カリフォルニア大学
カリフォルニア大学サンタクルーズ校
キャンパスの入り口
(2019年8月 中島志保撮影)














INTRODUCTION

Reflections on The Origins of NeuroーLinguistic Programming

John Grinder 

 

This book has as its purpose a description of the origins of NeuroーLinguistic Programming (NLP). Note, please the use of the indefinite article a in the phrase, a description of NeuroーLinguistic Programming. The coーeditors of this book, Frank Pucelik and John Grinder, were two of the three prime movers in the creation of NLP and one or both of them were present at the majority of the events described herein that define the origins of NLP. A third voice that of Richard Bandler, is not present in this book as he elected not to participate.(p.5)

 

神経言語プログラミングの起源についての考察

ジョン・グリンダー

 

この本は、神経言語プログラミング(NLP)の起源について説明することを目的としています。「神経言語プログラミングの説明 (a description of NeuroLinguistic Programming)」というフレーズに不定冠詞aを使用していることに気付いてください(訳注:ここで定冠詞「the」ではなく不定冠詞「a」を使用しているのは、複数ある説明のうちの一つ、ということを示していると考えられる)。この本の共同編集者であるFrank PucelikJohn Grinderは、NLPの創始における主要な原動力となった三人のうちの二人であり、この本で説明しているNLPの起源と定義されるイベントの大部分に彼らの一人または両方が関わりました。リチャード・バンドラーによる第3の声は、彼が参加しないことを選択したため、この本には含まれていません。


CHAPTER 1

Lots of “Times”, Some Easy, Some Fun, Some Hard

R. Frank Pucelik

 

About this time I met a guy named Richard Bandler who was a lot like me. He didn’t seem to care about much and not much could bother him, especially crying, screaming college students. We fit together pretty well and we began doing Gestalt training groups together. We were doing two or three group training sessions a week and making some good pocket change in the process. After a few months of doing these groups together, Richard invited a new “hotshot” linguistics professor to come visit our groups to see if there were linguistic or other patterns he could observe from our behaviors and/or ideas that could help us be better than we already were. After three or four sessions with John Grinder (the new hotshot linguistics professor) observing our training groups and asking us questions about our language patterns and other patterns he had noticed, we knew we were on to something really special. In my opinion it was during these two or three Gestalt training group sessions that NLP/Meta was born. The excitement I felt during these early times with John and Richard became a driving force that never left me during the following six or so years that we spent together (actually it still hasn’t left me and I assume it never will).(p.22-23)

 

多くの時間心地よい時間、楽しい時間、辛い時間

フランク・ピューセリック

 

私はこの頃、私にとても似ているリチャード・バンドラーという男に出会いました。彼はあまり多くのことを気にしないタイプのようで、特に泣いたり叫んだりする大学生達に煩わされる様子はほとんどありませんでした。私たちはとてもウマが合い、ゲシュタルトトレーニンググループを一緒に始めました。私たちは週に2、3回のグループトレーニングセッションを行い、いい小遣い稼ぎをしました。これらのグループを一緒に数か月間行った後、リチャードは、私たちがよりよくなることを助けてくれる言語やその他のパターンを私たちの行動やアイデアから観察できないかを確認するため、新しい「腕利きの」言語学教授をグループに招待しました。3、4回のセッションの中で、ジョン・グリンダー(新しい腕利きの言語学教授)はトレーニンググループを観察し、言語パターンや彼が気付いた他のパターンについて質問し、私たちは本当に特別なことに取り組んでいることがわかりました。私の意見では、これらの2,3回のゲシュタルトトレーニンググループセッションの間にNLP /メタが生まれました。このような初期の時代にジョンやリチャードと一緒に感じた興奮は、私たちが一緒に過ごした次の6年くらいの間、私を突き動かす原動力であり続けました(実際、今でもそうで、これからもそうだと確信しています)

 

