New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

2016年07月

ボイラーの修理を依頼された技師の話

汽船のボイラーの修理を依頼された技師のおもしろい話があります。

技師は故障の症状を確かめると、ボイラー室へ入っていきました。しばらくの間、迷路のように曲がりくねったパイプをながめ、蒸気のもれる音に耳を傾けたり、パイプに触れたりしていました。やがて鼻歌を歌いながら、小さなハンマーを取り出すと、小さなバルブをたたきました。それだけで、エンジンは再び快調に動き始めたのです。

この修理の請求書は1000ドルでした。汽船の持ち主はその金額に驚き、修理には15分しかかかっていないではないかと文句を言って、明細を要求しました。送られてきた明細は次の通りでした。

  ハンマーで一撃の費用:0.5ドル
  一撃する場所を見つけるための費用:999.5ドル
  合計:1000.0ドル

NLPの素晴らしい点は、何を、しかもどのように行えばよいかを教えてくれることです。
(「あなたを変える神経言語プログラミング」まえがきより)

作業員












There is an old story of a boilermaker who was hired to fix a huge steamship boiler system that was not working well. 
After listening to the engineer's description of the problems and asking a few questions, he went to the boiler room. He looked at the maze of twisting pipes, listened to the thump of and the hiss of escaping steam for a few minutes, and felt some pipes with his hands. Then he hummed softly to himself, reached into his overalls, and took out a small hammer, and tapped a bright red valve, once. Immediately the entire system began working perfectly, and the boilermaker went home. When the steamship owner received a bill for $1,000 he complained that the boilermaker had only been in the engine room for fifteen minutes, and requested an itemized bill. This is what the boilermaker sent him:

 

   For tapping with hammer:          .50

   For knowing where to tap:    999.50

   Total:                               1.000.00

 

What is really new in NLP is knowing exactly what to do, and how to do it. This is an exciting book, and an exciting time.


あなたを変える神経言語プログラミング
ジョン・グリンダー&リチャード・バンドラー
酒井一夫訳
東京図書
1997-10-01



Frogs into Princes: Neuro Linguistic Programming
John Grinder
Richard Bandler
Real People Press
1979-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

NLPとは何か?

NLPは、選択肢をつくるアートです。

by ジョン・グリンダー
(東京で開催されたNLPセミナーにて)
Grinder
















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

NLPについて

モデリング、アプリケーション(適用)、デザイン(型)

ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。

必要な区分は、物理学と工学、医学研究と臨床の実践、あるいは化学と薬理学の区別と同様です。例えば、物理学は、私たちの周りの物理的現象を支配するパターンについての研究です。何世紀にもわたるこれらの研究は、特定のパターン、原則、自然の法則等のコード化という結果を生み出しました。橋を設計するエンジニアは、彼の仕事を実行するために、このテストされ検証されたパターンの集合体(特に計算式)を引用するでしょう。彼は、特に橋がどのように建築されるべきかという仕事のために、物理学の原則を適用していると言うことができます。物理的現象の基本的パターンの研究である物理学は、橋の建設から宇宙船のデザインまで多くの例に適用することができます。このような例は、純粋でシンプルな物理学の適用です。

同様に、グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。顧客の会社の課題に取り組んでいるビジネスコンサルタントは、このパターンを引用するでしょう。彼女は、この課題をいかに具体的に解決するかということを決定するために、このテストされ検証されたパターンの集合体を適用していると言えます。人間のパフォーマンスの卓越性の基本的パターンの研究である NLP は、(例えばビジネスの実践という文脈においては)経営管理、戦略的企画、人事、人員採用、新製品の設計等に適用することができます。これらの例は、純粋でシンプルな NLP の適用です。

例えば、メタモデルは、変形文法に触発された言語パターンのモデリングの適用であると理解することができます。

※(訳注)変形文法(生成文法):チョムスキーが1950年代半ばに創始した文法理論。自然言語に内在する規則性を規定するためには、文の表層構造だけの記述では不十分で、基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造、及びその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。

グリンダーとバンドラーによって行われた初期のモデリングにおける多数のパターンのコード化では、一連の変数があることに注意することが重要です。

コード化された各モデルに固有のそれらの変数(例えば、状態)は、卓越性のパターンが構成されている最初の語彙を構成します。そのような変数は、追加のパターンを作成しテストするための設計変数として機能することができます。これらの変数は、最初にバンドラーとグリンダーによって発見されたコード化されたパターンから大きく変化したものになるかも知れませんが、真に新しいパターン化とモデルを開発するために使用することが可能です。(Part兇 The New Code に取り上げられている) ニューコードは、純粋なデザインの優れた例であり、これらの変数の純粋な操作です。したがって、私たちはモデリングとデザインの区別を明らかにします。

