A Brief Note on: Mentor

The word mentor generally refers to a person who is well-experienced and thus can give good advice to others, especially younger people.

 

The etymology of mentor

This word has its roots in the epic poem of the ancient Greek, Odyssey. A man named no other than “Mentor” was a good friend to the hero, Odysseus. In his old age Mentor was placed in charge of the son of Odyssey, Telemachus. Mentor served as a “mentor,” and gave guidance to his friend’s son.

 

The name of this man came to be used as a general term mentor, with the basic meaning of “someone who gives advice.” On the other hand “someone who receives advice from a mentor” is referred to as mentee (see Oxford Advanced Learners Dictionary.)

Telemachus and Mentor (1699 image)

テーレマコスとメントール












A famous case of mentor/mentee relationship

There is one famous case of mentor/mentee relationship: the relationship between one of the cofounders of Apple, late Steve Jobs, and one of the cofounders of Facebook (now renamed as Meta Platforms, Inc.), Mark Zuckerberg.

 

An article titled “When Facebook's founder struggled during the early days, he turned to one of his mentors, Steve Jobs, for advice” (https://www.inc.com/ilan-mochari/visit-india-creativity.html) reveals that Zuckerberg once had hit a tough patch in his early days and went to see Jobs to ask for advice.

 

The reply from his mentor was, as Zuckerberg recalls it, that “I should go visit this temple in India that he had gone to early in the evolution of Apple, when he was thinking about what he wanted his vision of the future to be.” As you can see here Jobs served as a mentor for Zuckerberg and provided the young man with a guidance in his own style.

 

Mentors in Japan

We have seen so far that mentorship was born in the ancient Greek and utilized in the West. Recently, it has started gaining popularity in Japan as well. For example, some companies in Japan today implement the so-called “mentor system,” in which employees who are more experienced serve as mentors and give advice to new recruits.

 

It is important to note that the mentors are expected to help new employees in various ways, not only at work, but also with their private matters or mental health when necessary. In fact, the advice from Jobs to Zuckerberg, “to visit a temple in India,” was quite a spiritual one. 

 

In the past mentorship was a part of OJT (on the job training), but recently, the role of mentors has been prescribed more specifically. The practice of mentorship is expected to grow more widely in Japan as well.

 

Mentors in NLP

In NLP, you are advised to choose a mentor when you don’t have enough resources in making a choice, deciding to do or not to do something, or solving problems.

 

Your mentor should be someone who can give you practical and spiritual advice, such as historical figures, legendary persons in myths, your teacher, your boss, or your friends. 



メンターという言葉とその意味について


メンター(mentor)ということばは、一般的に、「指導者」、「助言者」、「経験を積んだ人」などを意味します。

 

◉「メンター」の語源

このことばの語源となったのは、古代ギリシャの英雄叙事詩『オデュッセイア』に登場する人物の名前です。メントール(Μέντωρ)という名で呼ばれたその男は、主人公であるオデュッセウスの友でした。彼は年老いてから、オデュッセウスの息子テーレマコスの家庭教師となり、武術や学問を教えることになります。

 

この逸話から「メンター」ということばが生まれ、「個人的に指導する人」の意味をもつようになりました。ちなみに、指導を受ける人のことはmentee(メンティー)と呼びます(参考:Oxford Advanced Learners Dictionary)。

英語圏における「メンター」

英語圏ではmentorということばをよく耳にします。メンター/メンティー関係にあった有名人としては、Apple社の創業者スティーブ・ジョブズ氏と、Facebook社(現Meta Platforms, Inc.)の創業者マーク・ザッカーバーグ氏との関係を挙げることができるでしょう。

 

“When Facebook's founder struggled during the early days, he turned to one of his mentors, Steve Jobs, for advice.” (悩みのうちにあったFacebook創業者は、彼のメンターの一人であるスティーブ・ジョブズに助言をもとめた)という文言がサブタイトルとなっている記事(参考:https://www.inc.com/ilan-mochari/visit-india-creativity.html)によると、Facebook社を立ち上げた当初、困難にぶち当たっていたザッカーバーグ氏はジョブズ氏のもとを訪ね、助言をもとめたそうです。

 

するとジョブズ氏は、「インドにある、とあるお寺を訪ねてみなさい。私もApple社を立ち上げた当初、将来のビジョンをもとめてそのお寺を訪ねたんだ」という助言を与えたというのです。東洋思想に造詣の深かったジョブズ氏らしいアドバイスだといえるでしょう。ともあれジョブズ氏は、ザッカーバーグ氏にとっての「メンター」として助言をあたえていた、ということです。

 

◉日本における「メンター」

ここまで見てきたように、mentorはもともと西洋で生まれ、西洋で用いられてきたことばではありますが、徐々に現代日本語にも浸透しつつあります。たとえば、企業によっては「メンター制度」というものを採用しているところがあります。

 

経験や知識をつんだ先輩社員がメンターとなり、新入社員や後輩社員に仕事、プライベート、精神面にかかわる広範なアドバイスをする、というシステムです。重要なのは、仕事にかかわる実務的な助言だけでなく、精神面でのアドバイスも与えるのがメンターの役割である、ということです。ジョブス氏がザッカーバーグ氏にあたえた「インドのお寺を訪ねなさい」という助言も、ある意味で精神的(スピリチュアル)なアドバイスでした。

 

メンター制度は、以前にもOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング/職場内訓練)の一環としておこなわれていたものではありますが、最近でははっきりと担当者を決めて実施するケースが増えており、「メンター」ということばはますます浸透していくことが予想されます。

 

◉NLPにおける「メンター」

NLPでは、自分の人生において、何かを選択したり問題を解決したりするためのリソース(判断材料や精神的な支えなど)が不足していると感じるとき、メンターを設定するというエクササイズをします。メンターとして選ぶのは、歴史上、もしくは神話上の人物、先生や上司、身近な人など、実際的また精神的な助言を与えてくれるような人物です。



ふくろう













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/22