary gain involved. Thepractitioner is cautioned then to divide the change work into a series ofsessions, one for each of the positive intentions and their associated payoffs. Thus, the application of this step leads naturally to the generation of aseries of sets, each defined by each of the positive intentions behind the behavior to be changed.

 

It is interesting to note that these two steps (#3 and#4) need not involve conscious disclosure of content. More specifically, withthe aid of a robust, involuntary signal system, the skilled practitioner canremain entirely content free in her approach. The more remarkable thing is thatall this can be managed without the unconscious revealing the content involved- neither the positive intention nor the new behaviors. Thus, if the clientchooses not to have a conscious disclosure of the content or the unconsciousdeclines to reveal the information, the question presented by the client to his unconscious through internal dialogue in step # 3 is:

 

 Is there apositive intention behind the behavior to be changed?

 

Or, equivalently:

 Can you, myunconscious, confirm that there is a positive intention behind the behavior tobe changed?


In step #4, the request delivered by the client to his unconscious via internal dialogue is:

Develop a range of behaviors, all of which satisfy the positive intention you have already confirmed lies behind the behavior to be changed, and select three or more of these behaviors for implementation. When you have completed this task, please give me a positive signal.


This pattern guarantees that the client will not lose access to the payoffs the original behavior delivered. It has been our experience over some 35 accumulated years, that the major difficulty that confronts most therapeutic practitioners – resistance - simply does not occur.

 

Resistance, then, we propose, is a particularly important form of non-verbal feedback that carries the message that the change process being applied has not identified adequately the positive intentions behind the behavior to be changed or the alternative behaviors to satisfy those intentions are unsatisfactory. This is equivalent to saying that the behavior that the client says consciously he wishes to change has significant secondary payoffs that are not being respected by the change process presently being implemented. This is another way of saying that the person is engaging in a behavior that represents the best choice available at present within the limits of her own mental maps, given her perception of the context in which she finds herself. In this pattern., More specifically, in steps #3 and # 4, this principle is fully respected and resistance is obviated. 
('Whispering in the Wind' p.220-222)  


John Grinder
Grinder











Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/14