New Code NLP School

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士、ニューコードNLP共同開発者カルメン・ボスティック女史が監修するニューコードNLPスクールの公式ブログです。

NLPセミナー総合案内(2022年4月〜2023年1月)
https://nlp.officialblog.jp/archives/50995604.html


音声SNS《クラブハウス》無料配信のご案内
https://nlp.officialblog.jp/archives/51008038.html

ニューコードNLPスクール公式ウェブサイト
https://www.nlp-school.jp/

ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)第4回プログラム

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が監督する
ニューコードNLPプラクティショナーコース
西洋モデル・第4回プログラム


〈午前の部〉

01-01 アンカーについて(一般的な意味としてのアンカー)
01-02 アンカーについて(NLPの用語としてのアンカー)

02-01 アンカーの探求機峺浚兇離▲鵐ー」
02-02 アンカーの探求供峩間のアンカー」

03-01 アンカーを行う方法について
    ーアンカーのタイミング
    ーアンカーリングさせる状態の純粋性

04-01 アンカー基礎エクササイズ「触覚アンカーを使う」
    ー1ポイントアンカー(腕バージョン)
    ー2ポイントアンカー(膝バージョン)

04-02 アンカー応用エクササイズ「個人的な儀式を開発する」


〈午後の部〉

05-01 ステートについて

05-02 ブレークステートについて
    ー一般的なブレークステートの例
    ーNLPのエクササイズで使うブレークステートの例

05-03 ハイパフォーマンスステートについて
    ー日本人の行動様式とパターン中断の必要性
    ー行動の意図について
    
06-01 サンクチュアリー:知覚の鋭敏さで自分自身を保護する
    ーステートの選択肢を創造すること
    ーサンクチュアリと二種類のステート
    ーサンクチュアリの手順

07-01 ハイパフォーマンスステートを創造する2つの方法
    ー卓越性の連鎖を活用する
    ーノーナッシングステートをアンカーする

08-01 卓越性の連鎖について
08-02 意識的に呼吸をすること
08-03 卓越性の連鎖の重要性
08-04 卓越性の連鎖エクササイズA
08-05 卓越性の連鎖エクササイズB

09-01 生命の呼吸
09-02 生命のリズム
09-03 生命のダンス

10-00 イメージどおりに動くということ
10-01 試練と肉体的緊張について


New Code NLP Practitioner course
Module4


01-01 About Anchor(“anchor” as a general meaning
01-02 About Anchor(“anchor” as a NLP term

02-01 Consideration of anchors: "VAK anchor"       
02-02 Consideration of anchors: "Space anchor" 

03-01 About anchoring 
    ーTiming of anchor setting
    ーPurity of the anchored state

04-01 Basic exercise of anchring: "Using a kinesthetic anchor"    
    ー1 point anchor(arm version)
    ー2 point anchor(knee version)

04-02 Applied exercise of anchoring: "Developing a personal ritual"     

05-01 About a state 

05-02 About Break State 
    ーCommon examples of Break State 
    ーExamples of Break State used in NLP exercises

05-03  About a high performance state    
    ーJapanese behavior patterns and a need for pattern interruption
    ーAbout an intention of an action

06-01 Sanctuary: Protecting yourself with perceptual acuity 
    ーCreating state choices
    ーSanctuary and two types of states
    ーProcedure of Sanctuary

07-01 Two ways to create a high performance state  
    ーUtilizing Chain of Excellence
    ーAnchoring know-nothing state

08-01 Chain of Excellence   
08-02 Breathing consciously 
08-03 Importance of Chain of Excellence 
08-04 Exercise of Chain of Excellence A     
08-05 Exercise of Chain of Excellence B

09-01 Breath of Life 
09-02 Rhythm of Life
09-03 Dance of Life 

10-01 Acting according to the image             
10-02 About trying and physical tension   


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/07/02

ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)第3回プログラム

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が監督する
ニューコードNLPプラクティショナーコース
西洋モデル・第3回プログラム


〈午前の部〉
01-01 モダリティについて
    ーモダリティという言葉について

02-01 サブモダリティについて
    ーサブモダリティという言葉について

03-01 3つの主要な感覚モダリティの「サブモダリティ」についてのリスト
    ー視覚に関するサブモダリティの例
    ー聴覚に関するサブモダリティの例
    ー体感覚に関するサブモダリティの例 

04-01 サブモダリティ基礎エクササイズ
04-02 サブモダリティ応用エクササイズ

05-01 結合体験と分離体験について
05-02 結合体験と分離体験の基礎エクササイズ
    ー投影の方法
    ー投影とサブモダリティの表出
    ー三段階分離

06-01 結合体験と分離体験の応用エクササイズ
    ー空間を創造する
    ー未来を創造する

06-02 空間と時間の認識について
    ー西洋人の空間と時間の認識
    ーメタバースについて


〈午後の部〉
07-01 知覚ポジションの誕生

07-02 知覚ポジションと三重記述について
    ー第1ポジション
    ー第2ポジション
    ー第3ポジション

07-03 知覚ポジション基礎エクササイズ「自分の知覚ポジションから関係性を再検討する」
    ー第1ポジション
    ー第2ポジション
    ー第3ポジション 

