(1)5人1組のグループになって、それぞれ A,B,C,D,E, を割り振る。

(2)Aは、最近自分が体験したことを1つ思い浮かべ、視覚にアクセスして話します。それについてBCDEは、それぞれAの経験について視覚的な言葉に置き換えてフィードバックします。Aは、BCDEの中から自分の体験にもっとも近いものを選びます。

A: 今日は、日本風の緑色の傘をさしてきました。
B: それは、抹茶のような色ですか?
C: それは、お寺の境内に生えている苔のような色ですか?
D: それは、紅葉する前のもみじの葉のような色ですか?
E: それは、翡翠(ひすい)のような色ですか?

(3)Bは、最近自分が体験したことを1つ思い浮かべ、聴覚にアクセスして話します。それについてCDEAは、それぞれBの経験について聴覚的な言葉に置き換えてフィードバックします。Bは、CDEAの中から自分の経験にもっとも近いものを選びます。

A: 今朝は、雨が激しく降ったので、窓の外の音がうるさかったです。
B: それは、ドラムを叩くような音でしたか?
C: それは、天ぷらを揚げるときのような音でしたか?
D: それは、滝のそばにいるような音でしたか?
E: それは、爆竹が鳴っているような音でしたか?

(4)Cは、最近自分が体験したことを1つ思い浮かべ、触覚にアクセスして話します。それについてDEABは、それぞれCの経験について触覚的な言葉に置き換えてフィードバックします。Cは、DEABの中から自分の経験にもっとも近いものを選びます。

(5)Dは、最近自分が体験したことを1つ思い浮かべ、味覚にアクセスして話します。それについてEABCは、それぞれDの経験について味覚的な言葉に置き換えてフィードバックします。Dは、EABCの中から自分の経験にもっとも近いものを選びます。

(6)Eは、最近自分が体験したことを1つ思い浮かべ、嗅覚にアクセスして話します。それについてABCDは、それぞれEの経験について嗅覚的な言葉に置き換えてフィードバックします。Eは、ABCDの中から自分の経験にもっとも近いものを選びます。

presented by John Grinder & Carmen Bostic St.Clair 2010/05/08, Tokyo


雨音













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク









記事更新日:2022/06/27