実際に、私たちの限られた視点から言えば、NLPモデリング(NLP modeling)として知られている一般的な分野では、厳密に言えばそのようにラベル化されるべき活動はほとんどありません。実のところ、私たちがこの本を書く動機の一部は、私たちが現在提案している区別が認識されない限り、そしてより重要なことには、モデリングの活動が実際に、漠然と NLP と呼ばれるものの重要な活動にならない限り、このような力強いパターン化を作りだしたモデリングの技術が単に消え去ってしまうといことを心配しているからです。例えば、リプレゼンテーショナル・システムや多くの言語パターン化といった NLP のコード化されたパターンに遭遇することなく、アメリカや西欧で質の高いマネージメントセミナーに参加することはほとんど不可能です。したがって、モデリングにおける新たな活動や新しい卓越性のパターンのコード化が NLP の試金石にならない限り、最初にモデル化されコード化された卓越性のパターンは、腐った適用分野に簡単に組み込まれることになってしまいます。ひとたびこのような統合が完了してしまうと、NLP と呼ばれるものは正当化されなるなるでしょう。

したがって、私たちはこの本で、どのように NLP とその様々な活動に言及すれば良いのかという難しい言語上の問題に直面しています。もしも私たちが NLP という用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。もしも私たちが「NLPのモデリング」(NLP modeling)と「NLPの適用」(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは、使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!

次にここで詳しく説明するために、NLP をモデリングから適用、訓練までの幅広い活動を指す包括的なラベルとして使用します。この本の中でのどんな使用においても、私たちはコアの NLP −すなわち、NLP modeling と上述したもの−について言及しているのか、何か NLP の適用−NLP application −について言及しているのかについて明確にします。私たちの意見としては、そこにはとても重要な違いがあります。時には、私たちは NLP training という言葉を使うことによってトレーニング(訓練)と適用をさらに区別します。意図している区別が文脈(著者の意図を適切に指定してる周囲の文章)から明らかである場合には、私たちはプレゼンテーションにそれを明記しないことによって、記述されたプレゼンテーションのために選択してきた人工的な手段を避けるでしょう。私たちは、この区別が、読者の一部の関心を活性化し、卓越性のモデリング−すなわち NLP modeling −に熟達して積極的になることに全力を傾けるよう彼らを鼓舞するほど明確で説得力があるものになることを望んでいます。


Modeling, Application or Design

In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.

The required distinction is the same as the distinction between physics and engineering, or medical research and clinial practice, or chemistry and pharmacology. Physics, for example, is the study of the patterns that govern the physical phenomena about us. Such studies over centuries have resulted in the coding of certain patterns, principles, laws of nature... An engineer designing a bridge will draw upon this body of tested and verified patterning (especially the computational formulae) to carry out his work. He is said to be applying the principles of physics in order to work how specifically the bridge should be constructed. Physics−the study of the fundamental patterns of physical phenomena−can be applied in multiple instances from bridge bulding to the design of extraterrestrial vehicles. Such examples are application of physics, pure and simple.

Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...). A business consultant addressing a challenge within a client company will draw upon the pattern. She will be said to be applying this body of tested and verified patterns in order to determine how specifically to resolve the challenge. NLP−the study of the fundamental patterns of excellence in human performance−can be applied (in the context of business practice, for example) to manegement practice, strategic planning, personnel, recruitment, new product design... Such examples are applications of NLP, pure and simple.

The meta model can, for example, be usefully understood to be an application ot the modeling of linguistic patterning inspired by Transformational Grammar.

It is important to note that in the coding of a large number of patterns in the initial modeling done by Grinder and Bandler is a set of variables. These variables (for example, state), inherent in each of the coded models, constitute an initial vocabulary out of which the patterning of excellenceis composed. Such variables may function as the design variables for creating and testing assitional patterns. While these may be largely variations on the patterning initially discovered and coded by Bandler and Grinder, it is possible to use them to develop genuinely new patterning and models. The new code (covered in Part under The New Code) is an excellent example of pure design, a pure manipulation of these variables. Thus, we identify the distinction between modeling and design.