07-04 知覚ポジション応用エクササイズ「強制的な第3ポジション」

08-01 多重知覚ポジションについて 

08-02 多重知覚ポジション基礎エクササイズ
    ーフィルタリングの学習
    ー自己同一化
    ー自己の境界線

08-03 多重知覚ポジション応用エクササイズ


New Code NLP Practitioner course
Module3

01-01 About modalities 
    ーAbout the word modalities                                      

02-01 About submodalities
    ー
About the word submodalities                                    


03-01 List of “Submodalities” of the three major sensory modalities
    ー
Examples of visual submodalities  

    ーExamples of auditory submodalities
    ー
Examples of kinesthetic submodalities                                        


04-01 Basic exercise of submodalities                              

04-02 Applied exercise of submodalities

05-01 About association and dissociation
05-02
Basic exercise of Associate/Dissociate
    ー
Projection method
    ー
Projection and expression of submodalities                               

    ーThree-step dissociation

06-01 Applied exercise of association and dissociation
    ーDrawing space
    ーDrawing the future 

06-02 Thinking about recognition of space and time 
    ーWesterners' perception of space and time

   
07-01 Birth of
 perceptual positions  

07-02 About 
perceptual positions and triple description 

    ーFirst position
    ー
Second position
    ー
Third position  


07-03 Basic exercise of 
perceptual positions
    “Reviewing relationships from your perceptual position” 
  

    ーFirst position
    ー
Second position

    ーThird position

07-04 Applied exercise of perceptual positions “Forced third position”

08-01 About m
ultiple perceptual positions     

08-02 Basis exercise of multiple perceptual positions
    ーLearning Filtering
    ーSelf-identification
    ーSelf-boundary

08-03 Applied exercise of multiple perceptual positions

 

NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク







記事投稿日:2022/07/02

ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)第2回プログラム

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が監督する
ニューコードNLPプラクティショナーコース
西洋モデル・第2回プログラム

〈午前の部〉
01-01 中心視野と周辺視野の概要「視野について」
01-02 中心視野と周辺視野の概要「錐体細胞と桿体細胞について」
    ー光について(補足資料)

01-03 中心視野と周辺視野の概要「意識と無意識について」
    ー命綱を備えて世界を止める(補足資料)
    ー求心性神経と遠心性神経とは(補足資料)
    ー盲点について(補足資料)

02-01
周辺視野を広げるエクササイズ
02-02
内的対話を止めるエクササイズ
02-03 その他のエクササイズ
    ーマジック・アイ 3Dイルージョン
                  
03-01 ニューコードゲームの例
    ーABCゲーム
    ー風船しりとり
    ーその他

04-01 ノーナッシングステート(「ゾーン」と呼ばれているものと同じです)  
 

〈午後の部〉
05-01 カリブレーションの概要
    ーカリブレーションという言葉について
    ーカリブレーションの定義について
    ー入力経路検知技能

06-01
カリブレーションの演習手順
    ー視覚的カリブレーション(静的バージョン)
    ー視覚的カリブレーション(動的バージョン)
    ー聴覚的カリブレーション
    ー触覚/運動感覚的カリブレーション

06-02
カリブレーション基礎エクササイズ
    ー視覚的カリブレーション(静的バージョン)

06-03
カリブレーション基礎エクササイズ
    ー視覚的カリブレーション(動的バージョン)

06-04 カリブレーション基礎エクササイズ
    ー聴覚的カリブレーション

06-05 カリブレーション基礎エクササイズ
    ー触覚的カリブレーション

06-06 カリブレーション基礎エクササイズ
    ー二点閾(皮膚感覚をテストする)

06-07 カリブレーション基礎エクササイズ
    ー状態歩行

06-08 カリブレーション基礎エクササイズ
    ーグルー
プ・カリブレーション
    〈補助資料〉カリブレーションの方法
    〈補助資料〉カリブレーションで観察する外的反応の例

06-09 カリブレーション応用エクササイズ
    ー生きた嘘発見機



New Code NLP Master Practitioner course

Module2

01-01 Overview of Foveal and Peripheral vision:
    "About a field of view"

01-02 Overview of Foveal and Peripheral vision:
    "About cone cells and rod cells"
    ーAbout light (a supplementary material)

01-03 Overview of Foveal and Peripheral vision:
    "About conscious and unconscious"
    ーStopping the world with lifelines (a supplementary material)
    ーWhat are afferent and efferent nerves (a supplementary material)
    ーAbout blind spots: Scotoma (a supplementary material)

02-01 Exercise to widen a peripheral vision

02-02 Exercise to stop internal dialogues
02-03 Other exercises
    ーMagic Eye 3D illusions

03-01 Examples of New Code Games
    ーABC game
    ーShiritori game using balloons
    ーothers

# Shiritori is a word game in Japan in which one player has to say a word starting with the last syllable of the word given by the previous player.


