New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

2020年04月

現在の音響環境に関する警告

このブログ記事は、中村明一氏の著書「倍音 音・ことば・身体の文化誌」からそのまま引用します。

倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村 明一
春秋社
2010-11-01


----------------------------------

大橋力氏が実験結果について述べている箇所を、著書の中から引用します。

熱帯雨林の環境音の周波数上限が都市の環境音における5〜15kHzを一桁上廻る100〜130kHz以上にまで達することを見出したのをはじめ、熱帯雨林の音の構造が超密度、高複雑性変容性が著しいのと対照的に、都市の環境音が低密度、単純性がはなはだしいことを明らかにした。

この実験結果についての大橋氏の考察を要約しますと、次のようになります。

人間はもともと高周波(可聴域以上の音)に富んだ熱帯雨林に住んでいた。現在生存している動物たちのほとんどもそこから出ており、自然環境が変わるにしたがって、生息域が他のところに移っていった。非西洋音楽(楽器)には非常に高周波に富んだものが多く、ガムランなどは100kHz程度の高周波成分を持っている。そうした高周波を聞くと、脳の基幹部が活性化され、生命維持に必要な免疫物質を分泌、ストレスを軽減し、快適さを増強してくれ、リラックスできるといった効果がある。しかし、現代の都市社会に住む人間、日本人の状況では、豊かな自然音・伝統音楽との乖離がいちじるしく、音楽を聞くといっても20kHz以下のCDや、16kHz以下(録音モードによってはさらに低い)のダウンロードされた音楽を聞くのみとなっている。この状況は人間にとっても非常に危機的な状況なのではないだろうか。人間は本来の環境に生存するときに脳も身体も最良の状態にあり、そこへ向かって歩を進めるべきではないか。

以上のように大橋氏は結論づけ、現在の音響環境に対する厳しい警告を発しています。倍音が多く含まれた楽器、声を直かに体験できる機会を増やし、自然の中の音響、伝統的な生の音楽を大切にすることで、よりよい環境の中で人間本来の生活ができるということは、人類の未来にとって重要なことと思われます。
(中村明一著「倍音 音・ことば・身体の文化誌」p.34-35より)

森林














倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村 明一
春秋社
2010-11-01



ハイパーソニック・エフェクト
大橋 力
岩波書店
2017-09-23



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/13

都市の音と森の音との違いが意味するもの

私たちが生存する[環境の中の音]を観てみましょう。この地上でもっとも複雑な生態系であろう、アフリカや東南アジアの熱帯雨林の環境音は、豊かな超高周波の存在とそれらがミクロな時間領域にみせる複雑な変容とが、尺八の音やガムランの音との共通性を感じさせます。こうした熱帯雨林の音に豊かな高複雑性超高周波を与えているその音源は何でしょうか。鳥たちの鳴き声、木々のざわめき、水音など、その音源の候補は多種多様なものが考えられます。そしてこれらの貢献も決して否定できません。しかし、それらと大きく違った熱帯雨林特有の決定的な超高周波音源となっているものが存在します。それは、[虫の音(ね)]です。ちなみに、この音環境に棲む人類たちの本来の生存形態は、産業というカテゴリーに入らない〈狩猟採集〉です。

ジャングル














この状態から第一次産業といわれる農耕に転じ、文明への第一歩を歩みだした人々の生きる「村落」では、屋敷林や里山、村里などに、熱帯雨林のように壮麗高密度ではないものの、かなり豊かな自然環境音に恵まれたところがあります。そうした環境音たちは、周波数としてハイパーソニック・エフェクト発現に必要な40kHzをこえ、ミクロな時間領域におけるスペクトルの変容も単調ではないものをみせます。ハイパーソニック・エフェクトの発現を十分に期待できる高複雑性超高周波を含む音ということができるでしょう。