Indeed, from our limited point or view, there is little activity in the general field knows as NLP modeling that strictly speaking should be so labeled. In fact, part of the motivatoin for writing this book is our concern that unless the distinction we are presently proposing is recognized and more importantly, the activity of modeling becomes in fact a significant activity of what is loosely called NLP, the technoolgy of modeling that produced such powerful patterning will simply fade away. It is, for example, almost impossible to attend a high quality management seminar in the USA or Western Europe without encountering any number of NLP coded patterns of excellence such as representational systems or much of the vgerbal patterning. Thus, unless renewed activity in modeling and the coding of new patterning of excellence becomes the touchstone for NLP, then it is quite likely that the patterns of excellence initially mideled and coded will simply be incorporated in the various applications areas. Once such an integration is completed, there will be no justification for anything called NLP.

Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue−how shall we refer to NLP and its various activities. If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

For purposes of the exposition here then, we will use NLP as a generic label referring to the entire range of activities from modeling through applivations to training. In any usage in this book, where in our opinion it makes an important difference, we will specity whether we are referring to core NLP−that is, as presented above, NLP modeling −or to some application of NLP−therefore, NLP application. At times we will further distinguish application from training with the use of NLP training. In some cases, the intended distinction is clear from context (the surrounding text specifies the intention of the writers adequately) and we will avoid the artifical device we have selected for a written presentation by leaving the specification out of the presentation. Our hope is that the distinction will be clear and cogent enough to activate interest on the part of some of the readers and inspire them to commit to becoming proficient and active in the modeling of excellence − that is,

             NLP modeling.

('Whispering in the Wind' p.50-52)

John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPについて

NLPモデリングとNLPアプリケーションの区別

もしも私たちがNLPという用語の一般的な使い方を採用した場合、モデリングに関する重大な点が失われます。

もしも私たちがNLPのモデリング(NLP modeling)とNLPの適用(NLP application)の区別を主張するならば、私たちは使い方の川の上流を泳いでいます。

ですので、力強く泳ぎましょう!


Thus we are faced in this book with a difficult linguistic issue − how shall we refer to NLP and its various activities.

If we adopt the common usage of the term NLP, the critical point concerning modeling is lost. If we insist on the distinction between NLP modeling and NLP application, we are swimming upstream in the river of usage. 

So, may we swim strongly!

('Whispering in the Wind' p.51)

John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPについて

グリンダーとバンドラーが行った天才のモデリングは、NLP という分野を創設し、一連の卓越性のモデルを生み出しました。これらのモデルは、特定の文脈(変化のワーク、催眠等)における人々の相互作用のパターンを支配するパターンをコード化しました。

Comparably, the modeling of geniuses done by Grinder and Bandrer created the field of NLP, resulting in a series of models of excellence. These models coded patterns that govern the patterns of interactions among people in certain contexts (change work, hypnosis...).
'Whispering in the Wind' p.50



John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPについて

ここ数十年にわたる実際の使用の中で、NLP という言葉は、モデリングだけでなく、モデリングの中核的活動の産物−すなわち発見された一式の差異からコード化された卓越性のパターンの適用や、これらのパターンの教育と訓練を含む、一般的な活動一式を指すようになってきています。部分的には、この意味の変化は、NLP の共同創始者が NLP とは何かということを明確で正確なものにできなかったことの尺度となっています。

In actual usage over the last several decades, the term NLP has come to refer to the general set of activities that includes not only modeling, but applications ot the product of the core activity of modeling−the patterns of excellence coded from the sets of differences discoveres−as well as the teaching and training these patterns. In part, the drift in the meaning is a measure of the ineffectivenss of the co-creators to make clear and precise what NLP is.
('Whispering in the Wind' p.50)

John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPについて

神経言語プログラミング 

NLP
はモデリング技術であり、特に、同じ分野または活動における天才のパフォーマンスと平均的な人のパフォーマンスの違いを作り出す一式の差異を主題にしています。この意味で、NLPにおけるモデリング研究の目的は、伝達可能で学習可能なコードとしてこれらの一式の差異を説明することにあります。このため、その中核的な活動は、暗黙的な知識を明示的なモデルにマッピングすることです。このメタ学問分野は、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーによって1970年代前半に創始されました。