For the first several months of our interactions it was just John, Richard, and myself, but we rapidly started adding group members. During John’s university classes and during Richard and my Gestalt training classes, we would find people we liked and/or people would come to us and ask to join the “study group” we had formed. So, we were off and running. In my opinion, this group of people were the “first generation” NLP folks. They included Joyce Michaelson, Trevelyan Houck, Marilyn Moskowitz, Jeff Paris, Lisa Chiara, Ilene McCloud, Ken Block, Terry Rooney, Jody Bruce, Bill Polansky, Devra Canter, and one more person who is choosing to stay anonymous. Also, there were a few people during these early years who were on the edge of what we were doing: Terry McClendon (who became much more connected and active later with Robert Dilts), Paul Carter (a close friend of Steven Gilligan and partner for several years), David Wick (head of Youth Services and good friend as well as excellent leader and student of NLP), Gary Merrill (a close friend of Judy DeLozier and was in many groups with the Meta kids), Michael Patton (without whose help and friendship I might not have ever graduated from UCSC – a good counselor and colleague at Youth Services), Peter Gaarn (also a powerful counselor at Youth Services), and Pat LeClair (Head Counselor at Youth Services who constantly supported our “innovative” work with the clients). During the first two years, the group of people named above were the ones primarily involved in the experimenting.(p.23)

 

最初の数か月はジョン、リチャード、そして私だけでしたが、すぐにグループメンバーを追加し始めました。ジョンの大学のクラスやリチャードと私のゲシュタルトトレーニングクラスで、私たちは好ましい人たちや私たちが結成した「研究グループ」に参加させてほしいとやってくる人たちを見つけました。私たちは走っていました。私の見解では、このグループの人々はNLPの「第一世代」の人々です。ここには、ジョイス・マイケルソン、トレベリアン・フック、マリリン・モスコウィッツ、ジェフ・パリス、リサ・キアラ、イレーネ・マクラウド、ケン・ブロック、テリー・ルーニー、ジョディ・ブルース、ビル・ポランスキー、デヴラ・カンター、そして匿名希望の一人が含まれていました。また、これらの初期の頃、私たちがやっていることをまさにしようとしている人たちが何人かいました。テリー・マクレンドン(後にロバート・ディルツとつながり、一緒に活動した)、ポール・カーター(スティーブン・ギリガンの親友であり数年間彼のパートナーだった)、デビッド・ウィック(ユースサービスの責任者で、いい友人で、優れたリーダーで、NLPの学生だった)、ゲリー・メリル(ジュディ・ディロージャの親友であり、メタキッズたちと一緒に多くのグループに所属していた)、マイケル・パトン(ユースサービスの優れたカウンセラーであり同僚−彼の助けと友情がなければ私はUCSCを卒業できなかっただろう)、ピーター・ガーン(ユースサービスの強力なカウンセラー)、そしてパット・ルクレア(ユースサービスのヘッドカウンセラーであり、私たちのクライアントとの「革新的な」仕事をいつもサポートしてくれた)です。最初の2年間は、上記の人々が主に実験に関与しました。

 

During this time the nature of my relationship with Richard slowly changed. Originally Richard and I were the dynamic duo. By the middle of 1973 (very possibly earlier in Richard’s mind), Richard and John had become the dynamic duo and I was (functionally) the “leader of the pack “of students. Some of the later students never quite accepted this role on my part but that was the way it was until the middle of 1976. I now think some of the later troops – like Robert Dilts, Stephen Gilligan, Jim Eicher, possibly Leslie Cameron, Judy DeLozier, David Gordon, and the rest – never knew how the “Meta people” got started. I never thought about it in those days. I never cared. We were having too much fun, learning a lot, and I was starting to feel like a “real” human being.(p.25)

 

この間、リチャードとの関係の性質はゆっくりと変化しました。もともとリチャードと私はダイナミックなデュオでした。1973年の半ばまでに(リチャードの頭の中ではもっと早い時期からかもしれません)、リチャードとジョンがダイナミックなデュオになり、私は(機能的に)学生の「グループリーダー」になりました。その後の学生の一部は私のこの役割を決して受け入れませんでしたが、1976 年の半ばまではそうだったのです。ロバート・ディルツ、スティーブン・ギリバン、ジム・アイヒャー、おそらくレスリー・キャメロン、ジュディ・ディロージャ、デビッド・ゴードン、残りの後のグループの人たちの一部は、「メタピープル」がどのように始まったのかを知らなかったと思います。当時は、私はそうしたことを考えたこともありませんでした。私は気にしませんでした。私たちはたくさんの楽しいことをし、たくさん学び、「本物の」人間になったように感じ始めました。

