「ご存知のとおり、ワークでの言葉の使い方を学びたい人は、じっくり言葉を勉強すべきです。催眠に携わる人は言葉を第一のツールとして使っていながら、じっくりとは勉強できていません。」

皆さんは、どのようにしてここから自分にふさわしい意味を回復するだろう?誰かとのやり取りで、これと同じ言葉が自分に向けられた場合を考えてみよう。その際には、自分の直観によく注意しなくてはならない。催眠に携わっているかどうかや、自分に向けて発せられたこれらの言葉をどれだけよく味わえるかにもよるが、たいていの場合、に関するセンテンスは、自分に関連するものとして捉えるはずだ。直接自分のことをいわれているわけではないし、深層構造にも自分への指示はない。にもかかわらず、なんらかのプロセスが自分の中で働いて指示指標を発生させ、それらが明確に自分に向けていわれたことであるかのように意味を取る。わたしたちはこの現象を、トランスデリベーショナル・サーチ(TDサーチ)と呼んでいる。
(「ミルトン・エリクソンの催眠テクニック機p.178)

会話











 'You know, people should study language closely if they want to learn how to use it in their work, People who do hypnosis use language as their main tool, yet they faid to study it closely.'

How would you recover the meaning most relevant for you? Now think of those same words being said to you personally by another person in a conversation. Pay attention to your intuitions as you do this. Most likely, you will connect the sentences about people to be about you, dependeing upon whether you are engaged in the practice of hypnosis and how well you can fully experience these words being said about you. They do not mention you directly ー nor is there any Deep Structure reference to you. Nevertheless, some process is at work in you which supplies a referential index which will make meaning out of the words as though they were being said to you specifically. We call this phenomenon a transderivational search.  
(Patterns of the Hypnotic Techniques of Milton H. Erickson, M.D. Volume p.155)


ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】
ジョン・グリンダー
リチャード・バンドラー
春秋社
2012-04-25








NLP創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/06/30