これらの二つの形式的基準を尊重しているすべての階層順序を、論理的包含によって順序づけられた階層、またはより単純に、論理レベルと呼びます。論理的包含の二つの基準は以下の通りです。


1. 収縮−係節の形成によって誘導されるそれぞれの連続的な区分において範囲が減少すること

2. 
継承性−関係節の形成による区分において集合の要素であることの基準が保持されること

 

上述のように、FAで提示された出来事は、私たちの受容体と外界の実際の刺激が衝突した点に始まり、それぞれの大脳皮質への投射で終わる一連の神経学的変形の産物です。受容体と皮質をつなぐのは一連の神経学的構造であり、その機能を神経学的変形と呼びます。

風の中のささやき



 


 

元のボートの集合を、その構成部品に分解することによって生成された階層は、確かに道理にかなった順序関係です。実際に、切り離された腕がプラスチックのスーパーヒーローのおもちゃの一部であるのと同じ方法による、神経学的変形の産物における共鳴、つまり象徴的(iconic)関係です。

 

次に、論理レベルの階層を定義する形式的基準を適用します。この新しい階層は、どちらの基準でも論理レベルの階層として認定されないことに注意してください。収縮の形式的基準は、世界にはボートよりもボルトの方が数が多い(同様に、ボルトよりもねじの方が数が多い)という単純な観察により、当てはまらないことが分かります。同様に、ボートの集合であることを定義する集合の要素であることの基準は、単純にボルトの集合の定義には存在しないということにより、継承性の基準も欠落しています。例えば、ボートというカテゴリーに設定された集合の要素であることの基準は、浮くことです。ボルトは通常、水よりも重い物質でできており、明らかに浮きません。したがって、明らかに、部分/全体関係によって生成される階層と呼ばれる順序関係は、論理的包含によって生成される階層とは異なる論理タイプです。

 

自然区分と人工区分(及びそれらの結果である集合)の違いは、神経学的変形を支配する内部論理と言語変形を支配する内部論理の違いの一つの明確な例を構成しています。さらに、自然言語プロセス(関係節の形成など)によって生成された階層は、明確に定義された形式的な順序である論理レベル−自然言語によって定義された階層の順序づけの原則は論理的包含です−になることに注意してください。現在の研究には、FAの領域で自然な部分を構成する可能性があるものについて興味深いヒントがありますが(ホフマンの優れた業績である「視覚的知性(Visual Intelligence)」の102105ページにある彼のコメントをご覧ください)、これまでのところ、私たちが知る限りでは、FAにおける神経学的変形の産物に自然に対応する部分/全体の順序関係または階層の形式的特性はありません。

 

私たちは神経学的変形と言語変形を区別する違いの2つの追加的な例について簡単に説明し、興味のある読者にはRed Tail Math −日常生活の認識論(仮題)、グリンダー及びボスティック著、2002年−で提示されたより拡張された議論を確認いただくよう勧めます。

 

言語における興味深い分類の一つは、内容語(一般的には、言語のすべての名詞と動詞、及びそれらの派生語)と機能語(前置詞、冠詞、接続詞、否定など)があることです。名詞の dog, cat, plane… などと動詞の strike, touch, see…などは、それぞれ、私たちが知覚する体験の特定の部分に対応する物と動作について言及していることは比較的明らかです。それでは、to, at, on, over, under, the, a, not といった機能語は、何について言及しているのでしょうか。一般的な答えとしては、それらは 言及するのではなく、内容語間の内部関係が何であるかを示す言語演算子です。以下の対の文章は、under, on という対照的な機能語によってのみ異なっています。

 

 お皿はジェシカのテーブルの上にあります。

The plate is on Jessica's table

 

お皿はジェシカのテーブルの下にあります。

The plate is under Jessica's table

 

通常の分析では、機能語である on と under は、名詞である plate table の間の空間的関係を特定しています。これは直感的に満足がいく分析です。それでは、この文章について考えてみましょう。

 

 ピットブル(訳注:闘犬用のテリア)はジャーマンシェパードを攻撃していません。

 The pit bull is not attacking the German Shepard.

 

英語の話者として、提示された文章に対応するイメージ、一連の音や感覚を呼び起こすのにほとんど労力は必要ありません。しかし、関係している犬たちの視点からこの状況を考えてみてください。ここでは、この状況に関するグレゴリー・ベイトソンによる優れた分析を引用します。

 
象徴による(iconic)コミュニケーションでは、時制、単純な否定、叙法標識は存在しません。

単純な否定が存在しないこというのは、非常に興味深いことです。なぜなら、それはしばしば、彼らが言っていることの反対を望んでいるという命題を乗り越えるために、彼らが意味していることの反対を保持するということを生物に強いるからです。

二匹の闘犬(訳注:two clogs(二つの木靴)を意訳)は、互いに近づき、「私たちは戦うつもりはありません」というメッセージを交換する必要があります。しかし、象徴的なコミュニケーションで戦いに言及できる唯一の方法は、牙を見せることです。
(グ
レゴリー・ベイトソン著 「精神の生態学へのステップにおける原始的技術のスタイル、優美さ及び情報」p.140-141)

 

