6ステップ・リフレーミングの分析(2)

ステップ2では、変化の仲介者は、パターンの残りの部分を実際に機能させるための極めて重要なプロセスを調整します。それは、クライアントの内部にある敬意を表すべき自己との対話であり、ここでは、クライアントは、フレームや質問からなる一連のせりふ(プロンプト)で内的対話(独り言)を行い、無意識からの反応を受動的に待ちます。意識的には再生できない生理的反応であるこれらの反応の不随意な性質により、パターンが、自分の恣意的な錯覚による最終的には無意味なエクササイズではないことが保証されます。


カウンセリング




 







クライアントが自分の無意識に提示する最初のフレームは、自分の無意識を変化のプロセスに密接に関与させようとする、クライアントの(明らかにNLPプラクティショナーに促された)意識的要求を認識しています。実際にシグナル体系を確立するのを達成する具体的なプロセスには、たくさんのバリエーションがありますが、最もシンプルで、最も分かりやすいものは、以下のような、内的対話形式の質問を無意識に提示することです:

 

 あなたは(クライアント自身の無意識のことです)、私とコミュニケーションをとりますか?

 

この質問を提示した後、クライアントは、NLPプラクティショナーの指示により、無意識からの反応を検知するために、体感覚系(身体感覚)に注意を集中させながら、受動的に待ちます。感覚の変化が現れたら、クライアントは、そのシグナルを(その感覚が発生した身体の部分を触りながら)認証し、(内的対話を通じて)ありがとうと感謝します。クライアントは、次に、そのシグナルの意味を判定する作業を行います。身体感覚というものは、結局は、単なる感覚でしかありません。そのシグナルが、最初の質問に対する「Yes」と「No」 のどちらの答えを意味するのかを判定する明確化の作業は、自分の無意識に対して(ふたたび内的対話を通じて)以下のような指示をすることで行われます:

 

 もし、今のシグナルが「Yes」であれば、もう一度同じシグナルを送ってください。

 

次に、フレーミングを使って(フレームの中で「No」のシグナルの必要性を説明して、それを要求することで)否定の不随意シグナルを生み出します。

 

ここからは、非常に重要なステップに入ります。無意識が活動しないように要請しながら、クライアントは、NLPプラクティショナーにより、「Yes」と「No」 の各シグナルを、意識的に、すなわち、変性意識状態(トランス)に入らない形で再生するように指示されます。クライアントが、無意識から送られたシグナルを意識的に再生できないようであれば、すなわち、該当のシグナルが不随意であれば、ステップ2は完了したことになります。もしクライアントが、2つのシグナルのうち、どちらかのシグナルを再生できる場合、シグナルは意識的です。この場合、クライアントは、フレーミングを使って無意識に代わりとなるシグナルを要請し、不随意のシグナルが確実に生み出されるまで、そのシグナルを随意/不随意のテストにかけます。

これは、一般的な手順の例で、図式的には下記のようになります:
※図は省略


このプロセスは、文字通り適切な方法の中に無意識を位置づけているので、以前言及したクラシックコードのフォーマットに対する本質的な修正の1つとなっています。このプロセスはまた、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーに対して、変化のプロセスに無意識が直接的に関与する完全な生成型のフォーマットを提供するものと期待されます。その手順にはいくつかの利点があります。1つの明らかな点は、無意識は、ある特定の変化の長期的でグローバルな影響にアクセスする能力については、結果の観点から、意識よりも優れているということです。情報の7±2チャンクの限界がある意識は、このような評価をするには十分ではありません。

 

次に明らかな利点は、この手順を使うパターン(どのような変形であっても)と、直接的な催眠との比較です。催眠、特に深い催眠は、通常は、意識と無意識の大きな分離を意味しています。実際のところ、催眠が選択すべき治療であることを示す指標の1つは、クライアントが、意識で理解することの必要性にとらわれていたり、変化するのは不可能だという信念を持っていたりして、変化の仲介者が、これらの行動がクライアントの変化する能力を大いに妨げると判断するときです。従って、クライアントの意識的マインドを完全に回避することでクライアントの意識的活動が示す障害をバイパスできる催眠テクニックを通じて、熟練した催眠療法家は、意識的なパターンにも関わらず、早く深い変化を生み出すようにクライアントの無意識を刺激することができます。

 

ただし、トレーニングを積んだNLPプラクティショナーの倫理的なコミットメントの1つとして、NLPプラクティショナーは、自分のクライアントに誘導した分離(ディソシエーション)に注意し、セッションの終わりの仕上げの際に、このような分離(ディソシエーション)を全て元に戻すことを確実にしなければならないということに注意してください。すなわち、クライアントが変化のプロセスの一部で分離した部分を再統合するために、関連するアソシエーション・テクニックが必要となります。意識は通常その(催眠の)適用の中で役割を演じていないため、明らかに催眠自体はこの意味で分離的です。従って、催眠療法家は、ワークの後の仕上げの際に、意識と無意識を再統合する調整を行う責任を受け入れる必要があります。

 

リフレーミング・パターンのステップ2から6は、すべてこの不随意のシグナル体系を活用しており、ここでクライアントは、意識の「正常」な状態(NLPプラクティショナーとコミュニケートしている部分)と、変性意識状態(通常は、軽度から中度のトランス状態)の間を行ったり来たりします。