 

The Meta people met John, Richard, and myself one or two times a week for three to five hours and worked without John and Richard two to four more times a week, often for four to six hours at a time (I was part of all of these groups). Several of us also worked together at Youth Services, and had classes and organizational groups together in the university.(p.26)
 

メタピープルは、ジョン、リチャード、そして私に週に1、2回3〜5時間会い、ジョンとリチャードなしで週に2〜4回以上、だいたい1回あたり4〜6時間働きました(私はこれらのすべてのグループに参加しました)。私たちの何人かはユースサービスでも一緒に働き、大学でも一緒のクラスや組織グループにいました。

 

During late ‘73 and early ‘74 several key people joined the process. This was the time when Robert Dilts, Steve Gilligan, Jim Eicher, Leslie Cameron, David Gordon, and Judy DeLozier became involved. During ’74and ’75 an incredible amount of our focus was given to the unconscious models, including Milton Erickson and others. We learned and experienced every trance phenomenon we could find or read about. We spend hundreds of hours working with each other and anyone else we could get to let us put them into “trance”, most of the time with their permission. We learned the process of “deep trance identification” where you become another person at the most basic level possible. The idea was to learn from them as fast and as completely as possible. We “became” every person we could think of who had something “magic” to teach us. We had a hard time getting Steven to be Steven during this time and I spent a few strange days the first time Leslie was Virginia. Leslie and I were very close at the time, life partners, working partners, both on the NLP team and at Youth Services. When she became Virginia, she was very polite and obviously did not know me. That is a very uncomfortable feeling when someone you know very well does not know who you are. I was very relieved a day later when Leslie was back in Leslie’s body.(p.26-27)

 

1973 年後半から 1974 年初頭にかけて、数人の主要人物がプロセスに参加しまし た。これは、ロバート・ディルツ、スティーブ・ギリガン、ジム・アイヒャー、レスリー・キャメロン、デビッド・ゴードン、ジュディ・ディロージャが関与するようになった時期でした。1974 年から1975 年にかけて、私たちは、ミルトン・エリクソン他の無意識モデルにすさまじいまでの焦点を当てました。私たちは、見つけたり読んだりできるかぎりのトランス現象を学び、経験しました。私たちはお互いに、そして「トランス」に入れさせてくれる他の誰とでもほとんどの場合彼らの許可を得て何百時間もワークしました。私たちは、可能な限り最も基本的なレベルで他の人になる「深いトランスの同一化」 のプロセスを学びました。その考え方は、彼らからできるだけ早くそして完全に学ぶことでした。私たちは、私たちに教えるための「魔法」を持っていると思われるすべての人に「なりました」。この間、スティーブンを スティーブンに戻すのに苦労しました。そしてレスリーか初めてバージニアになったとき、私は奇妙な日々を過ごしました。レスリーと私は当時、生活のパートナーであり、NLP チームとユースサービスの両方で仕事のパートナーであり、非常に親密な間柄でした。彼女がバージニアになったとき、彼女はとても礼儀正しく、 明らかに私のことを知りませんでした。あなたがよく知っている誰かがあなたのことを知らないというのは、とても不愉快な気持ちです。翌日、レスリーがレスリーの体に戻ったとき、私はとても安心しました。

 

By the middle of ’75, many of the original Meta people had graduated from UCSC and moved on to the rest of their lives. We were all doing a lot of training and work in our areas of interest. Steven Gilligan and Paul Carter were entrenched in Ericksonian activities, Leslie and I in family systems and education, and the rest of the troops doing their best to continue their focus areas. Training groups were continuing on a regular basis. The people from ”over the hill” were coming to Santa Cruz to learn from us. John and Richard would orchestrate challenging and interesting training groups. They would meet with the Meta kids before the training group started and give us directions on what they wanted us to teach the regular group. When the regular training session started, they would give each of the Meta people a few of the group participants (6 to 15) and we would lead them through learning experiences. The fun part of the game, for us Meta kids, was when John or Richard would come to us, during our training process, and observe our work, evaluate our abilities, and change our goals – possibly several times during the evening – and still lead a coherent and valuable training program for the participants from over the hill.(p.28)