04-01 Know-nothing State

05-01 Overview of Calibration
    ーinput channel detection skills

06-01 Exercise procedure of Calibration
06-02 Exercise of Visual Calibration: static version
06-03 Exercise of Visual Calibration: dynamic version
06-04 Exercise of Auditory Calibration
06-05 Exercise of Kinesthetic Calibration
06-06 Exercise of Kinesthetic Calibration(2-point threshold)
06-07 Calibration of walking state

06-08 Group Calibration
    ーCalibration method (a supplementary material)
    ーExamples of external reactions observed with calibration.
    (a supplementary material)

06-09 Exercise of Calibration:
   ー"Living lie detector"


NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/07/02

ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)第1回プログラム

3人の写真











NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士が監督する
ニューコードNLPプラクティショナーコース
西洋モデル・第1回プログラム


★導入 NLPに関するご説明と、皆さんにご提供できる選択肢について

〈午前の部〉
01-01 NLP誕生の歴史とその背景
01-02 NLP最初の研究対象

02-01 NLPという名称について

03-01 エピステモロジーの概要「ブラックボックス」
03-02 エピステモロジーの解説
    ー内的地図
    ーフィードフォワードとフィードバックループ
    ー人体解剖図を使ったエピステモロジーの解説(特別資料)


〈午後の部〉
04-01 リプレゼンテーショナルシステムの概要
04-02 主要なリプレゼンテーショナルシステム
04-03 リプレゼンテーショナルシステムの優先使用
04-04 リプレゼンテーショナルシステムの補足「人間の嗅覚について」
04-05 リードシステム(誘導システム)

※Knowledge representation という概念があります。これは「知識表現」と訳され、推論を導けるような知識の表現、およびその方法を開発する人工知能(AI)研究の領域です。この概念に関連づけて、現在私たちが普段の生活で使っている五感やそれにまつわる知性の在り方について考察いたします。

05-01 シナスタジア(五感が分離する前の感覚)

06-01 4タップルの概要
    ー4タップルの定義
    ー4タップルの補足
    ー4タップルの組み合わせ

06-02 4タップルのエクササイズ
06-03 4タップルから5タップルへ
06-04 5タップルと前庭感覚について(Vestibular sensation)    
06-05 5タップルのエクササイズ 

07-01 眼球運動パターン
07-02 標準的な眼球運動パターン
07-03 眼球運動パターンの基礎エクササイズ
07-04 眼球運動パターンの応用エクササイズ


New Code NLP Practitioner course
Module1


★Introduction: 
Statement about NLP and the Choices on offer


01-01 History and Background of the birth of NLP
01-02 The first research targets of NLP

02-01 About the name “NLP”: Neuro-Linguistic programming

03-01 Overview of Epistemology: "The Black Box"
03-02 Commentary on Epistemology
    ーInternal Maps
    ーFeed forward and Feedback loops
    ーA reference material on Epistemology 

    ーExplanation of Epistemology using human anatomy (a special material)

04-01 Overview of Representational System
04-02 Primary Representational System
04-03 Representational System Preference
04-04 Supplement of Representational System: About olfactory sensation
04-05 About Lead System

05-01 Synesthesia

06-01 Overview of 4 tuples
     ーDefinition of 4 tuples     
     ーSupplement of 4 tuples
     ーCombination of 4 tuples

06-02 Exercise of 4 tuples
06-03 From 4 tuples to 5 tuples
06-04 5 tuples and Vestibular sensation
06-05 Exercise of 5 tuples

07-01 Eye Movement Patterns
07-02 Standard Eye Movement Patterns
07-03 Basic Exercise of Eye Movement Patterns
07-04 Applied 
Exercise of Eye Movement Patterns



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校

ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/07/02

キノコたちは、お互い「おしゃべり」をしている?

イギリス・西イングランド大学の教授でコンピューターサイエンティストでもあるアンドリュー・アダマツキー教授は、英国王立学会のオープンサイエンス誌で、キノコが話す言葉の長さは人間の言語と呼応することがわかったと発表しました。

研究のテーマは「電気的スパイク活動に由来する真菌の言語」。4種類のキノコから電気信号を取り、電気活動のパターンを Kamada–Kawai algorithm(1989年の鎌田富久/川合慧一のアルゴリズム)というグラフアルゴリズムを使って分析したところ、根にあたる菌体系を通じて行われる会話が始まると、電気活動の波形が急上昇したそうです。

分析結果によると、キノコが使う単語の平均は5.97文字で、英語の4.8文字よりも複雑であることがわかりました。中でも、日本のエノキダケがよくおしゃべりするということです。キノコたちは最大50もの単語を駆使し、天気のことやこれから起こり得る危険に関することについて話したり、他の種のキノコに対して「ここは自分の領域だから後ろに下がれ」と伝えたりしている可能性があるといいます。

ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE
2022/04/06
Andrew Adamatzky:
Language of fungi derived from their electrical spiking activity.
 

