音とは、ある媒質(medium)における圧力の変化が聴覚によってとらえられたものであり、空気などの圧力の変化が人間の耳などに伝わったとき、それが音として知覚されます。媒質は空気だけではなく、水やその他の物質の場合もあり、音は耳で聞くだけではなく、皮膚などでとらえられる場合もあります。

空気などの圧力の変化が、振動(波)として周期を持った場合、音の高さとして知覚されます。振動(波)は物体の周りにある空気を押し出し、圧縮します。この圧縮された空気の濃い部分、すなわち密度の高い部分を、隣接する空気がさらに押し出します。このように、空気の濃い部分と薄い部分が順々に発生し、それが波となって耳に伝わる現象を「音」、圧力の変化の振動(波)を「音波」といいます。

音叉

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2023/01/05