 

1975 年半ばまでに、オリジナルのメタピープルの多くは UCSC を卒業し、人生の次のステップに移りました。私たちは皆、興味のある分野でたくさんのトレーニングやワークを行いました。スティーブン・ギリガンとポール・カーターはエリクソンの活動、レスリーと私は家庭システムと教育、残りの人たちは自分たちが重点を置く分野を継続することに最善を尽くしました。トレーニンググループは定期的に続けました 「丘の向こう」からの人々が、私たちから学ぶためにサンタクルーズにやってきました。ジョンとリチャードは、やりがいのある興味深いトレーニンググループを編成しました。二人はトレーニンググループが始まる前に私たちメタキッズに会い、このグループに何を教えてほしいかについて指示を与えました。定期的なトレーニングセッションが始まるとき、二人はメタピープルの各々にグループ参加者の数人(6人から15人)を割り振り、私たちは参加者たちを学習体験を通して導きました。私たちメタキッズにとって、ゲームの楽しい部分は、トレーニングプロセス中にジョンやリチャードが私たちのところに来て、私たちのワークを観察し、私たちの能力を評価し、そして私たちの目標を変更しおそらく一晩に数回−そしてそれでも丘の向こうからの参加者のための首尾一貫した価値のあるトレーニングプログラムを主導するところでした。

 

CHAPTER 2

 

My Road to NLP

Terry McClendon

 

My whole experience at UCSC was fantastic and it was exciting to be on the cutting edge of a new communication technology (neuro-linguistic programming – NLP). I would leave an NLP group session late at night, go home and type up my notes of those early sessions. I still have my original notes from 1972 to 1975. I was able to draw on what I was learning in these groups when studying for my master’s degree, particularly in being able to bridge old and new approaches to psychology and personal development.(p.42)

 

NLPへの道

テリー・マクレンドン

 

UCSC での私の全体的な経験は素晴らしく、新しいコミュニケーション技術(神経言語プログラミングーNLP)の最先端にいることはエキサイティングでした。 私はNLP グループセッションから夜遅くに帰り、家に戻ってそれらの初期のセッションのメモをおこしました。 1972 年から1975 年までのオリジナルのメモがまだ残っています。修士号を取得するために勉強したとき、特に心理学と自己啓発への新旧のアプローチを橋渡しすることができたときに、私はこれらのグループで学んだことを利用することができました。

 

Gestalt with Richard

 

During my fourth year at UCSC, in the winter of 1972, Richard Bandler was a fellow student in one of my psychology courses. At the time I did not know him personally, but became aware of him as he talked about the lack of practicality in the information we were then learning. In contrast, he saw Gestalt therapy as being a practical approach as it focused on using present experiences to achieve greater clarity and awareness. In 1972, Richard taught a Gestalt therapy “student-directed seminar” under the supervision of a UCSC faculty member at Kresge College, John Grinder. This course was my first formal introduction to Gestalt therapy. As well as the weekly seminars, there were private weekend and evening sessions with Richard at Dr. Robert Spitzer’s house in Soquel, near Santa Cruz. Around this time Richard, who worked for Dr. Spitzer from Science and Behavior Books, was also asked to edit transcripts of Fritz Perls’ Gestalt sessions at Cold Mountain, British Columbia and this experience helped inform Richard’s Gestalt techniques.(p.42-43)

 

リチャードとのゲシュタルト

 

