New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

2015年04月

副人格とその意図のレベルについて

ニューコードNLPコーチングコース質疑応答

 

受講生A:チャンクアップにはいろいろなレベルがあります。どのレベルでクライアントのゴールを設定したらいいのか迷うことがあります。チャンクの高いほう、つまり抽象度の高いほうで設定したらいいのか、チャンクの低いほう、つまり具体的なほうで設定したらいいのか、あるいは、高いほうと低いほうの両方といったように複数のゴールを設定したらいいのか教えてください。

 

グリンダー博士:コーチングの中で、クライアントが、「私はXをやめたいです」と言ったとします。例えば、「私は深夜にスナック菓子を食べるのをやめたいです」と。そこでコーチは、クライアントに、チャンクアップを促すための「意図の質問」を行います。クライアントは、「深夜にスナック菓子を食べると、気持ちがリラックスします」と答えたとします。ここから先は、次のような選択が考えられます。

1.「気持ちが
リラックスする」という意図をさらにチャンクアップさせる。


2.「深夜にスナック菓子を食べるのをやめる」という意図をさらにチャンクアップさせる。

 

ここで、2の「深夜にスナック菓子を食べるのをやめる」という意図をさらにチャンクアップさせたとして、「痩せるのでボーイフレンドができる」と言ったとします。つまり、深夜にスナック菓子を食べるのをやめることによって、クライアントは、いくつかのことが実現するようになるということがわかります。ここから、コーチは、バーバル・パッケージを使って名詞と動詞を特定化し、チャンクダウンをしていきます。クライアントが「深夜にスナック菓子を食べるのをやめたいです」と願う意図のひとつが「痩せることができる」というもので、「痩せることができる」と願う意図のひとつが「ボーイフレンドができる」というものです。このように、クライアントの「変えたい状況」をチャンクアップすることによって、それをどのように達成することができるかというところでいろいろな方法が見つかります。しかしここで考えなければならないのは、「ボーイフレンドをつくる」というのはけっこう大きなゴールになります。そこで、「どうやってボーイフレンドをつくるか」ということでチャンクダウンする必要があります。これについてクライアントが、「スナック菓子を食べるのをやめる」ということの他に、「毎日ジョギングをする」「テニスをはじめる」「野菜中心の食事に切り替える」といったものを出してくるかも知れません。このように、チャンクアップで「大きな意図」まで上がったら、そこからはチャンクダウンで「具体的にどうやってそれを行うのか」ということを聞いていきます。このように、「変えたい状況」をいくつかチャンクアップしていき、上がったところがクライアントにとって本当に達成したい「大きな意図」、すなわち「ゴール」となり、そのゴールを達成するためにはいくつものやり方があるということを知ることが大事です。この「大きな意図」をチャンクダウンしたものが「プラン」となります。このような理由で、私だったらいくつかのレベルで意図を上げていきます。

 

20140506日に東京で開催されたNLPコーチングコースより

Grinder















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/07/14

意図ー結果モデルの実践供崙發覆訐爾噺鮠弔垢襦

「意図ー結果」モデルの応用例「心の声と交渉する」
 Intention - Consequence model


1.状況のフレームを行う
  Frame the Situation

2.結果の表明を行う
  State Consequence

3.心の声に意図を尋ねる
  Ask what is Intention

4.心の声とラポールを築きながら交渉を行う
「私を中断しないまま、情報を提供してくれるようにするには、私たちはどのように協調できますか?」
“How can we work together to give me help without interruption me?”

※これは、何かをやろうとすることを中断するパーツ(副人格)と内的対話を通して交渉するエクササイズです。具体的なやり方はNLPのコースの中で習得いたします。


瞑想











NLP
共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク






記事投稿日:2022/07/14

意図ー結果モデルの実践機崑仗優灰潺絅縫院璽轡腑鵑濃箸Α

◎「意図ー結果」モデルの例 峅饉劼両綮覆班下の会話」


部下「ロッカールームに時計を設置して欲しいです」
上司「ロッカールームに時計を設置する意図は何ですか?」※意図のフレーム
部下「ロッカールームにタイムカードがあるからです」
上司「わかりました」


◎「意図ー結果」モデルの例◆峅饉劼両綮覆班下の会話」


上司「コピールームにあるコピー用紙を撤去します」
部下「コピールームにあるコピー用紙を撤去する意図は何ですか?」※意図のフレーム
上司「無駄なコピーを削減するためです」
部下「わかりました」

ここで、コピールームにコピー用紙を置いても無駄なコピーが発生しない他の方法を何通りか編み出してもよい。


職場














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール

ロゴマーク






記事投稿日:2022/07/14

NLPにおける「意図ー結果」モデルの適用

ニューコードNLPでは、コミュニケーション相手の行動の意図を知るために「意図ー結果モデル」と「バーバル・パッケージ」という二つの質問テクニックを用います。相手とラポールのとれたコミュニケーションを行うためには、質問する内容や相手の状況によって、この二つのテクニックを使い分けることが大切です。

 

◎「意図−結果モデル」
コミュニケーションの相手に対して意図を最初に尋ねるモデル。
このモデルは最初に結論を意識する欧米人に向いている。
 
◎「バーバル・パッケージ」
コミュニケーションの相手に対して意図を最後に尋ねるモデル。
このモデルは意図を無意識化させる日本人に向いている。
 

例えば、職場で上司が部下に何かを尋ねる場合、まだ職場の環境や仕事内容に慣れてない社員にはひとつひとつ順序立てて質問する「バーバル・パッケージ」が向いています。また、職場の環境や仕事内容に慣れている社員には単刀直入に質問する「意図ー結果モデル」が向いています。

このように「意図ー結果モデル」と「バーバル・パッケージ」を状況に合わせて使い分けることにより、洗練されたコミュニケションができるようになります。

会話










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/14

NLPにおける「意図ー結果モデル」について

《意図ー結果モデルについて》
NLPにおける「意図ー結果モデル」(Intention - Consequence model)とは、意図と結果が一致しているかどうかを確認する手法です。

私たち人間には、意識として表面化している意図と、意識として表面化していない意図(無意識の領域にあるもので、副人格などが背後にもっている意図)があります。また、それぞれの意図には、さらに抽象度の高い意図(高次の意図)があります。

《高次の意図を引き出す方法》
私たちが何かを行う場合、その行動の高次の意図を引き出すことによって、真のモチベーションを知ることができます。多くの場合、抽象度が高いものほど、自分が本当に得たいものとなります。高次の意図を引き出すには、次のような質問を行います:

◎「それが実現したら、何が得られますか?」
◎「それが実現しなかったら、何が得られませんか?」
 


ゴールと女性










NLP共同創始者ジョングリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/14

意図ー結果モデルの概要(目次)

ニューコードNLPスクールのブログで、「意図ー結果モデル」について書いた記事の一覧です。

意図ー結果モデルについて(目次)
2015/04/01 意図ー結果モデルの概要(目次)

意図ー結果モデルについて(記事)

2015/04/02 NLPにおける「意図ー結果モデル」について
2015/04/03 NLPにおける「意図ー結果モデル」の適用
2015/04/04 意図ー結果モデルの実践機崑仗優灰潺絅縫院璽轡腑鵑濃箸Α
2015/04/05 意図ー結果モデルの実践供崙發覆訐爾噺鮠弔垢襦

ジョン・グリンダー博士の個人セッション
2015/04/06 副人格とその意図のレベルについて


選択肢と進路











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/14
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