ジョン・グリンダー:

今後、世界で動く際、ヴィオラ・レジェール風の文脈マーカーと命綱を用意する目的で、自分の基本型として次の演習を使用してみてください。その後、「世界を止めて」ください。「世界を止める」ときに起こることは、あなたが「世界を止める」ために使った方法論にある程度左右されるということに注目してください。非常に深いトランスを使い、二次的注意に対してこれらのリクエストを求め、了承を得た後、トランスから出て「世界を止めた」変性意識に入る場合、ある特別な種類の経験をもちます。これは、今までにあなたが「世界を止めた」非常に集中した状態へのアクセス点を見つけることで「世界を止めた」後、自分の個人的経験からその状態の生理的機能や経験にアクセスする場合とは、典型的に非常に異なったものです。この場合は、その状態が入り込む前に、あなたが「世界を止めた」最初の環境、文脈からの何らかの中身、内容が存在する傾向にあります。これらのアプローチを使うと違いが生じます。


子ども











ジュディス・ディロージャ:
「世界を止める」カスタネダの記述の中で、彼らは子どもたちについて語っています…。彼は「見る」という概念を使っています。内的対話を停止し、中心視野を止めて、周辺視野だけで見ると、世界は驚くべきほどに異なって見えます。彼は、人間の可能性の範囲とこれらの可能性の一部と共鳴している文化について、すなわち外側と内側の発散の調和について語っています。そして、それはあまりにも流動的なので、それを安定化させるために、子どもたちは言語を教えられます。子どもたちは、たえずその点を安定化し、固定化する方法として言語によって強化されます。彼は、「見者」としての子どもたちについて語った後、世界についての記述をして、子どもたちが誰であるかを彼らに告げ始める両親について語ります。子どもたちは、言語を学んだ後、世界が安定するわけです。これはもう一つの記述です。
「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.129-130)

次のページ「命綱を備えて世界いを止める(9)に続く」


John:
We're proposing that from now on, when you act in the world you use this next exercise as your prototype
to arrange for Viola Legere type contextual markers and a lifeline. Then you" stop the world." Now notice that what happend when you "stop the world" is in part a function of the methodology you use for "stopping the world." If you're using a deep, deep trance, and go in and make those requests of your second attention and get a confirmation and then come out of the trance into the altered state of having"stopped the world" you'll have one class of experiences. It will be profoundly different, typically, than what happens when you "stop the world" by finding an access point to a highly focused state where historically you did "stop the world" and you now retrieve the physiology and the experience of that state from your personal history. There will tend to be some substance, some content from the original environment, the context where you" stopped the world" before that will intrude. There will be differences using those approaches.

Judy:
In Castaneda's descriptions of "stopping the worlď" he talks about children..., he uses the concept of "seeing,” when you stop internal dialogand you stop foveal vision and you’re seeing with just peripheral vision, the world looks amazingly different. He talks about the range of human possibilities being out there and culture resonating with a few of those possibilities―the emanations on the outside and the inside matching. And it's so liquid that in order to stabilize it children are taught language. They'reconstantly reinforced with language as a way of stabilizing and fixing that point. He talks about children being "seers," and then the parents start making descriptions of the world and telling them who they are
they learnlanguage and then the world stabilizes. It's another description.


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20





Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/22