New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

脳血流実験からの示唆(1)「会話中の脳の血液循環の差異」

コペンハーゲン北部にあるビスペビャル病院(the Bispebjerg Hospital)の地階に、臨床生理学・核医学科(Clinical Physiology and Nuclear Medicine)という部門がある。その名が示すとおり、ここでは放射性化学物質を使って、人間の生理学(生体がどう機能するかを学ぶ学問)の研究が行なわれている。人間の脳の機能に関して現在詳細にわかっていることのうちで最も重要と言える発見の数多くが、過去30年間にここでなされてきた。この部門を率いるニール・A・ラッセン教授が、スウェーデンのルンドにある大学病院から来ていた同僚のダーヴィド・イングヴァルとともに、脳内の血液循環を調べる方法の開発研究をした。

彼らの手法の基礎は、1940年代から50年代にかけて、すでにアメリカで確立されていたが、ラッセンとイングヴァルが、人間の脳内の血液循環を詳細に測定できることを実際に証明したのは、1960年代に入ってからだった。これにより、特定の作業をするとき、脳のどの部分が活動しているのかを示すことが可能になった。脳には言語中枢、運動中枢、計画中枢、聴覚中枢などがある。

そのような中枢があることは、おもに、戦争で部分的脳損傷を追った兵士の研究により、100年以上前からわかっていた。しかし、脳内の血液循環を研究する新たな手法が開発されたおかげで、はるかに日常的なコンテクストでの脳の活動を探究することができるようになった。たとえば、たんに口をきくのと会話するのとでは大きな違いがある。

【図】たんに何かを報告するときより会話するときのほうが、頭の中では多くのことが起きている。この図は左右の大脳半球の各領域に循環する血液の量を示している。(フリーベルィとローランドに基づく)

脳内の血流の差異















ただ自分の部屋の様子を描写する人と、(たとえば、クリスマスをどう過ごすかについて)誰かと会話をしている人とでは脳内の血流に差異が見られる。

もちろん、個々の思考をのぞくことはできないが、その人が誰かと話しているのか、一人でしゃべっているのかはわかる。同様に、こうした観察からは、人が話す前に考えているかどうかも明らかになる。「椅子」「テーブル」など、実験者によって与えられた言葉の一つをただ繰り返すときと、「座る」「食べる」という具合に、与えられた言葉から連想を広げる必要があって、話す前に考えなければならないときとでは、脳の活動パターンが異なる。
(トール・ノーレットランダーシュ著「ユーザーイリュージョンー意識という幻想」p.149-150)


カフェでおしゃべり













ユーザーイリュージョン―意識という幻想
トール・ノーレットランダーシュ
紀伊國屋書店
2002-09-01



The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size
Tor Norretranders
Penguin Books
1999-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/17

NLPマスタープラクティショナーコース第12回(オンライン開催)のお知らせ

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監督するニューコードNLPの中級プログラム《ニューコードNLPマスタープラクティショナーコース》をオンラインで開催します。NLP創始者が直接監督するものとして歴史的コースとなることでしょう。

スケジュール&募集要項
第1回 2021年02月07日(日)10:00〜18:00 Zoom
第2回 2021年02月14日(日)10:00〜18:00 Zoom
第3回 2021年02月21日(日)10:00〜18:00 Zoom
第4回 2021年02月28日(日)10:00〜18:00 Zoom
第5回 2021年03月07日(日)10:00〜18:00 Zoom
第6回 2021年03月14日(日)10:00〜18:00 Zoom
第7回 2021年03月21日(日)10:00〜18:00 Zoom
第8回 2021年03月28日(日)10:00〜18:00 Zoom
第9回 2021年04月04日(日)10:00〜18:00 Zoom
  査定 2021年04月11日(日)10:00〜18:00 Zoom

ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容について


〔講師〕NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー 中島志保
〔会場〕Zoom を使ったオンライン
〔費用〕330,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する「ニューコードNLPプラクティショナー認定書」が授与されます。

認定書












お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/02

NLPプラクティショナーコース第17回(オンライン開催)のお知らせ

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監督するニューコードNLPの初級プログラム《ニューコードNLPプラクティショナーコース》をオンラインで開催します。NLP創始者が直接監督するものとして歴史的コースとなることでしょう。

スケジュール&募集要項

第1回 2021年02月06日(土)10:00〜18:00 Zoom
第2回 2021年02月13日(土)10:00〜18:00 Zoom
第3回 2021年02月20日(土)10:00〜18:00 Zoom
第4回 2021年02月27日(土)10:00〜18:00 Zoom
第5回 2021年03月06日(土)10:00〜18:00 Zoom
第6回 2021年03月13日(土)10:00〜18:00 Zoom
第7回 2021年03月20日(土)10:00〜18:00 Zoom
第8回 2021年03月27日(土)10:00〜18:00 Zoom 
第9回 2021年04月03日(土)10:00〜18:00 Zoom
 査定  2021年04月10日(土)10:00〜18:00 Zoom

ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容について


〔講師〕NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー 中島志保
〔会場〕Zoomを使ったオンライン
〔費用〕330,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する「ニューコードNLPプラクティショナー認定書」が授与されます。

認定書











お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/02

NLPプラクティショナーコース第16期(オンライン開催)のお知らせ

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監督するニューコードNLPの初級プログラム《ニューコードNLPプラクティショナーコース》をオンラインで開催します。NLP創始者が直接監督するものとして歴史的コースとなることでしょう。

スケジュール&募集要項

第1回 2020年10月18日(日)10:00〜18:00 Zoom
第2回 2020年10月25日(日)10:00〜18:00 Zoom
第3回 2020年11月03日(祝)10:00〜18:00 Zoom
第4回 2020年11月09日(月)10:00〜18:00 Zoom
第5回 2020年11月17日(火)10:00〜18:00 Zoom
第6回 2020年11月29日(日)10:00〜18:00 Zoom
第7回 2020年12月13日(日)10:00〜18:00 Zoom
第8回 2020年12月25日(金)10:00〜18:00 Zoom
第9回 2020年12月27日(日)10:00〜18:00 Zoom
 査定 2021年 01月11日(月)10:00〜18:00 Zoom

ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容について


〔講師〕NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー 中島志保
〔会場〕Zoomを使ったオンライン
〔費用〕330,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する「ニューコードNLPプラクティショナー認定書」が授与されます。

認定書











お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/02

NLPプラクティショナーコース第15期(福岡開催)のお知らせ

3人の写真










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士とニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック・サンクレア女史が監督するニューコードNLPの初級プログラム《ニューコードNLPプラクティショナーコース》を福岡市内で開催します。NLP創始者が直接監督するものとして歴史的コースとなることでしょう。

スケジュール&募集要項
第1回 2020年10月10日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第2回 2020年10月17日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第3回 2020年10月24日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第4回 2020年10月31日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第5回 2020年11月14日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第6回 2020年11月22日(日)10:00〜18:00 アクロス福岡
第7回 2020年11月28日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第8回 2020年12月12日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡
第9回 2020年12月26日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡 
  査定 2021年01月09日(土)10:00〜18:00 アクロス福岡

ニューコードNLPプラクティショナーコースの内容について
セミナー開催における新型コロナウイルス感染症の予防対策


〔講師〕NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定トレーナー 中島志保
〔会場〕アクロス福岡 会議室609/703
〔費用〕330,000円(テキスト、認定書、消費税込)
〔主催〕ニューコードNLPスクール


NLPプラクティショナーコースのプログラムに参加し、最後に行われる査定に合格すると、米国クオンタムリープ社が発行する「ニューコードNLPプラクティショナー認定書」が授与されます。

認定書











お問合せ・お申込みは、ニューコードNLPスクールにご連絡下さい。
みなさまのご参加をお待ちしています。


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/02

日本語研究テキスト「杜子春」(芥川龍之介)

 或春(あるはる)の日暮(ひぐれ)です。

 唐の都(みやこ)洛陽(らくよう)の西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。

 若者は名を杜子春(とししゅん)といって、元は金持ちの息子でしたが、今は財産を費い(つかい)尽して、その日の暮しにも困る位(ぐらい)、憐な(あわれな)身分になっているのです。

 何しろその頃(ころ)洛陽(らくよう)といえば、天下に並ぶもののない、繁昌(はんじょう)を極めた都ですから、往来にはまだしっきりなく、人や車が通っていました。門一ぱいに(もんいっぱいに)当っている(あたっている)、油のような夕日の光の中に、老人のかぶった紗(しゃ)の帽子や、土耳古(トルコ)の女(おんな)の金の耳輪や、白馬に飾った色糸(いろいと)の手綱(たづな)が、絶えず流れて行く容子(ようす)は、まるで画(え)のような美しさです。

 しかし杜子春は相変らず、門の壁に身を凭せて(もたせて)、ぼんやり空ばかり眺めていました。空には、もう細い月がうらうらと靡いた(なびいた)霞(かすみ)の中に、まるで爪の痕(あと)かと思う程、かすかに白く浮かんでいるのです。

 「日は暮れるし、腹は減るし、その上もうどこへ行っても、泊めてくれる所はなさそうだしーーーこんな思いをして生きている位(ぐらい)なら、一そ(いっそ)川へでも身を投げて、死んでしまった方がましかも知れない」