カリフォルニア大学サンタクルーズ校での4年目の 1972 年の冬、リチャード・バンドラーは心理学コースの1つで仲間の学生でした。当時、私は彼を個人的に知りませんでしたが、私たちが学んでいた情報の実用性の欠如について彼が話しているときに彼を知りました。これと対照的に、彼は、ゲシュタルト療法が、より明確で意識を高めるために現在の経験を使用することに焦点を合わせていることから、実用的なアプローチであると考えました。 1972 年、リチャードは、クレスジ大学の UCSC 教員であるジョン・グリンダーの監督の下、「学生主導のセミナー」でゲシュタルト療法を教えました。このコースは、私にとって初めてゲシュタルト療法に公式に触れる機会となりました。毎週のセミナーだけでなく、 サンタクルーズ近くのソケルにあるロバート・スピッツァー博士の家で、リチャードとの個人的な週末と夜のセッションがありました。この頃、Science and Behavior Booksでスピッツァー博士のために働いていたリチャードは、ブリティッシュコロンビア州コールドマウンテンでのフリッツ・パールズのゲシュタルトセッションの記録を編集するように依頼され、この経験によってリチャードはゲシュタルトのテクニックを知りました。

 

The Gestalt workshops were intriguing. My involvement with these early groups continued regularly through 1974 and occasionally through 1977. My initial fascination was driven by my own personal development. At the time, I was carrying quite a bit of tension partly due to my experience in war and partly because of family dynamics. As the groups continued, my initial personal interest transitioned to a more professional one and I became a Gestalt therapy practitioner. I used the skills as a family counselor and later as a psychologist.(p.43-44)

 

ゲシュタルトワークショップは興味をそそられるものでした。これらの初期のグループと私の関わりは、1974 年まで定期的に、そして 1977 年まで時々続きました。最初、私は私自身が個人的に成長することから、これに強い興味をもちました。当時、私は戦争の経験と家族関係のせいでかなりの緊張を抱えていました。グループが続くにつれて、私の最初の個人的な興味はより専門的なものに移り、私はゲシュタルト療法の実践者になりました。私は家族カウンセラーとして、そして後に心理学者としてこの技術を使用しました。


The Meta Model
 


The Meta Model was a milestone. As I understand it, it was the first of a number of models of what was to become neuro-linguistic programming. The Meta Model is a verbal questioning tool originally developed to enhance therapies where high quality information is needed. It is described fully in Bandler and Grinder’s book The Structure of Magic, Volume I. The Meta Model is a linguistic model that assists people to understand specific problems. Questions asked via the Meta Model encourage them to recover the information that is missing when they delete, distort, or generalize pieces of information (i.e., they use language violations).(p.45)

メタモデル

メタモデルは画期的な出来事でした。私が理解しているように、それは神経言語プログラミングとなる多くのモデルの最初のものでした。メタモデルは、もともと質の高い情報が必要な治療法を強化するために開発された口頭での質問ツールです。それはバンドラーとグリンダーの本「魔術の構造」で完全に説明されています。メタモデルは、人々が特定の問題を理解するのを支援する言語モデルです。メタモデルを介して尋ねられた質問は、情報の一部を削除、歪曲、または一般化するときに欠落した情報を回復するよう促します(つまり、それらは言語違反を使用します)。

 

The hypnosis techniques we learnt in the 1970s seem crude by comparison to what we are doing now. However, fundamentally, they were the basis for more elegant techniques to follow. As with much of today’s teaching of NLP, trainers in hypnosis also lack knowledge of how and why techniques work. Much of today’s teaching is superficial; a situation sometimes evident to me when students have acquired some training from other organizations. They frequently lack the basic grounding to advance to more sophisticated techniques. Since the early days, some of the originators of NLP have developed new models including Design Human Engineering, the New NLP, and NLP New Code. Some of these developments are exciting and they have opened the potential for using the brain more fully and for changing perception. Creating multiple timelines and belief systems can be fun and add to the power of NLP.(p.49)

 

1970年代に私たちが学んだ催眠術は、私たちが現在行っていることと比較すると、粗雑に見えます。しかし、基本的に、それらは後に出てくるよりエレガントなテクニックの基礎となるものでした。今日のNLPの教えの多くと同様に、催眠術のトレーナーも、テクニックがどのように、そしてなぜ機能するのかについての知識を欠いています。今日の教えの多くは表面的なものです。その状況は、学生が他の組織からトレーニングを受けたとき、時に明らかになります。彼らはしばしば、より洗練された技術に進むための基礎的な下地を欠いています。初期の頃から、NLPの開発者たちの一部は、デザイン人間工学(Design Human Engineering)、New NLP、ニューコードNLPなどの新しいモデルを開発してきました。これらの開発のいくつかは刺激的であり、脳をより完全に使用し、知覚を変える可能性を開きました。複数のタイムラインと信念体系を作成することは楽しく、NLP の力を高めることができます。