田舎の風景














次に、これまで挙げたような自然性の高い環境を離れ、いわゆる第二次、第三次産業に移った人びとの住む「都市」になると、音環境は、「森」や「里」と大きく違ってきます。その特徴は、まず低周波成分が多く高周波成分が極端に乏しい、という性質に現れています。高周波発生源として注目される車両類の発するブレーキ音を含む成分でもせいぜい30kHz台で、ハイパーソニック・エフェクト発現のために必要な周波数の下限40kHzをこえることは稀です。しかもそうした音の多くはミクロな時間領域においては定常的で変化に乏しく、よってハイパーソニック・エフェクトを発現させるのには程遠いものであるといわなけばなりません。このような都市の人工物の発する音の特徴は、ハイパーソニック・ファクターに欠けるという点でピアノの音と共通した性質をもっています。
(大橋力著「ハイパーソニック・エフェクト」p.221-223より)

オフィス街













Amazon:
ハイパーソニック・エフェクト
大橋 力
岩波書店
2017-09-23



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/12

ピアノの音と尺八の音との違いが意味するもの

西欧近代の合理性を体現し「楽器の王様」と讃えられる〈ピアノ〉の響きを調べてみます。するとそれが、意外にもハイパーソニック・エフェクトの発現に必須の40kHz以上の超高周波を識別できるレベルで含んでいないという事実に出合います。もちろん、ハイパーソニックエフェクトを発現させるために超高周波がもたなければならない、〈自己相関秩序〉の存在を反映したミクロな時間領域で変容する情報構造は、そもそも超高周波それ自体が存在しないのですから、考慮の対象にはなりません。

これに対して、たとえば武満徹作曲の『ノヴェンバー・ステップス第一番』における横山勝也の名演によって世界の認識が改まるまで、日本でも外国でも楽器として必ずしも高い評価を与えられているとはいえなかった〈負化尺八〉の音はどうでしょうか。まずその豊富な超高周波の存在が驚異的です。ピアノの高周波が人類の可聴域上限20kHzに達していないのに対して、尺八の超高周波はそれを10倍以上も上廻る200kzに達しています。そしてその三次元スペクトルアレイに現れた音構造の変容は、ハイパーソニック・エフェクトの発現を可能にする40kHz以上の帯域に及んでいるうえに、文字どおり波乱万丈に変容する高度に複雑な姿を視せます。MESAMによる分析が実現する以前には想像もできなかったものです。こうして浮かびあがらせることのできた普化尺八のスペクトルアレイは、森羅万象をたったひとつの音で表現することを志す「一音成仏」というその表現理念が、虚構とはいえないことを教えます。こうした普化尺八の響きはまさしく、ハイパーソニック・エフェクトを発現させるための音といってよいでしょう。

ピアノと尺八という対照的なこの二つの楽器の音のスペクトルアレイの背後には、音楽をほとんど離散的・定常的な音の粒子の配列・組合せとして、つまり楽譜と同じ理念に基づいて捉えている西欧音楽と、それを主にミクロな時間領域における音の変容の側から捉えている日本音楽とのきわめて鮮明な対比が顕れています。そこには、互いに異なる文化という名の脳機能体系の大きな隔たりを観ることができるでしょう。なお、尺八によく似た特徴をもつ音として、バリ島の〈ガムラン音楽〉の存在が注目されます。
(大橋力著「ハイパーソニック・エフェクト」p.219-221より)
尺八奏者












Amazon:
ハイパーソニック・エフェクト
大橋 力
岩波書店
2017-09-23



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/12

ハイパーソニック・エフェクト関連用語

ハイパーソニック・エフェクト関連用語

・hypersonic effect=超音効果
・hypersonic sound=超音音響
・hypersonic factor=超音因子
・hypersonic negative effect=負の超音効果
・hypersonic negative sound=負の超音音響
・hypersonic negative factor=負の超音因子


《参考文献》
ハイパーソニック・エフェクト
大橋力
岩波書店
2017-09-23



風鈴













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/10

On the positive effects of high-frequency sound on humans.

Sound in the audible band, sound outside the audible band.


Audible frequency band means the frequency band of sound that humans can perceive. When converted into hertz (Hz), it is about 20Hz to 20000Hz. Sounds that are higher than the audible frequency band (sounds with a frequency of 20000 Hz or higher) are called “high frequency”, and sounds that are lower than the audible frequency band are called “low frequency”. 


Voices that people usually utter in everyday conversation are between 250Hz and 4,000Hz, of which male voices around 500Hz and female voices around 1,000Hz. Human hearing is said to be most sensitive around 3,000Hz, and voices and sounds that should be noticed for sure by humans, such as baby's cry, women's scream, voice calling out to someone in the distance and warning sound of home appliance, are said to be around 2,000Hz to 4,000Hz.

