New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

2020年11月

長期記憶:非宣言的記憶について

長期記憶には、記憶している内容を言葉で語ることができる宣言的記憶(declarative memory)と、言葉で語ることができない非宣言的記憶(non-declarative memory)があります。

非宣言的記憶には、手続き記憶(procedural memory)、古典的条件付け(classical conditioning)などがあります。


◎手続き記憶
手続き記憶は、同じ経験を反復することによって形成されるもので、おもに日常的な動作や運動において発揮されます。その内容を言葉で語ることは難しく、体で覚えていると感じるものです。

〈手続き記憶の例〉
・お箸の持ちかたを体得する
・自転車の乗りかたを体得する
・泳ぎかたを体得する

自転車












◎古典的条件付け(条件反射)
古典的条件付けに関する有名な例としては、パブロフの実験があります。犬にエサを与える際に、先にベルの音を鳴らすようにすると、そのうちにベルの音を聞いただけでエサを想起して唾液を分泌するようになるというものです。

ベルの音は本来、犬にとって無意味なものであり、取り立てて特別な反応はしませんが、ベルの音とエサの提供が連続して起こる状況が何度か続くうちに、ベルの音を聞けば無条件にエサが想起され、生理的な反応として唾液が分泌されるという流れができ上がるのです。このとき、唾液を分泌させる原因となるベルの音は条件刺激(Conditioned Stimulus: CS)、エサは無条件刺激(Unconditioned Stimulus: US)と呼ばれます。無条件刺激(US)とは、学習するしないにかかわらず、その刺激自体が、強制的に何らかの行動を引き起こしてしまう刺激のことです。そして、条件刺激(CS)に呼応して意識に関係なく反射的に起こる行動や現象を条件反射といいます。

この場合、エサという無条件刺激に対して、ベルの音という条件刺激と唾液の分泌の関連付けが新たに形成され、記憶の一種になります。これら以外にも記憶は存在しますが、代表的なものはこの例です。
パブロフの犬













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/26

長期記憶:宣言的記憶について

長期記憶には、記憶している内容を言葉で語ることができる宣言的記憶(declarative memory)と、言葉で語ることができない非宣言的記憶(non-declarative memory)があります。これらは大雑把な分け方ではありますが、おおよそ大脳が司る理性や人間性に関わる記憶が宣言的記憶、小脳が司る運動関係が非宣言的記憶です。逆に言えば、宣言的記憶は大脳的記憶で、非宣言的記憶は小脳的記憶です。

宣言的記憶には、意味記憶(semantic memory)、エピソード記憶(episofic memory)などがあります。


◎意味記憶
意味記憶は、知識や一般的な事実に関する記憶を指します。たとえば、学校で習うものやクイズになりそうな知識がこれに当たります。意味記憶は、いったん記憶が形成されると、それをいつどこで学んだかといった記憶は失われやすいのも特徴です。私たちの脳にはたくさんの知識が意味記憶として蓄えられており、蓄えられる場所は、記憶の内容に応じて大脳皮質のそれぞれの領域に分散しています。

〈意味記憶の例〉
・言葉の意味を知り、記憶する
・歴史の年号や歴史的な事実を知り、記憶する
・元素記号や化学式を知り、記憶する
・社会のルールを学び、記憶する
・単語やフレーズの意味を知り、記憶する

英会話













◎エピソード記憶

エピソード記憶は、個人的な体験や出来事に関する記憶のことです。例えば、初めて海外旅行をしたときのことや、大好きな歌手のコンサートに行ったときのこと、あるいはアクシデントに見舞われて非常に困ったときのことなど、感情と結びついている個人的な内容であることが多いです。

男女













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/26

長期記憶:シナプス可塑性と記憶の固定化

長期記憶は短期記憶とはメカニズムが異なり「シナプスの変化」を伴います。これをシナプス可塑性(synaptic plasticity)と言います。

人間の脳には、大脳で数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個にも上るニューロン(神経細胞)が張り巡らされており、そのひとつひとつがシナプスを介して別のニューロンと繋がり、複雑なネットワーク(神経回路)を作っています。この回路には、さまざまなことを見聞きしたり肌で感じたりするなどの経験によって常に何らかの電気信号が流れているものの、基本的にはそれらすべてに反応することなく消えていきます。しかし、同じ電気信号が何度も流れてきて、それが一定の基準に達すると、その信号の伝達効率を上げるように、各ニューロンをつなげる回路が強化されます。つまり、ニューロンから受け取った情報をそのまま伝達するのではなく、シナプスそのものが変化することにより、神経ネットワーク内の信号の流れが変化し、情報の伝わり方も操作されているわけです。

このように、長期記憶とはシナプスに、あるいは神経ネットワークに情報を焼き付けるプロセスであり、これを記憶の固定化(memory consolidation)と言います。


〈参考文献〉
記憶の固定化(脳科学辞典)


脳とシナプス











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/26

短期記憶と長期記憶について

記憶を分類する方法として、いろいろなものさしがあります。そのひとつは、記憶が保持される期間です。大きく分けて短期記憶と長期記憶の2種類があります。


◎短期記憶(short-term memory: STM)
短期記憶とは、数分から数十分ほどで消えてしまうものです。自分がいま見たことや聞いたことに対して、脳は一時的に反応しますが、その大半は一過性のもので、特に印象的なことでなければ、反応したものの多くは消えていきます。

短期記憶の中には、これから遂行する行動のために一時的に蓄えられるものがあります。これを作業記憶(Working memory)といいます。

〈短期記憶の例〉
・電話番号を調べて、電話をかけるまでの一時的な記憶
・電車の出発時刻を調べて、電車に乗るまでの一時的な記憶
・スマホに送られてきたワンタイムパスワードを入力するまでの一時的な記憶
・Wi-Fi のパスワードを調べて、入力するまでの一時的な記憶

Wi-Fi











◎長期記憶(long-term memory: LTM)
長期記憶とは、何日経っても覚えているものです。短期記憶が印象的なものであったり、自分にとって重要な情報であったりすれば、脳内で2次的、3次的な反応を引き起こし、長期記憶に変換されて長期間蓄えられるものとなります。

長期記憶には、比較的最近の記憶である近時記憶(Recent Memory)や、遠い過去の記憶である遠隔記憶(Remote Memory)があります。

〈長期記憶の例〉
・テレビショッピング日本直販の電話番号は0120-666-666です
・大阪駅から京都駅に行くリムジンバスは、毎時00分、20分、40分に出発します
・東日本大震災の日に何をしていたかを今でも忘れられません
・ロシアのホームステイ先で教えてもらったボルシチの作り方を今でも覚えています

ボルシチ














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/26

記憶について(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「記憶」について書いた記事の一覧です。

記憶について(目次)
2020/11/01 記憶について(目次)

記憶について(記事)
2020/11/02 長期記憶と短期記憶について
2020/11/03 長期記憶:シナプス可塑性と記憶の固定化
2020/11/04 長期記憶:宣言的記憶について
2020/11/05 長期記憶:非宣言型記憶について


人工知能














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/11/26
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • 首尾一貫した文化と社会を区別するのは何か?
Twitter プロフィール
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