 

CHAPTER 6


The Middle of Know Where: My Early Days in NLP

Stephen Gilligan

 

The main people that I remember in those 1974–1977 groups included Judy and Leslie, as well as Jim Eicher, Joyce Michaelson, Patrick and Terry Rooney, and Trevelyan Houck. I lived with Frank Pucelik and Paul Carter during much of that time, and they were actively in the mix as well. David Gordon and Terry McClendon were in the earlier groups, and Robert Dilts came in around 1976, if I remember correctly. That community, including Bandler and Grinder, was a group of merry pranksters that spent seemingly every waking moment exploring, reading, experimenting, creating and, most of all, having fun. We roared through the Meta Model and then the Milton Model, trying out every possible communication pattern we could dream of – on ourselves, each other, waitresses in restaurants, professors in classes, people at bus stops, and so on. The Marx Brothers movies – that’s Groucho, not Karl – offered excellent models of possible ways of being. We were young, intensely curious, and determined to “go where no man or woman had gone before.”(p.83)

 

どこにもない場所の真ん中:NLPでの私の初期の日々

ステファン・ギリガン

 

1974年から1977年のグループで私が覚えている主な人々には、ジュディとレスリー、ジム・アイヒャー、ジョイス・マイケルソン、パトリックとテリー・ルーニー、トレベリアン・フックがいました。その間、私はフランク・ピューセリックとポール・カーターと一緒に住み、彼らも積極的にそこに交じっていました。デビッド・ゴードンとテリー・マクレンドンは初期のグループに属していて、私の記憶が正しければ、ロバード・ディルツは1976年頃にやって来ました。バンドラーとグリンダーを含むそのコミュニティは、メリー・プランクスターズのグループのように、起きているすべての瞬間を探索、読書、実験、創造、そして何よりも楽しむことに使っているようでした。(訳注:メリー・プランクスターズは、1960年代に活動したケン・キージー率いるアメリカサイケデリック集団。団体名は、「陽気ないたずら者たち」という意味。)私たちはメタモデル、次にミルトンモデルを駆け巡り、想像できるすべてのコミュニケーションパターンを、自分自身、お互い、レストランのウェイトレス、クラスの教授、バス停の人々などに試しました。マルクス兄弟の映画(カールではなくグルーチョ)は、あり方の優れたモデルを提供しました。私たちは若く、非常に好奇心が強く、「これまで男性も女性も行ったことのない場所に行く」ことを決意していました。

 

A central forum for the early groups were the evening groups led by Bandler and Grinder. They were small groups, perhaps 12–15 people, mostly UCSC students. Each meeting was about three hours or so with a relatively straightforward structure. The question would be raised as to who wanted to make deep personal changes that evening, and volunteers would be directed to different individual rooms. In the initial groups, a single Meta-Model distinction – for example, challenging deletions – would be introduced to the remaining students.(p.83)

 

初期のグループの中心的なフォーラムは、バンドラーとグリンダーが率いる夜のグループでした。それらはだいたい1215人の小さなグループで、ほとんどがUCSCの学生でした。それぞれのミーティングは、比較的単純な構成で、約3時間ほどでした。今夜は誰が深い個人的な変化を起こしたいのかという質問が提起され、ボランティアとなった人は個別の部屋に案内されました。最初のグループでは、残りの学生には、単一のメタモデルの区別(例えば、削除への挑戦)が示されました。

 