従って、私たちは、この種類の手順(ステップ2〜6のクライアントの変性意識状態のシフト)は、ミルトン・エリクソンが彼のキャリアの終わりに取ったポジションと一致していると考えています。次のような質問をされたとき、

 

「催眠療法家が、クライアントに求めるべき変性意識状態は、どれほど深くあるべきですか?」

 

ミルトン・エリクソンは以下のように答えました。

 

「望んでいるセラピー上の目標を達成するのに必要な深さです。」

 

実際、後ほど説明するように、このような不随意のシグナル体系のいくつかの形式を含めることによって、グリンダーとバンドラーの当初の共同ワークが生み出した欠陥が大きく修正されるという意味において、どのようなクラシックコードのパターン化でも、ニューコードに変換することが可能になります。


次のぺージに続く
6ステップリフレーミング(5)「6ステップリフレーミングの分析」3



In step 2 the agent of change arranges the essential process that makes the rest of the pattern actually work. It is a respectful interactive dialogue within the client whereby he or she uses internal dialogue (talking to themselves) to present a series of prompts consisting of frames and questions to which he or she will then passively await the responses from the unconscious. It is the involuntary nature of these responses − physiological responses that cannot be reproduced by the conscious mind - that ensures that the pattern is not some arbitrary self-serving delusional and ultimately futile exercise.

 

The initial frames that the client presents to their unconscious acknowledges the conscious desire of the client (obviously promptedby the practitioner) to involve his or her unconscious intimately in the change process. While there are many variations on how specifically the process of actually establishing the signal system can be accomplished, the simplest and most transparent is to present to the unconscious in the form of internal dialog the following question,

 

Will you (referring to his or her own unconscious) communicate with me?

 

After presenting this question, the client is instructed by the practitioner to wait passively with their attention focused on their kinesthetic system body sensations)  to detect the response from the unconscious.When a change in sensation arrives, the client simply validates its arrival (atouch on the portion of the body where the sensation occurred and a thank you delivered through internal dialogue). The client next engages in a procedure to determine what the signal represents − after all, a body sensation is simply asensation. The disambiguation procedure to determine whether the signal means yes or no as an answer to the original question posed, proceeds simply by presenting the following statement to their unconscious (again using internal dialogue),

 

If the signaljust offered means yes, please repeat it.


The subsequent use of framing (explaining the need for a no signal ina frame and then requesting one) will yield the negativein voluntary counterpart.

Now comes the critical step. Requesting that the unconscious remain inactive, the client is instructed by the practitioner to reproduce each of the signals, yes and no, consciously - that is, without entering into an altered state, If the client proves incapable of consciously reproducing the signals offered by the unconscious − that is, the signal(s) is involuntary, then step 2 is accomplished. If the client succeeds in reproducing one or the other of the two signals − the signal is voluntary and the client isinstructed through the use of framing to request of the unconscious alternative signal(s) which are then subjected to the voluntary/involuntary test, untilin voluntary signals are achieved.


This, then, is an example of a much more general procedure diagrammatically presented below:
※図は省略


This process literally positions the unconscious in an appropriate way - one of the essential corrections to the classic code formats mentioned previously. Hopefully it also suggests to the trained NLP practitioner an entire generative class of formats to directly involve the unconsciousin the change process. The procedure carries a number of advantages. One obvious one is that the unconscious is superior in its competency for accessing the long term and global effects of some particular change with respect to consequences. Consciousness with its limitation of 7
±2 chunks of information is ill-equipped to make such evaluations.

 

One less obvious advantage is to compare any pattern with this procedure (in whatever variant) with direct hypnosis. Hypnosis,especially in its deeper forms, typically implies a severe disassociation between conscious and unconscious. Indeed, one of the indicators that hypnosis is the treatment of choice is when the agent of change is presented with a client who isso filled with conscious requirements for understanding; has beliefs about theim possibility of change... that the agent of change determines these behaviors will greatly impede the client's ability to make changes. Thus, through hypnotic techniques that by pass the client's conscious mind entirely and therefore the obstacles that clients' conscious activities represent, a skillful hypnotist can stimulate the client's unconscious to make rapid and deep change in spite of such conscious patterns.

 

Please note, however, one of the ethical commitments of well-trained NLP practitioners is a sort of mental gymnastic whereby the practitioner makes note of any disassociations she induces in her clients andensures in the dean up phase at the end of the session that all such disassociations are reversed - that is, some corresponding association technique is required to re-integrate the portions of the client disassociated as part of the change process. Clearly hypnosis itself is disassociative inthis sense, as consciousness typically plays no part in its application. Thusthe hypnotist must accept the responsibility of making arrangements for are integration of consciousness and unconsciousness as part of the clean upafter a piece of work.


In steps 2 through 6 of the reframing pattern, all of which involved the use of this involuntary signal system, the client will be alternating between a “normal” state of consciousness (communicating with the practitioner) and an altered state of consciousness (usually a light to medium trance state).

 

Thus, we regard this class of procedures (the shifting altered state of the client during steps 2−6) as congruent with the position that Erickson held at the end of his career. When asked the following question,


 How deep analtered state should a hypnotist strive for with his clients?

 

Erickson replied,

 

Only as deep asnecessary to achieve the therapeutic goals desired

 

In fact as we will explicate subsequently, the inclusion of some form of this involuntary signal system allows the conversionof any of the classic code patterning into new code in the sense of significantly correcting the flaws created by Grinder and Bandler in their original work together.
('Whispering in the Wind' p.216-219) 


John Grinder

Grinder












Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/14