木の葉










ジョン・グリンダー:

期待とは何でしょうか?ー求心性神経と遠心性神経の間の連絡がどういうものであるか説明できる知識のある人はいますか?ー
私の視野の外にある熱いものを私の手または足が触った場合、私は、その信号が私の中枢神経系に達する前にその手足を引っ込めます。そのループは、脊髄で起こります。そして、生物体への損傷を防止するという観点からは、このことは非常に意味があります。しかし、自分の先入観を、筋肉緊張の使用と不使用、萎縮とパターンの同じメカニズムによって、末梢器官に向かって押し出すと、私たちは、学習することができない自己本位の不浸透性の体系になってしまいます。なぜならば、私たちは、このとき末梢で差異を破壊しているからです。中心視野から周辺視野に移り、内的対話を沈黙に変えることが、私たちがこのワークショップで達成しようとしている審美的な設計に基づき、二次的注意にアクセスを確立する方法として極めて重要となります。
(「ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122-123)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(4)」に続く



John:

What are expectations? Who here has the background to tell us what the connections between afferent and efferent nerves are? If my hand or my foot touches something hot outside of my visual field I will withdraw that limb before the signal reaches my central nervous system. That loop will occur at the spinal cord. And that makes a great deal of sense in terms of preventing injury to the organism. But when we take our preconceptions and push them, by the same mechanisms of use and disuse, atrophy and patterns of muscle tension, out to the peripheral organs we becomea self-validating, impermeable system which can't learn because we're destroying difference at the periphery. Changing foveal to peripheral vision and changing internal dialog to silence, become extremely important as ways of establishing access to second attention in a way that willallow us to do the kinds of design aesthetically, that we wish to do in this workshop.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius
John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22