After 90 minutes or so, the groups would re-adjourn to the main room and conversation about what had happened would ensue. In the initial year or so, I remember Bandler as the front man, while Grinder would observe and metaーcomment on the process. This shifted over time into a more symmetrical teaching role. In the last 30–45 minutes, Bandler would go on a rave about (and mostly against) psychotherapy – about the limitations of all maps, how they were nominalizations that trapped people inside theories and away from direct observation and relational connection. Bandler spoke at times like an inspirational preacher and his raves lit a passionate fire within this young psychology student. They invited me to see through maps and look more to the effects of a map on a given experiential process. They emphasized a process of sensory connection and getting feedback, but also one of living beyond maps. This latter notion of a “world beyond words” was being fed by many other influences in my life at that time – Carlos Castenada, Allan Watts, the Grateful Dead, Ram Dass, meditation, LSD, John C. Lilly, John Coltrane, and G. SpencerーBrown, to name a few. But for those few precious years, the Bandler and Grinder groups were the core contexts for this exploration.(p.84)
 

90分ほど後、グループは再びメインルームに移動し、何が起こったのかについて議論しました。最初の年かそこらには、私はバンドラーをこのグループの顔役として覚えており、一方でグリンダーはプロセスを観察してメタコメントしていました。これは時間とともに、より対称的な教育の役割にシフトしました。最後の3045分間で、バンドラーは心理療法について、それらがどのように理論の中に人々を閉じ込め、直接の観察と関係のつながりから遠ざける名詞化であったかについて(ほとんどの場合反対する立場で)熱弁しました。バンドラーは時には霊感を受けた説教者のように話し、彼の熱弁はこの若い心理学の学生に情熱の炎を灯しました。彼らは私に、地図を通して見て、与えられた経験的プロセスに対する地図の効果に注目するよう促しました。彼らは、感覚的なつながりとフィードバックを得るプロセスだけでなく、地図を超えて生きるプロセスも強調しました。この後者の「言葉を超えた世界」の概念は、当時の私の人生における他の多くの影響、いくつか例を挙げると、カルロス・カスタネダ、アラン・ワッツ、グレイトフル・デッド、ラム・ダス、瞑想、LSD、ジョン・C・リリー、ジョン・コルトレーン、そしてG・スペンサー・ブラウンなどの影響も受けていました。しかし、それらの貴重な数年間、バンドラーとグリンダーのグループはこの探検の中核でした。

 

CHAPTER 10


My Early History with NLP

Robert Dilts

 

My journey with NLP began in September 1975, before there was actually formally such a thing as NLP. The name neuro ー linguistic programming emerged in the spring of 1976. It was inspired in part by the field of neurolinguistics – an area of study, predating NLP, whose purpose was to explore the neurological basis of language. 1 NLP founders Bandler and Grinder coined the name in order to distinguish what they were doing from traditional psychology, psychotherapy, and hypnosis ( as well as from the field of neurolinguistics ). 2 My own path to NLP, however, did not come as a direct result of the study of any of these fields. I grew up in the San Francisco Bay Area in the 1950s, 60s and 70s. This was a time of great change in the world, much of which was focused in that particular part of Northern California. The culture in which I spent my youth was a cornerstone for such phenomena as the hippies, the rise of rock ’ n ’ roll music, protests against the Vietnam War, psychedelic drugs, sexual freedom, feminism, gay rights, environmental awareness, the human potential movement, and the launching of the technology revolution in Silicon Valley. Change, new ideas, innovation, and a revolutionary spirit were a natural, everyday part of the reality in which I came of age.(p.145)

 

私のNLPとの初期の歴史

ロバート・ディルツ

 

私のNLPの旅は、実際にNLPのようなものが正式に登場する前の、19759月に始まりました。神経言語プログラミングという名称は1976年の春に登場しました。それは、言語の神経学的基礎を探求することを目的とした、NLP以前の研究分野である神経言語学の分野に部分的に触発されたものでした。NLPの創始者であるバンドラーとグリンダーは、彼らが行っていることを伝統的な心理学、心理療法、催眠術(および神経言語学の分野)から区別するためにこの名前を作りました。しかし、私自身のNLPへの道は、これらの分野のいずれかの研究の直接の結果としてもたらされたものではありません。私は1950年代、60年代、70年代にサンフランシスコの湾岸地区で育ちました。これは世界が大きく変化した時期であり、その多くは北カリフォルニアの特定の地域に集中していました。私が若い頃を過ごした文化は、ヒッピー、ロックンロール音楽の台頭、ベトナム戦争への抗議、サイケデリックス、性的自由、フェミニズム、ゲイの権利、環境意識、人間性回帰運動、そしてシリコンバレーでの技術革命の開始などの現象の土台となるものでした。変化、新しいアイデア、革新、そして革命的な精神は、私が成長した現実の自然な日常の一部でした。