きのこ














NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事投稿日:2022/09/19

クラブハウスが人間の知能を加速させる(茂木健一郎)




YouTube 茂木健一郎の脳の教養チャンネル(2021/02/05)
「クラブハウスが人間の知能を加速させる」


クラブハウスについてですね。
ますます面白いことになっていて、クラブハウスは僕はウッドストックだと。ウッドストックってこの前言ったらわかんないって言う人がいたんで、若い世代は知らないんでしょうけど、1969年にウッドストック(ウッドストック・フェスティバル)という当時のヒッピームーヴメントの頂点といわれているコンサートがあって、そこで、例えば、ジミー・ヘンドリックスだとかボブ・ディランとかが歌って、たった三日間だったんですけど、ニューヨーク州の郊外で。これがだからポピュラーカルチャーに絶大な影響を与えたんですけど。1986年だったかな1987年だったかな、幸運超伝導という現象が見つかって、それまで絶対零度に近いところでしか幸運超伝導という量子力学の現象が見つかってなかったのが、物質を変えたら90K(ケルビン)ぐらいでも、90K(ケルビン)って凄いことですよ、もう絶対零度から見たらこんなにも上なんですけれども、それでも超伝導が起こるということがわかって、もうアメリカ物理学会、1986年だったかな1987年だったかな、その3月に行われたアメリカ物理学会が物凄いことになっちゃって。朝5時半くらいから物理学者が並んじゃって、翌日の午前2時とか3時までずっとやっていたという、まあこれが物理学会のウッドストックと言われてるんですけど。とにかく人々が熱狂しちゃって夢中になっちゃって。なんと異例なことに幸運超伝導という物質を見つけた研究者達がその年のノーベル物理学賞をもらったというんだから。もう、発表された年のノーベル物理学賞をもらうという凄まじいことが起こって。それをまあ物理学のウッドストックという。だから、何か新しいことが起こってみんなが夢中になっちゃって『うわーっ』となる状態をメタファーとして「ウッドストック」というわけですね、で、クラブハウスのこの一週間くらいなのかな、もう、様子を見てると、まさにウッドストック状態になってると思うんですど。
 

でね、そんな中で、とてもとても僕は面白いなと思っていることは、おそらくクラブハウスの登場がですね、人間の脳の働きを進化させるんじゃないかなと思ってるんです。これね、意外と重要なポイントでね。というのはね、AIコミュニティー、人工知能のコミュニティーでひとつ言われていることがあって、これから人工知能時代になると、むしろ人間の脳がリソースとして重要となってくるんじゃないかという話なんですよ。というのはね、いや、もちろんアルファゼロ(AlphaZero)とか凄いし、オープンエーアイ(OpenAI)のダリ・イー(DALL-E)といいますか、要するにテキストを与えるとそれに対してイメージが出るってのがあるじゃないですか。ああいうのも凄いんですけど。その人工知能って凄いんですけど。ただ人工知能って物凄いなんか、ワッテイジ(wattage=消費電力)というのか、食うんですよ電力を。これがムーアの法則でどんどんどんどん消費電力が下がっていったらどうなるのかってわからないんですけど、ただ現状ではビッドコインのブロックチェーン上の prof-of-work(プルーフ・オブ・ワーク)上の計算とかだって物凄い電力食ってるわけじゃないですか。そうすると、実は、人間の脳が物凄く計算をする資源としては一番効率がいいと、加藤一二三さん、ひふみんなんてね、お昼に鰻重を食べただけでちゃんと小脳が考えられると、物凄くエネルギー効率がいいと。だから人間の脳をうまく使うべきだという議論が出てきてるわけなんですよ。

 

それでそのクラブハウスって、これ僕ね、ある部屋に入ったときある方が言った言葉が凄く僕印象に残っていて。「クラブハウスは疲れますよねー」っていうわけですよ。これ凄く意味がわかって。昨日も僕、たかまつななさんね、あのお笑いジャーナリスト、最近なんと名乗ってるんだろう、そのたかまつななさんとちょっと日本のお笑いについて僕またツイートしたんで。今回は謝罪とか一切してませんからね、前回も俺ツイート取り消してないし。本当のこと言ってるだけだから別にいいんだけどさ。それについていろいろちょっとクラブハウスでしか喋れない話をしてたわけですよ、まあNHKのこととかね。そしたらそこにたかまつななさんがいてね、それで凄く楽しかったんですんけど。そこにいろんなスピーカーが入ってきて、僕はルームを運営している側なんだけど、物凄いなんかやっぱり単位時間あたりの情報処理の要求が高いんですよね。脳に対する負荷が高いんですよ。で、またこれとは別のルームだったんですけど、ある方が「茂木さん、あのー、クラブハウスやってると凄く疲れるんですよね」って。そうするとそこにいたスピーカーとかが「それ、わかるわかる」って言いはじめて。