Neuro-Linguistic Programming NLP

(NLP) is a modeling technology whose specific subject matter is the set of differences that make the difference between the performance of geniuses andthat of average performars in the same field or activity. In this sense, the objective of modeling studies in NLP is to explicate in a transfer able and learnable code these sets of difference. The core activity, then, is the mapping of 
tacit knowledge onto an explicit model. This meta-discipline was created by John Grinder and Richard Bandler in the early 70's.
('Whisperingin the Wind' p.50)



John&Carmen

















Whispering In The Wind
John Grinder 
Carmen Bostic St. Clair
J & C Enterprises
2001-12-31


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPについて

私たちの提案では、NLPは、その中心的な活動であるモデリング及びその適用の両方において、より高次の操作の認識論であると有用に理解することができます。

We propose that NLP, both in its core activity, modeling, and its applications can be usefully understood to be a higher order operational epistemology.
'Whispering in the Wind' p.10 


John&Carmen
















Whispering In The Wind
John Grinder
Carmen Bostic St. clair
J & C Enterprises
2001-12-31




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事更新日:2022/07/23

NLPとは何か?(NLPの定義)

世界標準としてのNLPの定義

NLP
の定義はたくさんありますが、ここでいくつかをご紹介します。


自分自身の現実を創るために、心の言語を通して知覚を構成する方法


主観的経験の構造の研究


卓越性の研究


振る舞いをコード化し、伝達し、修正するモデル

NLPはモデリング、効果的なコミュニケーション、変化を生み出すことを目的として、人間の経験を明示的にマッピングし追跡するための方法論です。

脳科学









NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





記事投稿日:2022/07/23

NLPとは何か?(核となる原則)

世界標準としてのNLPの原則

NLP
は、ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーが、フリッツ・パールズ、ヴァージニア・サティア、ミルトン・エリクソンに見られた天才のパターンを捉えるという今や伝説となった仕事に着手したときに、モデリング技術としてその歴史が始まりました。 


NLPは、人々が結果を生み出すために思考、感情、言語、振る舞いをどのように構成するかをコード化する実践です。NLPは、その分野の天才やリーダーによって達成された優れたパフォーマンスをモデル化するための方法論を人々に提供します。NLPは、メンタルマップを変化させることで、人々が人生で新しい経験をするのを助ける強力な変化のテクノロジーでもあります。 

NLPの重要な要素は、私たちが周囲の世界から五感で吸収した情報をフィルタリングし知覚する方法の産物として、世界の独自の内部メンタルマップを形成することです。


神経:各個人は独自のメンタルフィルタリングシステムを確立しています。感覚を通して吸収される何百万ビットものデータを処理するためのシステムです。私たちの世界の最初のメンタルマップは、神経学的フィルタリングプロセスの結果として形成される内側の画像、音、触覚、内部感覚、味覚、および匂いで構成されています。最初のメンタルマップは、NLPでは「ファーストアクセス」と呼ばれます。


言語:次に、外部から受けとる情報に個人的な意味を割り当てます。内側の画像、音、触覚、味、匂いに言語を割り当てることで、2番目のメンタルマップを作成します。  2番目のメンタルマップは言語マップ(時として言語表現と知られています)と呼ばれます。


プログラミング:神経学的フィルタリングプロセスとそれに続く言語マップの結果として発生する行動反応。

地球












NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク





記事投稿日:2022/07/23

NLPを学ぶうえでの重要なポイント

子ども










現実はどれくらい現実なのでしょうか?

 

私たちがともに過ごす時間の中であなたが経験することは、あなたがいま読んでいるこのページにある単語と同じくらい現実です。問題は、あなたが読んでいる段落を形成する文を形成する単語を形成するこの文字がどれくらい現実なのかということです。

 

これらの単語は、書いている時に存在するメンタルマップを表現したものです。私が内側の表象を作り出し、それらを直感的に私のメッセージを伝える自然言語に変換するとき、メンタルマップは私の脳の中の神経活動の結果として発生します。適切な言葉を選んだとき、神経システムの中で運動活動が自動的に起こり、指が各々の表面に個別の形が刻み付けられているプラスチックキーを押すよう促します。キーを押すと、機械がシグナルを送り、目の前のスクリーン上に連続した形が現れ、それは私にとって何かしらの意味がある単語になっています。スクリーン上の単語は、一連の活動が後頭葉にある視覚野で起きたものすぎません。見るという複雑な活動の結果なのです。

 

