New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

2016年02月

感覚フィードバックと内部モデル

意図した動きを実現するために、私たちは感覚情報を利用します。

コンサートホールの音の響きを実際に音を出して自分の耳で聴くというのもそうです。演奏中は目や耳や肌などで感じるさまざまな感覚に対する感度を上げて、運動出力(演奏)を調整します。このような運動制御の仕方を工学の世界ではフィードバック制御(feedback control)と呼んでいます。

感覚情報をフィードバックして出力の微調整を行う際の精度、すなわちフィードバック制御の精度を上げるにはフィードバック・ゲイン(感度)を上げることが制御工学の定石ですが、演奏中はこの原理に従っています。このフィードバック制御は身体の機能を維持したり、エアコンに用いて快適な室温を保ったり、まわりを見渡すだけでもじつに多くのものに使われ、役立っています。この制御方式は原理的にシンプルでよいのですが、欠点があります。速い動きに対応できないのです。速い動きというのは時間が短いので、感覚のフィードバックが間に合わなからです。そこで感覚のフィードバックに頼らない制御方式も必要になりました。それが次にお話する、内部モデルを用いた制御方式です。

小脳には体のダイナミクスの内部モデルが形成されていると考えらえれています。脳の中に自分の体の動特徴(ダイナミクス)が獲得されているのです。脳が自分の体の特徴を知っているということです。そのために、大脳が体を動かすための出力を出すと、結果的に体がどのように動くかを脳は計算できるのです。実際の動き見なくても予測できるのです。このような運動制御をフィードフォワード制御(feedforward control)といいます。フォードバック制御と違って、フィードフォワード制御の特徴は感覚フィードバックに頼らす、結果を予測して実行できることにあります。演奏のように正確で素早い運動を制御するのに適しています。感覚フィードバックに頼らない分、内部モデルの精度が結果を左右します。すなわち、よい演奏のためには精度の高い内部モデルを持つ必要があるのです。熟練した演奏家はよい内部モデルを持っていると思います。日々のトレーニングは、内部モデルをよくすることであるといってもよいかも知れません。
(「音大生・音楽家のための脳科学入門講座」p.39-40より)

ヴァイオリン



















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/30

ニューコードNLPにおける「エピステモロジー」

ニューコードNLP「エピステモロジ―認識論モデル」テキスト

※拡大してご覧下さい:
認識論






















-----------------------------------------

INPUT

ーVisual 視覚
ーAuditory 聴覚
ーKinesthetic 体感覚
ーOlfactory 嗅覚
ーGustatory 味覚

 ATTENTION

-----------------------------------------

The Black Box ブラックボックス

F1(Filter One)…Neurological Transforms(神経による変換)
 ↓
FA(First Access)…最初のアクセス
 ↓
F2(Filter Two)…Linguistic+Transforms(言語による変換)

  Internal Maps…内的地図
  Feeds forward and Feedback loops…フィードフォワードとフィードバックループ

-----------------------------------------

OUTPUT

ーBehaviour ふるまい
ーActions 行動
ーResponse 反応

-----------------------------------------

このモデルはニューコードNLPスクールが主催するプラクティショナーコースの中で具体的に解説します。


子ども













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

A Brief Note on: Epistemology

Epistemology is one branch of philosophy, where you study the nature of cognition, knowledge, or truth. The word epistemology is derived from the ancient Greek, epistēmē ‘knowledge’ and logos ‘discourse.’ Thus it can be referred to as “theory of knowledge.”

Epistemology seeks to find answers to questions such as: How can we know things properly? Is there anything that we cannot know? If so, what kind of thing is that? What does it mean to “know” after all? To understand the nature of “knowing,” epistemology also examines how sense, reason, memory, and other cognitive functions work.


認識論という言葉について

認識論は、認識・知識・真理などについて考察する哲学の一分野です。英語では epistemology 
と言いますが、その語源はギリシャ語で「知」を意味する epistēmē(エピステーメー) と「言葉/学説/理論」などを意味する logos(ロゴス)を組み合わせたものとなっています。これを文字通りに解し、知識論(theory of knowledge)と呼ばれることもあります。

認識論が取り扱う問題には、「人はどのようにして物事を正しく知り得るか?」「人間が知り得ないことがらはあるか?あるとしたら、その不可知の領域はどのような形で存在するのか?」「そもそも『知る』とはどういうことか?」などがあります。「知る」という営みについて考えるために、感覚、理性、記憶などの働きに目を向けるのも認識論の大きな特徴の一つです。

脳のシナプス












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

エピステモロジーという言葉について

エピステモロジーは、認識・知識・真理などについて考察する哲学の一分野です。日本語では「認識論」と訳されます。

英語では epistemology 
と書きますが、その語源はギリシャ語で「知」を意味する epistēmē(エピステーメー)と「言葉/学説/理論」などを意味する logos(ロゴス)を組み合わせたものとなっています。これを文字通りに解し、知識論(theory of knowledge)と呼ばれることもあります。

エピステモロジーが取り扱う問題には、「人はどのようにして物事を正しく知り得るか?」「人間が知り得ないことがらはあるか?あるとしたら、その不可知の領域はどのような形で存在するのか?」「そもそも『知る』とはどういうことか?」などがあります。「知る」という営みについて考えるために、感覚、理性、記憶などの働きに目を向けるのもエピステモロジーの大きな特徴の一つです。


A Brief Note on: Epistemology

Epistemology is one branch of philosophy, where you study the nature of cognition, knowledge, or truth. The word epistemology is derived from the ancient Greek, epistēmē ‘knowledge’ and logos ‘discourse.’ Thus it can be referred to as “theory of knowledge.”

Epistemology seeks to find answers to questions such as: How can we know things properly? Is there anything that we cannot know? If so, what kind of thing is that? What does it mean to “know” after all? To understand the nature of “knowing,” epistemology also examines how sense, reason, memory, and other cognitive functions work.


脳のシナプス














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/23

エピステモロジーの概要(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「エピステモロジー」について書いた記事の一覧です。

エピステモロジーの概要(目次)
2016/02/01 エピステモロジーの概要(目次)

エピステモロジーの概要(記事)

2016/02/02 エピステモロジーという言葉について
2016/02/03 A Brief Note on: Epistemology

2016/02/04 ニューコードNLPにおける「エピステモロジー」 ※ブラックボックスの図
2016/02/05 感覚のフィードバックと内部モデル ※フィードバック、フィードフォワード

グリンダー博士の著書「風の中のささやき」より
2016/03/01 エピステモロジーについて p.9-10
2016/03/02 NLPは高次の操作の認識論です p.10-11
2016/03/03 命名機能について p.27-28
2016/03/04 神経学的変形と言語変形の区別 p.28-31
2016/03/05 言語変形における構造と論理レベル p.31-34
2016/03/06 否定の言葉が入った会話について p.34-35
2016/03/07 西洋における物理学の目的について p.36-38

グリンダー博士の著書「個人的な天才になるための必要条件」より
2016/04/01 西洋人と認識論について p.15
2016/04/02 コミュニケーションと認識論 p.16
2016/04/03 認識論について p.16-17
2016/04/04 考察されていない認識論の差異 p.17
2016/04/05 マインドと感覚について p.18
2016/04/06 概念と知覚印象の結び付け p.25-26
2016/04/07 認識論的に不健全な思考現象の発生 p.39-40

エピステモロジーの例(日本モデル)
2017/10/08 西洋人と日本人の歩み寄り
2017/11/08 A mutual resonance Western and Japanese sensibilities


森林












NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/08/27
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