 
クラブハウスって、結局その、普通だったらね、もっとなんか余裕があるわけですよ。例えば居酒屋でしゃべってるとか普通の部屋で喋ってると、なんかその、よっこらしょみたいな余裕があるわけなんですよ。つまり日本の国会答弁とかだと「なんとか君」って言って「はい」って言って歩いて席に行くまで時間がかかるじゃない。ああいう無駄なことっていうのが現実世界ではあるわけなんだけど、あれに相当することが。国会のあの無駄な行き来はない方がいいと思いますけど、クラブハウスって情報論的にものすごく詰まったやり取りが行われて、しかもそれが組み合わせでいろいろ行われると。しかもですね、普通だと顔の表情とか身体の身振りだとか、そういういわゆる embodiment(エンボディメント=具体化されたもの、体現)という「身体性」と呼ばれるものがあるんだけど、クラブハウスでのやり取りというのは音声ですよね。音声って実はそこにいろいろな人間の感情とかそういう情報が乗っているから、もちろんなんていうか、純粋に情報論的なものだけじゃないっていうか、正確に言うと情報論的なものなんだけど、そこには感情とかその人のパーソナリティの情報とかいろいろ乗っているんだけど、いずれにせよ脳にとっては聞くっていうのはある種の抽象化された概念として入ってくるわけですよ。視覚のようなビビットな tangibly(タンジブリー=実体的な、明白な)なものがリッチにあるというよりは、オーディトリーなものはむしろどちらかというとコンセプチャーなものにより近いというかっていうか。そもそも言語でお互い伝えやり取りしてるという時点でものすごくなんか概念性が高いっていうか情報圧縮性が高いわけですね。ということは、クラブハウスってちょっとイメージしていただきたいんですけど、余計なものをそぎ落とした概念空間の中で、しかも誰がどこから喋っているかっていう情報も落ちしてしまっていると。みんな気にしてないわけでしょ。一応きくかもしれないですけど、どっから喋ってますか、カリフォルニアからですかとか聞くかもしれないけどでも、基本的には空間の限定を取り除いた情報空間内のすごく密なやりとりというがクラブハウスで行われているから、コンピテーションとして、明らかに今までと違ったコンピテーションが行われているわけですよ。一段階密度が高くなったというか、濃縮度が上がった情報空間の計算が行われていて、それが脳への負荷が高くて、そしてあの、なんていうか、疲れるってことを言った人がいるっていうことなんだと思うんですよ。

James Flynn(ジェームズ・フリン)っていうニュージーランドの心理学者が Flynn Effect(フリン効果)というのを言ってるわけですよ。僕、TEDで一度この人の話をナマで聞いたことがあるんですけど、ジェームズ・フリンが言ってたのは、先進工業諸国での平均IQ、これがこのように上がっていると。要するにですね、確か10年間で7くらいかな、たしかそのくらい上がってるっていうのかな、そういうのを見つけたのがジェームズ・フリンの Flynn Effect(フリン効果)ですね。それで、これは脳の genetic(遺伝的な)構造は変わっていないわけなんですよ。なんだけど、何でそういうことが起こるのかというと、おそらく情報空間の処理のやり方が変わってきているんだろうと。ある種、ムーアの法則的なところがあって、これまあちょっといろいろと議論すべきことがあるのでざっくりとしか言えないんですけど、つまりムーアの法則ってどんどんどんどんCPUの機能が上がっていくっていう話じゃないですか、人間の脳も、だって皆さん考えてくださいよ、だってね、われわれのおじいちゃん、おばあちゃんの時に比べたら、われわれは一日のうちにどれだけ多くの情報を得てるんですか。ものすごい情報を得てるんですよ。そうすると脳の情報処理の負荷っていうのはどんどんどんどん上がってきているわけなんですよ。そしてその結果、この Flynn Effect(フリン効果)というIQの平均的な数値の上昇が見られると。だからその、いわゆる相対的な位置で100が平均で、IQのね。そしてそれよりも高い人が百幾つになるって話を計算しようと思ったら、この補正をしなければいけないと言われているんですよね。平均IQが上がっているということを補正しないと、人口の中でも相対的な位置がわかんないということが言われているんですけど。

