アメリカの生理学者ベンジャミン・リベットが1980年に行った実験を紹介します。

ポリグラフ検査













リラックスした状態でイスに座っている人の頭に、脳の電気信号を測定する装置を取りつけます。そして手首を動かしてもらい、その際に出る脳の電気信号を測定します。

当時、私たちが自分の身体を動かすときは、実際に動き出す少し前に筋肉を動かす指令としての電気信号が脳から出ることが知られていました。そのため、一連の現象は次のような順序で起こると予想されていました。

1.自分が『手首を動かそう』と意識する
2.脳が手首を動かすための電気信号を出す
3.手首が実際に動く

しかし、実験の結果は、次のような順序になりました。

1.脳が手首を動かすための電気信号を出す
2.自分が『手首を動かそう』と意識する
3.手首が実際に動く

つまり、自分が『手首を動かそう』と意識する前に、脳が手首を動かすための電気信号を出していたのです。

このことから、自分が『手首を動かそう』と思って手首を動かしたのではなく、その意思よりも前に(無意識的な何かによって)手首が動くことが決まっていて、その指令もすでに脳から出ており、手首が動くプロセスの途中で、意識が『手首を動かそう』と後追いのような形で続いていることがわかりました。つまり、自分の手首を、自分の意識が動かしているのではなく、(無意識的な何かによって)手首が動くことがすでに決まっていたことになります。

それでは、私たちにとって、自由意志とは何なのでしょうか? 私たちは、自分で行動を選択したり、決めたりすることはできないのでしょうか?

この実験結果を出したベンジャミン・リベットは、「人間に自由意志はある」と述べ、次のように説明しています。

1.脳が手首を動かすための電気信号を出す
2.自分が『手首を動かそう』と意識する
3.手首が実際に動く

2と3の間に、手首を動かすことをしないと選択するための僅かな瞬間があり、その僅かな瞬間で、私たちは自らの意思で行動を止めることができるということなのです。ですから、人間には自由意志があると説明しています。

ベンジャミン・リベット

ベンジャミン・リベット
 

 








NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク




記事更新日:2022/07/23