森林









ジョン・グリンダー:

グレゴリー・ベイトソンは、目を閉じて見る木の方が、目を開けて見る木よりもさらに自分の真実に近い、と言いました。「木を見る」という後頭葉の出来事に影響を与える外的パターンは存在しないので、外的に調整すべきものをもたない場合、木を変えることは私にはより容易です。人間の神経系の喜びと危険性は、知覚フィルターを末梢に向かって押し出しすぎて、何を削除しているか自分でわからなくなる点です。それは、アランとブリットが提示した、現代文化では「常識」と呼ばれている認知ストラテジーを使い、中枢神経系で何らかの状態を達成する前に、差異が破壊されてしまうような形でそれを末梢に向かって押し出してしまうことです。私たちの神経系は、信じられない程度まで、すでにそのことを行っています。網膜には1億6千万の錐体細胞と受容体があり、視細胞の経路はそれよりはるかに少ない事実は、私たちが見ているのはそこにあるものではないということを示唆しています。それは、網膜上で、該当の物体からの反射された光のパターンを特殊な形に変形したものです。

(ニューコードNLPの原点−個人的な天才になるための必要条件」p.122)

次のページ「命綱を備えて世界を止める(3)」に続く



John:
Bateson says that the tree that I see with my eyes closed is more truly mine than the tree that Isee with my eyes open. Since there's no external pattern impinging on that occipital lobe event called "seeing the tree" it's easier for me to change the tree if I have nothing out there to coordinate. 
The delight and the danger in human neurology is to push your perceptual filters so far out in the periphery that you don't know what you're deleting. It's taking the cognitive strategy that Allen and Britt offered, which is "commonsense" in our culture, and pushing it out to the periphery so that difference is destroyed before it ever achieves any status in our central nervous system. Our neurology already does that to a degree that's unbelievable. The fact that there are 160,000,000 cones and receptors in the retina and magnitudes fewer tracks in the optic nerve tells you that what we're seeing is not what’s there. It's some interesting transform of the light pattern reflected from that object on the retina.

 

ニューコードNLPの原点 個人的な天才になるための必要条件
ジョン・グリンダー&ジュディス・ディロージャ
北岡泰典訳
メディアート出版
2006-06-20



Turtles All the Way Down: Prerequisites to Personal Genius

John Grinder
Judith Delozier
Grinder, Delozier & Associates
1995-09-01




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/22