クラブハウスの情報のやり取りって、おそらくこのフリン効果を加速させるんじゃないかなって僕は思っているんですよ。つまり
不特定多数の人といろんな組み合わせで次から次へと話すというようなことが、現実のパネルディスカッションのやりとりって、パネリストが決まっていて、例えば五、六人でしゃべる、英語圏の、英語系のですね、クラブハウスの部屋に入っていると、「パネル、パネル」と言ってますね、彼らは。パネルだと。シンポジウムのパネルのような扱いをしてるんですけど、だけどそれが現実の不随意的な空間がパネルだとそんなに入れ替わらないじゃないですか。でもクラブハウスのルームだとどんどんどんどん新しい人が入ってきたりして、またその人が新しい属性を持っていたりして、知っている人じゃないからどういう人なんだろうってまずプロフィール見たりだとか、その人にどういうことを話してもらうとか、僕はモデレーターやってると、そういうのがものすごく高度な負荷がかかるんですよね。あの、えっとですね、クラブハウスをラジオとして聴いてるときってのは、そこまでの負荷ってかからないんですよ。面白いんですけど。僕、英語系の部屋は今のところ大人しくしてて、ただ聴いてることが多いんですけど。とてもとても面白いんですね。その時やっぱり、えっと、なんか他の人が喋ってるのを eavesdropping(イーヴスドロッピング=盗み聞き)してるだけなんですけど、それでも脳に対する負荷っていうのは通常のラジオとかテレビとかのコンテンツを聴いてるよりは負荷が高いはずなんですよ。というのは、話者交代がどんどん起こるし、それから意外とさっき言ったみたいに会話の turn-taking(ターン・テーキング=通常の会話における、発話順序の交代)が迫っているんで、時間的に濃縮されたようなことを聴いているという面においては単位時間あたりの情報量が多いから、ただ聴いてるだけでもおそらくクラブハウスはおそらく脳の負荷が高いんですけど、次にスピーカーになると、さらにその負荷が高まってくると思います。つまり、どういう内容を聞けば良いのかとか、どういうことを話せば良いのかについての情報処理が行われると思う。
 

僕、クラブハウスの認知的負荷。これは初めて書く図なんですけど、えー、こんなイメージなんですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Clubhouse Cognitive Load(クラブハウスの認知的負荷)】

  −Moderator
  
  −Speaker

  −Listening

  −radio、TV
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


クラブハウスの cognitive load(認知的負荷)って、もともとクラブハウスを番組として、要するにラジオ的に聴いてるだけでも、普通のラジオやテレビよりは負荷が高いと。
で、それに対してスピーカーとして参加するとそれより負荷があるんですけど、ここのジャンプがすごいんですよね。モデレーターとして部屋の運営をして、誰をスピーカーとしてインバイトするかとか。スピーカーのリクエストがきた時に、その人を入れるかとか、スピーカーのあいだのバランスを取るとか、どういう話を持ってくるかってことをモデレーターをしながら喋ってるとかなり負荷が高くて。このような形でクラブハウスの cognitive load(認知的負荷)は上がっていくんで、かなり Flynn Effect(フリン効果)まあ加速させるのかなっと思うんですよ。
 

だからその最初の話に戻るんですけど、そのAI時代において実は人間の脳がコンピテーションのリソースとして一番注目されることになってくると思うんですよ。要するに、クリエイティビティってかね、創造性が、いま、その、われわれの経済的な活動や社会的な活動の付加価値を一番つけるものなんだけど、それをこの人間の脳というリソースにタップすることで開くというようなことがこれからロードマップとして見えていくんだろうな。
 

じゃあこれからクラブハウスがどう進化していくかというとね、僕は、こういう視点(白板に書いた図)からネットワークの最適化っていうのをクラブハウス側がやるような進化があったら面白いなと思うんですよね。お前こう喋ってんだろう。でもほんとはね、この人と喋るといいんだよ。Speaker・suggestion(スピーカー・サジェッションン)っていうんですかね。「この人をスピーカーで呼ぶといいよー」みたいなことをAIが判断するとか、「あるいはこのスピーカーもういいんじゃね?」ってAIが判断するとか、ゴングショーみたいになるよね。あるいは、「このスピーカーとの組み合わせだとこのトピックいいんじゃね?」とかいうことをAIがサジェストするようなことをこれから起こってきたらいいなと思ってるんですけど、起こんないかもしれないね。技術的に難しいかもしれないから。ただそのときに、やはり人間の脳の潜在能力がますます要求されるっていうか認知的な負荷がますます高まっていくという傾向になるだろうって僕は思っていて、それがこれからの cognitive load(認知的負荷)としてのクラブハウスの一番面白いとこなんだろうなと思ってます。

YouTube










NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク






記事更新日:2022/09/19

動画の紹介(目次)

動画










動画の紹介(目次)
2021/02/01 動画の紹介(目次)

動画の紹介(記事)

2021/04/01 クラブハウスが人間の知能を加速させる(茂木健一郎)


動画













NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/19

脳血流実験からの示唆(4)「得た知識をどうやって全部取り除くか」

1990年にコペンハーゲンで開催された血流研究に関する会議で、大勢のベテラン科学者が、この代謝活動をどう理解すべきかを議論した。脳の中の、何かが起きている領域に多くの血液が流れる原因はいったい何なのだろうか?この分野の草分けである、アメリカ国立精神衛生研究所のルイス・ソコロフによれば、代謝活動の引き金を引き、それによって血液の需要を招く原因は、神経細胞の機能そのものではないという。代謝を必要とするのは神経細胞が次の仕事に備えて準備をするときなのだそうだ。言い換えれば、血液が必要になるのは脳細胞が果たしている機能ではなく、次の仕事の準備、つまり老廃物を取り除く作業なのだ。「したがって、代謝の活性化は機能的活動と直接かかわりがあるのではなく、その活動の結果からの復旧と結びついているものと思われる」とソコロフは説明した。

