Grinder
















デボラ:
あなたが言ったことを注意深く翻訳してみたのですが、私が “full-view”(完全視野)と聞き取ったその言葉が合っているかどうか確信がありません。

ジュディス・ディロージャ:

(黒板に書きながら)“foveal-view”(中心視野)です。でも、私はその “full-view”(完全視野)も好きです。しかし、一時的注意の翻訳と同様に、それは、まったく誤解を生みますね(笑い)。ですから、目の中心と周辺部では異なる種類の視覚的経験が起こります。左右の人差し指をだいたい腕いっぱいのところに伸ばしてください。左の目を閉じてください。右目で左の指に焦点を合わせて、ゆっくりと、右目が左の指から目を離さずに見つめたまま、右の指を離してください。約10センチ離れた場所で、その指は消えるはずです。消えないようでしたら、その地点を越えて、また戻ってきてください。いえ、いえ、それは速く動かし過ぎです。この辺で、指が消えるはずです。

女性:
まず自分の左の指を見るのですね。

ジョン・グリンダー:
自分の左の指を見ています……。

ジュデス・ディロージャ:
……自分の右目で……

ジョン・グリンダー:
……右目、一方の目だけで見てください。動かしていると、右の指の先が消える場所があります。その後、指はまた現れます。おもしろいと思いませんか?

ジュディス・ディロージャ:
指はどこに行ったのでしょうか?

ジョン・グリンダー:
体の部分が再び現れたことに、私は非常に感謝します(笑い)。

ジョン・グリンダー:
今、簡単な実演デモで皆さんが発見しているのは、人間としての遺産の一部です。これは、盲点と言われているものです。明白に、網膜の神経路が網膜を離れる点が盲点です。私たちは、自動的機能でこの点を埋めているので、両眼ではなく単眼で自分の経験を注意深く検討することでしかこの事実が明らかにされることはありません。

ジュディス・ディロージャ:
ですから、そこに、指の先に新しい情報があるわけです。

ジョン・グリンダー:
これが盲点です。どちらの方に動くかに依存しています。中心視野は、眼球で集中化されている通常「円錐体」と呼ばれている感覚器官を使用します。眼球の周辺部の主要な解剖学的構造である桿状体は、周辺視野を通して世界を見る方法の主要な要素となっています。

ジュディス・ディロージャ:
ジョンがさっき言及したように、後ろの黒板に焦点を合わせるとき、部屋のどの部分の動きに気づきますか? 自分の周辺視野のはずです。

ジョン・グリンダー:
そこにその動きが実際にあると思う場合、部屋を見渡すと、突然その位置が変わることに気づきます。世界、感覚器官と呼ばれる私たち自身、そして最終的に意識の中のリプレゼンテーショナルシステムの変形体によって構築される、内的世界として評価されるもののインターフェイスで起こる種類の変形体については、日常経験を考察すると判明する例が数多くあります。

ジュディス・ディロージャ:
それは、文字どおり、濾過します。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.127-129より)


次のページ「命綱を備えて世界を止める(8)に続く


Deborah:
You said…, one of the things you said I have translated carefully but I'm not sure itquite fits and that's this description of what I call "full-view,F-U-L-L-dash-V-I-E-W," (laughter) vision and ah...

Judy: 
Foveal. (writing on board) But I like that"full-view" However, like most first-attention translations, it's totally misleading. (laughter) So the fovea and the periphery of the eye give rise to different classes of visual experience. Extend your two fingers up at about arm's length. Now close your left eye. Now focus on your left finger with your right eye and slowly, without shifting your gaze, so that your right eye is looking at your left finger, move your right finger away. After about four inches of separation the top of it should disappear. If you don't notice that, go past that spot and then come back. No-no, much too far. About this far is where you're going to find that.

Woman:
I'm watching my left finger.

John:
You're watching your left finger...

Judy:
...with your right eye...

John:
...with your right eye only, one eye. And as you move across there's a place where the top of your right finger disappears. And it appears again. Isn't that amazing?

Judy:
Where did it go?

John:
The part about it appearing again is what I'm really thankful for.(laughter)

Judy:
Yipes!

John:
Now what you'rediscovering by a simple little demonstration is something that is part of yourheritage as a human being. It's called your blind spot. Obviously where the tracks from the retina leave the retina is a blind spot. Notice that we fill this with an automaticity that can only be teased out by a careful examination of our experience using monocular, as opposed to binocular vision.

Judy:
So there, new information is right at the end of your finger.

John:
And so is the blind spot. Depending on which way you're moving. So foveal vision employs theclass of receptors that are centralized in the eye, usually called cones. Rods,which constitute the major anatomical structure in the periphery of the eye,are the major element in your way of witnessing the world through peripheralvision.

Judy:
As John mentioned earlier, if you focus on the blackboard here, where in theroom do you notice movement? It will be in your peripheral vision. 

John:
And if you think that's where it actually is, look across the room and you'll notice suddenly it shifts. There are many examples available in the inspection of everyday experience about the class of transforms that occur between the interface of the world and us called our sense organs and what we ultimately come to appreciate as our world as constructed by those transformsin representational systems in consciousness.

Judy: As it filters down literally. 


ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20




Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22