叫ぶ


 

 








On the positive effects of high-frequency sound on humans
 


The upper limit of the human audible frequency band is thought to be 20,000 Hz, and sound waves with frequencies higher than that, have not been regarded as “sound” for a long time because they cannot be heard by the human ear. However, it has been made clear in recent years that such high-frequency sounds are transmitted from the skin to the brain.

 

Akikazu Nakamura, a composer and shakuhachi (bamboo clarinet) player, states the following in his book “Harmonic Tone:A cultural Note of Sound, Language and Body” (see pp.32-34).

 

“Sounds above 20,000 Hz, or high-frequency sounds, are transmitted through the skin to the brain. Then, that sound increases blood flow in the thalamus and activates the fundamental brain(the diencephalon and mesencephalon). From this fact, we could infer as following about Japanese clothes, namely while today’s Western style clothes which cover the entire body, inevitably block high-frequency, Japanese clothes which have open collars, cuffs and hem, make the skin open to the atmosphere, and therefore, make it possible to take in high-frequency components into the body without cutting them off.”


 浴衣

 











<Effect of high frequency transmitted from the skin to the brain>

 

◎Alpha waves increase.

 

NK cells (natural killer cells) increase.

 →Cancer is suppressed.

 

Immunoglobulin A increases.

 →Immune function-enhancing hormones increase.

Chromogranin A increases.

 →Stress is decreased by increase of anti-stress hormones.

 

Adrenaline decreases.

 →Fight or flight reaction decreases.

 →Feeling is stabilized and relaxed.

 

 <Supplement>

Even if there is only high-frequency sound, there is no effect. Its positive effect appears only when both the audible band and the high-frequency component beyond the audible band are sounding together.

 

[References]

Akikazu Nakamura, Harmonic Tone:A cultural Note of Sound, Language and Body, Shunjusha, November 1, 2010.


Tsutomu Ohashi, Hypersonic effect, Iwanamishoten, September 23, 2017.

大雨












可聴域の音、可聴域外の音


可聴周波数帯域とは、人が知覚できる音の周波数の範囲を意味します。ヘルツ(Hz)に換算すると、およそ20Hzから20000Hzです。また、可聴周波数帯域よりも高い音(周波数が20000Hz以上の音)を「高周波」、可聴周波数帯域よりも低い音を「低周波」といいます。

私たちが普段発している日常会話の声は250Hzから4000Hzのあいだで、男性の声は500Hzあたり、女性の声は1000Hzあたりです。人の聴力は3000Hzあたりでもっとも感度がよいとされ、確実に気づいてほしい声や音、たとえば赤ちゃんの泣き声や女性が悲鳴をあげるときの声、遠くにいる人に呼びかける声、家電製品の警告音などは2000Hzから4000Hzあたりが使われています。

叫ぶ













高周波の音が人間に与えるよい影響について

人の可聴周波数帯域の上限は20000Hzとされ、それ以上の周波数をもつ音波は人の耳には聴こえないため、長いあいだ「音」としてみなされていませんでした。しかし近年、こうした高周波の音は、皮膚から脳に伝達されていることがわかってきました。

作曲家で尺八奏者の中村明一氏は、著書「倍音 音・言葉・身体の文化誌」p.32-34で、以下のように述べています。

「20000Hz以上の音、すなわち高周波の音は、皮膚から脳に伝達されます。そのとき、その音により、視床の血流が増加し、脳基幹部(間脳と中脳)を活性化します。この事実を踏まえて考えると、身体の全体を覆う現在の洋服は、高周波を遮断する可能性があります。一方で、和服は、襟、袖口、裾が開いていて、皮膚を開放していて、高周波の成分を遮断することなく身体に取り入れることと密接な関係がありそうです」