あなたにとって、これらの単語は、私たちが紙と呼ぶものに印刷されたインクの形をとっています。これはかつて森の中で違う形をとって存在していたものであり、今や化学物質で圧縮され、あなたの目の前で異なる別の幻想の形を示しているのですが、本来は非常に高速で動いている数百万もの亜原子粒子で構成されています。あなたが見えているもの、聞こえているもの、感じているものはすべて、あなたの脳の中の様々な皮質への投射として存在しているだけなのに、あなたは感覚マッピングプロセスの一部として、目の前の3Dという壮大な幻想を経験しています。

 

いわゆる現実世界と感覚受容器を介してアクセスしている世界の一部における経験はすべて、神経学的活動によって変換されたうえ、脳内に感覚ベースの画像、音、感触、味、匂いを残し、直感的な自然言語システムを用いてコード化されます。つまり、二つの異なるバージョンの世界が同時に実行されています。一つは、ファーストアクセスと呼ばれるアナログの表象であるVAKOGであり、もう一つは、私たちが経験する画像、音、感触、味、匂いを意識の分割に翻訳したものである言語地図です。

 

NLPを学ぶうえでの重要なポイント

 

NLPを学ぶうえで重要なポイントの一つは、メンタルマップがただの地図であるという深い認識です。学びを推し進めるプロセスを理解すれば、複数のレベルでメンタルマップに影響を与えることができます。もう一つは、コンテンツとプロセスの区別を維持することです。そうすれば、五感と言語地図の双方で、新しい神経回路と充実したメンタルマップをつくり出せます。



新しい領土を探検する

 

NLPを学ぶ人には、すべての探検家と同様、従うべきマップがあります。

ご存じのように、あなたの世界はさまざまなレベルの経験の上に成り立っています。あなたは探検家の精神を持ち、新しい領土を探している冒険家として、あなたの職業的および個人的な生活を構成する方法を計画し、形作るよう促されます。 新しい領土を描き出そうとしている探検家は、故郷の地図を持って行くと、それをすることができません。故郷の地図を持って行ったなら、すぐに道に迷い、冒険が厳しく制限されてしまうでしょう。

探検家は、自分の感覚を新しい機会に完全に解放し、なじみのない領土に慣れることによって、来るべきことに備えるための心の準備をします。探検家は冒険が終わった後には自分の結論を書くだけです。NLPとして知られる冒険は、今や新世代のトレーナーが登場するなど、新しいエキサイティングなフェーズを迎えています。


地図










カルロス・カスタネダ著『イクストランへの旅』の序文より

 

呪術師にとっての日常生活の世界は、私たちが信じているようにリアルなものでも、あそこにあるといったものでもありません。呪術師にとって、リアリティとか、誰もが知っている世界というものは、単なるひとつの見方にすぎません。

この前提を有効なものとして働かせるために、わたしは、あなたが身近な世界として心に描いているものは世界の単なるひとつの見方、つまり生まれた瞬間からずっと叩き込まれてきたひとつの見方にすぎないということを納得させるため、あらゆる努力をはらいます。

 

子供と接する大人はみな、絶え間なく世界を描写する教師であり、その子が描写されたとおりに世界を知覚できるようになる瞬間まで、その役目を果たし続けます。私たちがその驚くべき瞬間を覚えていないのは、ただそれと比較すべき対象が何もないからです。しかし、その瞬間から、子供はメンバーになります。その子は世界の描写を知っています。そして、私が思うには、その描写に順応してそれを有効に働かせるのに必要な、適切な知覚上の解釈ができるようになったとき、そのメンバーシップは完全なものとなります。

 

私たちの日々の生活のリアリティというものは、知覚上の解釈の果てしない流れであり、それは特定のメンバーシップを分け持っている私たちが、同じように作り上げるよう学習してきたものなのです。

 

世界を作り上げている知覚的解釈に流れがあるという考え方は、それらが絶え間なく流れ、めったに疑問の対象にはならないという事実と一致しています。実際、私たちが知っている世界のリアリティは全く当然のこととされているために、それが数ある見方のひとつにすぎないという、呪術の基本的前提を深刻に受け取ることはまずできません。

 

幸いなことに、私はあなたが私の前提を本当に受け止められるかどうかはまったく気にしないので、あなたの反対意見、不信、そして理解力のなさなどにもお構いなく、私は私のポイントを明らかにすることに専念し続けます。このように、呪術の師として、私はあなたにその世界を描写しようと努力してきました。 私の概念や方法を把握することの難しさは、私の描写の基準があなたのものと違い、相容れないところからきています。