芥川龍之介

三日月


















NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/11

日本語研究テキスト「方丈記」(鴨長明)

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世中(よのなか)にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。

たましきの都
のうちに、棟(むね)を並べ、甍(いらか)を争へる、高き、卑しき、人の住ひは、世々を経て盡(つ)きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔しありし家は稀なり。或は去年(こぞ)繞(や)けて今年作れり。或は大家(おおいえ)滅びて小家(こいえ)となる。住む人もこれに同じ。所も変らず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人(にさんじゅうにん)が中(うち)に、わづかにひとりふたりなり。朝(あした)に死に、夕(ゆうべ)に生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。不知(しらず)、生れ死ぬる人、何方(いずかた)より來(き)たりて、何方(いずかた)へか去る。また不知(しらず)、假(かり)の宿り、誰(た)が為にか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その、主(あるじ)と栖(すみか)と、無常を爭(あらそ)ふさま、いはばあさがほの露に異ならず。或は露落ちて花殘れり。るといへども朝日に枯れぬ。或は花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕(ゆうべ)を待つ事なし。

鴨長明


川













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/11

日本語研究テキスト

22868697











ニューコードNLPスクールのブログで、「日本語研究テキスト」について書いた記事の一覧です。

日本語研究テキスト(目次)
2020/08/01 日本人の音に対する感覚(目次)

日本語研究テキスト(記事)
2020/09/01 「方丈記」(鴨長明)
2020/09/02 「杜子春」(芥川龍之介)


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/09/11

Difference in how the brain is used between Westerners and Japanese

About “language, music, sounds of nature” that Westerners and Japanese respond to in their brains.

 

◎ Westerners:

・Language→left brain

・Music, sounds of nature→right brain

 

◎ Japanese:

・Language, music (Japanese musical instruments), sounds of nature→left brain

・Music (Western musical instruments)→right brain

 

〈Interests to consider in the future〉

◎About that Japanese musical instruments are devised in order to produce sounds that are close to natural sounds

◎About that Japanese keep Suzumushi (Bell Cricket) indoors and enjoy their chirping.

◎About that Japanese love Furin (wind bell).

風鈴 

 











About the difference in the functions of the left and right brains of Westerners and Japanese, as well as the difference in perception and recognition.

 

The difference between Westerners and Japanese regarding how their brains are used is not a question of superiority or inferiority. What I'm trying to do here is, by throwing light on the “difference” between them in perception, to carefully explore where the essential factors of their perceptive and cultural differences lie, and to deeply understand the other people’s words and behaviors beyond national and ethnic differences.

 

Tadanobu Tsunoda, professor emeritus at Tokyo Medical and Dental University who has studied the brain of Japanese, makes the following observations in his book “The Brain of Japanese with Japanese as their mother language”.

 

Japanese treat ideas fields such as logic, emotion and nature together in the left brain. On the other hand, the brain of Westerners has separate ideas fields, such as the left brain for logic and the right brain for emotions and nature. From this, it seems that Japanese develop their thoughts and culture in a way that integrates logic, emotion, and nature, while Westerners develop their thoughts and culture by separationg logic from emotion and nature. 

 

[References]

Akikazu Nakamura, Harmonic Tone:A cultural Note of Sound, Language and Body, Shunjusha, November 1, 2010.

 

Tadanobu Tsunoda, The Brain of Japanese with Japanese as their mother language: Reason・Sensitivity・Emotion, Science of Time and the Earth, Gensosha, April 15, 2016.

虫籠


















西洋人と日本人が脳でとらえる「言語、音楽、自然の音」について


◎西洋人:
 ・言語…左脳
 ・音楽、自然の音…右脳

◎日本人:
 ・言語、音楽(邦楽器)、自然の音…左脳
 ・音楽(西洋楽器)…右脳

〈これから考察したいこと〉
◎日本の邦楽器は、自然の音に近い音響が出るように工夫されていることについて
◎日本人が鈴虫を室内で飼い、その鳴き声を楽しむことについて
◎日本人が風鈴を好むことについて

風鈴













西洋人と日本人の脳の左右差と知覚や認識の差異について


脳の使われ方をめぐる西洋人と日本人の違いは、優劣を問うものではありません。知覚の「差異」を明らかにすることで、物事の捉え方や文化の違いについて、本質的な要因がどこにあるかを慎重に探るとともに、民族を超えて、相手の言葉や行動を深く理解することを目的としています。

東京医科歯科大学の名誉教授で、日本人の脳を研究した角田忠信(つのだ・ただのぶ)氏は、著書「日本語人の脳」の中で、次のような考察をしています。

「日本人は、論理、感情、自然といった観念を左脳で一緒に処理します。それとは対照的に、西洋人は、論理的は左脳、感情・自然は右脳というように、観念がそれぞれ分離しています。このことから、日本人は論理、感情、自然が一緒に融合した形で思想や文化を展開し、西洋人は論理と感情・自然を分離して思想や文化を展開しているように考えます」

虫籠

















【参考文献】
倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村明一
春秋社
2010-11-01










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/09/14

Consideration of auditory dominance patterns between Westerners and Japanese

Westerners respond to consonants in the left brain and vowels in the right brain.

