私たちの目の前にある物体が、その構造の一部として、私たちが見ることができるものに対応する可視光の限られたスペクトルのうち、緑色を除く全ての波長を吸収する物理的特性を持っている場合に、私たちがアクセスできる電磁スペクトルのその小さな範囲で起こっていることの技術的側面について認識論的に無視すると、私たちはその物体の色の名前をとみなします。その物体自体が緑であるためではなく、緑を除く可視スペクトルの全ての色を吸収するためです。この例は、FA のある部分への任意の連続する音の割り当てが、割り当てられる音と割り当てる方法の両方において、完全に慣習的であることを単に指摘するためのものです。

 

この任意の命名活動の一般的な日常の例は、幼児による物の命名や、一般的な日用品を言及する標準的で非技術的な方法を持たない家族の中で特に頻繁に見られます。たとえば、テレビやCDプレーヤー等を遠く離れた場所で操作するためのリモコンの導入により、その物を指す用語が急増しています。クリッカーリモートコントロールスイッチャーチェンジャーなどです。

 

言語によって、高度な FA後の精神地図(mental maps)、精神的表象(mental representations)を作成できるようになりました。これは、特性を物体、人、プロセスなどに帰するものであり、人間としての要件の純粋な人工物です。次の質問について考えてみてください。

 雑草と花、自由の闘士とテロリスト、雑音と音楽の違いは何でしょうか?

 

私たちはあなたに、言語は知覚における歪曲の追加的な層であることを認識していただきたいと思います。これは、幻想のもう一つの源 ー 私たちが議論してきた神経学的変形の上に重ねられた明らかにユニークな人間の変形です。

 

上述のように、私たちは、コージブスキーは保守的すぎると提案してきました。地図と領土の区別として知られるコージブスキーの分析を洗練させることは、非常に役に立つことがわかります。より具体的には、2つの根本的に異なる論理タイプの変形−1つ目はファーストアクセス(FA)の前の神経学的変形、2つ目は FA の後の言語変形−によって生成された2つのクラスのマッピングを区別することが不可欠です。受容体から FA の間で動作する変形(神経学的変形−この一連のマッピングをf1と呼ぶこともあります)は、その産物が FA と呼ばれる一連の表象のマッピングを誘導する最初の一連の変形です。前述のように、FA は画像、音、感触などの集合であり、私たちが世界の一次経験と呼ぶものを構成します。 2番目の一連の変形(言語変形−f2と呼ばれることもあります)は、私たちが世界の経験(FA)と呼ぶものを言語構造にマップします。
(「風の中のささやき」p.27-28より)


IoTとスマホ











The Naming Function

If some object in front of us has as part of its structure physical properties that will absorb all the wavelengths in the limited spectrum of visible light that correspond to what we can see except green, then with breathtaking epistemological disregard for the technical aspects of what is occurring in that small portion of the electromagnetic spectrum to which we have access, we ascribe to that something the color name green – note not because the object itself is green but because it absorbs all the colors of the visible spectrum except green.

 

This example is simply to point out that the assignment of some arbitrary sound sequence to some portion of FA is entirely conventional, both in the sound that is assigned and in how we make the assignment. 

 

Common everyday examples of this arbitrary naming activity are frequently found in the naming of objects by young children and especially within families where there is no standard non-technical way of referring to common everyday objects. 

 

For example, with the introduction of the remote control for operating televisions, CD players... at a distance, there has been a proliferation of terms referring to that object – clicker, remote, control, switcher, changer...

 

Language has enabled us to create advanced post-FA mental maps, mental representations, which ascribe characteristics to objects, people, processes.... which are pure artifacts of our requirements as human beings. Consider the questions that follow:

 

 What is the difference between a weed and a flower, a freedom fighter and a terrorist, noise and music?

 

We are inviting you to recognize that language is an additional layer of distortion in perception. It is another source of illusion − an apparently uniquely human transform layered on top of the neurological transforms we have been discussing.

As mentioned above, we have proposed that Korzybski was too conservative. We find it useful in the extreme to refine Korzybski's analysis known as the map/territory distinction. More specifically, it is essential to distinguish between two classes of mappings produced by two fundamentally different logical types of transforms: the first, the neurological transforms prior to First Access (FA) and second, the linguistic transforms, subsequent to FA. The transforms operating from receptor to FA are the first set of transforms (neurological transforms - we will sometimes refer to this set of mappings as f1) that induce a mapping onto a set of representations whose product is called the FA. As we have stated previously, FA is the set of images, sounds, feelings... that constitute what we call our first experience of the world. The second sets of transforms (linguistic transforms - sometimes referred to as f2) map what we call our experience of the world (FA) onto language structures.

'Whispering in the Wind' p.27-28


Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23