 

ただ見るのではなく、見る方法を教えています。世界を止めることが、見るための第一歩です。

 

世界を止めることは、何の意味もない神秘的なメタファーではありません。 そして、私の知識の主要なテーマの1つとしてのその範囲と重要性は、誤解されるべきではありません。

 

私はあなたに世界を止める方法を教えています。しかし、あなたはひどい頑固者なので、何ひとつうまくいっていないようです。あなたにもう少し柔らかさがあれば、今頃は私が教えたテクニックで世界を止めていたでしょう。私があなたにするように言ったことはすべて、世界を止めるためのテクニックです。

 

世界についての呪術師の見方は知覚することができます。しかし、標準バージョンのリアリティを保持しようとするために、あなたはほとんど何も聞こえず、何も見えなくなっています。あなたに、私が「世界を止めるためのテクニック」と呼んでいるものをお伝えしましょう。

 

この学びを始めるなら、もうひとつのリアリティ、つまり、世界についてのあなたが知らなかった呪術的見方があります。呪術師として、また教師として、私はあなたにその見方を教えています。そうしたわけで、私があなたと一緒にやっていることは、先へ進むごとにより複雑な部分を加えていきながら、その描写を展開させて未知のリアリティを組み立てることです。

 

「見ること」ができるようになるには、まず「世界を止め」なければなりません。「世界を止める」というのはむろん比喩的な表現で、それは日常生活でのリアリティが変えられてしまう意識状態を示しています。つまり、普通では途切れることのない解釈の流れが、その流れとは質の違う状況によって止められてしまう、そういう意識状態です。この場合、正常な解釈の流れと質の違う状況というのは、世界の呪術的見方です。「世界を止める」ために不可欠なのは、確信を持つことです。言い換えると、古い見方に拮抗させるために、あらゆる点で新しい見方を学ばなければならず、そうすることによって、私たちが分け持っている知覚や世界のリアリティは疑いの余地がないという独断的な信念を破壊する必要があります。

 

「世界を止めること」の次の段階は「見ること」です。つまり、私たちがリアリティと呼ぶように学習してきた見方の外にある世界を、知覚的に求めようとすることへの回答と分類されるようなものを意味しています。

 

これらの段階はすべてそれが属している見方独自の観点によってのみ理解できます。そして、それは私があなたに授けようと努力している見方です。この教えがその見方へ入ってゆく唯一のよりどころになるでしょう。

Amazon:

イクストランへの旅(新装版)
カルロス・カスタネダ
太田出版
2012-07-19



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事投稿日:2022/07/23

NLPの定義と概要(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「NLPの定義と概要」について書いた記事の一覧です。

NLPの定義と概要(目次)
2016/07/01 NLPの定義と概要(目次)


NLPを学ぶことについて
2016/07/02 NLPを学ぶうえでの重要なポイント
ー現実はどれくらい現実なのでしょうか?
ー新しい領土を探検する
ーカルロス・カスタネダ著『イクストランの旅』の序文より


NLPとは何か?
2016/07/03 NLPとは何か?(核となる原則)
ー世界標準としてのNLPの原則

2016/07/04 NLPとは何か?(NLPの定義)
ー世界標準としてのNLPの定義


Whispering in the Windより 
2016/07/05 NLPについて(Whispering in the Wind p.10より)
ー高次の操作の認識論

2016/07/06 NLPについて(Whispering in the Wind p.50より)
ー暗黙知的な知識を明示的なモデルにマッピング

2016/07/07 NLPについて(Whispering in the Wind p.50より)
ーNLPの定義の変質

2016/07/08 NLPについて(Whispering in the Wind p.50より)
ー天才のモデリングによるNLPという分野の創設

2016/07/09 NLPについて(Whispering in the Wind p.51より)
ーNLPモデリングとNLPアプリケーションの区別

2016/07/10 NLPについて(Whispering in the Wind p.50-52より)
ーモデリング、アプリケーション(適用)、デザイン(型)


ジョン・グリンダー博士の声明
2016/12/25 NLPに関するご説明と、皆さんに提要できる選択肢について

ジョン・グリンダー博士の言葉
2016/07/11 NLPとは何か?

その他
2016/07/12 ボイラーの修理を依頼された技師の話


John&Carmen

















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/05/10
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