浴衣
















〈皮膚から脳に伝達された高周波の作用〉
◎脳のα波が増加する。

◎NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増加する。
 →癌を抑制する。

◎グロブリンAが増加する。
 →免疫機能向上ホルモンが増加する。

◎クロモグラニンAが増加する。
 →抗ストレス・ホルモンの増加によりストレスが軽減する。

◎アドレナリンが低下する。
 →戦うか逃げるか反応が低下する。
 →気持ちが安定し、リラックスする。


〈補足〉
高周波の音だけがあっても効果はなく、可聴域の部分とそれを超える可聴域外の高周波成分が共に鳴っている場合にだけ、独自の効果が現れる。


倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村明一
春秋社
2010-11-01



ハイパーソニック・エフェクト
大橋力
岩波書店
2017-09-23




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/20

高周波の音が人に与えるよい影響について

可聴域の音、可聴域外の音

可聴周波数帯域とは、人が知覚できる音の周波数の範囲を意味します。ヘルツ(Hz)に換算すると、およそ20Hzから20000Hzです。また、可聴周波数帯域よりも高い音(周波数が20000Hz以上の音)を「高周波」、可聴周波数帯域よりも低い音を「低周波」といいます。

私たちが普段発している日常会話の声は250Hzから4000Hzのあいだで、男性の声は500Hzあたり、女性の声は1000Hzあたりです。人の聴力は3000Hzあたりでもっとも感度がよいとされ、確実に気づいてほしい声や音、たとえば赤ちゃんの泣き声や女性が悲鳴をあげるときの声、遠くにいる人に呼びかける声、家電製品の警告音などは2000Hzから4000Hzあたりが使われています。

叫ぶ













高周波の音が人間に与えるよい影響について

人の可聴周波数帯域の上限は20000Hzとされ、それ以上の周波数をもつ音波は人の耳には聴こえないため、長いあいだ「音」としてみなされていませんでした。しかし近年、こうした高周波の音は、皮膚から脳に伝達されていることがわかってきました。

作曲家で尺八奏者の中村明一氏は、著書「倍音 音・言葉・身体の文化誌」p.32-34で、以下のように述べています。

「20000Hz以上の音、すなわち高周波の音は、皮膚から脳に伝達されます。そのとき、その音により、視床の血流が増加し、脳基幹部(間脳と中脳)を活性化します。この事実を踏まえて考えると、身体の全体を覆う現在の洋服は、高周波を遮断する可能性があります。一方で、和服は、襟、袖口、裾が開いていて、皮膚を開放していて、高周波の成分を遮断することなく身体に取り入れることと密接な関係がありそうです」

浴衣
















〈皮膚から脳に伝達された高周波の作用〉
◎脳のα波が増加する。

◎NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増加する。
 →癌を抑制する。

◎グロブリンAが増加する。
 →免疫機能向上ホルモンが増加する。

◎クロモグラニンAが増加する。
 →抗ストレス・ホルモンの増加によりストレスが軽減する。

◎アドレナリンが低下する。
 →戦うか逃げるか反応が低下する。
 →気持ちが安定し、リラックスする。


〈補足〉
高周波の音だけがあっても効果はなく、可聴域の部分とそれを超える可聴域外の高周波成分が共に鳴っている場合にだけ、独自の効果が現れる。


倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村明一
春秋社
2010-11-01



ハイパーソニック・エフェクト
大橋力
岩波書店
2017-09-23



大雨












On the positive effects of high-frequency sound on humans.


Sound in the audible band, sound outside the audible band.


Audible frequency band means the frequency band of sound that humans can perceive. When converted into hertz (Hz), it is about 20Hz to 20000Hz. Sounds that are higher than the audible frequency band (sounds with a frequency of 20000 Hz or higher) are called “high frequency”, and sounds that are lower than the audible frequency band are called “low frequency”. 


Voices that people usually utter in everyday conversation are between 250Hz and 4,000Hz, of which male voices around 500Hz and female voices around 1,000Hz. Human hearing is said to be most sensitive around 3,000Hz, and voices and sounds that should be noticed for sure by humans, such as baby's cry, women's scream, voice calling out to someone in the distance and warning sound of home appliance, are said to be around 2,000Hz to 4,000Hz.

叫ぶ


 

 








On the positive effects of high-frequency sound on humans
 


The upper limit of the human audible frequency band is thought to be 20,000 Hz, and sound waves with frequencies higher than that, have not been regarded as “sound” for a long time because they cannot be heard by the human ear. However, it has been made clear in recent years that such high-frequency sounds are transmitted from the skin to the brain.

