人間が普遍的に行なう三大モデリングのひとつは、削除である。これは、神経学的レベル、社会的レベル、個々の体験レベルで発生する(より詳細な論考は『魔術の構造』第吃第犠六仮函法わたしたちの感覚器官は、ごく狭い範囲に限定されたエネルギー・パターンの変化を検出して報告する。たとえば、人間の耳には振幅に対する驚異的な感受性があり、水素原子の直径ほどの鼓膜の変位さえ感じる(Noback, 1967, p.156)。その耳が反応するのは、毎秒20サイクルから20000サイクルまでの波長に限られている。つまり、毎秒20000サイクル以上のエネルギー・パターンー潜在的な音ーは、体験の体系化に利用できない。換言すれば、わたしたちの神経系は毎秒20000サイクル以上のパターンはすべて削除しているということになる。

言語のパターン形成レベルでは、変形言語学者らが、完全な言語表現ー深層構造ーとコミュニケーションで実際に使われるセンテンスー表層構造ーとの間に発生する特殊な削除パターンを数多く特定している。
(「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック機p.182-183)


イコライザー












Deletion ー Grammatical and Ungrammatical


One of the three universal processes of human modeling is deletion. This process occurs at the neurological level, the social level and the levels of individual experience (see Magic, Chapter 1, for more detailed discussion). Our sensory apparatus detects and reports on changes in the patterns of energy only within narrow ranges. For example, the human ear shows phenomenal amplitude sensitivity even to displacement of the eardrum the diameter of a hydrogen aotm (Noback, 1967, p.156). It responds to wavelengths only between 20 and 20,000 cycles per second. Thus, patterns of energy ー potential sounds ー above 20,000 cycles per second are not avaiable to us to assist us in organizing our experience. In other words, our nervous systems delete all of the patterns above 20,000 cycles per second.

At the level of patterning of language, transformational linguists have identified a number of specific patterens of deletion witch occur between the full linguistic representation ー Deep Structure ー and the actual sentences used by us in our communication ー Sueface Structure. 

(Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume p.182-183)


ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】
ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
春秋社
2012-04-25








NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/30