【外界の情報を処理する方法】

◎情報を収集する方法:
 ・カメラのレンズを通して見るように外界の情報を捉える。
 ・画像や図表から情報を収集する。

◎情報を記憶する方法:
 ・画像や図表を使って情報を記憶する。

◎外界の情報を表現する方法:
 ・画像や図表を使って表現する。
 ・視覚的な言葉を使って表現する。

-------------------------------------------------
【身体の特徴】

◎姿勢の特徴:
 ・視野を意識した姿勢をとる。
 ・背筋を伸ばして直立している。
 ・肩や背中の筋肉が緊張している。

◎呼吸の特徴:
 ・胸の上部で呼吸をする。
 ・浅くて速い胸式呼吸をする。

◎動作の特徴:
 ・身体はあまり動かさない。
 ・手で何かを描くようなジェスチャーをする。

-------------------------------------------------
【話し方の特徴】

自分の目で見たものや、頭に浮かんだ画像など、視覚による情報をすべて言葉に変換しようとするため、話すペースが自然と速くなる。また、視覚による情報を瞬時に言葉に変換しようとするため、言葉と言葉の間を空けずに、かつ、明確に話す傾向がある。視野を意識した浅い胸式呼吸により、肺の空気量の少なさで、声のピッチが高めになる。

-------------------------------------------------
【その他の特徴】

◎学習プロセス
 ・語学を学ぶとき、スペリングに強い


カメラマン













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/05/27