 

Akikazu Nakamura, a composer and shakuhachi (bamboo clarinet) player, states the following in his book “Harmonic ToneA cultural Note of Sound, Language and Body” (see pp.32-34).

 

Sounds above 20,000 Hz, or high-frequency sounds, are transmitted through the skin to the brain. Then, that sound increases blood flow in the thalamus and activates the fundamental brain(the diencephalon and mesencephalon). From this fact, we could infer as following about Japanese clothes, namely while today’s Western style clothes which cover the entire body, inevitably block high-frequency, Japanese clothes which have open collars, cuffs and hem, make the skin open to the atmosphere, and therefore, make it possible to take in high-frequency components into the body without cutting them off.”

 浴衣

 











<Effect of high frequency transmitted from the skin to the brain>

 

Alpha waves increase.

 

NK cells (natural killer cells) increase.

 →Cancer is suppressed.

 

◎Immunoglobulin A increases.

 →Immune function-enhancing hormones increase.

Chromogranin A increases.

 →Stress is decreased by increase of anti-stress hormones.

 

Adrenaline decreases.

 →Fight or flight reaction decreases.

 →Feeling is stabilized and relaxed.

 

 <Supplement>

Even if there is only high-frequency sound, there is no effect. Its positive effect appears only when both the audible band and the high-frequency component beyond the audible band are sounding together.

 

References

Akikazu Nakamura, Harmonic ToneA cultural Note of Sound, Language and Body, Shunjusha, November 1, 2010.


Tsutomu Ohashi, Hypersonic effect, Iwanamishoten, September 23, 2017.




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/21

ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「ハイパーソニック・エフェクト」について書いた記事の一覧です。

ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
2020/04/01 ハイパーソニックエフェクトについて(目次)

ハイパーソニック・エフェクトについて(記事)
2020/04/02 高周波の音が人に与えるよい影響について
2020/04/03 On the posive effect of high-frequency sound on humans.
2020/04/04 ハイパーソニック・エフェクト関連用語

2020/04/05 ピアノの音と尺八の音との違いが意味するもの
2020/05/06 都市の音と森の音との違いが意味するもの
2020/05/07 現在の音響環境における警告


《参考文献》
ハイパーソニック・エフェクト
大橋力
岩波書店
2017-09-23



第1部 ハイパーソニック・エフェクトの発見
ー第01章 ディジタルオーディオで求められた「人間はどの周波数までの音に反応するか」
ー第02章 研究の発端
ー第03章 新しい研究の手法、材料、装置をゼロから構築する
ー第04章 脳波計測がもたらしたブレークスルー
ー第05章 ポジトロン断層撮像法(PET)が描き出した〈ハイパーソニック・エフェクト〉の驚きに満ちた世界
ー第06章 古典的音響心理学から獲物を匿した〈二次メッセンジャーカスケード〉

第2部 ハイパーソニック・エフェクトの実像
ー第07章 ハイパーソニック・ファクターの作用と双極性と周波数構造
ー第08章 ハイパーソニック・ファクターがミクロな時間領域に示す変容構造
ー第09章 聴こえない超高周波の体表面からの受容
ー第10章 新たなパラダイム〈音の二次元知覚モデル〉
ー第11章 人類の遺伝子に約束された本来の音環境とは

第3部 ハイパーソニック・エフェクトの活用
ー第12章「脳にやさしい音の街」を成功させた〈好感形成脳機能〉の活性化
ー第13章 博物館展示をハイパーソニック化して音によるリアリティを構築する
ー第14章 移動する閉鎖性空間〈乗り物〉の内と外との音環境を快適化する
ー第15章 美と感動の脳機能に着火する〈ハイれぞリューション・オーディオファイル〉をいかに創るか
ー第16章 超高精細度造形作品とハイパーソニック・サウンドとを軸とした新しい時空間演出技法を開発する
ー第17章 大型商業施設のための都市化の先端と天然の極致とを結んだ音環境を創る
ー第18章 生命本来の活性を目醒めさせて健やかな心と躰をつくる新しい〈サウンドセラピー〉への展望

むすび
ー明晰判明知と暗黙知を架橋する


滝












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/09/12
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