認知心理学(cognitive psychology)では、人が完全なグループとして処理することができる情報の最小単位をチャンクと呼びます。

Johnhittheball. → John/hit/the/ball. → John hit the ball.

AI









アメリカの心理学者ジョージ・ミラーの「チャンキング理論」によれば、長い数字や文字の列をいくつかのチャンク(かたまり)に分けることによって、ワーキングメモリ(作業記憶)が有効なうちに保持することができる情報量を増加させることができるとしています。

ここで面白い例を挙げましょう。映画「メアリー・ポピンズ」の中に、1つの固有名詞が34文字の曲名があります。

 Supercalifragilisticexpialidocious


Supercalifragilisticexpialidocious
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーチャス


メリー・ポピンズ














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/06033