マクスウェルの魔物にとって、ほんとうの問題は、分子の位置に関する知識をどうやって得るかではなく、得た知識をどうやって全部取り除くかだったのと、ちょうど同じだ。

血液は、じつはプロセスの途中で捨てられた情報を測る尺度と言える。この代謝がなければ、神経細胞は今行った仕事を忘れることはできない。

脳のエネルギー代謝の研究は、脳が行う仕事に関する研究だ。部屋の家具の配置を思い出すといった心的活動も、まぎれもなく物理的、生理的活動であり、純粋に有形の要素と明確に結びついていることを認識しなくてはならない。思考は体内で起きる物質的な出来事であり、運動のような身体的活動とあらゆる点で似ている。思考を体のほかの活動と分けて考える理由は何もない。テニス同様、思考にも熱量が必要だ。だから、私たちが話すときには頭の中に一種の木があると言うのは、じつに理にかなっている。なにしろ、会話する人の頭では何かが起きていることを、測定して証明できるのだ。
(トール・ノーレットランダーシュ著「ユーザーイリュージョンー意識という幻想」p.153-154 )


脳
















ユーザーイリュージョン―意識という幻想
トール・ノーレットランダーシュ
紀伊國屋書店
2002-09-01



The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size
Tor Norretranders
Penguin Books
1999-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/18

脳血流実験からの示唆(3)「自分の母国語を聴いたとき」

フリーベルィは、母国語を録音したテープを普通に回したときと、逆回ししたときとでは、聴いているデンマーク人被験者の血流に大きな差が生じることを明らかにした。普通に回したときには、テープから流れる言葉に含まれるメッセージを理解するために、聴覚中枢と言語中枢をはじめ、この作業に関連する中枢の活動が活発になる。ところが、テープを逆回転させると、なんと脳全体が活性化するのだ、逆回ししたテープは、普通に回したテープより理解しにくい。というより、理解できない。だから、脳は逆回転のテープの内容を消化するために、普通よりずっと多くのエネルギーを使わなければならない。テープが普通に回っていれば、たんに言葉を聞いて特定のコンテクストの中で理解するだけだから、意味んは明白そのものだ。ところが逆回しだと、聞こえてくるのはナンセンスばかりで、何らかの意味を掴むのは至難の業となる。

ところで、これは情報理論とどんな関係があるのだろう。普通に回しても逆回転させても、ビット数は同じに決まっていると思われるかもしれないが、実はそれは聞く人しだいなのだ。

テープを普通に回したとき、聴き手がそれを理解できるなら、その人が経験するのはその言語によって符号化されたビットだけだ。これは聴覚イメージ中に存在する総ビット数よりもはるかに少ない。

しかし、テープの意味がわからなければ、普通に回そうと逆に回そうとビット数は変わらない。聴き手は聴覚イメージの中の音の差異という形でしかテープの音声を知覚しないので、どちらに回そうが、聴き手の捉える音の差異の数は同じになるからだ。

正しく回したとき、それが理解可能なテープだとわかっていれば、逆回転させたときよりテープのビット数は少ない。テープに吹き込まれた言語がデンマーク語だとわかっていると、聞き手にとって聴覚イメージの中の意外性は減る。つまり、情報量は少ないということだ。もちろん、デンマーク語がわかる人の場合だが。

意味をなさない録音に含まれる膨大な情報量を消化するには、意味を成す録音を聴くときより多くの働きが脳に要求される。秩序を経験することより無秩序を経験することのほうが、多くの情報を含んでいる。明瞭なメッセージには無秩序な情報がないからではなく、普通の話を聞いたとき、無秩序な情報はいちいち相手にしなくてもいいことを、脳がよく知っているからだ。言葉がわかれば、ほかはどうでもいい。

私たちはメッセージを聞いて、日常の意味でいう情報として知覚する。この行為が明らかにしてくれるのは、じつは、メッセージの情報量はもっとあってもよいはずなのに、意外に少ないということだ。パイプ、つまり私たちが耳を傾ける伝達経路には、メッセージを知覚するときに私たちが知覚するよりはるかに多くの細かい情報が含まれている。だが、私たちはそうした詳細を無視する。そこにあるのはメッセージで、何一つ意味のとれない不可解な暗号ではないことを知っているからだ。日常概念でいう情報とは、ほんとうは捨てられた情報のことだ。日常生活で、メッセージを聞いて情報が豊富だと思うのは、詳細や物理的な情報のすべてに注目しなくても、そこにわずかな数の差異が認められればそれで事足りるからだ。