 

In case of Westerners, they respond to syllables containing consonants in the left brain. In other words, when they hear language or similar sounds, they respond them in the left brain, and every other sound in the right brain. What we should like to note here, is that Westerners respond to vowels and sustained vowels in the right brain. When we think about Western languages, they are made up of syllables with lots of consonants. For this reason, in the case of Westerners, it is understood that vowels and durative vowels alone are not recognized as language. 


※Red mark : vowel

※Blue mark : consonant

lemon[lemən

・dog[dɔ'ːg | dɔ'g

・why[hwai | wai

・start[stɑ'ːrt

・movement[muːvmənt

・chrysanthemum[krisǽəməm
 英会話スクール

 











Japanese people respond to natural sounds in the left brain, and artificial sounds in the right brain.

 

In the case of Japanese people, they respond to Western musical instrument sounds, mechanical sounds, and noise in the right brain, and every other sound in the left brain.

 

A. Pretty turbid sounds(These sounds are treated in the right brain.)

・The sound of airplane engine

・The noise of the hustle and bustle of the city

・The noise of construction site

・The sound of train and crossing signal
 

B.   Inorganic sounds with no turbidity (These sounds are treated in the right brain.)

・The electronic sound to inform the time signal

・The sound of noise-cut electronic instrument (synthesizers, etc.)

 

Although A’s “Pretty turbid sounds” and B’s “Sounds with no turbidity", seem completely unrelated, they are common in the sense that they are "artificial sounds" that do not exist in the natural world. In summary, the Japanese people respond to artificial sounds in the right brain, and natural sounds in the left brain. 


About the “sounds in the natural world” that Japanese people respond to in left brain, I would like to consider specifically in another text.

 

[References]

Akikazu Nakamura, Harmonic Tone:A cultural Note of Sound, Language and Body, Shunjusha, November 1, 2010.

 

Tadanobu Tsunoda, The Brain of Japanese with Japanese as their mother language: Reason・Sensitivity・Emotion, Science of Time and the Earth, Gensosha, April 15, 2016.


踏切













西洋人と日本人の聴覚優位性パターンの考察

西洋人は子音を左脳、母音を右脳で反応している


西洋人の場合、子音を含む音節には左脳で反応しています。つまり、言語やそれに似た音を聞いたときは左脳で反応し、それら以外はすべて右脳で反応します。ここで注目したいのは、西洋人は、母音や持続母音には右脳で反応するということです。考えてみると、西洋の言語は子音を多く含む音節で構成されています。このため、西洋人の場合、母音や持続母音だけでは言語として認識されないことがわかります。

※赤字:母音
※青字:子音

・lemon[lemən

・dog[dɔ'ːg | dɔ'g

・why[hwai | wai

・start[stɑ'ːrt

・movement[muːvmənt

・chrysanthemum[krisǽəməm

英会話スクール














日本人は自然界の音を左脳、人工的な音を右脳で反応している

日本人の場合、西洋楽器音、機械音、雑音には右脳で、それら以外にはすべて左脳で反応します。

A:かなり濁った雑音(右脳で処理している)
・飛行機のエンジンの音
・都会の雑踏の音
・建築現場の音
・電車の音や踏切警報機の音

B:まったく濁りのない無機質な音(右脳で処理している)
・時報を知らせる電子音
・ノイズをカットした電子楽器の音(シンセサイザーなど)

※Aの「かなり濁った音」とBの「まったく濁りのない音」は極端ですが、自然界にはない「人工的な音」という意味では共通しています。まとめると、日本人は、人工的な音に右脳で反応し、自然界にある音に左脳で反応しているのです。

日本人が左脳で反応する「自然界にある音」については、また別の記事で具体的に考察したいと思います。

踏切













【参考文献】
倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村明一(なかむら あきかず)
春秋社
2010-11-01





日本語人の脳: 理性・感性・情動、時間と大地の科学
角田忠信(つのだ ただのぶ)
言叢社
2016-04-15




NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/09/09
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