 

In the fall of 1975, Bandler and Grinder were deeply into their study of Erickson, traveling down to Phoenix, Arizona on a regular basis in order to observe and model Erickson. After one such trip, I remember John coming into class and excitedly saying, “Everything you know is wrong.“ Their experience with Erickson had led them to completely rethink their view on the Meta Model. John’s comment (a humorous reference to an album by a popular comedy group of the time called The Firesign Theater) reflected his and Bandler’s realization that, rather than asking questions and challenging the assumptions of his clients, Erickson used the Meta Model patterns in reverse. He purposely used language to create generalizations, deletions, and distortions as part of his hypnotic work. They called this approach, along with Erickson’s use of metaphor, presupposition, and embedded suggestion, “the Milton Model“ and published the results in their next book, Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Like Satir and Bateson, Erickson found the work impressive. As he wrote in his preface, “[ I ] t is a much better explanation of how I work than I, myself, can give. “(p.151)

 

1975年の秋に、バンドラーとグリンダーはエリクソンの研究に深く関わり、エリクソンを観察してモデリングするために定期的にアリゾナ州フェニックスに旅行しました。そのような旅行の後で、ジョンがクラスに入ってきて興奮して「あなたが知っていることはすべて間違っています」と言ったのを覚えています。彼らは、エリクソンとの経験により、メタモデルに関する見方を完全に再考させられました。ジョンのコメント(当時人気のあったファイアサイン・シアターというコメディグループのアルバムへのユーモラスな言及)は、エリクソンは、質問をしたりクライアントの仮定に異議を唱えたりするのではなく、メタモデルパターンを逆に使用していた、という彼とバンドラーの認識を反映しています。エリクソンは、催眠術の一環として、意図的に言語を使用して、一般化、削除、および歪曲を作り出しました。彼らはこのアプローチを、エリクソンの比喩、前提、および埋め込まれた提案の使用とともに「ミルトンモデル」と呼び、その結果を彼らの次の本である「ミルトン・H・エリクソンの催眠術パターン」で発表しました。サティアやベイトソンのように、エリクソンはこの作品は素晴らしいと感じました。彼が序文で書いたように、「この本は、私がどのようにワークをするかについて、私自身が与えることができるよりもはるかに良い説明です。」

 

In the class, John was teaching about the generative power and influence of language on perception. The class was fascinating and intense, producing new insights and discoveries every day. I recall one day someone asking a question, and John stopped the whole class and said, “I just want to point out here that no one in human history has asked that question before.“ It struck me that what he was saying was true. John’s point was that the use of language was leading us into new areas of perception and consciousness. It felt like the territory into which we were moving was truly groundbreaking.(p.152)

 

クラスで、ジョンは知覚に対する言語の生成力と影響について教えました。クラスは魅力的で熱心で、毎日新しい洞察と発見を生み出しました。ある日、誰かが質問をしたことを思い出します。ジョンはクラス全体を止めて、「人類の歴史上、これまで誰もその質問をしたことがないということを、ここで指摘したいと思います」と言いました。彼が言っていることは真実だと思いました。ジョンが言いたかったことは、言語を使用することが私たちを知覚と意識の新しい領域に導いているということでした。私たちがやって来た領土は本当に画期的なものだと感じました。

 

The Origins Of Neuro Linguistic Programming


285P(英語)ペーパーバック−2013/6/30
John Grinder
Frank Pucelik

Amazon:
Frank Pucelik
Crown House Publishing
2013-06-30






298P(英語)Kindle版−2013/5/9
John Grinder
Frank Pucelik

Amazon:
The Origins Of Neuro Linguistic Programming (English Edition)
John Grinder
Frank Pucelik
Crown House Publishing
2013-05-09




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/04/02