一方、逆回転で再生したテープは、日常の感覚では情報が豊富だとは思えない。情報を処分して組み立てられたわけではなく、音の差異の寄せ集めにすぎないからだ。私たちにしてみれば、これは(物理的には大量の情報を含んでいるのだが)情報ではなく、ただのでたらめだ。無秩序はあまりに複雑な構造をしているので、逆に、構造など持たないように見えてしまう。

日常的な情報の概念は、「大量のミクロ状態を無視してもいいようなマクロ状態はあるか」という問いと直結している。もしあれば、脳は受けたメッセージを理解して消化するのにそれほど苦労しない。血流も少なくてすむ。

このように、「理解」という概念は、客観的に観察できる生理的プロセスと結びついている。フリーベルィとその同僚は、血流パターンを調べることで、被験者がデンマーク語のわかる人かどうかを、客観的に見極める方法を開発したことになる。お望みとならばナバホ語でもいいのだが。
(トール・ノーレットランダーシュ著「ユーザーイリュージョンー意識という幻想」p.151-153 )


会話をする外人














ユーザーイリュージョン―意識という幻想
トール・ノーレットランダーシュ
紀伊國屋書店
2002-09-01



The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size
Tor Norretranders
Penguin Books
1999-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/17

脳血流実験からの示唆(2)「思考中の脳の血液循環の差異」

ラッセンとイングヴァルの弟子にあたるラーシュ・フリーベルィとパー・ローランドの二人が、1985年に、思考中の脳の血液循環に関する研究結果を発表した。それによると、暗算、押韻詩の復唱、視覚記憶を使った課題という、三つの異なるタイプの思考では、血流のパターンに大きな違いが見られるという。

【図】暗算、音韻詩の復唱、道筋の視覚的イメージ化の課題では、脳の活動パターンに大きな違いが生まれる。人が何を思考しているか目で確認できるわけだ。この図は左右の大脳半球における血液循環の様子を示している。(フリーベルィとローランドに基づく)

脳内の血流の差異




















暗算では、被験者は50から3を引き、さらに3を引くことを繰り返す。押韻詩の復唱では、デンマーク人であれば誰でも知っている、ナンセンスな押韻詩句 “okker-gokker-gummi-klokker-erle-perle-pif-paf-puf” を一語置きに思い出す。視覚記憶を使った課題では、被験者は家の玄関を出て、さしかかる十字路を左右交互に曲がっていくところを想像する。

これらの課題のそれぞれについて、1分間続けては、脳のどの部分の血流が目立って増えたかを順次観察した。その結果、三タイプの思考の間に大きな違いがあることがわかった。最後の課題がほかの二つよりはるかに難しかったようで、実際、いちばん多くの血液を必要とした。

実験で観察された血液の量の変化は無視できないものだった。感覚的な知覚あるいは運動による作業より思考のほうが、脳内に流れる血液の増加は大きい(もっとも、運動時には体全体の血液循環は当然ながら増大する)。また、心的活動的に、脳内の代謝がどの程度増加するかという研究で、ローランドとその同僚は、思考によって(血流と密接な関係がある)脳の酸素代謝が10パーセント増加する場合があることを明らかにした。

ただでさえ脳は体の中でもエネルギー消費量が多い(全エネルギー消費に脳が占める割合はじつに5分の1に達する)から、これはとても大きな増加率といえる。
(トール・ノーレットランダーシュ著「ユーザーイリュージョンー意識という幻想」p.150-151)

本を読む女性














ユーザーイリュージョン―意識という幻想
トール・ノーレットランダーシュ
紀伊國屋書店
2002-09-01



The User Illusion: Cutting Consciousness Down to Size
Tor Norretranders
Penguin Books
1999-06-01



NLP共同創始者ジョン・グリンダー博士認定校
ニューコードNLPスクール
ロゴマーク








記事更新日:2022/09/17
New Code NLP School
  • ニューコードNLPセミナー総合案内(2022年版)
記事検索
NLP西洋モデル資料
NLPの世界へようこそ
  • ハイパーソニック・エフェクトについて(目次)
Twitter
NLP共同創始者 John Grinder 博士認定校《ニューコードNLPスクール》公式Twitter
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事(画像付)
photo garally アメリカ
  • ニューコードNLPプラクティショナーコース(西洋モデル)の内容
  • ニューコードNLPマスタープラクティショナーコースの内容
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズ最終日
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの中心街を歩く
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • サンタクルーズの遊園地
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • シリコンバレーに行きました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
  • 蒸気機関車に乗りました
photo garally スペイン
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • ジョン・グリンダー博士のメモ
  • スペイン・ムルシア滞在記(17)
  • スペイン・ムルシア滞在記(16)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(15)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(14)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(13)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(12)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(11)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(10)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(9)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(8)
  • スペイン・ムルシア滞在記(7)
  • スペイン・ムルシア滞在記(6)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(5)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(4)
  • スペイン・ムルシア滞在記(3)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(2)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
  • スペイン・ムルシア滞在記(1)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