無意識を用いたNLP適用のワークに精通している読者は、他の文脈における問題に気づくでしょう。効果的なコミュニケーションの分析では、否定を使用する話者は、まさに彼が望んでいないことや行動について言及し、次に、否定のいずれかの形式を使って、彼の言葉が聞き手を刺激したものについて否定します。これは、例えば、親が子供に「火遊びをしないで!」と言うというような典型的な統合失調的コミュニケーションのクラスの言語の使用につながります。
 

この文章は、子供の無意識のレベルでの自然な意味づけのプロセスを通して、火遊びという行動のイメージ、音、感覚(つまり、その子供は火のイメージを見、その熱を感じ、そのパチパチという音を聞き、彼自身の中に火遊びをするという行動を感じます)を引き出します。心配されている子供にとって残念なことに、大人はその否定を投げかけます。つまり、大人はその文章によって、子供の中で刺激された行動を実行しないように差し止め命令を出します。これは、事実上、まさにその親が望んでいないもの表象を刺激し、そのように提案されたものに対する差し止め命令を提供する一連の出来事です。子供の知覚ポジションから言えば、大人は表象を提案し、次にそれらの表象は許可されていないことを示したことになります。その子供は、示された行動を実行することと、それらを実行してはいけないという差し止め命令との間に捕らわれてしまいます。

 

もちろん、進行中の(または将来の)行動(火遊び)が受け入れられないということを子供に知らせたい大人にとって、より知的で効果的で矛盾のない戦略は、以下のような別の活動(文脈、子供、及び大人が持っている意図にふさわしく、大人が子供にやめさせたい活動を排除するもの)を指定することです。

 

全てのマッチを集めてこのテーブルに持ってきて、これで家を建てましょう!

  

子ども














The reader familiar with NLP application work with the unconscious will be aware of the issue in other contexts. In the analysis of effective communication, a speaker using negation will mention precisely the thing/action that he does not want and then negate what his words have stimulated in the listener by the use of one or the other forms of negation. This leads in the native use of language to the typical schizophrenagenic class of communication by parents, for example, with their children such as,


 Don't play with fire!

The sentence elicits through the natural meaning-making processes at the unconscious level in the child, images, sounds and feeling of the action playing with fire (that is, the child sees the image of a fire, feels its heat, and hears its crackling and then feels the movement within himself to play with it). Unfortunately for the child concerned, the adult then proposes its negation, that is, delivers the injunction NOT to carry out the actions simulated within the child by the adult's sentence. This is, in effect, a sequence that stimulates representations of precisely what the parent does NOT want and having stimulated those representations, offers an injunction against what has been so proposed. From the perceptual position of the child, the adult has proposed representations and then indicated that those representations are NOT permitted. The child is caught between carrying out the actions named and the injunction NOT to carry out.

 

A more intelligent, effective and congruent strategy, of course, is for the adult who wishes to signal the child that the ongoing (or future) behavior is unacceptable(playing with fire) to name another activity (one appropriate context, the child and the intention the adult has and mutually exclusive of the activity from which the adult wants the child to desist)  such as,

 

Gather up all the matches, bring them over here to the table and let’s build a house with them!

 

'Whispering in the Wind' p.34-35)



Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23