警告色について
警告色(英: Warning colouration)は、生物がもつ派手な体色を指し、警戒色、危険色ともいわれます。おもに有毒生物が持つ色彩で、捕食者など自分に害を及ぼす他の生物に対する警告の役目を担います。動物、植物を問わず見られ、その役目は人間の社会生活にも広く応用されています。


NLP「アンカー・モデル」との関係
工事現場のトラテープや踏切の遮断棒に、黄色と黒の縞々が使われているのには理由があります。黄色は人間の注意を引く性質を持つ色(進出色)であり、単色でも十分目立つのですが、正反対の黒(後退色)と組み合わせると、強いコントラストが生み出され、よりはっきりと黄色を認識させることができるのです。自然界では、危険な生物が警告色として黄色と黒を帯びています(ミュラー型擬態)。そうした色合いを模すことで、「危ない」という本能的な感覚に働きかけることが可能になるわけです。

蜂

























バリケード











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/07/30