私たちは、物理学は私たちの外側の世界におけるパターン化のコード化をその目的としていると提案します。このような活動は、歴史的に FA 内の関係の定性的な観察から始まりました。この(訳注:FA 内の定性的な)関係がよく理解されるようになるにつれて、パターン化の定量的な表現を求める動きが出てきます。通常、次の段階は、標準化された測定を開発し、パターン化がマッピングされた説明手段の明示的な、そして次に暗黙的な結果を検証するための実験を設計することです。これらは理論と呼ばれます。計測器は、FA の外側−私たちが直接(つまり計測器なしで)検出、検知、測定する能力を超えたところ−にある理論の側面を測定できるように構築されています。この最後の段階での発見が蓄積し始め、FA 内の観察結果と矛盾する場合、物理学者は FA の領域の外にある存在−検出されたパターン化を記述し、拡張された理論に適合するような方法で説明できるようにするための仮想的な要素−を想定します。

 

例えば、CERN施設(スイスにある、素粒子物理学の基礎研究のための西欧の主要な研究センター)は、標準理論によって推測される最後の要素であるヒッグス粒子を検出したことを発表するところです。この粒子は元々、標準理論を完全で矛盾のないものにするために必要なギャップを埋めるために純粋に提案されました。したがって、CERNの科学者が、この理論的に必要な要素が実際に存在していることの最初の物理的証拠である可能性が高いと彼らが信じる事象を特定したことは大きな興奮です。

 

明らかに、FA にはこの要素に対応する事象は全くありませんが、もし検証されたなら、それは物理学者が全ての物理的事象を簡潔に説明することを望んでいる標準理論の他の粒子と並んでその場所を占めることになります。

 

見えている物(appearances)と現実(reality)との違いは、まさに現在の形式の物理学の領域であることを理解することが重要です。同様に、物理学者が観察から記述、そして説明へと移るとき、彼らの仕事は他の分野が受けるのと同じ言語変形の対象となることにも注意することが重要です。これは、記述と説明の本質的な活動が、私たちが通常受ける神経学的変形及び言語(や数学や論理などの言語コードの派生形の)変形を必然的に伴うために起こります。したがって、神経学的変形及び言語変形は、彼らの仕事のこれらの側面に全力で適用されます。

 

私たちにとって、物理学のような分野の仕事の最も説得力のある二つの側面は以下の通りです。

1. 
FA の領域の外にある電磁スペクトルの部分から、観測とパターン化が可能になるFAにマッピングする計測戦略への継続的な取り組みがあります。

2. 
計測器はまた、非常に大きい物や非常に小さい物、非常に早い物や非常に遅い物−つまり、場合によっては私たちの FA の知覚の小さな開口部に含まれるが、前述のようなサイズ、速度といった変数のために、私たちの種が遺伝的に持っている感覚装置ではそれらを FA にマッピングすることができない世界の側面−へのアクセスを得るために開発されます。

 

これらの精緻な物理理論が実際に適用された成功は、私たちは現実の世界に直接感覚的にアクセスすることは決してないが、大きな実用上の利点のためにその領域で明らかに機能するパターンを検出してコード化することは可能であることを私たちに思い出させてくれます。

 

計測器と測定という双子が絡み合った戦略は、物理学や関連する科学分野に、これらの戦略に限定されている活動のそうした部分における特別な認識論的地位を与えます。現在、それらは現実の世界(どんなに奇妙な領域であっても)に直接的に触れることに近づく活動の唯一の候補です。これは、計測器が FA の事象を生成するプロセスを定義するのと同じ一連の神経学的変形を受けないという事実に起因します。
(「風の中のささやき」p.36-38より)

地球
 











We propose, in contrast, that physics does have as its objective the coding of patterning in the world external to us. Such activity has historically begun with qualitative observations of the relations within FA. As the relationships become better understood, there is a movement to quantitative representations of the patterning. The next phase is typically to develop standardized measurements and to design experiments to verify the explicit and then the implicit consequences of the explanatory vehicle onto which the patterning is mapped − these are called theories. Instruments are constructed to allow measurement of aspects of the theories that lie outside of FA − beyond our ability to detect, sense and measure directly (that is, without instrumentation). When findings in this last phase begin to accumulate that are inconsistent with observations within FA, the physicist posits entities that are outside of the domain of FA − hypothetical elements that serves both to allow the patterning detected to be described and then explained in such a way as to fit into the extended theory.

 

For example, the CERN facility (the principal research center in western Europe for fundamental research in particles physics located in Switzerland) is close to announcing that they have detected the last of the elements posited by the standard theory − the Higgs Boson element. This particle was proposed originally purely to fill a gap required to make the standard theory complete and consistent. Thus, there is great excitement that the scientists at CERN have identified events that they believe likely to be the first physical evidence for the actual existence of this theoretically required element.

 

Clearly, there are absolutely no events in FA that correspond to this element although if verified, it will take its place alongside other particles in the standard theory that the physicists hope will explain all physical events parsimoniously.

 

It is important to appreciate that the differences between appearances and reality are precisely the domain of physics in its current form. It is equally important to note that when physicists move from observation to description and then explanation, their work is subject to the same linguistic transforms that other disciplines are subject to. This occurs as the essential activities of description and explanation necessarily involve the neurological and linguistic (as well as the derivative forms of the linguistic code such as mathematics, logic...) transforms we are normally subject to. Thus, the neurological and linguistic transforms apply with full force in these aspects of their work.

 

For us, the two most compelling aspects of the work of disciplines such as physics are:

1. 
there is an ongoing commitment to an instrumentation strategy that maps from the portions of the electromagnetic spectrum that are outside of the domain of FA back into FA where observation and patterning become possible.

2. 
Instrumentation is also deployed to gain access to the very large and the very small, the very fast and the very slow − that is, to aspects of the world that in some cases fall within our tiny apertures of perception in FA but because of variables such as those mentioned - size, speed... - the sensory apparatus that we have as the legacy of our species are incapable of mapping them into FA.

 

The practical applied successes of these rarified theories of physics serve to remind us that while we will never have direct sensory access to the real world, it is possible to detect and codify patterns that apparently operate in that domain to great practical advantage.

 

The twin-intertwined strategies of instrumentation and measurement give physics and associated fields of science a special epistemological status in those portions of their activities that are confined to these strategies. They are, at present, the only candidates for activities that approach touching directly on the real world (whatever strange domain that may be). This follows from the fact that the instruments are not subject to the same set of neurological transforms that define the processes that yield the events in FA.

'Whispering in the Wind' p.36-38

John&Carmen














Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23