1986年3月、カリフォルニア州サンフランシスコで、NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とNLP共同開発者ジュディス・ディロージャ女史が、「個人的な天才になるための必要条件」というテーマで5日間のワークショップを開催しました。このワークショップの中で、グリンダー博士は、「自分の視野を中心視野から周辺視野に移すことによって、内的対話を沈黙に変えることができる」と説明しています。このワークショップのあと、「周辺視野を広げること」と「内的対話を止めること」がニューコードNLPの大きなテーマとなりました。

◎中心視野(Foveal vision)
 ・意識(conscious)
 ・内的対話(Internal dialogue)あり
 ・コンテント(内容、詳細)
 ・4Ti
 ・デジタル
 ・過去/現在/未来の区別がある
 ・7±2

◎周辺視野(Peripheral vision)
 ・無意識(unconsciousness)
 ・内的対話(Internal dialogue)なし
 ・プロセス(文脈)
 ・4Te
 ・アナログ
 ・過去/現在/未来の区別がない
 ・無限大(


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー、ジュディス・ディロージャ共著
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



イメージ












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/04/15