2つの非言語の存在(ピットブルとジャーマンシェパード)には問題があります。人間の言語システムに見られるような否定を含まないコミュニケーション様式において、動作の不在または否定をどのように伝えるか、という問題です。ポイントは、FA−2匹の動物が動作する唯一の領域−では否定がないということです。

 

無意識を用いたNLP適用のワークに精通している読者は、他の文脈における問題に気づくでしょう。効果的なコミュニケーションの分析では、否定を使用する話者は、まさに彼が望んでいないことや行動について言及し、次に、否定のいずれかの形式を使って、彼の言葉が聞き手を刺激したものについて否定します。これは、例えば、親が子供に「火遊びをしないで!」と言うというような典型的な統合失調的コミュニケーションのクラスの言語の使用につながります。
(「風の中のささやき」p.31-34)

マッチ









 

Logical Levels as Structure in the Linguistic Transforms

We shall call all hierarchical orderings that respect these two formal criteria hierarchies ordered by logical inclusion, or more simply, logical levels. The two criteria, then, for logical inclusion are:

1. constriction - reduced coverage under each successive partition induced by relative clause formation

2. inheritability - the preservation of the set membership criteria under partition by relative clause formation

As stated above, the events presented to us at First Access (FA) are the product of a set of neurological transforms beginning at the point where our receptors and the external world of actual stimuli collide and terminate at their respective cortical projections. Linking the receptors and the cortex are a series of neurological structures whose functions we will call neurological transforms.

風の中のささやき




 


The hierarchy generated by the decomposition of the original set boat into its component parts is certainly a legitimate ordering relationship - indeed, one that finds resonance in the products of the neurological transforms in the same way that the detached arm is a part of a plastic super hero toy, an iconic relationship.

Now apply the formal criteria that define a hierarchy of logical levels. Note that the new hierarchy fails to qualify as a hierarchy of logical levels on both criteria. The formal criterion of constriction fails by the simple observation that there are more bolts in the world than there are boats (equivalently, more threads than bolts). The inheritability criterion misses as well as the set membership rules that define the set of boats simply is not present in the definition of the set of bolts. One of the set membership criteria for the category boats, for example, would be that they float; bolts are typically made of substances heavier than water and patently do not float. Clearly, then, ordering relationships called hierarchies generated by part/whole relationships are of a different logical type than hierarchies generated by logical inclusion.

The distinction between natural and artificial partitions (and their resultant sets) constitutes a clear example of one of the differences between the internal logic governing the neurological transforms and the internal logic dominating the linguistic transforms. We further note that the hierarchies generated by natural language processes (e.g. relative clause formation) result in logical levels - the ordering principle for hierarchies defined by natural language is logical inclusion - a well-defined formal ordering. While there are tantalizing hints present in the current research as to what might constitute a natural part in the domain of FA (see Hoffman's comments on pages 102 - 105 in his excellent work Visual Intelligence), to the best of our knowledge thus far no corresponding formal characterization of the part/whole ordering relationships or hierarchies natural to the product of the neurological transforms at FA is available.

We briefly mention two additional examples of differences that distinguish neurological and linguistic transforms and invite the interested reader to review the more extended arguments presented in RedTail Math: the epistemology of everyday life (working title), Grinder and Bostic, 2002.

One interesting classification within language is that there are content words (normally all the nouns and verbs of the language, and their derivatives) and function words (the prepositions, articles, connectives, negation...). It is relatively clear that the nouns dog, cat, plane... and the verbs, strike, touch, see... refer to objects and actions respectively that correspond to specific portions of our perceived experience. To what then do the function words to, at, on, over, under, the, a, not refer? The usual answer is that they do not refer but rather are linguistic operators that indicate what the internal relationships among the content words are. The succeeding pair of sentences differs only by the contrasting pair of function words under and on:

 

The plate is on Jessica's table

The plate is under Jessica's table

The usual analysis is that the function words on and under specify the spatial relationship between the nouns plate and table. This seems intuitively satisfying. Now consider the sentence,

The pit bull is not attacking the German Shepard.

As speakers of English, it requires little effort to summon up an image, set of sounds and feelings that correspond to the sentence presented. However, consider the situation from the point of view of the dogs involved. Here we quote Gregory Bateson's excellent analysis of the situation.

In iconic communication, there is no tense, no simple negation, no modal marker.

The absence of simple negation is of special interest because It often forces organisms into saving the opposite of what they mean in order to get across the proposition that they want the opposite of what they say

Two dogs approach each other and need to exchange the message, "We are not going to fight But the only way in which fight can be mentioned in iconic communication is by the showing of fangs.

Gregory Bateson, Style, Grace and Information in Primitive Art in Steps to an Ecology of Mind) pages 140-141


The two non-linguistic entities (the pit bull and the German Shepard) have a problem − how to communicate the absence or negation of an action in a communication system that does not contain negation as it is found in human linguistic systems. The point is that at FA − the only domain in which the two animals operate − there is no negation.

The reader familiar with NLP application work with the unconscious will be aware of the issue in other contexts. In the analysis of effective communication, a speaker using negation will mention precisely the thing/action that he does not want and then negate what his words have stimulated in the listener by the use of one or the other forms of negation. This leads in the native use of language to the typical schizophrenagenic class of communication by parents, for example, with their children such as,

 Don't play with fire!

マッチ










 
Whispering In The Wind

John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョングリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23